加藤 浩徳

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 22:31
 
アバター
研究者氏名
加藤 浩徳
 
カトウ ヒロノリ
eメール
katocivil.t.u-tokyo.ac.jp
URL
http://www.trip.t.u-tokyo.ac.jp/kato/
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科 社会基盤学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学), 修士(工学)(東京大学)

プロフィール

1993年東京大学工学部土木工学科卒業,1995年東京大学大学院工学研究科土木工学専攻修了,1999年に東京大学より博士(工学)授与.1995年東京大学大学院工学系研究科助手,1998年財団法人運輸政策研究機構調査役,2000年東京大学大学院工学系研究科専任講師,2004年同助教授,2007年同准教授を経て,2013年より東京大学大学院工学系研究科教授.2016年より日越大学社会基盤プログラム共同主幹を兼務.その他,アジア工科大学(AIT)で客員准教授・教授,ダルムシュタット工科大学,スイス連邦工科大学(ETH)チューリッヒ校で客員研究員など.研究分野は交通計画,交通政策,交通経済学,交通経営で,最近は特に国際交通学,国際プロジェクト学に研究分野を展開.Outstanding Paper Award at the Emerald Literati Network Awards for Excellence,日本交通学会賞,米谷・佐佐木賞,アジア交通学会(EASTS)Best Paper Award,東京大学工学部ベストティーチングアワード等を受賞.交通政策審議会や政策評価審議会の専門・臨時委員をはじめ,国内の官公庁や自治体の多数の委員会委員を歴任.OECDのワーキンググループや,JICA,ADBのプロジェクトなど国際関連機関の業務にも携わる.国内外での講演多数.40誌以上の学術誌の査読を行い,国際学術誌であるAsia Transport Studiesの編集長やPLOS ONEの学術編集委員なども務める.

研究分野

 
 

経歴

 
2013年11月
 - 
現在
東京大学 大学院工学系研究科 教授
 
2004年8月
 - 
2013年10月
東京大学  大学院工学系研究科 准教授
 
2000年8月
 - 
2004年8月
東京大学  大学院工学系研究科 専任講師
 
1998年4月
 - 
2000年8月
(財)運輸政策研究機構 調査室 調査役
 
1995年4月
 - 
1998年3月
東京大学  大学院工学系研究科 助手
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学 大学院工学系研究科 土木工学専攻
 
1989年4月
 - 
1993年3月
東京大学 工学部 土木工学科
 

受賞

 
2016年4月
東京大学工学部 2015年度ベストティーチングアワード
 
2015年9月
Eastern Asia Society for Transportation Studies Best Paper Award for Best Application in Practice
 
2014年11月
米谷・佐佐木賞(研究部門)
 
2014年10月
日本交通学会 日本交通学会賞(著作の部)
 
2014年5月
Outstanding Paper Award at the Emerald Literati Network Awards for Excellence 2014
 

論文

 
Why have travel surveys of urban railway successfully incorporated public and private participations in Tokyo Metropolitan Area?
Hironori KATO, Masashi KUBOTA, Michihiko KOBAYASHI, Toshimitsu NOJI, and Tetsuro HYODO
Asian Transport Studies   5(3) 493-508   2019年   [査読有り]
Regional and local economic effects of proximity to high-speed rail stations in Japan: Difference-in-differences and propensity score matching analyses
Jetpan WETWITOO and Hironori KATO
Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board   accepted    2019年   [査読有り]
Can transportation change land property rights in developing rural areas? A case study of land titles in a Brazilian municipality
Lucas Bispo DE OLIVEIRA ALVES, Shinnosuke MAEDA, So MORIKAWA, and Hironori KATO
Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board   accepted    2019年   [査読有り]
Impacts of urban rail investment on regional economies: Evidences from Tokyo using spatial difference-in-differences analysis
Yuichiro KANEKO, Takuro NAKAGAWA, Veng Kheang PHUN, and Hironori KATO
Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board   accepted    2019年   [査読有り]
Paratransit as a connective mode for mass transit systems in Asian developing cities: Case of Bangkok in the era of ride-hailing services
Veng Kheang PHUN, Hironori KATO and Saksith CHALERMPONG
Transport Policy   75 27-35   2019年   [査読有り]

書籍等出版物

 
グローバル・ロジスティックス・ネットワーク~国境を越えて世界を流れる貨物
柴崎隆一編,アジア物流研究会著 (担当:共著)
成山堂書店   2019年2月   ISBN:978-4425931613
Routledge Handbook of Transport in Asia
Zhang, J. and Feng, C-M. (担当:共著)
Routledge   2018年6月   ISBN:978-1138826014
交通インフラの多様性
手塚広一郎,加藤一誠編 (担当:共著)
日本評論社   2017年3月   ISBN:978-4535558588
サステナブル都市の輸出:展望と戦略
原田昇監修,和泉洋人,城所哲夫,瀬田史彦編著 (担当:共著)
学芸出版会   2017年3月   ISBN:978-4761532307
メガシティとサステイナビリティ
村松伸,加藤浩徳,森宏一郎 (担当:編者)
東京大学出版会   2016年8月   ISBN:978-4130651516

