村上 靖彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
村上 靖彦
 
ムラカミ ヤスヒコ
URL
https://www.researchgate.net/profile/Yasuhiko_Murakami
所属
大阪大学
部署
人間科学研究科 人間科学専攻
職名
教授
学位
基礎精神病理学・精神分析学(パリ7大学)
科研費研究者番号
30328679
ORCID ID
0000-0001-9582-0172

経歴

 
2015年2月
 - 
現在
大阪大学 人間科学研究科 教授
 
2012年
 - 
現在
東京大学 死生学・応用倫理学センター 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2017年3月
- エラスムス・ムンドゥス・マスタープログラム:ユーロフィロゾフィー 講師
 
2008年4月
 - 
2015年2月
大阪大学 人間科学研究科 准教授
 

受賞

 
2013年12月
日本学術振興会賞
 
2006年
日本哲学会若手研究者奨励賞
 

書籍等出版物

 
村上靖彦
医学書院   2018年12月   ISBN:4260038273
村上 靖彦
人文書院   2016年5月   ISBN:4409940090
村上 靖彦
医学書院   2013年7月   ISBN:4260018612
村上 靖彦
河出書房新社   2012年8月   ISBN:4309624480
村上靖彦
青土社   2011年9月   ISBN:4791766253
村上 靖彦
講談社   2011年5月   ISBN:4062585006
村上靖彦
講談社   2011年5月   
村上 靖彦
勁草書房   2008年5月   ISBN:4326153954
Murakami Yasuhiko
Association pour la promotion de la phénoménologie   2008年   ISBN:9782916484037
村上 靖彦
J. Millon   2002年11月   ISBN:2841371379
ブルース・フィンク (担当:監修)
人文書院   2013年9月   ISBN:4409340476
渡邊 芳之, 川口 有美子, 村上 靖彦, 岩井 阿礼, 中西 英一, 堀越 喜晴, まさきゆみこ, 渡 喜代美 (担当:共著)
シービーアール   2015年10月   ISBN:490808307X
【共著】Levinas autrement
yasuhiko murakami, etc.Burggraeve R., Hansel J., Lescourret M.-A., Rey J.-F., Salanskis J.-M. (担当:共著)
Peeters   2012年3月   ISBN:978-90-429-2245-7
【共著】La portée pratique de la phénoménologie
yasuhiko murakami etc. (担当:共著)
P.I.E. Peter Lang   2014年11月   
【共著】 Approches phénoménologiques de l'inconscient
yasuhiko murakami, et. al. (担当:共著)
OLMS   2015年1月   

