金山 弥平

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:04
 
アバター
研究者氏名
金山 弥平
eメール
yaheiklit.nagoya-u.ac.jp
所属
名古屋大学
部署
大学院人文学研究科 人文学専攻 哲学倫理学コース
職名
教授
学位
博士(文学)(京都大学), 文学修士(京都大学)

経歴

 
2000年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院文学研究科 人文学専攻 教授
 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院人文学研究科 人文学専攻 哲学倫理学コース 教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
京都大学 文学研究科 哲学(西洋哲学史・古代)
 

Misc

 
Approach to Time in Ancient Greek Philosophy
金山 弥平
Journal of the School of Letters   (13) 11-26   2017年3月   [査読有り]
プラトンの探求とイデア界の地勢
金山 弥平
臨床精神病理   37(2) 119-123   2016年8月   [依頼有り]
Socrates' Last Words
Y. Kanayama
XI Symposium Platonicum; Plato's Phaedo. Papers, International Plato Society   440-450   2016年7月   [査読有り]
Recollecting, Retelling and Melete in Plato's Symposium. A New Reading of he synousia tokos estin (206C5-6)
Yahei Kanayama
Mauro Tulli / Michael Erler (eds.), Plato in Symposium, Selected Papers from the Tenth Symposium Platonicum, Academia Verlag (International Plato Studies, vol. 35)   249-256   2016年5月   [査読有り]
Approach to Time in Ancient Greek Philosophy
Y. Kanayama
Proceedings. UBIAS Intercontinental Academia Nagoya Workshop   1-5   2016年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
J.アナス、J.バーンズ『古代懐疑主義入門-判断保留の十の方式』
金山弥平
岩波書店   2015年6月   
古代懐疑主義の全容を示す恰好の研究書かつ入門書。
内山勝利編『プラトンを学ぶ人のために』(III思想、第4章イデアを担当)
内山勝利、山口義久、丸橋裕、國方栄二、木下昌巳、高橋憲雄、朴一功、中畑正志、金山弥平、久保徹、瀬口昌久、山田道夫、須藤訓任、四日谷敬子、大草輝政、佐々木毅、伊藤邦武 (担当:共著)
世界思想社   2014年7月   ISBN:479071635X
アリストテレス『天界について、生成と消滅について』(このうち、『生成と消滅について』)
金山弥平
岩波書店(アリストテレス全集新版)   2013年12月   ISBN:4000927752
小品ではあるが、生成消滅という月下の世界の中心的事象を扱ったアリストテレスの自然学著作の中核をなす著作の精確な翻訳。
テクストの解釈学
松澤和宏, 金山弥平, 平野克典, クレール・フォヴェルグ, 重見晋也, 戸松泉, 井上隆史, 小川正廣, 大石和欣, 鎌田隆行, 釘貫亨, 宮地朝子, 佐藤彰一, 加納修, 古尾谷知浩, 池内敏 (担当:共著)
水声社   2012年3月   
セクストス・エンペイリコス『学者たちへの論駁3―自然学者たちへの論駁、倫理学者たちへの論駁―』
金山弥平 金山万里子 (担当:共著)
京都大学学術出版会   2010年11月   
古代懐疑主義の基本的資料となる懐疑主義者セクストス・エンペイリコスの自然学者、倫理学者に対する批判書の翻訳。本邦初訳であり、これによってセクストス・エンペイリコスの全著作翻訳は完結。単一の訳者によるセクストス・エンペイリコスの全著作翻訳は、Buryによる古くて不完全な訳以外には、本翻訳のみである。

講演・口頭発表等

 
古代ギリシアにおける右回り―時計回り、反時計回り? [招待有り]
金山 弥平
シンポジウム「人間と記憶」   2017年1月22日   基盤(B)「認識の成立・知の探求・社会生活・幸福のための記憶の役割と可能性に関する学際的研究」
Socrates' Last Words
Y. Kanayama
XI SYMPOSIUM PLATONICUM; PLATO’S PHAEDO   2016年7月4日   International Plato Society
Approach to Time in Ancient Greek Philosophy
金山弥平
UBIAS Intercontinental Academia Nagoya Workshop (On TIME)   2016年3月6日   Institute for Advanced Research, Nagoya University
Everlasting Inquiry in Ancient Greek Philosophy: Socrates, Plato and the Sceptics
金山弥平
In Pursuit of Wisdom: Ancient Chinese and Greek Perspectives on Cultivation   2016年1月15日   School of Humanities, Faculty of Arts and Social Sciences, the University of New South Wales; Australia Research Council DECRA Award: The Transfer of Global Hegemony: Geopolitical Revolutions in World History
Plato's Wax Tablet
Yahei Kanayama
Soul and Mind in Greek Thought Psychological Issues in Plato and Aristotle   2015年10月7日   Universidad Alberto Hurtado, Departamento de Filosofía, Santiago, Chile

Works

 
書評Heda Segvic, From Protagoras to Aristotle: Essays in Ancient Moral Philosophy, edited by Myles Burnyeat; with an introduction by Charles Brittain. Princeton University Press 2009
その他   2011年3月
書評K. Algra, J. Barnes, J. Mansfeld & M. Schofield, eds., The Cambridge History of Hellenistic Philosophy. Pp.xix+916, Cambridge, Cambridge University Press 1999
その他   2005年3月
『集英社世界文学事典』(集英社)、73項目
その他   2002年
『集英社世界文学大事典』全6巻(集英社)、プラトン、アリストテレス、ソクラテス、七賢人(ギリシャの)、ソフィストなど126項目
その他   1996年 - 1998年
書評Th. Ebert, Dialektiker und frühe Stoiker bei Sextus Empiricus. Untersuchungen zur Entstehung der Aussagenlogik (Hypomnemata 95). Pp.347, Göttingen, 1991
その他   1995年3月

競争的資金等の研究課題

 
ギリシア哲学における正義論の理性的、感情・情動的、社会的、また宇宙的基盤
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 金山万里子
ヘレニズム哲学におけるアカデメイアとピュロン派懐疑主義の位置づけとその現代的意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 金山萬里子
ギリシャ政治哲学の総括的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 加藤信朗
言語表象と脳機能から見た環境生成のメカニズム―生きられる空間の複相性をめぐって
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 中村靖子
プラトンからヘレニズム哲学に至る知の基礎づけと演繹的・非演繹的体系の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 金山弥平