鈴木 直

J-GLOBALへ         更新日: 05/02/02 00:00
 
アバター
研究者氏名
鈴木 直
 
スズキ ナオ
所属
慶應義塾大学
部署
医学部 医学部
職名
助手
学位
ヒト胎児性癌細胞の栄養膜細胞への分化における M-CSF と c-fms 分子の機能的な役割の解明(慶應義塾大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
   
 
- 大学病院診療科医長(婦人科)(保険担当)
 
2000年
   
 
- 慶應義塾大学医学部産婦人科助手
 
2000年
   
 
- 大学助手(医学部産婦人科学)
 
1998年
 - 
2002年
 大学医学部助手(産婦人科学)
 
1997年
 - 
1998年
 大学医学部助手(専修医)(産婦人科学)
 

学歴

 
 
 - 
1997年
慶應義塾大学 医学研究科 
 
 
 - 
1997年
慶應義塾大学 医学研究科 外科系
 
 
 - 
1990年
慶應義塾大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1990年
慶應義塾大学 医学部 
 

委員歴

 
2004年
   
 
日本婦人科腫瘍学会  幹事
 
2004年
   
 
日本臨床細胞学会  評議員
 
2002年
   
 
日本婦人科腫瘍学会  評議員
 

Misc

 
Mullerian carcinomaに対するヒトモノクローナル抗体HMMC-1が認識する抗原の糖鎖構造の検討
第36回 日本婦人科腫瘍学会      2004年
The expression of sialic acid on the cell surface affects the formation of peritoneal dissemination of ovarian cancer
The Tenth Biennial Meeting of the IGCS (International Gynecological Cancer Society)      2004年
TCRにて診断し得たAtypical Polypoid Adenomyomaより発生した類内膜腺癌の1例
第44回日本産科婦人科内視鏡学会      2004年
子宮体癌症例の組織型の鑑別における免疫染色および2色FISH法の有用性
第36回日本婦人科腫瘍学会      2004年
Significance of MUC1 mucin expression in clear cell adenocarcinoma of the ovary
Acta Histochemica et Cytochemica   35(1) 48-48   2002年

競争的資金等の研究課題

 
婦人科癌、特に卵巣癌に対する新たな治療法の開発
研究期間: 2000年