論文

 
現象学をベルクソン化する
村上靖彦
ベルクソン『物質と記憶』を再起動する   81-96   2018年12月   [招待有り]
村上靖彦
看護研究   51(7) 703-708   2018年12月   [招待有り]
「立場を異にする者同士のかかわりの質的記述」をめぐって」
村上靖彦
質的心理学フォーラム   10 76-79   2018年11月   [査読有り][招待有り]
村上 靖彦
L'espace, les phenomenes, l'existence   163-180   2017年10月   [招待有り]
村上靖彦
臨床心理学   61‐65   2017年8月
村上 靖彦
Studia Philosophica Europeane   2016(1-2) 212-241   2017年4月   [招待有り]
村上靖彦
臨床精神病理   37(3) 277‐286-286   2016年12月
村上 靖彦
臨床心理学   16(5) 518-522   2016年9月
村上 靖彦
Heidegger-Forum   10 104-125   2016年8月   [招待有り]
村上 靖彦
看護研究   49(4) 316-323   2016年7月
村上 靖彦
A l'épreuve d'exister avec Henri Maldiney   409-416   2016年6月   [招待有り]
村上靖彦
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   42 1,3‐18-18   2016年2月
現象を読み取る質的研究方法の学問的基盤 現象学的方法論の学問的基盤と現象の読み取り方
村上 靖彦
日本看護科学学会学術集会講演集   35回 168-168   2015年11月
村上 靖彦
看護研究   48(6) 567-570   2015年10月
村上 靖彦
看護研究   48(6) 558-566   2015年10月
村上 靖彦
Revue Institutions   55 57-71   2015年5月   [査読有り]
村上靖彦
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   41 41,43-60-60   2015年2月
村上 靖彦
宗教哲学研究 = Studies in the philosophy of religion   (32) 55-66   2015年
村上 靖彦
Perspective soignante   49 64-81   2014年4月   [査読有り]
村上 靖彦
Annales de phenomenologie   13 181-210   2013年3月   [査読有り]
Yasuhiko Murakami, Yasuhiko Murakami
Phenomenology and the Cognitive Sciences   12 179-194   2013年1月
This paper seeks to demonstrate the structural difference in communication of schizophrenia and autism. For a normal adult, spontaneous communication is nothing but the transmission of phantasía (thought) by means of perceptual objects or language...
村上 靖彦, Murakami Yasuhiko, ムラカミ ヤスヒコ
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   39 293-314   2013年
村上靖彦
臨床精神病理   33(3) 315-322   2012年12月
村上 靖彦
現代思想   40(3) 224-237   2012年3月
村上 靖彦, Murakami Yasuhiko, ムラカミ ヤスヒコ
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   37, pp.117-134 117-133   2011年3月
村上 靖彦
現代思想   39(2) 126-137   2011年2月
看護行為の時間 西村ユミとハイデガー行為論の拡張
UTCP Booklet   18, pp. 141-158    2011年
どうして生き物を殺しちゃいけないの?
チャイルドヘルス   14(4), pp. 26-27    2011年
Affection d’appel et prenom. Pour une phenomenologie de l’acquisition de la langue et de la communication
Annales de phenomenologie   10. pp. 163-176    2011年
村上 靖彦
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   37 117-133   2011年
村上靖彦
精神科治療学   25(12) 1627-1632   2010年12月
言語を使用せず、アイコンタクトや呼びかけへの気づきのない低機能の自閉症児であっても、他の人の指示に従ったり、シンクロする行為を行う。あるいはコミュニケーションの能力が非常に限られていても、後になってアイコンタクトを発見する事例もある。これらの現象は、機能の低い自閉症児であっても、潜在的には対人関係を発現する可能性をもっていることを暗示しているであろう。アイコンタクト以前、かつ(ミラー・ニューロン系に関わる)共感の作動以前の潜在的な対人関係の可能性を「潜在的な視線触発」と呼び、自閉症と定型発...
Yasuhiko Murakami
studia phaenomenologica   10, pp. 193-204 193-204   2010年1月
Behind the phase of cognition analysed by Husserl, there is a phase of affection. In this phase, there are significant mental disorders occurring. Similar to the way in which the phase of cognition is divided into reference, meaning (referent), an...
潜在的視線触発―自閉症の基本構造についての現象学的仮説
精神科治療学   25(12), pp. 1627-1632    2010年
ノスタルジー 初期ジュネの非存在論
ユリイカ   43(1), pp.89-99    2010年
De la telepathie transcendantale - La communication et la creativite selon Winnicott
Annales de Phenomenologie   vol. 9, pp. 83-96    2010年
村上 靖彦, Murakami Yasuhiko, ムラカミ ヤスヒコ
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   36巻pp. 101-116 99-116   2010年
村上靖彦
臨床精神医学   38(11) 1557-1562   2009年11月
Bulletin d’analyse phenomenologique 2009 ISSN 1782-2041 http://popups.ulg.ac.be/bap.htm   v.5, no.7, 1-17    2009年
Decouverte d'autrui chez les autistes et la structuration du sujet ; Pour une phenomenologie genealogique
no.8, pp. 163-180    2009年
L'espace bidimensionnel chez les autistes
Annales de Phenomenologie, vol.7, Association pour la promotion de la phenomenologie (France)      2008年
村上 靖彦
国際関係学部研究年報   29 1-16   2008年
村上靖彦
イメージ心理学研究   4(1) 1-12   2007年12月
La demeure comme un autre ≪autrement qu'etre≫
Studia Phenomenologica, Special Issue, Romania Association of the Phenomenology      2007年
村上 靖彦
哲学雑誌   122(794) 77-91   2007年
村上 靖彦
『哲学』(日本哲学会)   57(57) 254-266   2006年4月
村上 靖彦
『イメージ心理学研究』、第3巻第1号、日本イメージ心理学会、校正中   4(1) 1-12   2006年
死者の復活について レヴィナスにおける終末論・解釈学と現象学的形而上学
実存思想協会      2006年
.Horizons de l’affectivité – l’hyperbole comme méthode phénoménologique de Lévinas
Studia phaenomenologica   3    2006年
L'origine de l'expression - la 1ere Recherche logique et la langue chez les autistes
Annales de Phenomenologie   5    2006年
村上 靖彦
日本大学『国際関係研究』   26(2) 163-180   2005年9月
Cahiers d'etudes levinasiennes   4    2005年
De la dissociation au moment de l'epreuve traumatique
Annales de Phenomenologie   4    2005年
La question du langage chez les autistes
Association pour la promotion de la phenomenologie, Univ. Poitiers      2005年
村上 靖彦
『国際関係研究』日本大学   25(1) 77-98   2004年7月
村上 靖彦
『国際関係学部研究年報』日本大学国際関係学部   24(4) 111-129   2004年2月
外傷体験時の解離について
フッサール研究   3 189-199   2004年
「原感情としての身体 フッサール『論理学研究』第五研究と『受動的総合の分析』をもとにして」
『国際関係学部研究年報』日本大学国際関係学部   第24集   2003年
村上 靖彦
国際関係研究   23(3) 211-227   2002年12月
村上 靖彦
国際関係研究   23(2) 117-133   2002年10月
村上 靖彦
『国際関係研究』日本大学   23(1) 第23巻第1号. 199-218頁-218   2002年7月
「絵を描く身体-創造性について(現象学研究の精神病理学・精神療法への貢献のために)-」
平成12/13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2)) 研究成果報告書『いのちとこころに関わる現代の諸問題の現場に臨む臨床人間学の方法論的構築』(課題番号12610037)、研究代表者浜渦辰二静岡大学教授   115-126   2002年
メルロ=ポンティ『眼と精神』におけるPhantasieleibの問題
『メルロ=ポンティ研究』メルロ=ポンティ・サークル   P7号   2002年
「心を傷つける出来事の現象学的分析」
『国際関係研究』日本大学   第23巻第2号   2002年

