柚原 淳司

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:04
 
アバター
研究者氏名
柚原 淳司
 
ユハラ ジユンジ
通称等の別名
本籍地:総合エネルギー工学専攻 現在地:エネルギー理工学専攻
eメール
j-yuharaenergy.nagoya-u.ac.jp
URL
http://yuhara.nucl.nagoya-u.ac.jp/
所属
名古屋大学
部署
大学院工学研究科 総合エネルギー工学専攻 エネルギー安全工学
職名
准教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
10273294
ORCID ID
0000-0002-9959-7788

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1994年3月
日本原子力研究所 高崎研究所 材料開発部 特別研究生
 
1994年4月
 - 
1995年3月
日本学術振興会 博士課程特別研究員
 
1995年4月
 - 
2003年3月
名古屋大学 工学研究科 助手
 
2002年4月
 - 
2003年3月
オーストリア共和国 ウイーン工科大学応用物理研究所 客員研究員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 工学部 助教授
 

学歴

 
1991年9月
 - 
1992年6月
ミシガン大学 工学研究科 
 
1993年4月
 - 
1995年3月
名古屋大学 工学研究科 結晶材料工学専攻
 
 
 - 
1991年3月
名古屋大学 工学部 原子核工学科
 
 
 - 
1993年3月
名古屋大学 工学研究科 結晶材料工学専攻
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本表面真空学会中部支部  役員
 
2012年10月
 - 
2013年9月
日本物理学会大会運営委員会  領域運営委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本原子力学会中部支部 第39回研究発表会  実行委員長
 
2007年4月
 - 
2008年3月
International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications 2007  Symposium secretariat
 
2007年4月
 - 
2007年9月
日本原子力学会 2007年春の大会  現地委員
 

受賞

 
2018年9月
日本物理学会 日本物理学会学生優秀発表賞 Ag(111)表面上に偏析したGe原子が形成する二次元構造
受賞者: 志満津 宏樹(柚原G)
 

Misc

 
Horio Yoshimi, Yamazaki Ryo, Yuhara Junji, Takakuwa Yuji, Yoshimura Masamichi
E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   16    2018年4月
Horio Yoshimi, Yuhara Junji, Takakuwa Yuji, Ogawa Shuichi, Abe Koji
JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   57(4)    2018年4月
Large Area Planar Stanene Epitaxially Grown on Ag(111)
Junji Yuhara, Yuya Fujii, Kazuki Nishino, Naoki Isobe, Masashi Nakatake, Lede Xian, Angel Rubio, Guy Le Lay
2D MAterials   5 025002   2018年1月   [査読有り]
Epitaxial growth and structure of monolayer cerium oxide films on Rh(111)
Lap Hong Chan and Junji Yuhara
Surf. Sci.   661 69   2017年2月   [査読有り]
Epitaxial growth of two-dimensional Pb and Sn films on Al(111)
J. Yuhara and Y. Shichida
Thin Solid Films   616 618   2016年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
4. 現代表面科学シリーズ6 「問題と解説で学ぶ表面科学」
編集幹事 松井文彦 (担当:共著)
共立出版   2013年10月   ISBN:978-4-320-03374-0

講演・口頭発表等

 
スタネンの創製と構造解析 [招待有り]
柚原淳司
日本物理学会第72回年次大会 シンポジウム「新しい単元素二次元層状物質の創製とその物性」   2017年3月18日   日本物理学会
スタネンの創製と電子構造 [招待有り]
柚原淳司
SPRUC顕微ナノ材料研究会・表面科学会放射光部会合同シンポジウム   2017年3月2日   SPRUC顕微ナノ材料研究会・表面科学会放射光部会
金属表面上のスタネンの創製と構造評価 [招待有り]
柚原淳司
第8回岩澤コンファレンス「サステナブル社会のための最先端触媒化学・表面科学」   2016年12月5日   岩澤コンファレンス
Formation of stanene on Ag(111) and Au(111) [招待有り]
J. Yuhara
International Symposium on 2D Layered Materials and Art: Two Worlds Meet   2016年3月23日   
二次元合金の創製とヒューム・ロザリー則 [招待有り]
柚原淳司
平成27年度九州表面・真空研究会   2015年6月13日   日本表面科学会九州支部、日本真空学会関西支部

Works

 
ナノテク新素材、簡単に作製 名大グループが成功
その他   2018年10月 - 現在
名大、創製技術を開発 原子スケールで凹凸のない二次元ハニカム -界面歪み制御-
その他   2018年1月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
複雑な表面構造解析のための微小電子源を用いた電界放出低速電子回折法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 水野清義
ナノメッシュ構造を利用した合金ナノ粒子の創製と耐熱性評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 柚原淳司
固体表面上の金属酸化物ナノメッシュを利用した半導体規則ナノドットの創製
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 柚原淳司
結晶表面上における二次元金属の創製と巨大ラシュバ効果
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 柚原淳司
浄化機能を有した複合材料の創製を目指した有機分子/金属超微粒子の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月