末松 安晴

J-GLOBALへ         更新日: 07/06/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
末松 安晴
 
スエマツ ヤスハル
所属
国立情報学研究所
職名
顧問,名誉教授
学位
工学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1960年
東京工業大学 理工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1955年
東京工業大学 理工学部 電気工学コース
 

委員歴

 
1986年
 - 
1987年
米国電気電子学会(IEEE)  Life Fellow
 
 
   
 
米国光学会(OSA)  Fellow
 
1990年
 - 
1992年
電子情報通信学会  副会長,会長
 
 
   
 
米国ナショナル工学アカデミー(国外会員)  国外会員
 
 
   
 
韓国ナショナル工学アカデミー(国外会員)  国外会員
 

受賞

 
1982年
米国電気電子学会(IEEE) 量子エレクトロニクス・ソサイアティ賞
 
1983年
ワルデマー・ポールセン金メダル(デンマーク技術科学アカデミー)
 
1983年
コミュニケーション功労者 内閣総理大臣表彰
 
1983年
レーザ学会進歩賞
 
1984年
手島記念発明賞
 

Misc

 
「円盤列遅波回路について」(共著)
電気通信学会誌   40(4) 454-460   1957年
「直交電磁界形電子ビームのサイクロトロン共振特性」(共著)
電気通信学会誌   43(5) 597-603   1960年
「同軸線路のしゃへい効果の測定について」(共著)
電気通信学会雑誌   45(9) 1221-1227   1962年
「2段形4分の1波長結合負抵抗増幅器」(共著)
電気通信学会誌   46(1) 46-53   1963年
「理想化されたガス光導波系の解析」(共著)
電気通信学会誌   48(10) 1684-1690   1965年

書籍等出版物

 
電磁気学
共立出版   1971年   
光ファイバ通信入門
オーム社   1976年   
半導体レーザーと光集積回路
オーム社   1984年   
光デバイス
コロナ社   1986年   
明日を拓く人間力と創造力
丸善ライブラリー   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
光通信
その他の研究制度
研究期間: 1960年   
半導体レーザ
その他の研究制度
研究期間: 1964年   
光集積回路
その他の研究制度
研究期間: 1960年   

特許

 
「ミリ波用真空管」
第 761242 号
「光ビーム導波系」
第 560246 号
「光減衰器」
第 758398 号
「光移相器」
第 760392 号
「導波構造によるパラメトリック作動方法」
第 761242 号