石川 智久

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
石川 智久
 
イシカワ トシヒサ
URL
http://www.bio.titech.ac.jp/~tishikaw/
所属
旧所属 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻
職名
教授,その他,その他
学位
理学博士(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1983年
:デュッセルドルフ大学 ドイツ学術交流会奨学生
 
1983年
 - 
1987年
:デュッセルドルフ大学 博士研究員
 
1987年
 - 
1989年
:大阪大学 助手
 
1989年
 - 
1991年
:ドイツ癌研究所 プロジェクトリーダー
 
1991年
 - 
1995年
:テキサス大学M.D.アンダーソン癌研究所 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
北海道大学 理学研究科 応用電気研究所 生体物理部門
 
 
 - 
1977年
北海道大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2000年
   
 
CBI学会  理事
 
 
   
 
創薬薬理フォーラム  幹事
 
2002年
   
 
ゲノム創薬フォーラム  評議委員
 
2008年
   
 
日本薬物動態学会  ワークショップを考える会委員、評議員
 
2002年
 - 
2008年
イギリス生化学会  Biochemical Journal 編集委員/審査員
 

受賞

 
1993年
The 1993 Research Award (International Life sciences Institute, Washington D.C.)
 
2001年
第1回バイオビジネスコンペJAPAN 優秀賞
 
1982年
ドイツ学術交流会(DAAD)スカラーシップ
 
2005年
平成17年度日本薬物動態学会学会賞
 

Misc

 
Is the Glutathione S-Conjugate Carrier an mdr1 Gene Product?
Ishikawa, T.
Trends in Biochem. Sci.   15 219-220   1990年
Sakurai, A. Tamura, A. Onishi Y. Ishikawa, T.
Expert Opin Pharmacother   6(14) 2455-2473   2005年
Ishikawa, T. Onishi, Y. Hirano, H. Oosumi, K. Nagakura, M. Tarui, S.
Biol. Pharm. Bull.   27(7) 939-948   2004年
Cardiac Transport of Glutathione Disulfide and S-Conjugate: Studies with Isolated Perfused Rat Heart during Hydroperoxide Metabolism.
Ishikawa, T. Sies, H.
J. Biol. Chem.   259 3838-3843   1984年
ABCトランスポーター遺伝子多型の機能解析から創薬への応用
石川智久
Pharma VISION NEWS Coll.   1(1) 35-36   2004年

書籍等出版物

 
ヒトゲノムからSNP解析へ~薬剤応答性の差違を解明
2001年   
Cell Growth Inhibition by Antitumor Prostaglandins and Its Modulation by MRP/GS-X Pump.
Advances in Experimental Medicine and Biology Eicosanoids and Other Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation and Radiation Injury, Honn, K.V., Marnett, L.J., and Wong, P.Y. (eds.) Plenum Press, New York   1997年   
ゲノム創薬:予防医学事典
朝日書店   2005年   
Techno Online 大学の社会貢献「産業界からの人材登用を」
日経産業新聞   2001年   
Transport of Cysteinyl Leukotrienes.
Transport of Amino Acids. Haussinger, D. and Kilberg, M. (eds.) Academic Press, New York   1992年   

講演・口頭発表等

 
Intramolecular disulfide bond is a critical checkpoint determining degradative fates of ABC transporter ABCG2 protein.
2007年   
Ubiquitin-mediated proteasomal degradation of non-synonymous SNP variants of human ABC transporter ABCG2
2008年   

Works

 
薬物毒性評価用肝細胞チップの研究開発
2000年
薬物輸送に関するABCトランスポーター機能解析のための自動化スクリーニングシステムの開発とそれに基づく薬物動態のすぐれた新薬分子デザイン
芸術活動   2000年 - 2003年
日本人の薬物動態に関連する遺伝子の多型及びタンパク質等の機能の解明に関する研究
芸術活動   2000年 - 2003年
生物新機能と創薬をめざす生体内分子科学
芸術活動   2001年 - 2006年
癌化学療法における薬剤耐性機構の解明
芸術活動   2000年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
ABC(ATP-binding cassette)蛋白の遺伝子多型と機能解析
制癌プロスタグランジンの細胞内ターゲットの探索
肝臓の薬剤毒性評価系の構築
生物新機能と創薬をめざす生体内分子科学
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2006年
薬物トランスポーターの機能解析に基づく創薬分子デザイン
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2004年

特許

 
ABCタンパク質と相互作用する物質のスクリーニング方法
WO 2004/086036A1