講演・口頭発表等

 
We did not know what happened to us" - A Phenomenology of Reality
2008年   
"De la resurrection des morts ; L'eschatologie et l'hermeneutique chez Levinas et la metaphysique phenomenologique" in Emmanuel Levinas : La question du livre
IMEC   2008年   
表現の起源 『論理学研究』第一研究と自閉症児の言語障害
フッサール研究会   2005年   
「視線の構造 自閉症児の対人恐怖と情動的間主観性の現象学」
日本哲学会、2005   2005年   
「創造性・イメージ・身体」
日本イメージ心理学会、シンポジウム指定討論、2005   2005年   

研究分野

 
 

Misc

 
村上靖彦
週刊読書人   3183    2017年3月   [依頼有り]
20170331
書評:井部俊子著『看護のアジェンダ』
村上靖彦
医学界新聞   (3208) 7-7   2017年1月   [依頼有り]
村上靖彦
国際リハビリテーション看護研究会誌   15(1) 30‐33-33   2016年3月
なぜ看護に"教養"が必要なのか
村上 靖彦, 井部 俊子
看護   68(6) 003-005   2016年4月
渡辺久子, 森茂起, 村上靖彦, 伊藤悠子, 伊藤悠子
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   23rd 192‐193   2017年11月
看護におけるダイバーシティ・マネジメント 男性看護師のキャリア支援と,より働きやすい就労環境整備に向けて 「語りの場」で男性看護師のキャリア構築を考える 静岡県看護協会,NTT東日本伊豆病院の取り組みから
塩田 美佐代, 村上 靖彦, 静岡県看護協会看護師職能委員会
看護管理   24(7) 664-669   2014年7月
【対談】外傷と病理の哲学へ
合田正人、村上靖彦
現代思想      2012年1月   [依頼有り]
【翻訳】『パーソナリティ障害:診断と治療のハンドブック』第4章「境界性人格障害」担当
レン・スペリー
   2012年1月   [依頼有り]
村上 靖彦
本   36(6) 53-55   2011年6月
村上 靖彦, 合田 正人
現代思想   40(3) 35-59   2012年3月
西村 ユミ, 村上 靖彦
現代思想   42(1) 198-213   2014年1月
The Phase of affection, the Sphere of Apparition – Fundament for the phenomenological psychopathology
   2008年
村上 靖彦
フランス哲学・思想研究   (11) 230-232   2006年
村上靖彦
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   101st 25-25   2009年6月
Maldiney Henri, 塩飽 耕規, 村上 靖彦
現代思想   37(16) 332-351   2009年12月
村上 靖彦
創文   515, pp. 15-19(515) 15-19   2008年12月
視線と身体感覚    自閉症の現象学的分析
日本神経精神医学会      2005年
「表面論 フッサール・感情表現・自閉症」
日本現象学会,、シンポジウム提題、2005      2005年
超越論的主観性を支える間身体性についてー自閉症を手がかりに
日本哲学会      2004年
自己意識の現象学的分析および精神病・神経症における自己意識の異常の構造の分析
科研費報告書   110   2003年
Richir Marc, 村上 靖彦
現象学年報   (18) 15-31   2002年
湯浅 博雄, 村上 靖彦
未来   (365) 14-19   1997年2月
村上 靖彦
年報地域文化研究   (1) 143-159   1997年
アスペルガー症候群 治療の現場から
ブックマン社      2009年
自閉症における知覚的空想をめぐる諸問題
   2009年
超越論的テレパシーについて
   2009年
沈黙の聴取 ~ 『存在と時間』を不安と回復の現象学として読む
科研費報告書「いのち・からだ・こころ」をめぐる現代的問題への応用現象学からの貢献の試み(18320003)   pp. 275-288    2009年
自閉症の現象学
頸草書房      2008年
Hyperbole - pour une psychopathologie levinassienne
Association pour la promotion de la phenomenologie      2008年
De la subjectivite chez les autistes et la subjectivite chez les normaux
   2008年
自閉症児の自我形成仮説
   2007年
De la resurrection des morts; L'eschatologie et l'hermeneutique chez Levinas et la metaphysique phenomenologique
   2006年
La demeure comme un autre ≪autrement qu'etre≫
