藤田 智史

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 03:12
 
アバター
研究者氏名
藤田 智史
 
フジタ サトシ
eメール
fujita.satoshinihon-u.ac.jp
URL
http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/pharmacology/
所属
日本大学
部署
歯学部歯学科薬理学
職名
准教授
学位
博士(歯学)(日本大学)
科研費研究者番号
00386096

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2007年6月
日本大学歯学部薬理学教室 専修研究員
 
2007年7月
 - 
2008年9月
日本大学歯学部薬理学教室 ポストドクター
 
2008年10月
 - 
2016年9月
日本大学歯学部 薬理学講座 助教
 
2016年10月
   
 
日本大学歯学部 薬理学講座 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年
日本大学 歯学部 歯学科
 
 
 - 
2004年
日本大学 大学院 歯学研究科 歯科臨床系専攻
 

論文

 
歯学部における薬理学の統合的理解に対する少人数教育の効果ーボトムアップを図るためにー
藤田智史,山本清文,加藤梨紗子,中村紘子,富山勝則,越川憲明,小林真之
日本大学FD研究   (4) 1-11   2016年3月   [査読有り]
Fujita S, Kiguchi M, Lee J, Terakado M, Suga K, Hatanaka H, Koshikawa N.
50(4) 387-395   2008年12月   [査読有り]
Kiguchi M, Fujita S, Lee J, Shimizu N, Koshikawa N.
49(4) 311-8   2008年1月   [査読有り]
小林真之,藤田智史,越川憲明
『日本薬理学雑誌』(社) 日本薬理学会出版   128 309-314   2006年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
International Review of Neurobiology 97
2011年6月   ISBN:978-0-12-385198-7

講演・口頭発表等

 
2光子励起顕微鏡を用いた歯髄刺激に応答する大脳皮質の興奮性および抑制性ニューロンの同定
藤田智史,加藤梨紗子,金子茉莉,越川憲明,小林真之
第89回日本薬理学会年会   2016年3月11日   
2 光子励起顕微鏡を用いた歯髄刺激に応答する神経細胞の特定
藤田 智史,越川 憲明,小林 真之
第57回歯科基礎医学会学術大会   2015年9月13日   一般社団法人歯科基礎医学会
味覚情報処理における視床網様核ニューロンのフィードバック調節機構
青木竜平、加藤梨紗子、藤田智史、嶋田 淳、越川憲明、小林真之
第132回 日本薬理学会 関東部会   2015年7月4日   
薬理学の統合的理解に対する少人数教育の効果
藤田智史、小林真之、山本清文、加藤梨紗子、富山勝則、越川憲明
第67回日本大学歯学会総会・学術大会   2015年5月17日   
レプチンによる島皮質におけるシナプス伝達の調節メカニズム
武井浩樹,小林真之,藤田智史,越川憲明
第125回日本薬理学会関東部会   2011年10月15日   

競争的資金等の研究課題

 
顎顔面部神経障害性疼痛制御に向けた2光子励起顕微鏡による島皮質の解析
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 藤田智史
2光子励起顕微鏡を用いた高次脳における歯痛の発症機序の解明
日本私立学校振興・共済事業団: 平成27年度学術研究振興資金(若手研究者奨励金)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
味覚情報処理に関わる島皮質の神経可塑性の解明
研究期間: 2010年 - 2011年
薬物の副作用として発症するオーラルジスキネジアの行動薬理学的研究
研究期間: 2005年 - 2007年