三善 英知

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/21 02:41
 
アバター
研究者氏名
三善 英知
 
ミヨシ エイジ
URL
http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/%7Etousa/index.html
所属
大阪大学
部署
医学系研究科 保健学専攻
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
大阪大学大学院医学系研究科 機能診断科学 教授
 
2004年
 - 
2007年
大阪大学大学院医学系研究科 生化学 助教授
 
2002年
 - 
2004年
大阪大学医学部保健学科 生体情報科学 助教授
 
1987年
 - 
1990年
 阪大第一内科 研究生
 
1994年
 - 
1995年
 阪大第一内科 研究生
 

学歴

 
 
 - 
1994年
大阪大学 医学研究科 内科系
 
 
 - 
1986年
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
アメリカ癌学会  Active member
 
 
   
 
日本生化学会  理事
 
 
   
 
日本肝臓病学会  評議員、指導医
 
 
   
 
日本癌学会  評議員
 
 
   
 
日本糖質学会  評議員
 

受賞

 
1994年
山村賞
 
2000年
第19回日本癌学会奨励賞
 
2002年
第22回日本分子腫瘍マーカー研究会奨励賞
 

論文

 
Morishita K, Ito N, Koda S, Maeda M, Nakayama K, Yoshida K, Takamatsu S, Yamada M, Eguchi H, Kamada Y, Miyoshi E
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   487 84-89   2018年9月   [査読有り]
Sobajima T, Yoshimura S, Maeda T, Miyata H, Miyoshi E, Harada A.
The Journal of cell biology   217(5) 1777-1796   2018年5月   [査読有り]
Nishino K, Koda S, Kataoka N, Takamatsu S, Nakano M, Ikeda S, Kamamatsu Y, Morishita K, Moriwaki K, Eguchi H, Yamamoto E, Kikkawa F, Tomita Y, Kamada Y, Miyoshi E
Oncotarget   9(16) 12732-12744   2018年2月   [査読有り]
Iijima J, Kobayashi S, Kitazume S, Kizuka Y, Fujinawa R, Korekane H, Shibata T, Saitoh SI, Akashi-Takamura S, Miyake K, Miyoshi E, Taniguchi N
Glycobiology   27(11) 1006-1015   2017年11月   [査読有り]
Hata T, Kawamoto K, Eguchi H, Kamada Y, Takamatsu S, Maekawa T, Nagaoka S, Yamada D, Iwagami Y, Asaoka T, Noda T, Wada H, Gotoh K, Masamune A, Miyoshi E, Mori M, Doki Y
Pancreas   46(10) 1259-1266   2017年11月   [査読有り]
Kamada Y, Ono M, Hyogo H, Fujii H, Sumida Y, Yamada M, Mori K, Tanaka S, Maekawa T, Ebisutani Y, Yamamoto A, Takamatsu S, Yoneda M, Kawada N, Chayama K, Saibara T, Takehara T, Miyoshi E, Japan Study Group of Nonalcoholic Fatty Liver Disease (JSG‐NAFLD).
Hepatology communications   1(8) 780-791   2017年10月   [査読有り]
Betesh L, Comunale MA, Wang M, Liang H, Hafner J, Karabudak A, Giama NH, Moser CD, Miyoshi E, Roberts LR, Block TM, Mehta A
Proteomics. Clinical applications   11(9-10)    2017年9月   [査読有り]
Iwata A, Kamada Y, Ebisutani Y, Yamamoto A, Ueda Y, Arai H, Fujii H, Takamatsu S, Maruyama N, Maeda M, Takehara T, Miyoshi E
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(9) 902-909   2017年8月   [査読有り]
Kusama K, Okamoto Y, Saito K, Kasahara T, Murata T, Ueno Y, Kobayashi Y, Kamada Y, Miyoshi E
Glycoconjugate journal   34(4) 537-544   2017年8月   [査読有り]
Manabe Y, Kasahara S, Takakura Y, Yang X, Takamatsu S, Kamada Y, Miyoshi E, Yoshidome D, Fukase K
Bioorganic & medicinal chemistry   25(11) 2844-2850   2017年6月   [査読有り]
Shinzaki S, Iijima H, Fujii H, Kamada Y, Naka T, Takehara T, Miyoshi E
Journal of biochemistry   161(5) 409-415   2017年5月   [査読有り]
Furukawa K, Tanemura M, Miyoshi E, Eguchi H, Nagano H, Matsunami K, Nagaoka S, Yamada D, Asaoka T, Noda T, Wada H, Kawamoto K, Goto K, Taniyama K, Mori M, Doki Y
PloS one   12(10) e0184901   2017年   [査読有り]
Fontoura JL, Baptista C, Pedroso FB, Pochapski JA, Miyoshi E, Ferro MM
Parkinson's disease   2017 9124160   2017年   [査読有り]
Takamatsu S, Shimomura M, Kamada Y, Maeda H, Sobajima T, Hikita H, Iijima M, Okamoto Y, Misaki R, Fujiyama K, Nagamori S, Kanai Y, Takehara T, Ueda K, Kuroda S, Miyoshi E
Glycobiology   26(11) 1180-1189   2016年11月   [査読有り]
Kamada Y, Kida S, Hirano KI, Yamaguchi S, Suzuki A, Hashimoto C, Kimura A, Sato M, Fujii H, Sobajima T, Yamamoto A, Ebisutani Y, Takamatsu S, Shinzaki S, Yoshida Y, Yamada M, Nagasaka H, Takehara T, Miyoshi E
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   311(5) G859-G868   2016年11月   [査読有り]
Miyoshi E, Kamada Y.
Cancer Sci.   107(10) 1357-1362   2016年10月   [査読有り]
Seino J, Fujihira H, Nakakita SI, Masahara-Negishi Y, Miyoshi E, Hirabayashi J, Suzuki T
Glycobiology   26(10) 1072-1085   2016年10月   [査読有り]
Carvalho S, Oliveira T, Bartels MF, Miyoshi E, Pierce M, Taniguchi N, Carneiro F, Seruca R, Reis CA, Strahl S, Pinho SS
Oncotarget   7(40) 65231-65246   2016年10月   [査読有り]
Miyoshi E, Kamada Y
Cancer science   107(10) 1357-1362   2016年10月   [査読有り]
Iwata A, Kamada Y, Ebisutani Y, Yamamoto A, Ueda Y, Arai H, Fujii H, Takamatsu S, Maruyama N, Maeda M, Takehara T, Miyoshi E.
Hepatol Res.      2016年9月   [査読有り]
Carvalho S, Oliveira T, Bartels MF, Miyoshi E, Pierce M, Taniguchi N, Carneiro F, Seruca R, Reis CA, Strahl S, Pinho SS.
Oncotarget.      2016年8月   [査読有り]
Fujita K, Hayashi T, Matsuzaki K, Nakata W, Masuda M, Kawashima A, Ujike T, Nagahara A, Tsuchiya M, Kobayashi Y, Nojima S, Uemura M, Morii E, Miyoshi E, Nonomura N.
Oncotarget.      2016年8月   [査読有り]
膵がん、慢性膵炎バイオマーカーとしてのフコシル化ハプトグロビン
前川友裕、鎌田佳宏、三善英知
生体の科学      2016年7月   [招待有り]
Fujii H, Shinzaki S, Iijima H, Wakamatsu K, Iwamoto C, Sobajima T, Kuwahara R, Hiyama S, Hayashi Y, Takamatsu S, Uozumi N, Kamada Y, Tsujii M, Taniguchi N, Takehara T, Miyoshi E.
