NAKAMI Tatsuo

J-GLOBAL         Last updated: Apr 17, 2017 at 15:35
 
Avatar
Name
NAKAMI Tatsuo
E-mail
tnakamiaa.tufs.ac.jp
Research funding number
20134752

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Tokyo University of Foreign Studies Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa
 
Apr 1995
 - 
Today
Research Department, the Toyo Bunko
 
Apr 1997
 - 
Today
Professor, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies
 
Sep 2006
 - 
Jul 2007
member, Institute for Advanced Study
 

Published Papers

 
I.Y.Korostovets and the Mongol Problem of Independence in the early 1910s
中見 立夫
Essays on Mongol Studies:Commemorative Volume to the 70 Year Birthday of Academician Sh.Bira   177-186   Apr 1998
ロシア帝国の外交官で、モンゴル・中国問題に関与したコロストヴェツの活動について、ロシア外交文書から、その実像を明らかにした。
New Trend in Study of Modern Mongolian History: What Effect Have Political and Social Changes Had on Historical Research?
中見 立夫
Acta Asiatica   (76) 7-39   Jan 1999
1950年代以降、とくにこの10年間における、世界各地におけるモンゴル近代史の研究動向・新出史料の紹介について詳細に紹介・論評を加えた。なお当該号(中根千枝編集)はモンゴル・チベット、ベトナムなどの中国周縁地域についての特集号である。
Babujab and His Uprising: Re-examing the Inner Mongol Struggle for Independence
中見 立夫
Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko / Commemoration Volume of the 75th Anniversary of the Toyo Bunko /   (57) 137-153   Apr 1999   [Refereed]
日本外交史のうえで、反中国革命陰謀とされる「第二次満蒙独立運動」に関与したモンゴル人、バボージャッブ人について、未刊行ロシア・モンゴル・中国側文書史料と日本外務省記録にもとづき、まったく新たな解釈を行なった。
Russian Diplomats and the Mongol Problem of Independence in the Early 1910s
中見 立夫
Mongolica, an International Annual of Mongol Studies   (10) 401-414   Apr 1999   [Refereed]
1910年代のモンゴル問題にロシア外交官、とくに外務省アジア局どのように関わり、政策を決定したか、未刊行ロシア外務省文書にもとづいて考証した。
稲葉君山の旧蔵書を追って
中見 立夫
平成12年度科学研究費成果中間報告書:台湾・朝鮮・満州に設立された日本植民地期各種図書館所蔵日本古典籍の書誌的研究   23-36   Mar 2001
科学研究費による調査研究の中間報告論文集。中国の研究機関に所蔵される日本の東洋史学者、稲葉岩吉の旧蔵書、および戦前の中国東北地域で活動してきた日本人図書館員の活動と、収集した文献について論じた。

Books etc

 
Mongolia in the Twentieth Century, Landlocked Cosmopolitan
「Stephen Kotkin」、「Bruce A. Elleman」編
M.E.Sharpe   Apr 1999   
1911年のモンゴル独立宣言の時期に焦点をあて、ロシア外務省文書館文書に基づき、ロシアがどのように対応し、対中国・モンゴル政策を決定したか、その政策決定過程を論じた。
Catalogue of the Mongolian Manuscripts and Xylographs in the St.Petersburg State University
「中見 立夫」編 (Part:Joint Work)
Institute for the Study of Languages and Culture of Asia and Africa   Apr 1999   
ロシア連邦サンクト・ペテルブルグ大学東洋学部図書館が所蔵するモンゴル語古典籍の解題つき総合目録。ウスペンスキー博士が書誌データを採録し、中見が校閲・編集して出版した。
The bordered Red Banner Archives in the Toyo Bunko, I introduction and Catarogue(Toyo Bunko Research Library 1)
「中見 立夫」、「神田信夫」他 (Part:Joint Work)
the Toyo Bunko   Apr 2001   
財団法人東洋文庫が所蔵する、世界屈指の満州語を中心とした清朝文書史料である紅旗档を整理・研究し、その解題および文書目録として出版した。ひきつづき研究編が刊行される予定。
Tunguso-Sibirica 8
「Carsten Naeher」、「Giovanni Stary,」、「Michael Weiers」編
Harrassowitz   Apr 2002   
清朝中期を代表する文人政治家が満州語で執筆した「百二老人語録」の抄本について、世界の研究機関での所蔵状況を明らかにし、諸抄本の系統を論じた。
History of Civilizations of Central Asia, Volume VI.
ユネスコ (Part:Joint Editor, “Mongolia, Part 1: Mongolia from the Eighteenth Century to 1919” pp.347-363.)
Paris: UNESCO Publishing   Oct 2005   
ユネスコ編集『中央アジア文明史』のなかで、18世紀から20世紀のモンゴルについて寄稿した。

Conference Activities & Talks

 
The Mongol Summer in 1911:The Qing-Manchu Amban, the Russian Consul, and the Mongol Secret Mission
NAKAMI Tatsuo
Всемирный конгресс востоковедов (ICANAS-XXXVII)   19 Aug 2004   
The Russo-Japanese War Seen from the Northeastern Crescent Zone of the Qing Empire
NAKAMI Tatsuo
World War 0: Reappraising the War of 1904-5 慶応義塾大学   24 May 2005   
On the materials of the Imperial Cabinet Archives (Neige daku dangan) and their Manchu and Mongolian sources in the Institute of History and Philology, Academia Sinica: Location, history of research, and our research project
NAKAMI TAtsuo
Second North American International Conference on Manchu Studies   28 May 2005   
How to narrate Mongol history: Mongol, Qing and Japanese scholars’ historiographies on the Mongols in the 19th-early 20th centuries
Tatsuo Nakami
Workshop:“The sense of the Past among Inner Asian People”   30 Mar 2007   
The Russo-Japanese Entente and the “Man-Mō (Manchuria-Mongolia)” Question
中見立夫
12th European Conference for Japanese Studies   20 Sep 2008   The European Association for Japanese Studies (EAJS)