植戸 貴子

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/13 18:50
 
アバター
研究者氏名
植戸 貴子
 
ウエト タカコ
所属
神戸女子大学
部署
健康福祉学部 社会福祉学科
職名
教授
学位
社会福祉修士(ニューヨーク州立大学オールバニー校(アメリカ合衆国))

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
ニューヨーク州立大学オールバニー校大学院社会福祉修士課程  社会福祉直接援助
 
 
 - 
1980年
神戸大学 教育学部 特殊教育学科
 

論文

 
知的障害者の母親の「親離れ・子離れ」問題~知的障害者の地域生活継続支援における課題として
植戸 貴子
神戸女子大学健康福祉学部紀要   4 1-12   2012年3月   [査読有り]
知的障害者の地域生活のための支援と仕組みづくり~障害者相談支援専門員等を対象とした聞き取り調査から
植戸 貴子
神戸女子大学健康福祉学部紀要   3 1-13   2011年3月   [査読有り]
福祉援助職のメンタルヘルスの現状~社会福祉士を対象としたストレスに関するアンケート調査から
植戸 貴子
神戸女子大学健康福祉学部紀要   2 1-18   2010年3月   [査読有り]
障害者地域生活支援センター職員のメンタルヘルス~ストレスに関する調査結果から見た現状と課題
植戸 貴子
神戸女子大学健康福祉学部紀要   1 1-18   2009年3月   [査読有り]
支部委員会活動における実践研究
社会福祉士   (15) 129-133   2008年
知的障がいのある人たちの地域の居場所づくり
神戸女子大学文学部紀要   41 87-97   2008年
知的障害者の地域生活移行とソーシャルワーク
ソーシャルワーク研究   2(33) 88-94   2007年
知的障がいのある利用者とワーカーのパートナーシップ
神戸女子大学社会福祉学研究   (10) 1-18   2006年
利用者とワーカーのパートナーシップ
神戸女子大学社会福祉学研究   (9) 1-15   2005年
知的障害を持つ人たちの本人活動の現状と課題
神戸女子大学社会福祉学研究   (8) 40-65   2004年
社会福祉施設職員のエンパワメント~人材育成と職員研修(共著)
日本キリスト教社会福祉学研究   35 89-97   2003年
エンパワメントの概念整理とエンパワメント実践のための具体的指針に関する一考察
社会福祉士   第10号、61~66頁    2003年
エンパワメント志向の社会福祉実践~利用者とワーカーのパートナーシップ形成
社会福祉学研究   第7号、5~20頁    2003年
利用者―ワーカー関係の再検討
ホーリスティック社会福祉研究   (8) 53-59   2003年
エンパワメント志向の社会福祉実践~利用者-ワーカー関係のあり方についての一考察
社会福祉士   9 72-79   2002年
社会福祉基礎構造改革と障害者ソーシャルワーク~身体障害者と知的障害者の支援のあり方を中心に
社会福祉学研究(神戸女子大学社会福祉学会)   (61) 5-17   2002年
社会福祉施設におけるエンパワメント志向の社会福祉実践
社会福祉学研究(神戸女子大学社会福祉学会)   5 1-20   2001年
キリスト教社会福祉施設職員に対するキリスト教社会福祉教育(共著)
キリスト教社会福祉学研究   113-121   2000年
社会福祉施設職員のストレスとその対応〜施設現場の現状・問題点および今後の課題
ソーシャルワーク研究   26(3) 62-67   2000年
災害時の緊急ショートステイサービスの役割〜阪神大震災の被害者に対する実践調査報告より
ソーシャルワーク研究   189-194   1997年
障害者の高齢化〜身体障害者療護施設入所者の現状とニーズ
ソーシャルワーク研究   159-164   1997年
地域を支える社会福祉施設の役割〜震災ボランティアのための心のケア・オリエンテーション"実践から
ホーリスティック社会福祉研究   94-99   1997年
身体障害者療護施設入所者の高齢化と入所者処遇調査
ホーリスティック社会福祉研究   85-94   1996年

