有江 力

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 05:49
 
アバター
研究者氏名
有江 力
eメール
ariecc.tuat.ac.jp
URL
http://www.tuat.ac.jp/~plantp/
所属
東京農工大学
部署
農学研究院生物制御科学部門
職名
教授(ディスティングイッシュトプロフェッサー)
学位
農学博士(東京大学)
その他の所属
東京農工大学東京農工大学東京農工大学東京農工大学東京農工大学東京農工大学東京農工大学東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1989年5月
- 日本学術振興会 特別研究員
 
1989年6月
 - 
1990年3月
- 理化学研究所 研究員補(微生物制御研究室)
 
1990年3月
 - 
1998年3月
- 理化学研究所 研究員(微生物制御研究室)
 
1994年7月
 - 
1995年3月
- 理化学研究所 バイオデザイン研究グループ研究員(兼務)
 
1994年7月
 - 
1995年11月
- 米国コーネル大学(ニューヨーク州イサカ市)において滞在研究員として共同研究
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 農学部 農業生物学科
 
 
 - 
1986年
東京大学 農学系研究科 
 
 
 - 
1989年
東京大学 農学系研究科 
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
2016年3月
日本植物病理学会  100周年記念式典運営委員会委員
 
2014年6月
 - 
2015年3月
日本植物病理学会  庶務幹事長
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本植物病理学会  学会ニュース編集委員会委員
 
2013年4月
 - 
2014年5月
日本植物病理学会  庶務副幹事長
 
2013年4月
 - 
2014年4月
日本植物病理学会  将来問題検討委員会委員
 

受賞

 
2015年5月
日本土壌微生物学会 日本土壌微生物学会2015年度大会優秀ポスター賞 LAMPによるトマト萎凋病Fusarium oxysporum f. sp. lycopersiciレース1の識別
受賞者: 鮎川侑・柏毅・赤井浩太郎・山田麻貴・寺岡徹・有江力・小松健
 
2015年3月
日本植物病理学会 日本植物病理学会論文賞
受賞者: 柏毅・稲見圭悟・藤永真史・小木曽秀紀・吉田隆延・寺岡徹・有江力
 
2010年5月
日本農薬学会 論文賞 Biocontrol activity in a nonpathogenic REMI mutant of Fusarium oxysporum f. sp. conglutinans and characterization of its disrupted gene
受賞者: 吉田隆延、川部眞登、宮田雄一郎、寺岡 徹、有江 力
 
2010年5月
日本土壌微生物学会 優秀ポスター賞 キャベツ萎黄病菌はトマト萎凋病菌レース1に特有の非病原力遺伝子ホモログを保持する
受賞者: 柏毅、稲見圭悟、藤永真史、小木曽秀紀、寺岡 徹、有江 力
 
2010年5月
日本土壌微生物学会 最優秀ポスター賞 トマト萎凋病菌の新型レース3の発生について
受賞者: 稲見圭悟、森田泰彰、寺岡 徹、有江 力
 

論文

 
A putative RNA silencing component protein FoQde-2 is involved in virulence of the tomato wilt fungus Fusarium oxysporum f. sp. lycopersici
Seong-Mi Jo, Yu Ayukawa, Sung-Hwan Yun, Ken Komatsu, Tsutomu Arie,
J Gen Plant Pathol   84 in press   2018年   [査読有り]
Differences in infectivity and pathogenicity of tow Plantago asiatica mosaic virus isolates in lilies.
Tanaka M, Vebeek M, Takehara M, Pham K, Lemmers M, Slootweg C, Arie T, Komatsu K
Eur J Plant Pathol   in press    2018年9月   [査読有り]
Yu Ayukawa, Ken Komatsu, Masatoki Taga, Tsutomu Arie
Journal of General Plant Pathology   84(4) 254-261   2018年8月   [査読有り]
Takao Nitani, Kotaro Akai, Ryo Hasegawa, Yu Ayukawa, Ricardo Romero Garcia, Atsushi Chitose, Ken Komatsu, Hidehiko Kikuno, Keiko T Natsuaki, Tsutomu Arie
Journal of General Plant Pathology   84(2) 165-168   2018年4月   [査読有り]
Mitsuhiro Aihara, Syun-ichi Urayama, Minh Tuong Le, Yu Katoh, Tomoya Higashiura, Toshiyuki Fukuhara, Tsutomu Arie, Tohru Teraoka, Ken Komatsu, Hiromitsu Moriyama
Journal of General Plant Pathology   84(2) 92-103   2018年4月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
Takanobu Yoshida, Masato Kawabe, Yuichiro Miyata, Tohru Teraoka, Tsutomu Arie
Journal of Pesticide Science   33(3) 234-242   2008年
PCR-based analysis of disease in tomato singly or mixed inoculated with Fusarium oxysporum f. sp. lycopersici races 1 and 2
Olusegun Samuel Balogun, Yasushi Hirano, Tohru Teraoka, Tsutomu Arie
Phytopathol Mediterr   47(1) 50-60   2008年
共著者:T. Arie, Y. Hayashi, A. Nagatani, M. Furuya, I. Yamaguchi
Ann. Phytopathol. Soc. Jpn   57(5) 696-701   1991年
共著者:有江 力・難波成任・山下修一・土居養二
日本植物病理学会報   54(2) 242-245   1988年
トマトーフザリウム相互作用解析におけるコンソーシアム研究への期待
有江 力・曳地康史・児玉基一朗・増田 税・澤田宏之・渡辺雄一郎・高橋英樹
植物感染生理談話会論文集   40 141-149   2004年

