村上 かおり

J-GLOBALへ         更新日: 12/03/07 16:01
 
アバター
研究者氏名
村上 かおり
 
ムラカミ カオリ
所属
名古屋外国語大学
部署
日本語教育センター
職名
講師
学位
修士(南山大学), 博士(名古屋外国語大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2005年
名古屋外国語大学 国際コミュニケーション研究科 日本語学・日本語教育学専攻 修了
 
 
 - 
1996年
南山大学 外国語学研究科 日本語教育専攻 修了
 
 
 - 
1994年
オーストラリア・シドニー工科大学大学院 教育学部日本語教員資格免許課程 修了 
 

委員歴

 
2010年7月
 - 
2013年6月
日本語教育学会  研究集会委員会委員
 

Misc

 
二言語使用者における個人内辞書に関する一考察 -- 「概念見出しカード仮説」の提案 --
未公刊博士論文      2005年
「日本語母語話者の「意味交渉」にタスクの種類が及ぼす影響 -母語話者と非母語話者のインターアクションにおいて-」
『第二言語としての日本語の習得研究』 凡人社   (1) 119-136   1997年
「日本語母語話者の「意味交渉」に非母語話者との接触経験が及ぼす影響」
『世界の日本語教育』 国際交流基金日本語国際センター   (7) 137-155   1997年
「日本語における母語話者と非母語話者とのインターアクション -外国人との接触経験とタスクとが母語話者側のインターアクションの仕方に与える影響-」
未公刊修士論文、南山大学大学院      1996年
「日本語における母語話者と非母語話者とのインターアクション -外国人との接触経験とタスクとが母語話者側のインターアクションの仕方に与える影響-」
『南山日本語教育」 南山大学大学院   (3) 26-50   1996年

競争的資金等の研究課題

 
心理言語学的観点から考える第一言語と第二言語の語彙貯蔵の在り方
その他の研究制度
研究期間: 1999年   
学習者から発話の自主的な『修正』を引き出すフィードバックとは
その他の研究制度
研究期間: 1995年