書籍等出版物

 
ソーシャルワーク演習ケースブック
植戸 貴子 (担当:共編者, 範囲:クライエントの利益の最優先/知的障害者の地域生活移行支援の事例)
みらい   2012年12月   
ソーシャルワーク実習~養成校と実習先との連携のために
植戸 貴子 (担当:共著, 範囲:ソーシャルワーク実習の内容)
久美(株)   2011年12月   
障害者ソーシャルワークへのアプローチ~その構築と実践におけるジレンマ
植戸 貴子 (担当:共著, 範囲:知的障害者の「自己選択」をめぐるジレンマ~ワーカーのジレンマ経験から支援関係を見直す)
明石書店   2011年5月   
相談援助でお悩みのあなたへ
植戸 貴子 (担当:共編者)
久美(株)   2010年5月   
ソーシャルワーカー教育シリーズ①ソーシャルワークの基盤と専門職
植戸 貴子 (担当:共編者, 範囲:ソーシャルワーク固有の視点と機能)
2010年3月   
ソーシャルワーク演習ワークブック(共編著)
みらい   2008年   
知的障害援助専門員養成通信教育テキスト(共著)
日本知的障害者福祉協会   2007年   
ソーシャルワークとエンパワメント(共訳)
ふくろう出版   2007年   
あなたを育てる対人援助の本(共編著)
久美出版   2006年   
三訂新・ともに学ぶ障害者福祉(共著)
みらい   2006年   
改訂新・ともに学ぶ障害者福祉(共著)
みらい   2005年   
社会福祉援助技術論(共著)
久美出版   2005年   
新・社会福祉原論(共著)
みらい   2005年   
介護支援専門員のためのアセスメントの指標(共著)
兵庫社会福祉士会   2004年   
社会福祉援助技術論(共著)
保育出版社   2004年   
The Voluntary and No-profit Sector in Japan : The Challenge of Change (Co-author)
Routledge Curzon   2003年   
新・ともに学ぶ障害者福祉~ハンディをもつ人の自立支援に向けて(共著)
みらい   2003年   
障害者ソーシャルワーク
久美株式会社   2002年   
ソーシャルワークを学ぶ(共著)
学文社   2001年   
ともに学ぶ障害者福祉〜ハンディをもつ人の自立支援に向けて(共著)
みらい   2001年   
NPO-起業・経営・ネットワーキング(共著)
中央法規出版   2000年   
事例を通して学ぶスーパービジョン(共著)
相川書房   2000年   
NPOマネージメント〜ボランタリー組織のマネージメント(共訳)
中央法規出版   1999年   
障害者福祉論(共著)
学文社   1999年   
事例を通して学ぶ社会福祉援助(共著)
相川書房   1998年   

講演・口頭発表等

 
知的障害者と母親の「親離れ・子離れ」問題~知的障害者の地域生活継続支援における課題として
植戸 貴子
日本社会福祉学会   2011年10月   
知的障害者が安心・安全に地域で暮らし続けるための支援と仕組みづくり~障害者相談支援専門員等を対象とした聞き取り調査から
植戸 貴子
日本社会福祉学会   2010年10月   
福祉援助職のメンタルヘルスの現状及び事業者によるメンタルヘルス対策
植戸 貴子
日本社会福祉学会   2009年10月   
障害者地域生活支援センター職員のメンタルヘルス~職員を対象としたストレスに関する調査から
植戸 貴子
日本社会福祉学会   2008年10月   
知的障害者の地域の居場所づくり
日本社会福祉学会   2007年   
支部委員会活動における実践研究と専門職からの発信
日本社会福祉士学会   2007年   
利用者とワーカーのパートナーシップの形成
日本社会福祉学会   2004年   
社会福祉施設職員のエンパワメント(共同発表)
日本基督教社会福祉学会   2002年   
エンパワメントの概念整理とエンパワメント実践のための具体的指針に関する一考察
日本社会福祉士学会   2002年   
エンパワメント実践における利用者―ワーカー関係
日本社会福祉士学会   2001年   
高齢者のエンパワメント(共同発表)
日本社会福祉学会   2000年   
地域住民主体NPO「西須磨だんらん」マッピング調査
日本社会福祉学会   1999年   
社会福祉施設職員の研修に関する考察(共同発表)
日本基督教社会福祉学会   1999年   
英国の市民参加型ボランタリーNPO(共同発表)
日本社会福祉学会   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
障害者ソーシャルワーク
福祉援助職のメンタルヘルス
知的障害者の地域生活支援