KANOU Kouki

J-GLOBAL         Last updated: Jan 18, 2020 at 03:02
 
Avatar
Name
KANOU Kouki
URL
http://kkano.cwes.ibaraki.ac.jp/index.html
Affiliation
Ibaraki University
Section
Center for Water Environment Studies
Job title
Associate Professor
Research funding number
00527723

Profile

(教員からのメッセージ)
研究室のメインテーマは,魚類Piscesとそれをとりまく自然環境の保全・再生です。興味があれば魚類以外の生きものにも挑戦しています。全国各地の河川や湖沼,河口域,内湾などのフィールドに出かけてデータを取りながら,生物多様性や在来生態系の保全・再生,水産資源の持続的利用などのために,いま何をすればよいのかについて考えています。
 研究室は水郷として有名な潮来(いたこ)の北浦湖畔に位置する茨城大学広域水圏センター内にあります。センターでは,卒論・修論・博論研究を行う学生,教育・研究目的で施設を利用したい方々を,学内外から広く募集しています。水圏フィールドには,未知のテーマがまだいくらでもあるはず。ワクワクしながら研究やフィールド゙体験がしたい方,いつでもお気軽にいらしてください。

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2004
 - 
Mar 2008
財団法人自然環境研究センター
 

Education

 
Apr 2000
 - 
Mar 2003
農学国際専攻, 農学生命科学研究科, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
霞ヶ浦のヨシ帯において採集された外来種オオタナゴの仔稚魚の形態と季節的出現
山本天誠,荒山和則,半澤浩美,冨永 敦,萩原富司,加納光樹
日本生物地理学会会報   74 印刷中   2019   [Refereed]
霞ケ浦産のごた煮干しに含まれる魚類・エビ類の種組成
関野 遼,大森健策,山本天誠,荒山和則,加納光樹
伊豆沼・内沼研究報告   13 75-83   2019   [Refereed]
Fish and macroinvertebrate fauna associated with floating or drifting surface water mangrove litter in a shallow coastal area in Trang, southernThailand
Horinouchi M., K. Kanou, K. Kon, P. Tongnunui and M. Sano
Ichthyol. Res.   66 in press   2019   [Refereed]
Morphological development and occurrence patterns of larval and juvenile halfbeaks, Zenarchopterus spp., associated with mangrove flotsam in a shallow coastal area, Trang, southern Thailand
Kanou K., M. Horinouchi, P. Tongnunui, K. Kon and M. Sano
Biogeography   21 6-11   2019   [Refereed]
Comparison of predation risks for small fishes in salt marsh microhabitats in Lake Hinuma, eastern Japan, using tethering experiments
Kaneko S., K. Kanou and M. Sano
Fisheries Science   85 457-463   2019   [Refereed]

Misc

 
干潟・塩性湿地における仔稚魚の生息場所利用
加納光樹,河野 博,佐野光彦
日本水産学会誌   81 475   2015
茨城県の海岸から得られたヌエハゼ
荒尾一樹,加納光樹,立松沙織,碓井星二,佐野光彦
茨城生物   34 11-13   2014
干潟域の魚類の多様性とその保全-東京湾での事例
加納光樹,河野 博
水環境学会誌   37(A) 106-110   2014   [Invited]
霞ケ浦の湖岸域におけるテナガエビの生息密度と体サイズの昼夜相違
荒山和則, 加納光樹
茨城県内水面水産試験場調査研究報告   44 45-48   2011
1960年代の涸沼産魚類標本の発見
加納光樹, 金子誠也, 碓井星二, 百成 渉
魚類自然史研究会会報「ボテジャコ」   16 19-24   2011

Books etc

 
最新 日本の外来生物
諸澤崇裕,今井 仁,加納光樹
平凡社   Oct 2019   
茨城における絶滅のおそれのある野生生物 動物編
加納光樹・増子勝男・稲葉 修・諸澤崇裕・棗田孝晴・碓井星二・金子誠也 (Part:Joint Work, 淡水・汽水魚類)
茨城県生活環境部環境政策課   Mar 2016   
魚類の初期生活史研究.成育場としての泥質干潟域の重要性
加納光樹,上原匡人 (Part:Joint Work)
恒星社厚生閣   2015   
日本産稚魚図鑑 第二版
加納光樹 (Part:Joint Work)
東海大学出版会   Mar 2014   
「エビ・カニ・ザリガニ 淡水甲殻類の保全と生物学」 2.6 外来ザリガニ問題と外来生物法
中山聖子, 水谷知生, 吉田剛司, 加納光樹 (Part:Joint Work)
生物研究社   Dec 2011