   2006年
Autism and the Phenomenology of Time-consciousness
   2007年
現実についての現象学 デカルトの懐疑とレヴィナスの「ある」
   2006年
Phenomenologie du reel – Le doute cartesien et l'il y a chez Levinas
   2006年
空想身体と心理療法
   2005年
身体表面論Ⅰ,三重の動的均衡と感情 フッサールと自閉症を基点として
   2005年
視線と身体構成 自閉症の精神病理学
   2005年
L'origine de l'expression - la 1ere Recherche logique et la langue chez les autistes
   2005年
表現の構造 『論理学研究』第一研究」と自閉症児の言語障害
   2005年
超越論的主観性を支える間身体性についてー自閉症を手がかりに
   2004年
心的外傷における解離現象と超越論的な自己統覚
   2004年
レヴィナスと心的外傷 - 情動性の現象学のための草案
   2003年
Levinas phenomenologue
Jerome Millon      2002年
心的外傷のフラッシュバックの現象学的分析」(「PTSDにおける想起の現象学的分析」改題)
   2002年
グローバリゼーションに還元できない普遍について - デカルト『第二省察』を読み直す
   2001年
L'oeuvre du phenomene ; Melanges de philosophie offerts a Marc Richir
Ousia   pp. 161-182    2009年
"Emme tienneet mita meille tapahtui - Nakokulmia todellisuuden fenomenologiaan"("We did not know what happened to us" - A phenomenology of reality)
Tiede & edistys   2009, no.2, pp. 95-111    2009年
Affection d'appel – Levinas et la psychopathologie du regard chez les autistes.
Cahiers d'études lévinassiennes   n°5 p. 249-286    2006年
『質的研究のための現象学入門』書評
看護研究   43-3    2010年
よしもとばなな・ジェンドリン・フッサール~メタファーという治療装置
   2010年
並べ遊びとごっこ遊び~知覚的空想から見た自閉症児のコミュニケーション
   2009年
超越論的テレパシーから形の次元を抽出する ~自閉症児の並べ遊びとコミュニケーション
   2009年
Transcendental Telepathy , the Communication and the Creativity According to Winnicott
   2009年
治癒の現象学
講談社      2011年
リズムの破れ・メトニミーとメタファー 心的外傷と主体形成
現代思想   39-11(2011.8)    2011年
Phenomenologie de l'action – en partant des soins du patient atteint de la maladie grave
   2011年
"La communication avec les patients en état végétatif - l'affection d'appel potentielle et la télépathie transcendantale pure"
   2011年
Gravity and Water – Dialog with ALS Patient’s Body
   2011年
« Phenomenologie de l’Eros » et le soin du patient atteint de maladie grave
   2011年
重力と水 ――ALS介護におけるゆっくりとしたコミュニケーション
   2011年
書評加藤敏著『人の絆の病理と再生 臨床哲学の展開』
図書新聞   3005号, p. 5    2011年
Potential Affection of Contact - Autism and Otherness
   2010年
「秘密とその未来――ウィニコット・ラプランシュ・ドルトとコミュニケーションのねじれ」
   2010年
「看護研究を行為の現象学として読む――西村ユミ:目の光とひっかかりの時間性」
   2010年
統合失調症と自閉症の現象学
現代思想   38(12)    2010年
Le tournant du messianisme en 1961 et la cure du traumatisme ; Une lecture des "Textes messianiques"
   2010年
行為が見えてくる~ハイデガーと看護
   2010年
私の名前と言語の空間
   2010年

Works

 
青少年の解離と衝動性に関する共同研究(文科省科学研究費補助金による研究, 名古屋大学医学部)
2005年
自閉症に関する共同研究(国立成育医療センター)
2004年

競争的資金等の研究課題

 
現象学的精神病理学
研究期間: 2000年   
自閉症の現象学的研究
研究期間: 2002年