Gastroenterology.   150(7) 1620-1632   2016年6月   [査読有り]
Maekawa T, Kamada Y, Ebisutani Y, Ueda M, Hata T, Kawamoto K, Takamatsu S, Mizutani K, Shimomura M, Sobajima T, Fujii H, Nakayama K, Nishino K, Yamada M, Kumada T, Ito T, Eguchi H, Nagano H, Miyoshi E.
World J Gastroenterol.   22(17) 4403-4410   2016年5月   [査読有り]
Taniguchi N, Kizuka Y, Takamatsu S, Miyoshi E, Gao C, Suzuki K, Kitazume S, Ohtsubo K.
Arch Biochem Biophys.   595 72-80   2016年4月   [査読有り]
Hasegawa K, Tanaka S, Fujiki F, Morimoto S, Nakano K, Kinoshita H, Okumura A, Fujioka Y, Urakawa R, Nakajima H, Tatsumi N, Nakata J, Takashima S, Nishida S, Tsuboi A, Oka Y, Oji Y, Miyoshi E, Hirata T, Kumanogoh A, Sugiyama H, Hosen N
PloS One   11(3) e0152326   2016年4月   [査読有り]
Miyoshi E, Shinzaki S, Fujii H, Iijima H, Kamada Y, Takehara T.
Proteomics Clin Appl.   10(4) 384-390   2016年4月   [査読有り]
Shinzaki S, Ishii M, Fujii H, Iijima H, Wakamatsu K, Kawai S, Shiraishi E, Hiyama S, Inoue T, Hayashi Y, Kuwahara R, Takamatsu S, Kamada Y, Morii E, Tsujii M, Takehara T, Miyoshi E
Journal of gastroenterology   51(4) 357-69   2016年4月   [査読有り]
Sawanobori A, Moriwaki K, Takamatsu S, Kamada Y, Miyoshi E.
Proteomics.      2016年3月   [査読有り]
Ueda M, Kamada Y, Takamatsu S, Shimomura M, Maekawa T, Sobajima T, Fujii H, Nakayama K, Nishino K, Yamada M, Kobayashi Y, Kumada T, Ito T, Eguchi H, Nagano H, Miyoshi E.
Pancreatology   16(2) 238-243   2016年3月   [査読有り]
Tanaka-Okamoto M, Yabu, M, Mukai M, Takahashi H, Fujiwara Y, Ohue, M, Kamada Y, Miyoshi E, Miyamoto, Y.
J. Proteome Res.   15(1) 152-165   2016年1月   [査読有り]
Kamada Y, Ono M, Hyogo H, Fujii H, Sumida Y, Mori K, Tanaka S, Yamada M, Akita M, Mizutani K, Fujii H, Yamamoto A, Takamatsu S, Yoshida Y, Ito Y, Kawada N, Chayama K, Saibara T, Takehara T, Miyoshi E.
Hepatology.   62(5) 1433-1443   2015年11月   [査読有り]
Tanemura M, Miyoshi E, Nagano H, Eguchi H, Matsunami K, Taniyama K, Hatanaka N, Akamatsu H, Mori M, Doki Y.
World J Gastroenterol.   21(40) 11396-11410   2015年10月   [査読有り]
Kamada Y, Miyoshi E.
Liver Int.   35(8) 2062   2015年8月   [査読有り]
Matsuda A, Kuno A, Nakagawa T, Ikehara Y, Irimura T, Yamamoto M, Nakanuma Y, Miyoshi E, Nakamori S, Nakanishi H, Viwatthanasittiphong C, Srivatanakul P, Miwa M, Shoda J, Narimatsu H.
Anal. Biochem.   87(14) 7274-7281   2015年7月   [査読有り]
Shimomura M, Nakayama K, Azuma K, Terao N, Nishino K, Takamatsu S, Nakano M, Takahashi S, Kobayashi Y, Murata K, Kamada Y, Miyoshi E.
Clinica Chimica Acta   15(446) 30-36   2015年6月   [査読有り]
Kamada Y, Sato M, Kida S, Akita M, Mizutani K, Fujii H, Sobajima T, Yoshida Y, Shinzaki S, Takamatsu S, Takehara T, Miyoshi E
Molecular medicine reports   11(5) 3573-84   2015年5月   [査読有り]
Terao N, Takamatsu S, Minehira T, Sobajina T, Nakayama K, Kamada Y, Miyoshi E.
World J Gastroenterology   21(13) 3876-3887   2015年4月   [査読有り]
Loss of α1,6-fucosyltransferase suppressed liver regeneration: implication of core fucose in the regulation of growth factor receptor-mediated cellular signaling.
Wang Y, Fukuda T, Isaji T, Lu J, Gu W, Lee HH, Ohkubo Y, Kamada Y, Taniguchi N, Miyoshi E, Gu J.
Scientific Report   5 8264   2015年2月   [査読有り]
Expression of α1,6-fucosyltransferase is associated with prognosis and histology in non-small cell lung cancers
Honma R, Kinoshita I, Miyoshi E, Tomaru U, Matsuno Y, Shimizu Y, Takeuchi S, Kobayashi Y, Kaga K, Taniguchi N, Akita DH.
   2014年10月   [査読有り]
Pancreatic cancer immunotherapy using a tumor lysate vaccine, engineered to express α-gal epitopes, targets pancreatic cancer stem cells
Tanida T, Tanemura M, Miysoshi E, Nagano H, Furukawa K, Nonaka Y, Akita H, Hama N, Wada H, Kawamoto K, Kobayashi S, Eguchi H, Mori M, Doki Y.
   2014年9月   [査読有り]
Identification of sialylated glycoproteins in doxorubicin-treated hepatoma cells with glycoproteomic analyses.
Azuma K, Serada S, Takamatsu S, Terao N, Takeishi S, Kamada Y, Naka T, Miyoshi E.
   2014年8月   [査読有り]
Serum fucosylated haptoglobin in chronic liver diseases as a potential biomarker of hepatocellular carcinoma development
Asazawa H, Kamada Y, Takeda Y, Takamatsu S, Shinzaki S, Kim Y, Nezu R, Kuzushita N, Mita E, Kato M, Miyoshi E.
Clinical Chemistry and Laboratory Medicine      2014年7月   [査読有り]
Clinicopathological Significance of Leucine-Rich α2-Glycoprotein-1 in Sera of Patients With Pancreatic Cancer.
Furukawa K, Kawamoto K, Eguchi H, Tanemura M, Tanida T, Tomimaru Y, Akita H, Hama N, Wada H, Kobayashi S, Nonaka Y, Takamatsu S, Shinzaki S, Kumada T, Satomura S, Ito T, Serada S, Naka T, Mori M, Doki Y, Miyoshi E, Nagano H.
Pancreas      2014年7月
Serum fucosylated haptoglobin as a novel prognostic biomarker predicting high-Gleason prostate cancer.
Fujita K, Shimomura M, Uemura M, Nakata W, Sato M, Nagahara A, Nakai Y, Takamatsu S, Miyoshi E, Nonomura N.
Prostate      2014年7月
Pancreatic Fatty Degeneration and Fibrosis as Predisposing Factors for the Development of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma.
Tomita Y, Azuma K, Nonaka Y, Kamada Y, Tomoeda M, Kishida M, Tanemura M, Miyoshi E.
