冨田 勝

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:26
 
アバター
研究者氏名
冨田 勝
 
トミタ マサル
eメール
mtsfc.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
環境情報学部環境情報学科
職名
教授
学位
Ph.D.(カーネギー・メロン大学), 博士(工学)(京都大学), 博士(医学)(慶應義塾大学)
その他の所属
慶應義塾大学
科研費研究者番号
60227626

経歴

 
1987年7月
 - 
1990年5月
カーネギーメロン大学 ,助教授
 
1990年6月
 - 
1997年3月
大学助教授(環境情報学部)
 
1994年4月
   
 
大学院政策・メディア研究科委員
 
1997年4月
   
 
大学教授(環境情報学部)
 
1999年10月
 - 
2001年9月
大学環境情報学部運営委員
 

委員歴

 
2015年
 - 
2018年3月
㈱ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ  技術顧問
 
2012年11月
   
 
全塾 評議員会  評議員
 
2012年4月
   
 
京都大学化学研究所  客員教授
 
2011年
   
 
先端生命科学研究所  所長
 
2011年4月
   
 
信濃町 慶應医学賞  委員
 

受賞

 
2017年6月
国際メタボローム学会 国際メタボローム学会 終身名誉フェロー
 
2016年
WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016
 
2014年
Award for Academic Startups
 
2014年
Award for Academic Startups
 
2009年11月
福澤賞
受賞者: 冨田 勝
 

論文

 
Systematic characterization of artificial small RNA-mediated inhibition of Escherichia coli growth
冨田 勝
RNA BIOLOGY   14(2) 206-218   2017年
PLASMA METABOLOME ASSOCIATED WITH OBESITY IN COMMUNITY DWELLERS: TSURUOKA METABOLOMIC COHORT STUDY
冨田 勝
ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM   71  751-752   2017年
Combination of quantitative changes in ionic components to enhance the contractile force in embryonic ventricular cells
冨田 勝
Journal of Physiological Sciences   67(Supplement 1) S155   2017年
Dynamic Organization of Chromatin Domains Revealed by Super-Resolution Live-Cell Imaging
冨田 勝
Molecular Cell   67(2) 282-293   2017年
Thymidine Catabolism as a Metabolic Strategy for Cancer Survival
冨田 勝
Cell Reports   19(7) 1313-1321   2017年

Misc

 
Detecting A-to-I RNA editing in RNA-Seq data
Galipon Josephine(ガリポン・ジョセフィーヌ), 石黒宗, 冨田勝, 程久美子
NGS Professional シリーズRNA-Seqマスターブック      2016年
Detecting A-to-I RNA editing in RNA-Seq data
Galipon Josephine(ガリポン・ジョセフィーヌ), 石黒宗, 富田勝, 程久美子
NGS Professional シリーズRNA-Seqマスターブック      2016年4月
The application of omics technologies in the functional evaluation of inulin and inulin-containing prebiotics dietary supplementation
冨田 勝
Nutr Diabetes.   5 e185   2015年

書籍等出版物

 
Advances in Systems Immunology and Cancer
冨田 勝
Frontiers Media SA   2014年   
E-Cell System : Basic Concepts and Applications.
冨田 勝 (担当:共著)
Springer   2013年   
最新医学 臨床遺伝子学’07-ゲノム科学の臨床へのインパクト―
曽我朋義,大橋由明,冨田 勝 (担当:共著, 範囲:56-63,)
最新医学社   2007年   
Metabolomics-A Powerful Tool in Systems Biology-(vol.18)
Martin, R., Soga, T. and Tomita, M. (担当:共著, 範囲:189-234)
Springer   2007年   
バイオインフォマティクス事典
櫻田剛史,冨田 勝
共立出版   2006年   

講演・口頭発表等

 
原核生物および真核生物ゲノムにおける周期的DNAリピートの網羅的探索
冨田 勝MORI Hideto, YAMAMOTO Daniel Evans, ISHIGURO Soh, YACHIE Nozomu ,
日本生化学会大会   2017年   
哺乳動物の全細胞系譜追跡にむけたDNAバーコード技術の開発
冨田 勝
日本生化学会大会   2017年   
千葉県の土壌から単離された臭素酸還元能を持つRhodococcus sp.Br‐6株とRhodococcus属の比較ゲノム解析.
冨田 勝ITO Kohei, HARADA Masafumi, SUZUKI Haruo , NAKAJIMA Nobuyoshi, YAMAMURA Shigeki , AMACHI Seigo
日本生化学会大会   2017年   
Discovery of Micrometeoroid Impact Signatures on the Tanpopo Aerogel Panels: Early Report of the Initial Sample Analysis of Its First Year Samples Retrieved back to the Earth
冨田 勝
日本地球惑星科学連合大会予稿集   2017年   
In Situ Sample Analysis and Sample Return Exploration from Deep Habitats of the Ocean Worlds
冨田 勝
日本地球惑星科学連合大会予稿集   2017年   

Works

 
追悼 父・冨田勲は親バカでした
その他   2016年7月
2002年度研究活動による受賞 ISMB Best Poster Award
冨田 勝   その他   2002年11月
受賞理由:細胞シュミレーション研究(E-SELL)を世界に先駆けてスタート。バイオインフォマティックスやシステム生物学の分野に貢献したことによる。
2002年度研究活動による受賞 第16回 日本IBM科学賞
冨田 勝   その他   2002年8月
受賞理由:コンピュータに詳しくない研究者での容易にゲノム解析を可能とする“G-lamguageGAE”というソフトウェアを作成し、2002年カナダで行われた「分子生物学のための知的システム」国際会議で高く評価された

競争的資金等の研究課題

 
「In vivoヒト代謝システム生物学拠点」
グローバルCOEプログラム: 
研究期間: 2007年 - 2009年
「メタボローム解析のための計測技術開発とそれを用いた代謝経路推定」
科研費・特定領域研究「生命システム情報」公募研究A02: 
研究期間: 2006年 - 2009年
「システム生物学による生命機能の理解と制御」
21世紀COEプログラム(生命科学分野): 
研究期間: 2005年 - 2007年
「システムバイオロジーのためのモデリング・シミュレーション環境の構築」
戦略的創造研究推進事業(CREST)「シミュレ-ション技術の革新と実用化基盤の構築」研究領域: 
研究期間: 2004年 - 2009年
「細菌細胞のコンピュータシミュレーション」
科研費・特定領域研究(2)「細胞システムの情報学的構築に向けた研究」計画研究A02: 
研究期間: 2003年 - 2004年

その他

 
2015年5月
KAUST Computational Bioscience Research Center Scientific Advisory Board Meeting (Jeddah, Saudi Arabia)
にて座長を務める