中野 浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/13 12:26
 
アバター
研究者氏名
中野 浩
 
ナカノ ヒロシ
所属
龍谷大学
部署
理工学部 数理情報学科
職名
准教授
学位
博士(理学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1995年
龍谷大学理工学部助手
 
1995年
   
 
- 同講師
 
2006年
   
 
- 同助教授
 
2007年
   
 
- 同准教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
京都大学 理学研究科 数理解析専攻
 
 
 - 
1986年
京都大学 理学部 
 

論文

 
Inhabitation of Polymorphic and Existential Types
Makoto Tatsutaa, Ken-etsu Fujitab, Ryu Hasegawac and Hiroshi Nakano
Annals of Pure and Applied Logic   161(11) 1390-1399   2010年
Fixed-point logic with the approximation modality and its Kripke completeness
Theoretical Aspects of Computer Software   LNCS 2215, pp.165-182    2001年
A Modality for Recursion
IEEE Computer Society, Proc. 15th IEEE Symp. on Logic in Computer Science   255-266    2000年
Logical Structures of the Catch and Throw Mechanism
Ph.D thesis submitted to the University of Tokyo      1995年
A Constructive Logic behind the Catch and Throw Mechanism
Annals of Pure and Applied Logic   Vol.69, pp.269-301    1994年
The Non-deterministic Catch and Throw Mechanism and Its Subject Reduction Property
Logic, Language and Computation   pp.61-72    1994年
A Constructive Formalization of the Catch and Throw Mechanism
Proc. 7th IEEE Symp. on Logic in Computer Science   pp.82-89    1992年
コンビネーターを用いた作用的プログラミング系における高階プログラミング技法について
コンピュータソフトウェア   Vol.4, No.4, pp.28-37    1987年

Misc

 
Logical Structures of the Catch and Throw Mechanism
Ph.D thesis submitted to the University of Tokyo      1995年
S.Hayashi, M.Ishikawa, S.Kobayashi, H.Nakano, S.Nakazaki, Two extensions of PX system (extended abstract)
Electronic Notes of Theoretical Computer Science   Vol.3    1996年

書籍等出版物

 
PX: A Computational Logic
MIT Press   1988年   ISBN:978-0-262-08174-0

講演・口頭発表等

 
Constructive Programming with Approximation Modality
SLACS'00   2000年   
A realizability interpretation of self-referential types
SLACS'98   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
構成的プログラミングの新局面の研究
文部科学省: 科学研究費補助金 一般研究(C)
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 林 晋