DEGUCHI Takuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 14, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
DEGUCHI Takuhiko
E-mail
deguchinara-edu.ac.jp
URL
http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~deguchi/
Affiliation
Nara University of Education
Section
Faculty of Education, School Education
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D.(Psychology)(Nagoya University)
Research funding number
90382465

Research Areas

 
 

Published Papers

 
A lesson plan about rule-breaking behavior: Focusing on the spreading process of talking during lessons.
Deguchi, T.
Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation   5 49-59   Mar 2019   [Refereed]
Analyzing the spread of rule-breaking behavior, focusing on talking in class, based on decision matrices in a critical mass model with local interaction.
Deguchi, T.
The Japanese Journal of Experimental Social Psychology   58(2) 105-110   Mar 2019   [Refereed]
A one-dimensional cellular automaton of misbehavior: Focusing on differences between one- and two-dimensional matrices.
Deguchi, T.
Bulletin of Nara University of Education: Cultural and Social Science   67 57-66   2018   [Refereed]
授業での規範逸脱行動における自分および周囲の他者が持つ規範意識の影響に関する縦断的研究
次世代教員養成センター研究紀要   4 119-127   Mar 2018   [Refereed]
教室における私語の頻度と規範意識・行動基準の関連:個人レベルおよび集団レベルの影響に着目して
出口拓彦
実験社会心理学研究   57 93-104   Mar 2018   [Refereed]

Books etc

 
パーソナリティ心理学ハンドブック
108名
福村出版   Mar 2013   
学校で役立つ社会心理学
ナカニシヤ出版   Mar 2013   
体験で学ぶ社会心理学
吉田俊和・元吉忠寛(編) 他24名(含:出口拓彦)
ナカニシヤ出版   Apr 2010   ISBN:978-4-7795-0462-4
社会的迷惑の心理学
吉田俊和(編著),斎藤和志(編著),北折充隆(編著),石田靖彦,尾関美喜,小池はるか,出口拓彦,中島 誠,原田知佳,元吉忠寛,森 久美子,吉澤寛之 (12名)
ナカニシヤ出版   Sep 2009   
社会心理学事典
大坊郁夫(編集委員長),池上知子・池田謙一・大淵憲一・唐沢かおり・川浦康至・山口裕幸(編集幹事),他,編集委員13名,執筆者205名
丸善   Jun 2009   

Conference Activities & Talks

 
授業中の私語への教師の対応と生徒の反応との関連
出口拓彦
日本教育心理学会第60回総会   2018   
ローカルな相互作用による限界質量モデル
出口拓彦
日本グループ・ダイナミックス学会第65回大会   2018   
授業中の私語への複数教員による対応に関する態度:自分自身による対応への生徒の反応に着目して
出口拓彦
日本社会心理学会第59回大会   2018   
規範逸脱行動の1次元および2次元セル・オートマトン法によるシミュレーション:逸脱率および空間的収束に関する指標に着目して
出口拓彦
NPO法人日本シミュレーション&ゲーミング学会2017年度秋期全国大会   2017   
ローカルな相互作用による限界質量モデルの妥当性検討:セル・オートマトン法によるシミュレーションの出力と質問紙による実測値の関連
出口拓彦
日本社会心理学会第58回大会   2017   

Research Grants & Projects

 
教育場面での規範逸脱行動を拡散する要因の検討および規範について考える授業案の開発
Project Year: Apr 2018 - Mar 2022
公共場面における規範逸脱行動の発生過程と抑制のための授業の検討
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): 出口拓彦
教室における規範逸脱行動に対する個人要因および状況要因の影響
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): 出口拓彦
授業における私語の発生過程に対する調査およびシミュレーションによる検討
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): 出口拓彦