Pancreas      2014年7月   [査読有り]
Expression of N-acetylglucosaminyltransferase V in the subserosal layer correlates with postsurgical survival of pathological tumor stage 2 carcinoma of the gallbladder.
Onuki K, Sugiyama H, Ishige K, Kawamoto T, Ota T, Ariizumi S, Yamato M, Kadota S, Takeuchi K, Ishikawa A, Onodera M, Onizawa K, Yamamoto M, Miyoshi E, Shoda J.
   2014年6月   [査読有り]
Twin studies on the effect of genetic factors on serum agalactosyl immunoglobulin G levels.
Azuma K, Shinzaki S, Asazawa H, Kuroki E, Kawamoto S, Kamada Y, Hayakawa K, Miyoshi E.
2(2) 213-216   2014年3月   [査読有り]
[An update on the diagnosis and examination of NAFLD].
Kamada Y, Miyoshi E, Takehara T.
   2014年1月   [招待有り]
Negative expression of N-acetylglucosaminyltransferase V in oral squamous cell carcinoma correlates with poor prognosis.
Seto K, Uchida F, Baba O, Yamatoji M, Karube R, Warabi E, Sakai S, Hasegawa S, Yamagata K, Yanagawa T, Onizawa K, Miyoshi E, Shoda J, Bukawa H.
   2013年12月
Mutation of GDP-mannose-4,6-dehydratase in colorectal cancer metastasis.
Nakayama K, Moriwaki K, Imai T, Shinzaki S, Kamada Y, Murata K, Miyoshi E.
   2013年7月
Serum Fucosylated Haptoglobin as a Novel Diagnostic Biomarker for Predicting Hepatocyte Ballooning and Nonalcoholic Steatohepatitis.
Kamada Y, Akita M, Takeda Y, Yamada S, Fujii H, Sawai Y, Doi Y, Asazawa H, Nakayama K, Mizutani K, Fujii H, Yakushijin T, Miyazaki M, Ezaki H, Hiramatsu N, Yoshida Y, Kiso S, Imai Y, Kawada N, Takehara T, Miyoshi E
PLoS One      2013年6月   [査読有り]
糖鎖がんマーカー
三善英知、鎌田佳宏、魚住尚史
実験医学      2013年6月   [招待有り]
Serum Mac-2 binding protein levels as a novel diagnostic biomarker for prediction of disease severity and nonalcoholic steatohepatitis.
Kamada Y, Fujii H, Fujii H, Sawai Y, Doi Y, Uozumi N, Mizutani K, Akita M, Sato M, Kida S, Kinoshita N, Maruyama N, Yakushijin T, Miyazaki M, Ezaki H, Hiramatsu N, Yoshida Y, Kiso S, Imai Y, Kawada N, Takehara T, Miyoshi E.
   2013年6月
Preparation of Branched Cyclomaltoheptaose with 3-O-α-L-Fucopyranosyl-α- D-mannopyranose and Changes in Fucosylation of HCT116 Cells Treated with the Fucose-Modified Cyclomaltoheptaose.
4. Kimura M, Masui Y, Shirai Y, Honda C, Moriwaki K, Imai T, Takagi U, Kiru T, Kiso T, Murakami H, Nakano H, Kitahata S, Miyoshi E, Tanimoto T.
   2013年6月   [査読有り]
Onuki K, Sugiyama H, Ishige K, Kawamoto T, Ota T, Ariizumi S, Yamato M, Kadota S, Takeuchi K, Ishikawa A, Onodera M, Onizawa K, Yamamoto M, Miyoshi E, Shoda J
Journal of gastroenterology      2013年4月   [査読有り]
Tanemura M, Miyoshi E, Nagano H, Eguchi H, Taniyama K, Kamiike W, Mori M, Doki Y
Cancer science   104 282-290   2013年3月   [査読有り]
Tanaka K, Moriwaki K, Yokoi S, Koyama K, Miyoshi E, Fukase K
Bioorganic & medicinal chemistry   21(5) 1074-1077   2013年3月   [査読有り]
Shinzaki S, Kuroki E, Iijima H, Tatsunaka N, Ishii M, Fujii H, Kamada Y, Kobayashi T, Shibukawa N, Inoue T, Tsujii M, Takeishi S, Mizushima T, Ogata A, Naka T, Plevy SE, Takehara T, Miyoshi E.
Inflammatory Bowel Diseases   19(2) 321-331   2013年2月   [査読有り]
Kamada Y, Kinoshita N, Tsuchiya Y, Kobayashi K, Fujii H, Terao N, Kamihagi K, Koyama N, Yamada S, Daigo Y, Nakamura Y, Taniguchi N, Miyoshi E
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   417 48-53   2013年2月   [査読有り]
Shinzaki S, Kuroki E, Iijima H, Tatsunaka N, Ishii M, Fujii H, Kamada Y, Kobayashi T, Shibukawa N, Inoue T, Tsujii M, Takeishi S, Mizushima T, Ogata A, Naka T, Plevy SE, Takehara T, Miyoshi E
Inflammatory bowel diseases   19 321-331   2013年2月   [査読有り]
Kobayashi Y, Tateno H, Dohra H, Moriwaki K, Miyoshi E, Hirabayashi J, Kawagishi H
The Journal of biological chemistry   287 33973-33982   2012年10月   [査読有り]
Physiological roles of N-acetylglucosaminyltransferase V(GnT-V) in mice.
Miyoshi E, Terao M, Kamada Y
BMB reports   45 554-559   2012年10月   [査読有り]
Korekane H, Hasegawa T, Matsumoto A, Kinoshita N, Miyoshi E, Taniguchi N
Biochimica et biophysica acta   1820 1405-1411   2012年9月   [査読有り]
Inoue T, Iijima H, Tajiri M, Shinzaki S, Shiraishi E, Hiyama S, Mukai A, Nakajima S, Iwatani H, Nishida T, Mizushima T, Yasui T, Isaka Y, Kanto T, Tsujii M, Miyoshi E, Wada Y, Takehara T
Inflammatory bowel diseases   18 1723-1734   2012年9月   [査読有り]
Kimura A, Terao M, Kato A, Hanafusa T, Murota H, Katayama I, Miyoshi E
Experimental dermatology   21 515-519   2012年7月   [査読有り]
Takeda Y, Shinzaki S, Okudo K, Moriwaki K, Murata K, Miyoshi E
Cancer   118(12) 3036-3043   2012年6月   [査読有り]
Kamada Y, Mori K, Matsumoto H, Kiso S, Yoshida Y, Shinzaki S, Hiramatsu N, Ishii M, Moriwaki K, Kawada N, Takehara T, Miyoshi E
Glycobiology   22 778-787   2012年6月   [査読有り]
Mehta A, Norton P, Liang H, Comunale MA, Wang M, Rodemich-Betesh L, Koszycki A, Noda K, Miyoshi E, Block T
Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology   21 925-933   2012年6月   [査読有り]
Shinzaki S, Iijima H, Fujii H, Kuroki E, Tatsunaka N, Inoue T, Nakajima S, Egawa S, Kanto T, Tsujii M, Morii E, Takeishi S, Asano M, Takehara T, Hayashi N, Miyoshi E.
