KOBAYASHI Naoya

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 02:51
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Naoya
E-mail
kobayashi.naoyanihon-u.ac.jp
URL
http://koba.art.coocan.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Art, Department of Theatre
Job title
Professor
Degree
a degree of Master of art(Nihon University)
Research funding number
90349986

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1993
 - 
Mar 1995
学科補助員, 演劇学科, Nihon University science-of-arts part theater subject-of-study assistant
 
Apr 1995
 - 
Mar 1997
副手, 演劇学科, The Nihon University science-of-arts part Subhand
 
Apr 2000
 - 
Mar 2002
主任研究員, Dancing cultural-studies center Senior research scientist
 
Apr 2002
 - 
Mar 2006
助手(現在の助教に該当), 演劇学科, 日本大学芸術学部
 
Apr 2006
 - 
Mar 2009
専任講師, 演劇学科, 日本大学芸術学部
 

Education

 
 
 - 
1992
演劇学科, Faculty of Arts, Nihon University
 
 
 - 
1996
舞台芸術専攻, Graduate School, Division of Art and Design, Nihon University
 
 
 - 
2002
芸術専攻, Graduate School, Division of Art, Nihon University
 

Committee Memberships

 
 
   
 
Yokohama City fountain public hall specification manager selection committee
 
 
   
 
Committee of Yokohama City fountain district inhabitants of a ward use facilities specification manager selection committee
 
 
   
 
Committee of committee of selection of councilor of foundation japanese dance Promoting Foundation
 

Awards & Honors

 
1996
日本大学大学院優秀修士論文賞「湯川賞」
 

Published Papers

 
創作日本舞踊台本と上演記録、創作舞踊詩「トワノウタ」「弥勒」「夏椿-沙羅双樹-」「月下美人」
小林直弥
日本大学芸術学部紀要〈創作篇〉   (43) 95-103   Mar 2019   [Refereed]
日本の舞踊文化から考案し方法論を構築しながら創作された舞踊作品発表上演(舞台公演)における作品台本と公演記録。著者が研究成果として発表した台本。
Development of Creative Dance Theory;The Possibility of Dance Creation with the Use of the theory and Skills of Japanese Classical Dance
KOBAYASHI Naoya
Research in Arts College of Art, Nihon University Vol,67   (67) 25-34   Mar 2018   [Refereed]
未だ、広義において確立されていない日本舞踊領域における創作舞踊における方法論をまとめ、日本の舞踊芸術における創作舞踊論として今までの研究をまとめたものである。
Consideration of modern dance creation in creative dance 1:-Creation of 'The Nihon Buyo'in the early Taisho era and influence from overseas-
KOBAYASHI Naoya
Research in Arts College of Arts, Nihon University Vol.66   (66) 17-26   Nov 2017   [Refereed]
日本舞踊の理論、および創作舞踊舞踊に関する研究や実践は皆無の中、日本舞踊領域の確認から、我が国が一番舞踊芸術においても影響を受けた、明治、大正期の舞踊創造の歴史から、創作舞踊とは何か?また東洋的思想に基づく舞踊創造の方法論発見のための研究である
Creative Dance Prototype Theory2:Using Nihon Buyo Technigues and Methods in Creative Dance
Kobayashi Naoya
Research in Arts College of Art Nihon University Vol.65   (65) 45-54   Mar 2017   [Refereed]
日本舞踊における身体および概念、また表現方法における定義を提唱し、その上で日本舞踊表現を用いた「創作舞踊」領域の発見を目指した研究論文である。
"Dance Expression in Asia,The Discovery of a Common Language 2 :'Vibration' in Japanies Dance,Its Signifcance and Role"
Kobayashi.Naoya
Reserch in Arts 2016   (64) 11-20   Nov 2016   [Refereed]
日本舞踊における創作舞踊の方法論及び、アジアにおける方法論の共通点から「振」を通じてその可能性を論じた。

Books etc

 
第28回梅扇会公演パンフレットにおける全上演作品解説
小林直弥
西川流   Sep 2019   
国立劇場大劇場で開催された日本舞踊家、西川扇与一氏主催の「梅扇会」当日公演パンフレットにおいて上演作品全作に関し作品解説を執筆した。
「第六十二回 日本舞踊協会公演公演パンフレット」全作品解説
小林直弥 (Part:Joint Work, 上演日本舞踊作品全20作品の演目、作品解説)
公益社団法人 日本舞踊協会   Feb 2019   
公益社団法人日本舞踊協会主催、2019都民芸術フェスティバル 公演「第62回日本舞踊協会公演」全20作品の演目、作品解説を担当執筆。
平成30年度科学研究費(基盤研究C)研究成果発表「創作舞踊詩作品展」公演パンフレット
小林直弥
Oct 2018   
科研費研究成果発表として、劇場で一般公開とし、自作の上演と研究成果の口頭発表を開催した公演パンフレット(研究成果「創作舞踊論の展開」も掲載)
舞踊評・第11回「恵翔会」「日本舞踊の美」存分に
小林直弥
中日新聞東京本社(東京新聞)   Oct 2018   
舞踊評・日本舞踊未来座・カルメン「進化遂げ華やかに」
小林直弥
中日新聞東京本社(東京新聞)   Jul 2018   

