大西 克也

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/16 20:06
 
アバター
研究者氏名
大西 克也
 
オオニシ カツヤ
所属
東京大学
部署
大学院人文社会系研究科
職名
教授
学位
文学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本中国語学会  副会長
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本中国語学会  理事
 
2008年10月
 - 
2012年10月
日本中国語学会  編集委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
中国出土資料学会  会長
 
2005年
 - 
2006年
日本中国学会  幹事
 

論文

 
清華簡『繋年』の地域性に関する試論――文字学の視点から――
大西 克也
資料学の方法を探る   (14) 21-47   2015年3月   [招待有り]
試論上古漢語光杆名詞主語句及其指稱特點
大西 克也
承繼與拓新 漢語語言文字學研究   下 356-381   2014年12月   [査読有り]
中国語における指示性範疇化の胎動
大西 克也
中国語学   (261) 5-25   2014年10月   [査読有り][招待有り]
従出土資料再論章系字顎化的年代
大西 克也
古文字研究   (30) 557-562   2014年9月   [査読有り]
關於「漢字」一詞産生過程的一點想法
大西 克也
第二十五届中國文字學國際學術研討會論文集   601-606   2014年5月   [招待有り]

Misc

 
「非発掘簡」を扱うために
大西 克也
出土文献と秦楚文化   (8)    2015年3月
楚の言語について
日中文化研究   (10) 121-130   1996年
「殹」「也」の交替-六国統一前後における書面言語の-側面-
中国出土資料研究   (2)    1998年
包山楚簡「(]J2285[)」字の訓釈をめぐって
東京大学中国語中国文学研究室紀要   (3) 1-13   2000年
「國」の誕生――出土資料における「或」系字の字義の変遷――
楚地出土資料と中国古代文化      2002年

書籍等出版物

 
馬王堆出土文献訳注叢書 戦国縦横家
大西 克也 (担当:共著)
東方書店   2015年12月   
アジアと漢字文化
大西 克也 (担当:共編者, 範囲:1-180頁)
放送大学教育振興会   2009年3月   

Works

 
中国における言語地理と人文・自然地理
1997年 - 1999年
郭店楚簡並びにそれと関連する出土資料の研究
1999年 - 2001年
中国語の構文及び文法範疇形成の歴史的変容と汎時的普遍性 ―中国語歴史文法の再構築―
2004年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
出土資料による中国語史研究、古文字学