Gastroenterology   142(5) 1172-1182   2012年5月   [査読有り]
Shinzaki S, Iijima H, Fujii H, Kuroki E, Tatsunaka N, Inoue T, Nakajima S, Egawa S, Kanto T, Tsujii M, Morii E, Takeishi S, Asano M, Takehara T, Hayashi N, Miyoshi E
Gastroenterology   142 1172-1182   2012年5月   [査読有り]
Nakagawa T, Moriwaki K, Terao N, Nakagawa T, Miyamoto Y, Kamada Y, Miyoshi E
Journal of proteome research   11(5) 2798-2806   2012年5月   [査読有り]
Deficiency of N-acetylgalactosamine in O-linked oligosaccharides of IgA is a novel biologic marker for inflammatory bowel diseases.
Inoue T, Iijima H, Tajiri M, Shinzaki S, Shiraishi E, Hiyama S, Mukai A, Nakajima S, Yasui T, Iwatani H, Nishida T, Mizushima T, Isaka Y, Kanto T, Tsujii M, Miyoshi E, Wada Y, Takehara T.
IBD Journal      2012年1月   [査読有り]
Development of an antibody lectin enzyme immunoassay for fucosylated alpha-fetoprotein
Korekana H, Hasagawa T, Matsumoto A, Kinoshita N, Miyoshi E, Taniguchi N.
   2012年1月   [査読有り]
11βーhydroxysteroid dehydrogenase-1 is a novel regular of skin homeostasis and a candiate target for promoting tissue repair
Terao M, Murota H, Kimura A, Kato A, Ishikawa A,Igawa K, Miyoshi E, Katayama I
PLoS One.      2011年9月   [査読有り]
Uchida Y, Hasegawa J, Chinnapen D, Inoue T, Okazaki S, Kato R, Wakatsuki S, Misaki R, Koike M, Uchiyama Y, Iemura S, Natsume T, Kuwahara R, Nakagawa T, Nishikawa K, Mukai K, Miyoshi E, Taniguchi N, Sheff D, Lencer WI, Taguchi T, Arai H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(38) 15846-15851   2011年9月   [査読有り]
Terao M, Ishikawa A, Nakahara S, Kimura A, Kato A, Moriwaki K, Kamada Y, Murota H, Taniguchi N, Katayama I, Miyoshi E
The Journal of biological chemistry   286(32) 28303-28311   2011年8月   [査読有り]
Kawamoto S, Moriwaki K, Nakagawa T, Terao M, Shinzaki S, Yamane-Ohnuki N, Satoh M, Mehta AS, Block TM, Miyoshi E
International journal of oncology   39 203-208   2011年7月   [査読有り]
Mukai T, Hagimori M, Arimitsu K, Katoh T, Ukon M, Kajimoto T, Kimura H, Magata Y, Miyoshi E, Taniguchi N, Node M, Saji H
Bioorganic & medicinal chemistry   19(14) 4312-4321   2011年7月   [査読有り]
Moriwaki K, Okudo K, Haraguchi N, Takeishi S, Sawaki H, Narimatsu H, Tanemura M, Ishii H, Mori M, Miyoshi E
Cancer science   102(6) 1164-1170   2011年6月   [査読有り]
Masuda T, Miyoshi E
Clinical chemistry and laboratory medicine : CCLM / FESCC   49(6) 959-966   2011年6月   [査読有り]
Nakajima S, Iijima H, Shinzaki S, Egawa S, Inoue T, Mukai A, Hayashi Y, Kondo J, Akasaka T, Nishida T, Kanto T, Morii E, Mizushima T, Miyoshi E, Tsujii M, Hayashi N
Inflammatory bowel diseases   17 927-936   2011年4月   [査読有り]
Terao M, Murota H, Kimura A, Kato A, Ishikawa A, Igawa K, Miyoshi E, Katayama I
PloS one   6 e25039   2011年   [査読有り]
Uozumi N, Gao C, Yoshioka T, Nakano M, Moriwaki K, Nakagawa T, Masuda T, Tanabe M, Miyoshi E
Journal of proteome research   9 6345-6353   2010年12月   [査読有り]
Yokoe S, Asahi M, Takeda T, Otsu K, Taniguchi N, Miyoshi E, Suzuki K
Glycobiology   20(10) 1217-1226   2010年10月   [査読有り]
Nakagawa T, Takeishi S, Kameyama A, Yagi H, Yoshioka T, Moriwaki K, Masuda T, Matsumoto H, Kato K, Narimatsu H, Taniguchi N, Miyoshi E
Journal of proteome research   9(10) 4888-4896   2010年10月   [査読有り]
Misaki R, Morimatsu M, Uemura T, Waguri S, Miyoshi E, Taniguchi N, Matsuda M, Taguchi T
The Journal of cell biology   191(1) 23-29   2010年10月   [査読有り]
Moriwaki K, Narisada M, Imai T, Shinzaki S, Miyoshi E
Glycoconjugate journal   27 649-659   2010年10月   [査読有り]
Nakajima K, Kitazume S, Angata T, Fujinawa R, Ohtsubo K, Miyoshi E, Taniguchi N
Glycobiology   20(7) 865-871   2010年7月   [査読有り]
Deguchi T, Tanemura M, Miyoshi E, Nagano H, Machida T, Ohmura Y, Kobayashi S, Marubashi S, Eguchi H, Takeda Y, Ito T, Mori M, Doki Y, Sawa Y
Cancer research   70(13) 5259-5269   2010年7月   [査読有り]
Kuwamoto K, Takeda Y, Shirai A, Nakagawa T, Takeishi S, Ihara S, Miyamoto Y, Shinzaki S, Ko JH, Miyoshi E
Molecular medicine reports   3 651-656   2010年7月   [査読有り]
Matsumoto H, Shinzaki S, Narisada M, Kawamoto S, Kuwamoto K, Moriwaki K, Kanke F, Satomura S, Kumada T, Miyoshi E
Clinical chemistry and laboratory medicine : CCLM / FESCC   48(4) 505-512   2010年4月   [査読有り]
Moriwaki K, Miyoshi E
World journal of hepatology   2 151-161   2010年4月   [査読有り]
Miyagawa S, Takeishi S, Yamamoto A, Ikeda K, Matsunari H, Yamada M, Okabe M, Miyoshi E, Fukuzawa M, Nagashima H
Xenotransplantation   17 61-70   2010年1月   [査読有り]
Miyoshi E, Ito Y, Miyoshi Y
Journal of oncology   2010 816595   2010年   [査読有り]
Miyoshi E, Shinzaki S, Moriwaki K, Matsumoto H
Methods in enzymology   478 153-164   2010年   [査読有り]
Simultaneous determination of nucleotide sugars with ion-pair reversed-phase HPLC and LC-ESI-MS.
K.Nakajima, S.Kitazume, E.Miyoshi and N.Taniguchi
   2009年12月
Sasaki N, Moriwaki K, Uozumi N, Noda K, Taniguchi N, Kameyama A, Narimatsu H, Takeishi S, Yamada M, Koyama N, Miyoshi E
Glycoconjugate journal   26 1213-1223   2009年12月   [査読有り]

