ETO Hiroaki

J-GLOBAL         Last updated: Jan 10, 2020 at 02:53
 
Avatar
Name
ETO Hiroaki
E-mail
eto.hiroakinihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Science and Technology, Department of Oceanic Architecture and Engineering
Job title
Associate Professor
Research funding number
90360510

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
ジュニア・リサーチ・アソイエイト, 計算科学技術推進室, 理化学研究所
 
Apr 2002
 - 
Mar 2006
研究員, ものつくり情報技術統合化研究プログラム, 理化学研究所
 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
非常勤講師, 海洋建築工学科, 日本大学理工学部
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
研究員, VCADシステム研究プログラム, 理化学研究所
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
助教, 電子情報工学科, 日本大学理工学部
 

Committee Memberships

 
Dec 2013
 - 
Aug 2014
PACON  PACON2014 Local Organized Committee 実行委員
 

Awards & Honors

 
Dec 2018
日本沿岸域学会論文賞
 
「二重消波ケーソンの振動水柱型波力発電装置としての性能に関する研究」
Jul 2018
日本沿岸域学会出版・文化賞
 
「水波工学の基礎」
Jul 2008
日本沿岸域学会出版・文化賞
 
「海と海洋建築 -21世紀はどこに住むのか-」
Mar 1999
加藤賞, 日本大学大学院理工学研究科海洋建築工学専攻
 

Published Papers

 
大型船舶が接舷された大型石炭貯蔵浮体システムの運動応答特性に関する研究
惠藤浩朗,関口諒,敷田曜,木原寛明,居駒知樹,相田康洋,増田光一
土木学会論文集B3(海洋開発)   75(2), p.397-402   Jul 2019   [Refereed]
GISによる災害時医療支援浮体の適地選定および規模に関する基礎的研究
惠藤浩朗,下本瀬夏,北畠佑一,登川幸生,山本守和,宮沢信太郎,山口順子,居駒智樹,相田康洋,増田光一
沿岸域学会誌   Vol.32,No.1   Jun 2019   [Refereed]
On GIS Based Facility Scale and Selection of Suitable Site of Floating Medical Support System on Big Disaster
Hiroaki Eto, Sachio Togawa, Morikazu Yamamoto, Shintaro Miyasawa, Junko Yamaguchi, Tomoki Ikoma, Yasuhiro Aida, Koichi Masuda, Sena Shimomoto and Yuichi Kitabatake
Proceedings of OMAE2019 (Offshore Mechanics and Arctic Engineering)   OMAE2019-96493   Jun 2019   [Refereed]
Fundamental Study on Structural Strength of Large-Scale Floating Coal Transshipment Station
Hiroaki Eto, Koji Iizuka,Ryo Nishigochi, Tomoki Ikoma, Yasuhiro Aida and Koichi Masuda
Proceedings of OMAE2019 (Offshore Mechanics and Arctic Engineering)   OMAE2019-96482   Jun 2019   [Refereed]
Introduction of Virtual Structural Boundary for Collision Force Analysis of Tsunami Drifting Objects in particle Method
Yasuhiro Aida, Koichi Masuda, Tomoki Ikoma and Hiroaki Eto
Proceedings of OMAE2019 (Offshore Mechanics and Arctic Engineering)   OMAE2019-95408   Jun 2019   [Refereed]

Books etc

 
海洋空間を拓くメガフロートから海上都市へ
海洋建築研究会 (Part:Joint Editor, 3章)
成山堂書店   Mar 2017   ISBN:978-4-425-56201-5
海洋建築シリーズ 水波工学の基礎
増田光一,居駒知樹,惠藤浩朗 (Part:Joint Work)
成山堂書店   Apr 2016   ISBN:978-4-425-56121-6
東日本大震災合同調査報告
日本建築学会 東日本大震災合同調査報告書編集委員会 (Part:Joint Work, 建築編5 津波の特性と被害 11章)
丸善出版   Mar 2015   ISBN:978-4-8189-2041-5
海洋建築の計画・設計指針
日本建築学会
丸善出版   Feb 2015   ISBN:978-4-8189-2480-2
海と海洋建築 21世紀はどこに住むのか
成山堂書店   Apr 2006   

Conference Activities & Talks

 
大型船舶が接舷された大型石炭貯蔵浮体システムの応答量 に関する研究 その2 荷役稼働率に基づく応答量の評価
敷田曜,関口諒,惠藤浩朗,居駒知樹,相田康洋,増田光一
日本建築学会学術講演梗概集(中国)   Sep 2019   
大型船舶が接舷された大型石炭貯蔵浮体システムの応答量 に関する研究 その1 大型石炭貯蔵浮体システムの運動応答
関口諒,敷田曜,惠藤浩朗,居駒知樹,相田康洋,増田光一
日本建築学会学術講演梗概集(中国)   Sep 2019   
大型石炭貯蔵浮体の局部材の構造特性に関する基礎的研 究 その1 局部材の応力特性
飯塚功二,西河内亮,惠藤浩朗,居駒知樹,相田康洋,増田光一
日本建築学会学術講演梗概集(中国)   Sep 2019   
大型石炭貯蔵浮体の局部材の構造特性に関する基礎的研 究 その2 塑性歪みによる座屈崩壊
西河内亮,飯塚功二,惠藤浩朗,居駒知樹,相田康洋,増田光一
日本建築学会学術講演梗概集(中国)   Sep 2019   
ムーンプールを有するポンツーン型浮体の形状変化による 動揺特性の違いについて
守津颯哉,居駒知樹,相田康洋,増田光一,惠藤浩朗
日本建築学会学術講演梗概集(中国)   Sep 2019   

Research Grants & Projects

 
非衝撃振動特性計測による実海洋構造物の構造評価
Nihon University: 日本大学理工学部科研費(若手研究)獲得支援研究
Project Year: 2010 - 2010
授業映像配信システムの開発
Nihon University: 日本大学理工学部情報教育研究センター指定研究費
Project Year: 2009 - 2009
授業映像収録システムの開発
Nihon University: 日本大学理工学部情報教育研究センター指定研究費
Project Year: 2008 - 2008
運河に設置される浮遊式海洋施設の航走波による流体一構造系連成解析
財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成: 研究奨励寄付金
Project Year: 2008 - 2008
究極の宇宙望遠鏡用ミラー(大型SiC超軽量ミラー)の開発
Project Year: Apr 2003 - Mar 2005

Patents

 
特許第4572083号 : Preload supports and ultra precision fabrication for thin plate that supports were used
惠藤浩朗, 海老塚昇, 戴玉堂, 鈴木亨, 林偉民, 大森整

Others

 
2016
耐津波建築への取り組みと今後の展望
2013
対津波への減災を考える
2012
東海・東南海・南海三連動地震と津波への備え
2011
江戸の海から東京の海へ
2008
厳島神社にみる海洋建築の技と匠