Yamauchi, Keita

J-GLOBAL         Last updated: Sep 19, 2019 at 04:13
 
Avatar
Name
Yamauchi, Keita
E-mail
keitasfc.keio.ac.jp
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Nursing and Medical Care
Job title
Professor
Degree
Ph.D(Keio University)
Other affiliation
Graduate School of Health Management
Research funding number
60255552

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
May 1993
 - 
Mar 1996
大学医学部助手(精神・神経科)無給
 
Apr 1996
 - 
Sep 1996
大学医学部助手(病院管理学)有給
 
Oct 1996
 - 
Mar 2001
大学医学部助手(医療政策・管理学)有給
 
Apr 1998
 - 
Today
慶應義塾福澤研究センター所員
 
Apr 2001
 - 
Sep 2003
大学看護医療学部学習指導副主任
 

Education

 
Mar 1991
   
 
医学科, Faculty of Medicine, Keio University
 

Committee Memberships

 
Dec 2009
 - 
Today
日本ストレス学会  Board of Councillors
 
Jan 2008
 - 
Today
日本医療・病院管理学会  Board of Councillors
 
May 2005
 - 
Today
福澤諭吉協会  Director
 
Jan 2004
 - 
Today
日本ストレス学会「ストレス科学」編集委員会  編集委員
 
May 2002
 - 
May 2005
(社団法人)福澤諭吉協会  総務委員
 

Awards & Honors

 
Nov 2003
医学史の観点からみた独創的な福澤諭吉研究, 三四会奨励賞, 慶應義塾大学医学部三四会
Winner: 山内 慶太
 
文久2年の遣欧使節の一員として渡欧した際のロンドンにおける福澤諭吉の足跡を辿り、ベツレム病院における一行の署名、病院見学の様子を報じた新聞や医学雑誌の記事、訪問施設の当時の状況を示す資料、一行を案内した英国人医師に関する記録など多数の新発見・新収資料を得た。これらの成果は『福澤諭吉年鑑』などに報告されたが、福澤研究、本邦医学史、日英交流史に新たな一頁を加えるものとして評価された。

Published Papers

 
腎移植の精神的ケアに対する移植医とメディカルスタッフの認識の違いに関する検討
鈴木吏良, 谷知正章, 仲宮優子, 小坂志保, 野口文乃, 高橋絹代, 斉藤拓, 戸田裕之, 吉野相英, 山内慶太, 高原史郎, 湯沢賢治
日本臨床腎移植学会雑誌   7(1) 88-95   Jul 2019   [Refereed]
患者状態像の推移に着目した後期高齢者肺炎症例における入院長期化要因の探索
古田裕亮, 尾藤誠司, 山内慶太, 渡辺美智子
日本医療・病院管理学会誌   56(3) 13-25   Jul 2019   [Refereed]
Suzuki R, Nakamiya Y, Watanabe M, Ando E, Tanichi M, Koga M, Kohno K, Usui J, Yamagata K, Ohkohchi N, Toda H, Saito T, Yoshino A, Takahara S, Yamauchi K, Yuzawa K
Transplantation Proceedings   51(3) 761-767   Apr 2019   [Refereed]
病院に勤務する看護師の残業時間及びメンタルヘルスに影響する要因
渡辺真弓, 山内慶太
日本医療・病院管理学会誌   56(2) 61-69   Apr 2019   [Refereed]
Mayumi Watanabe, Keita Yamauchi
Journal of Advanced Nursing      Mar 2019   [Refereed]
© 2019 John Wiley & Sons Ltd Aims: To clarify the subgroups of overtime work motivations and to determine how fatigue, mental status, and work engagement differ among the subgroups. Design: Cross-sectional. Methods: Questionnaires were distribut...