Misc

 
NAFLD/NASHと動脈硬化症〜臨床的観点から〜 NAFLD/NASH診断糖鎖バイオマーカーの開発
鎌田 佳宏, 三善 英知
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 144-144   2018年6月
フコシル化ハプトグロビンに対する新規糖鎖抗体の樹立と臨床応用の可能性
森下 康一, 幸田 彩也加, 西野 公博, 片岡 直也, 伊藤 菜美, 高松 真二, 鎌田 佳宏, 三善 英知
膵臓   33(3) 501-501   2018年5月
膵がんの新規糖鎖バイオマーカー、フコシル化ハプトグロビン値はその遺伝子型で変わる
伊藤 菜美, 森下 康一, 幸田 彩也加, 高松 真二, 鎌田 佳宏, 三善 英知
膵臓   33(3) 435-435   2018年5月
慢性膵炎の病態進展におけるEnterococcus faecalisの関与
糸山 幸来, 深谷 莉紗子, 前川 友裕, 高松 真二, 鎌田 佳宏, 江口 英利, 戸邊 亨, 三善 英知
膵臓   33(3) 435-435   2018年5月
膵癌における免疫療法-基礎と臨床- ブタ型糖鎖による新しい膵癌ワクチン治療の開発
三善 英知, 種村 匡弘, 古川 健太, 高松 真二, 江口 英利, 森 正樹, 土岐 祐一郎
膵臓   33(3) 323-323   2018年5月
NASHの諸問題〜診断法と治療の再検証〜 コアフコシル化を標的とした新規NASH治療法の開発
鎌田 佳宏, 竹原 徹郎, 三善 英知
肝臓   59(Suppl.1) A80-A80   2018年4月
糖鎖研究から肝臓病学が変わる
三善 英知
肝臓   59(Suppl.1) A56-A56   2018年4月
B型肝炎ウイルスに対する新規治療法開発の展望 糖鎖を標的にした新しいHBV治療開発のための基礎的検討
鎌田 佳宏, 竹原 徹郎, 三善 英知
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A160-A160   2018年4月
幹細胞性を支える糖鎖の本質に迫る:幹細胞の顔と運命決定を担う糖鎖スイッチからの視点 がん幹細胞に特徴的な糖鎖修飾とその標的タンパク質の同定
三善 英知
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2PW27-4]   2017年12月
鎌田 佳宏, 三善 英知
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   29(168-170) E85,J61-E91,J61   2017年11月
非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は肥満者人口の増加に伴い、世界中で増加している。NAFLDは非進行性の非アルコール性脂肪肝(NAFL)と進行性の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に大別される。NASHは肝硬変、肝がんへと進展しうる。そのため、NAFLDからNASHを鑑別することはとても重要である。NASH鑑別診断のためには現時点では肝生検による組織学的評価が必須であり、なかでも肝線維化と風船様肝細胞が最も重要な所見である。これまでにNASH診断に有用性のある様々な臨床検査が報告され...
寺尾美香, 加藤亜里沙, 三善英知, 片山一朗
日本皮膚科学会雑誌   123(5) 1003   2013年4月
鎌田佳宏, 鎌田佳宏, 藤井英樹, 澤井良之, 土井喜宣, 水谷佳代, 木下憲明, 今井康陽, 河田則文, 竹原徹郎, 三善英知
肝臓   54(Supplement 1) A122   2013年4月
寺尾尚子, 奥戸久美子, 森脇健太, 三善英知
月刊消化器内科   56(3) 292-300   2013年3月
新崎信一郎, 三善英知, 竹原徹郎
日本消化器病学会雑誌   110 A74   2013年2月
種村匡弘, 種村匡弘, 谷田司, 三善英知, 永野浩昭, 古川健太, 和田浩志, 川本弘一, 小林省吾, 江口英利, 吉川幸伸, 谷山清己, 上池渉, 森正樹, 土岐祐一郎
日本臨床外科学会雑誌   73 476   2012年10月
傍嶋智明, 中川勉, 三善英知
生体の科学   63(5) 418-419   2012年10月
中川勉, 森脇健太, 寺尾尚子, 中川孝俊, 宮本泰豪, 鎌田佳宏, 三善英知
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   32nd 44-45   2012年9月
佐藤元哉, 鎌田佳宏, 鎌田佳宏, 木田祥穂, 藤井宏修, 石井真悠子, 吉田雄一, 木曽真一, 竹原徹郎, 三善英知
肝臓   53(Supplement 1) A277   2012年4月
鎌田佳宏, 鎌田佳宏, 浅澤瞳, 佐々木夢香, 三田英治, 加藤道夫, 金よう国, 根津理一郎, 竹原徹郎, 三善英知
肝臓   53(Supplement 1) A239   2012年4月
谷田司, 種村匡弘, 三善英知, 岩上佳史, 大村仁昭, 野中祐二, 和田浩志, 川本弘一, 小林省吾, 丸橋繁, 江口英利, 永野浩昭, 森正樹, 土岐祐一郎
日本外科学会雑誌   113 575   2012年3月
三善英知, 鎌田佳宏, 新崎信一郎
肝臓   52(Supplement 3) A786   2011年11月
竜中法佳, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 黒木絵莉, 飯島英樹, 三善英知
臨床病理   59 200   2011年10月
石井真悠子, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 藤井宏修, 鎌田佳宏, 鎌田佳宏, 三善英知
臨床病理   59 200   2011年10月
浅澤瞳美, 東加奈子, 河本早由利, 黒木絵莉, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 鎌田佳宏, 鎌田佳宏, 早川和生, 三善英知
臨床病理   59 257   2011年10月
藤井宏修, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 飯島英樹, 向井章, 井上隆弘, 中島佐知子, 考藤達哉, 辻井正彦, 竹原徹郎, 三善英知
日本消化器病学会雑誌   108 A847   2011年9月
井上隆弘, 飯島英樹, 白石衣里, 日山智史, 向井章, 中島佐知子, 新崎信一郎, 西田勉, 三善英知, 三善英知, 辻井正彦, 竹原徹郎
日本消化器病学会雑誌   108 A837   2011年9月