講演・口頭発表等

 
Cooperative framework with public and private participation in travel survey for urban public transit: Case study in Tokyo, Japan
Masashi KUBOTA, Michihiko KOBAYASHI, Toshimitsu NOJI, Hironori KATO and Tetsuro HYODO
Transportation Research Board 98th Annual Meeting   2019年1月   
Impacts of urban rail investment on regional economies: Evidences from Tokyo using spatial difference-in-differences analysis
Yuichiro KANEKO, Takuro NAKAGAWA, Veng Kheang PHUN and Hironori KATO
Transportation Research Board 98th Annual Meeting   2019年1月   
Impacts of rural roads’ improvement on household income and mobility through market accessibility enhancement in rural areas of Cambodia
Shin TAKADA, Rika IDEI and Hironori KATO
Transportation Research Board 98th Annual Meeting   2019年1月   
Can transportation change land property rights in developing rural areas? A case study of land titles in a Brazilian municipality
Lucas Bispo de Oliveira ALVES, Shinnosuke MAEDA, So MORIKAWA and Hironori KATO
Transportation Research Board 98th Annual Meeting   2019年1月   
Is built environment associated with travel mode choice in developing cities? Evidence from Hanoi, Vietnam
Mai Chi Thi NGUYEN, Hironori KATO and Le Binh PHAN
Transportation Research Board 98th Annual Meeting   2019年1月   

Misc

 
時間短縮効果の評価に関する課題ー微少時間短縮と時間価値
加藤浩徳
運輸と経済   78(7) 88-95   2018年   [依頼有り]
芭蕉 おくのほそ道-付 曽良旅日記,奥細道菅菰抄(私の本棚,連載第103回)
加藤浩徳
土木学会誌   102(12) 48-48   2017年   [依頼有り]
自動運転車時代の到来は道路投資の便益にどのような影響を及ぼすのか
加藤浩徳
高速道路と自動車   60(11) 5-8   2017年   [依頼有り]
留学生が見て聞いて体験してまなぶ新幹線:留学生のための新幹線セミナー2016
加藤浩徳,鳩山紀一郎,北出修三,高浜匡,高松俊介
運輸と経済   77(2) 148-152   2017年   [依頼有り]
日越大学:日本とベトナムの架け橋となる人材の育成に向けて
加藤浩徳
土木学会国際センター通信   56 4-5   2017年   [依頼有り]

委員歴

 
2018年12月
 - 
現在
交通政策審議会  臨時委員
 
2018年11月
 - 
現在
PLOS ONE Editorial Board  Academic Editor
 
2018年10月
 - 
現在
東京地下鉄株式会社  門前仲町駅、豊洲駅改良工事における費用便益分析調査検討会・座長
 
2018年9月
 - 
現在
土木学会  土木学会ACECC担当委員会・副委員長
 
2018年4月
 - 
現在
交通工学研究会  第2学術小委員会・委員
 

競争的資金等の研究課題

 
自動運転技術とスマートフォンの普及による交通時間価値への影響に関する研究
日立財団: 2016年度(第48回)倉田奨励金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 加藤 浩徳
交通インフラの都市・地域の経済的生産性に与える影響に関する分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 加藤浩徳
大都市圏における空港アクセス鉄道と経済生産性との関係に関する空間計量経済分析
航空政策研究会: 研究プロジェクト支援
研究期間: 2016年9月 - 2017年3月    代表者: 加藤 浩徳
交通時間価値の国際比較:日本とスウェーデンとの比較研究
公益財団法人日産財団: 平成24年度,第2回 社会学分野(公募)
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 加藤浩徳
情報通信技術の進展が交通行動及びプロジェクト評価に与える影響
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 加藤浩徳

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
基調講演:"Integration of Transportation and Urban Development: Case of Urban Railway Development in Tokyo"
【その他】  CITIES International Conference 2018 (Surabaya)  2018年10月
基調講演: "Quality and Transportation"
【その他】  14th ASEAN‐Japan STOM Leaders Conference  (秋田市)  2016年7月
基調講演: "How has Tokyo Created an Intelligent and Secure Urban Rail Network through Constant Innovation"
【その他】  Safe Cities Asia 2015  (Singapore)  2015年5月
基調講演: "Sophisticated urban rail network in Tokyo: Past and future"
【その他】  3rd Annual International Conference on Architecture and Civil Engineering (ACE 2015)  (Singapore)  2015年4月
基調講演: "What are the critical issues of urban transportation in Yangon, Myanmar?"
【その他】  13th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia  (Yangon)  2014年11月