Misc

 
神野信郎氏を悼む
山内慶太
福澤手帖   (181) 29-32   Jun 2019   [Invited]
小泉信三が願ったお二人のやすらぎ
山内慶太
文藝春秋   97(5) 282-291   May 2019   [Invited]
春秋ふかめ揺ぎなき-戦後復興期の義塾の気概 (特集『帝室論』をめぐつて)
山内慶太
三田評論   (1233) 34-40   May 2019   [Invited]
(座談会)臨床試験データ共有の現状と展望-データを繋ぐ倫理性, 信頼性, 利用可能な技術-
YAMAUCHI KEITA
臨床評価   46(1) 7-42   Jun 2018
塾歌に歌われた慶應四年
YAMAUCHI KEITA
三田評論   (1222) 27-32   May 2018

Books etc

 
最新医学別冊 診断と治療のABC 141 うつ病と双極性障害
YAMAUCHI KEITA (Part:Contributor, 気分障害の経済的側面(168-174))
最新医学社   Dec 2018   
慶應義塾 歴史散歩 全国編
YAMAUCHI KEITA (Part:Joint Work)
慶應義塾大学出版会   Oct 2017   ISBN:978-4-7664-2470-6
慶應義塾 歴史散歩 キャンパス編
YAMAUCHI KEITA (Part:Joint Work)
慶應義塾大学出版会   Oct 2017   ISBN:978-4-7664-2469-0
岩田健小学校脚本集-指導者の劇作り入門
YAMAUCHI KEITA (Part:Editor)
慶應義塾大学出版会   Sep 2017   ISBN:978-4-7664-2442-3
小泉信三エッセイ集2 私と福澤諭吉
YAMAUCHI KEITA (Part:Joint Editor, 編者あとがき 283-291)
慶應義塾大学出版会   Jan 2017   ISBN:978-4-7664-2384-6

Conference Activities & Talks

 
慶應義塾における体育観・スポーツ観の展開-福澤諭吉から小泉信三へ-(シンポジウムテーマ: 自立・自律した個人に価値をおく社会における体育・スポーツ-福澤諭吉とその時代に手がかりを求めて-) [Invited]
山内慶太
日本体育学会第70回大会   12 Sep 2019   日本体育学会
福澤諭吉とスポーツ [Invited]
山内慶太
日本体育学会第70回大会   10 Sep 2019   日本体育学会
レセプトデータを活用した睡眠時無呼吸治療器CPAP治療有無にかかわる医療費比較
YAMAUCHI KEITA
日本臨床疫学会第1回年次学術大会   30 Sep 2017   日本臨床疫学会
労働時間の質的側面の影響-年齢と未就学児有無の効果
YAMAUCHI KEITA
第55回日本医療・病院管理学会学術総会   18 Sep 2017   日本医療・病院管理学会
全国ウツタイン統計を用いた院外心停止例の類型化
YAMAUCHI KEITA
第55回日本医療・病院管理学会学術総会   17 Sep 2017   日本医療・病院管理学会

Works

 
一二〇〇号特別座談会 小論文と格闘した高校生の夏 (通巻1200号記念号)
The Others   May 2016
精神科における医療経済を考える―診療報酬制度の転換点において向かうべき方向は何か―
YAMAUCHI KEITA   The Others   May 2006
高齢者ケアに関する国際共同研究
The Others   1998
精神保健に関する研修
The Others   1998
看護師への専門教育
The Others   1998

Social Contribution

 
港区教育委員
[]  Apr 2017 - Today
統計審議会国民生活・社会統計部会
[]  Aug 2006 - Sep 2007
財団法人精神・神経科学振興財団「厚生労働科学研究費補助金によるこころの健康科学研究事業「戦略研究課題(自殺関連うつ対策戦略研究)」研究倫理委員会
[]  Dec 2005 - Today
厚生労働省「精神障害者社会復帰等ニーズ調査検討会」
[]  Aug 2003 - Oct 2003
日本精神科病院協会「精神障害者社会復帰サービスニーズ等調査企画委員会」
[]  Jan 2003 - Oct 2003