寺尾尚子, 奥戸久美子, 森脇健太, 佐々木夢香, 山谷恵里佳, 鎌田佳宏, 原口直紹, 武石俊作, 澤木弘道, 成松久, 森正樹, 三善英知
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   31st 38-39   2011年9月
三善英知, 鎌田佳宏, 鎌田佳宏, 竹原徹郎
肝臓   52(Supplement 2) A553   2011年9月
鎌田佳宏, 鎌田佳宏, 三善英知, 竹原徹郎
肝臓   52(Supplement 2) A484   2011年9月
小貫建一郎, 川本徹, 太田岳洋, 山本雅一, 杉山弘明, 石毛和紀, 三善英知, 正田純一
胆道   25(3) 474   2011年8月
木村円香, 増井有希, 白井優子, 本田千恵, 森脇健太, 今井拓, 高木宇一郎, 桐生高明, 木曽太郎, 村上洋, 中野博文, 北畑寿美雄, 三善英知, 谷本敏子
シクロデキストリンシンポジウム講演要旨集   28th 50-51   2011年8月
小貫 建一郎, 山本 雅一, 杉山 弘明, 石毛 和紀, 門田 伸一, 竹内 薫, 三善 英知, 正田 純一
日本外科学会雑誌   112(臨時増刊号_1・2)    2011年5月
小貫建一郎, 山本雅一, 杉山弘明, 石毛和紀, 門田伸一, 竹内薫, 三善英知, 正田純一
日本外科学会雑誌   112 353   2011年5月
三善英知, 奥戸久美子, 森脇健太, 新崎信一郎, 鎌田佳宏
肝臓   52(Supplement 1) A115   2011年4月
井上隆弘, 飯島英樹, 白石衣里, 日山智史, 向井章, 林義人, 赤坂智史, 近藤純平, 中島佐知子, 新崎信一郎, 西田勉, 三善英知, 辻井正彦
日本消化器病学会雑誌   108 A160   2011年3月
木村円香, 森脇健太, 白井優子, 本田千恵, 今井拓, 村上洋, 中野博文, 北畑寿美雄, 三善英知, 谷本敏子
日本薬学会年会要旨集   131st(2) 184   2011年3月
飯島英樹, 井上隆弘, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 向井章, 中島佐知子, 考藤達哉, 三善英知, 和田芳直, 辻井正彦, 林紀夫
難治性炎症性腸管障害に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   160-162   2011年
新崎信一郎, 新崎信一郎, 飯島英樹, 竜中法佳, 黒木絵莉, 向井章, 井上隆弘, 中島佐知子, 辻井正彦, 三善英知
日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集   7th 223   2011年
飯島英樹, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 中島佐知子, 三善英知, 辻井正彦
IBD Res   4(4) 282-287   2010年12月
井上隆弘, 飯島英樹, 向井章, 林義人, 赤坂智史, 近藤純平, 中島佐知子, 新崎信一郎, 柄川悟志, 西田勉, 三善英知, 辻井正彦, 林紀夫
日本消化器病学会雑誌   107 A853   2010年9月
三善英知, 中川勉, 新崎信一郎
日本消化器病学会雑誌   107 A650   2010年9月
菅野有紀子, 武田百合, 三善英知, 橋本康弘, 北爪しのぶ, 物江恭子, 斎藤広信, 阿部和道, 高橋敦史, 横川順子, 大平弘正
日本消化器病学会雑誌   107 A902   2010年9月
木下憲明, 土屋陽子, 永井弘枝, 小林恭子, 小柳圭子, 醍醐弥太郎, 中村祐輔, 上萩京子, 大塚恵, 小山信人, 三善英知, 谷口直之
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   30th 108-109   2010年9月
新崎信一郎, 武田百合, 浅澤瞳美, 奥戸久美子, 森脇健太, 村田幸平, 三善英知
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   30th 111-112   2010年9月
増田智美, 中川勉, 吉岡智子, 森脇健太, 新崎信一郎, 三善英知
臨床病理   58 185   2010年7月
竜中法佳, 新崎信一郎, 黒木絵莉, 石井真悠子, 藤井宏修, 飯島英樹, 三善英知
臨床病理   58 90   2010年7月
黒木絵莉, 新崎信一郎, 竜中法佳, 石井真悠子, 藤井宏修, 飯島英樹, 三善英知
臨床病理   58 133   2010年7月
武田百合, 新崎信一郎, 浅澤瞳美, 奥戸久美子, 村田幸平, 三善英知
臨床病理   58 105   2010年7月
河本早由利, 新崎信一郎, 森脇健太, 金よう国, 根津理一郎, 川野潔, MEHTA Anand, BLOCK Timothy, 三善英知
肝臓   51(Supplement 1) A254   2010年4月
森華奈子, 松本仁, 新崎信一郎, 奥戸久美子, 石川章子, 鎌田佳宏, 吉田雄一, 木曽真一, 林紀夫, 三善英知
肝臓   51(Supplement 1) A130   2010年4月
新崎信一郎, 飯島英樹, 三善英知
生体の科学   61(2) 122-127   2010年4月
飯島英樹, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 黒木絵莉, 柄川悟志, 中島佐知子, 井上隆弘, 向井章, 考藤達哉, 三善英知, 辻井正彦, 林紀夫
消化器と免疫   (46) 95-98   2010年3月
新崎信一郎, 飯島英樹, 竜中法佳, 黒木絵莉, 向井章, 井上隆弘, 中島佐知子, 柄川悟志, 考藤達哉, 辻井正彦, 三善英知, 林紀夫
日本消化器病学会雑誌   107 A243   2010年3月
種村匡弘, 永野浩昭, 出口貴司, 三善英知, 大村仁昭, 小林省吾, 丸橋繁, 江口英利, 武田裕, 伊藤壽記, 森正樹, 土岐祐一郎
日本外科学会雑誌   111 196   2010年3月
新崎 信一郎, 飯島 英樹, 三善 英知
生体の科学   61(2) 122-127   2010年3月
三善英知, 新崎信一郎
医学のあゆみ   232(3) 211-212   2010年1月
三善 英知
生産と技術   62(1) 63-65   2010年
三善英知
がん研究に係わる特定領域研究研究報告集録 平成21年度   245   2010年
飯島英樹, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 黒木絵莉, 向井章, 井上隆弘, 中島佐知子, 柄川悟志, 考藤達哉, 三善英知, 和田芳直, 辻井正彦, 林紀夫