書籍等出版物

 
エンドウ萎凋病菌の特異検出法および緊急対策に関する研究
有江力
農林水産・食品産業技術振興協会/農林水産省 農林水産技術会議   2018年9月   
菌類の事典
日本菌学会編集 (担当:共著)
朝倉書店   2013年10月   
土壌微生物相の解明による土壌生物性の解析技術の開発
eDNA情報を基にした特定微生物群の早期検出・定量法 (担当:共著)
農林水産省農林水産技術会議事務局   2013年1月   
植物工場大全
四季を再現した果樹工場でブルーベリーを周年栽培 (担当:共著)
日経BP社   2010年7月   
植物病理学
有江力、佐藤幸生 (担当:共著)
文永堂出版   2010年2月   

講演・口頭発表等

 
植物病害対策のフロンティアー植物アクチベータの基礎と利用の可能性
有江力
東京農業大学総合研究所研究会平成28年度農薬部会第102回セミナー   2016年7月8日   東京農業大学総合研究所
Variations in avirulence genes on small chromosomes in the tomato wilt fungus, Fusarium oxysporum f. sp. lycopersici; emergence of new biotypes, rapid race determination methods, and control of the disease
T Arie
The 2016 KSPP Spring Meeting and International Conference   2016年4月21日   Korean Society of Plant Pathology
Emergence and divergence of the tomato wilt pathogen in the coevolution with tomato, from phylogenetic, molecular and genomic aspects
T Arie
WORKSHOP: FCA-UNESP AND NOKODAI: 30 YEARS OF A SUCCESSFUL PARTNERSHIP   2015年11月23日   Paulista Sao Paolo State University
植物が持つ病害防御能とその誘導・利用
有江 力
第537回技術情報交流セミナー   2015年10月29日   公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会
植物が持つ抵抗性の病害防除への活用 植物が持つ抵抗性の病害防除への活用―プラントアクチベーター40年の歴史と生物農薬―
有江力
オリゼメート40周年記念会   2015年1月16日   Meiji Seikaファルマ(株)

Works

 
トリコデルマ・アトロビリデ菌の病害防除メカニズムの解明
茎葉散布型プラントアクチベーター実用化に向けた光環境実証実験
芸術活動   2009年6月 - 2010年3月
トリコデルマ・アトロビリデ菌の病害防除メカニズムの解明
芸術活動   2003年 - 2003年
微生物農薬の病害防除メカニズムの解明
芸術活動   2004年10月 - 2005年3月
拮抗微生物の動態解析研究
芸術活動   2005年7月 - 2006年3月

競争的資金等の研究課題

 
サトイモ遺伝資源の分子遺伝学的解析・保全整備と耐病性育種素材の探索
研究期間: 2017年 - 2017年
小型染色体の構造・機能解析によるフザリウム菌の病原性分化機構の解明
研究期間: 2016年 - 2018年
野生種トマトの病原毒素感受性に基づくトマト栽培化史の解析
研究期間: 2014年 - 2017年
バイオマイクロシリンジとしてのいもち病菌の利用
研究期間: 2014年 - 2015年
花器処理型種子伝染性病害用生物農薬の創成
研究期間: 2012年 - 2013年