Conference Activities & Talks

 
平成30年科学研究費(基盤研究C)研究成果発表
小林直弥
7 Oct 2018   小林直弥
科研費研究における創作舞踊の方法論の確立に向けた自作作品の発表を含む研究成果発表
「日本の文化と芸能における〝間(Ma)の精神〟」
小林直弥
アジア・ネットワーク・ビヨンド・デザイン協会(ANBD)ANBD2016東京展   19 Nov 2016   アジア・ネットワーク・ビヨンド・デザイン協会(ANBD)
アジア・ネットワーク・ビヨンド・デザイン協会(ANBD)による2016年東京展における講演会でゲスト講師として90分間の講演を行った。
Kobayashi Naoya
Dance Symposium 〝Peking Opera × The Nihon Buyo - the differences and common points of the body representation over the "Legend of the White Snake" -〟   17 Jan 2015   Kobayashi.Naoya
科学研究費研究課題に基づき、中国の伝統劇京劇と日本舞踊における表現、身体、特に「呼吸」「間」についての共通性からアジア舞踊文化圏の共通性をシンポジウムによって明らかにした。
Practice of university education in Japan dance〝The Nihon Buyo〟
Naoya Kobayashi
International Partners Dance Showcase Series Professors Dialogue   13 Oct 2014   China/Beijing Dance Academy
I introduce the concept of Japanese dance only, and curriculum at Nihon University that education as a specialized course the Japanese dance at a private university in Japan.
The Fundamental Concept of Japanese Theatre and Methodologies Related to the Staging of Classical Literature—The Modernization and Adaptation of the Classical Literary Work Taketori Monogatari as an Original Dance Piece, and the Results of Attempts to Sta
ATEC 8th International Forum Abstract of Presentations   18 May 2013   ATEC Asia Theatre Education Centre

Works

 
創作舞踊詩「トワノウタ」「弥勒」「夏椿–沙羅双樹–」「月下美人」
小林直弥   Artistic Activity   Oct 2018 - Oct 2018
作・演出を小林直弥が行い、創舞を「トワノウタ」小岩井杏奈、「弥勒」伊藤咲葵、「夏椿–沙羅双樹–」清田鮎子、「月下美人」小野ひとみが行い、舞台上演した。
琉球古典芸能WS成果発表会
平成27年度日本大学芸術学部長指定研究   Artistic Activity   Jan 2016 - Jan 2016
平成27年度学部長指定研究の採択を受け、一年間、三期にわたり沖縄伝統組踊「子の会」より講師を迎え、琉球舞踊、組踊、三線のワークショップを学部学生に行ってもらい、未だ多く紹介されることのなかった沖縄地域の伝統芸能を紹介してもらい体感しつつ、その成果として、舞台を用い沖縄で上演されるそのままを、演奏、舞踊、舞台をそのまま上演させその成果発表を実施した。
小林直弥   The Others   Sep 2015 - Sep 2015
日本舞踊の概念、歴史、表現に関して一般の方を対象に90分の講義を実施した。
日藝NAP演劇学科日舞チーム作品、創作舞踊詩「玉響之盆踊−室野洞泉寺版−」における作・演出
日本大学芸術学部演劇学科日舞コース,   Artistic Activity   Aug 2015 - Aug 2015
新潟県十日町市室野にある古刹、曹洞宗「洞泉寺」境内を舞台に、念仏衆をイメージさせた創作舞踊作品を上演。日藝NAP企画「奴奈川キャンパス」と寺と二つの領域を舞台に日舞コース学生による創作舞踊パフォーマンスを実施した。
ワークショップ「日本舞踊における扇子の技法と表現」
小林直弥   Artistic Activity   Sep 2013
韓国の演劇系学生50名に向けた日本舞踊における扇子の技法及び「見立て」を中心とした表現方法を紹介しながら、実際に韓国の学生へお辞儀や扇子の開閉、摺り足などを体験してもらいながら、自国の舞踊表現などとの共通点や相違点などを理解してもらった。

Social Contribution

 
第9回高校生の神楽甲子園 ひろしま安芸高田 における地域連携貢献事業における日藝選奨選考委員
[Organizing Member]  高校生の神楽甲子園ひろしま安芸高田実行委員会  第9回高校生の神楽甲子園  (広島県安芸高田市 神楽門前湯治村 神楽ドーム)  27 Jul 2019 - 28 Jul 2019
文化庁文化芸術創造拠点形成事業、第9回高校生の神楽甲子園は、高校で神楽を実践する全国の高校から毎年、広島県安芸高田市、神楽ドームで開催される高校生たちによる神楽競技大会であり、日本大学芸術学部が地域連携貢献事業として安芸高田市と協定を結び毎年日藝選奨を優秀高校二校に授与しており、その審査を専門領域の研究者として審査し、芸術学部長を代行し日藝選奨を選定した。
NHK番組「ブラタモリ#128阿波踊り〜阿波踊りは何故生まれた?」阿波踊り担当案内人として番組出演
[TV or radio appearance]  NHK  NHK番組「ブラタモリ」  (徳島県徳島市)  9 Mar 2019 - 9 Mar 2019
NHK番組「ブラタモリ」徳島編で、主演のタモリさん、林田アナウンサーへ、阿波踊りの発生、発展の経緯を説明する案内人の一人として出演した。(放送日:2019年3月9日(土)、NHK総合 午後7時30分〜午後8時15分)

Others

 
2004
第31回演劇資料展「日本大学芸術学部収蔵 能/狂言の面」展の企画/担当/図録の作成
2002
第29回演劇資料展「日本におけるモダンダンスの流れ」企画/担当
1998
第25回演劇資料展「日中舞台衣装展-京劇と歌舞伎」の企画/担当
Mar 2001
東京都練馬区区民講座「歌舞伎ビギナー講座/歌舞伎の楽しみ方」
2000
舞踊文化研究所主催「舞踊文化研究会」における企画/実施/チューター