難治性炎症性腸管障害に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   150-151   2010年
飯島英樹, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 黒木絵莉, 向井章, 井上隆弘, 中島佐知子, 柄川悟志, 考藤達哉, 三善英知, 和田芳直, 辻井正彦, 林紀夫
難治性炎症性腸管障害に関する調査研究 平成19-21年度 総合研究報告書   181-185   2010年
本間理央, 木下一郎, 三善英知, 松野吉宏, 清水康, 加賀基知三, 谷口直之, 秋田弘俊
肺癌   49(5) 747   2009年10月
栫直孝, 山田佳太, 田中佑樹, 岩本竜昇, 木下充弘, 三善英知, 森脇健太, 早川堯夫, 掛樋一晃
生化学   ROMBUNNO.4P-010   2009年9月
中川勉, 寺尾尚子, 吉岡智子, 増田智美, 新崎信一郎, 三善英知
生化学   ROMBUNNO.4P-022   2009年9月
小山理恵子, 高島晶, 三善英知, 天野純子
生化学   ROMBUNNO.4P-002   2009年9月
森脇健太, 野田勝久, 古川洋一, 三善英知
生化学   ROMBUNNO.4T20A-9   2009年9月
小貫建一郎, 川本徹, 山本雅一, 杉山弘明, 石毛和紀, 三善英知, 谷口直之, 正田純一
日本消化器病学会雑誌   106 A908   2009年9月
新崎信一郎, 飯島英樹, 柄川悟志, 中島佐知子, 井上隆弘, 考藤達哉, 三善英知, 辻井正彦, 林紀夫
日本消化器病学会雑誌   106 A826   2009年9月
河本早由利, 成定愛, 中川勉, 森脇健太, 三善英知
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   29th 40-41   2009年9月
山本亜紀, 徐恒傑, 武石俊作, 山田正雄, 三善英知, 池田孔佑, 松成ひとみ, 長嶋比呂志, 福澤正洋, 宮川周士
移植   44 272   2009年9月
中嶋和紀, 北爪しのぶ, 三善英知, 谷口直之, 谷口直之
日本糖質学会年会要旨集   29th 178   2009年8月
三善英知, 高橋剛, 森脇健太
日本糖質学会年会要旨集   29th 31   2009年8月
奥戸久美子, 森脇健太, 佐々木望, 山中香奈子, 松本仁, 三善英知
臨床病理   57 270   2009年7月
黒木絵莉, 新崎信一郎, 新崎信一郎, 竜中法佳, 飯島英樹, 三善英知
臨床病理   57 95   2009年7月
増田智美, 中川勉, 吉岡智子, 寺尾尚子, 魚住尚史, 松本仁, 三善英知
臨床病理   57 96   2009年7月
成定愛, 河本早由利, 中川勉, 森脇健太, 松本仁, 三善英知
臨床病理   57 92   2009年7月
戸田美樹, 松本仁, 三善英知
臨床病理   57 301   2009年7月
種村匡弘, 出口貴司, 永野浩昭, 三善英知, 小林省吾, 丸橋繁, 武田裕, 伊藤壽記, 森正樹, 土岐祐一郎
日本消化器外科学会雑誌   42(7) 1085   2009年7月
前野敏孝, 高叢笑, 別役智子, 顧建国, 松本明郎, 三善英知, 谷口直之
日本呼吸器学会雑誌   47 118   2009年5月
森華奈子, 松本仁, 森脇健太, 戸田美樹, 鎌田佳宏, 吉田雄一, 木曽真一, 林紀夫, 三善英知
肝臓   50(Supplement 1) A223   2009年4月
三善英知, 中川勉, 増田智美, 吉岡智子, 魚住尚史, 森脇健太, 松本仁, 松本仁, 林紀夫
肝臓   50(Supplement 1) A306   2009年4月
成定愛, 河本早由利, 中川勉, 森脇健太, 松本仁, 三善英知
肝臓   50(Supplement 1) A307   2009年4月
河本早由利, 森脇健太, 成定愛, 松本仁, ANAND Mehta, BLOCK Timothy, 三善英知
肝臓   50(Supplement 1) A173   2009年4月
三善英知, 河本早由利
アンチ・エイジング医学   5(2) 201-206   2009年4月
三善 英知, 河本 早由利
アンチ・エイジング医学   5(2) 201-206   2009年4月
新崎信一郎, 飯島英樹, 井上隆弘, 中島佐知子, 柄川悟志, 石井修二, 考藤達哉, 三善英知, 辻井正彦, 林紀夫
日本消化器病学会雑誌   106 A261   2009年3月
杉山弘明, 石毛和紀, 小貫健一郎, 太田岳洋, 川本徹, 山本雅一, 三善英知, 谷口直之, 正田純一
日本消化器病学会雑誌   106 A245   2009年3月
飯島英樹, 新崎信一郎, 中島佐知子, 井上隆弘, 柄川悟志, 三善英知, 辻井正彦, 林紀夫
難治性炎症性腸管障害に関する調査研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   85-86   2009年
三善英知
がん研究に係わる特定領域研究研究報告集録 平成20年度   249   2009年
小山理恵子, 高島晶, 天野純子, 三善英知
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集   26th 127-128   2008年11月
森脇健太, 野田勝久, 谷口直之, 三善英知
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   28th 44-45   2008年10月
高橋素子, 三善英知, GU Jiauguo, 谷口直之, 谷口直之
蛋白質 核酸 酵素   53(12) 1502-1507   2008年9月
中嶋和紀, 北爪しのぶ, 三善英知, 谷口直之, 谷口直之
日本糖質学会年会要旨集   28th 127   2008年7月
天野純子, 直枝智恵子, 小山理恵子, 高島晶, 三善英知
日本糖質学会年会要旨集   28th 23   2008年7月
北爪しのぶ, 小川加寿子, 二川了次, 立田由里子, 萩原良明, 滝川一, 加藤道夫, 加藤道夫, 笠原彰紀, 三善英知, 橋本康弘, 谷口直之, 谷口直之
日本糖質学会年会要旨集   28th 165   2008年7月
中川孝俊, 三善英知, 薬師神崇行, 平松直樹, 井倉技, 林紀夫, 谷口直之, 近藤昭宏
日本糖質学会年会要旨集   28th 24   2008年7月
橋本康弘, 橋本康弘, 奈良清光, 二川了次, 亀高愛, 亀高愛, 遠山ゆり子, 星京香, 杉本一路, 今牧理恵, 岡律子, 小川加寿子, 三善英知, 谷口直之, 北爪しのぶ
日本糖質学会年会要旨集   28th 30   2008年7月

書籍等出版物

 
中山書店   2008年7月   ISBN:452173040X
中山書店   2008年7月   ISBN:4521730396
谷口 直之, 杉山 治夫, 松浦 成昭, 三善 英知
中山書店   2008年   
谷口 直之, 杉山 治夫, 松浦 成昭, 三善 英知
中山書店   2008年   ISBN:9784521730387

Works

 
B型肝炎ウィルスとNアセチルグルコサシン転移酵素(]G0003[)(GnT-(]G0003[))
大腸がんとGnT-V
2000年
膀胱がんとGnT-V
2001年
GnT-V標的タンパク質の同定
2000年
新規腫瘍マーカーの開発
2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 三善 英知
糖鎖はタンパク質の翻訳後修飾を担う重要な生体分子の1つで、がんや炎症と深く関わりをもつ。種々の疾患に伴う糖鎖の変化は、疾患マーカーとして臨床応用されている。特にがんにおいては、糖鎖の変化は疾患の発症初期に見られることから、疾患の予防マーカーや予測マーカーとしての応用が期待される。本研究では、糖鎖解析技術を用いて、新しい生活習慣病の予防マーカー開発の基礎的検討と血清を用いた大規模studyを行なう。昨年度に続き本年も、いくつかの糖鎖関連分子の測定法の開発、多検体処理可能なものへの改良、および...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 三善 英知
フコシル化は、がんや炎症と最も深く関わる糖鎖修飾の1つである。多くの癌患者で、フコシル化蛋白の発現が上昇し、一部のものはフコシル化AFP、フコシル化ハプトグロビンのように腫瘍マーカーとしても応用されている。フコシル化を制御する因子には、フコース転移酵素、そのドナー基質であるGDP-フコース、さらにGDP-フコースをゴルジ内に運搬するトランスポーターがある。これまで私達は、肝がんでは、これらの因子の遺伝子発現が、総て亢進し、中でもトランスポーターが最も重要なfactorであることを証明した。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 三善 英知
フコシル化とは、糖タンパクもしくは糖脂質にフコースという糖が付加されることである。古くから、癌に伴って細胞および血清中のタンパク質のフコシル化が増加することが注目されてきた。そのフコースの糖転移に関与するフコシルトランスフェラーゼの1つFut8は、コアフコースという肝癌特異的な腫瘍マーカーであるAFP-L3分画に関与する糖鎖構造の合成を行う。約10年前に申請者らはFut8のタンパク精製に成功した(JBC 271,27810-17,1996)。またそのドナー基質であるGDP-fucoseのア...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 三善 英知
マトリプターゼは膜結合型のセリンプロテアーゼで、癌の浸潤/転移に深く関与する。私達はマトリプターゼに存在する糖鎖構造を糖転移酵素GnT-Vの遺伝子導入により改変させると、マトリプターゼの分解が著しく抑制されることを見い出した(JBC277,16960-16967,2002)。本研究では、精製したマトリプターゼを用いて、糖鎖修飾によるマトリプターゼ安定性の分子機構を解明し、マトリプターゼに存在する4カ所のN型糖鎖の中で772番目のAsnに存在する糖鎖がプロテアーゼに対する分解抑制に最も重要で...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 三善 英知
申請書の目的に従い、以下の実験を行った。β1-6GlcNAc鎖をもつマトリプターゼと持たないものを各々精製し、degradation assayにより検討すると、β1-6GlcNAc鎖をもつマトリプターゼの分解が遅延した。種々のプロテアーゼ処理の中でトリプシンを用いた分解実験が最も差を認めた。マトリプターゼに存在する4箇所のアスパラギン結合型糖鎖にsite-directed mutagenesis法により変異を入れ、COSおよびCOS-GnT-V細胞に発現させたところ、どの部分にも糖鎖が付...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 三善 英知
申請書の計画書に基づき、糖転移酵素N-アセチルグルコサミン転移酵素IIIとV(GnT-III, GnT-V)の細胞内糖鎖標的分子の同定と機能解析を行った。まずGnT-IIIトランスジェニックマウスを用いてジエチルニトロサミンによる肝腺腫形成実験を行った。するとコントロールマウスに較べてGnT-IIIトランスジェニックマウスでは、腫瘍の形成が抑制される傾向が見られた。しかし、GnT-IIIトランスジェニックマウスの中にも腫瘍形成の見られた例が少数存在し、これらのマウスの血清タンパクを2次元タ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2000年       代表者: 三善 英知
研究計画に従い、転写因子ets-1を介した糖転移酵素GnT-Vの癌転移、浸潤メカニズムの解明の研究をin vitro,in vivoで行った。1999年にJBC274(22941-22948)に発表したデータをもとに膵癌を選択し、Ets-1,Ets-2,GnT-III,GnT-Vを恒久的に高発現する膵臓癌細胞(MIA-Pacall)を樹立した。これらの細胞の形態学的な変化は見られたが、in vitroでの細胞増殖速度は同じであった。これらをヌードマウスに移植して腫瘍の進展を検討したところ、...
新規腫瘍マーカーの開発
新規腫瘍マーカーの開発
肝臓の再生医療
新規腫瘍マーカーの開発
糖鎖によるがん転移機構の解明
(消化器)癌における糖鎖機能の解明

特許

 
三善 英知, 新崎 信一郎, 飯島 英樹, 武石 俊作
三善 英知, 谷口 直之, 中▲の▼ 三弥子
佐治 英郎, 向 高弘, 間賀田 泰寛, 野出 學, 加藤 孝博, 谷口 直之, 三善 英知
三善 英知, 野田 勝久, 谷口 直之, 林 紀夫
三善 英知, 井原 義人, 谷口 直之
三善 英知, 鎌田 佳宏, 伊藤 行夫, 南 俊夫
三善 英知, 深瀬 浩一, 真鍋 良幸, 高松 真二, 種村 匡弘
三善 英知, 新崎 信一郎, 飯島 英樹, 武石 俊作
飯島 英樹, 井上 隆弘, 和田 芳直, 三善 英知, 新崎 信一郎, 辻井 正彦, 林 紀夫, 猪阪 善隆, 岩谷 博次
三善 英知, 谷口 直之, 中▲の▼ 三弥子
三善 英知, 飯島 英樹, 新崎 信一郎, 辻井 正彦, 林 紀夫, 中川 孝俊, 近藤 昭宏, 谷口 直之
橋本 康弘, 北爪 しのぶ, 岡 律子, 三善 英知, 谷口 直之, 木下 憲明, 萩原 良明
松村 憲吾, 東田 克也, 石田 博樹, 秦 洋二, 三善 英知, 顧 建国, 谷口 直之, 山本 憲二
谷口 直之, 三善 英知, 野田 勝久
金属錯化合物抗癌剤に対する癌細胞の耐性の検査方法及び該耐性を低減させるための薬剤
2003/46918
新規なウイルスプロモーターおよび該プロモーターを用いた遺伝子発現方法
06/672569
GDP-Lフコースの定量法およびGDP-Lフコース量を測定して癌の診断に用いる方法
特願02-234156
ウイルス複製抑制剤
08/849281
血管新生作用を有する糖転移酵素GnT-V
特願02-2056
肝幹細胞の分離方法
T-1833