粟井 光一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/22 02:58
 
アバター
研究者氏名
粟井 光一郎
 
アワイ コウイチロウ
URL
https://wwp.shizuoka.ac.jp/plant-lipid/
所属
静岡大学
部署
理学部 - 生物科学科
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京工業大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
静岡大学 理学部生物科学科 准教授
 
2008年12月
 - 
2013年3月
静岡大学 若手グローバル研究リーダー育成拠点 特任助教
 
2006年4月
 - 
2008年11月
埼玉大学 理学部分子生物学科 助手・助教
 
2002年11月
 - 
2006年3月
ミシガン州立大学 博士研究員
 
2002年4月
 - 
2002年10月
東京工業大学 技術補佐員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
東京工業大学 生命理工学研究科 バイオサイエンス専攻 博士課程
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京工業大学 生命理工学研究科 バイオサイエンス専攻 修士課程
 
1991年4月
 - 
1996年3月
東京工業大学 生命理工学部 生体機構学科
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
2021年3月
日本植物脂質科学研究会  庶務幹事(会計担当・事務局)
 
2014年7月
 - 
2017年1月
シアノバクテリアゲノム再アノテーションコンソーシアム
 
2014年4月
   
 
日本植物脂質科学研究会  幹事
 
2014年1月
   
 
日本光合成学会  幹事
 

論文

 
Sulfur-containing carotenoids from a marine coral symbiont Erythrobacter flavus strain KJ5.
Setiyono E, Heriyanto, Pringgenies D, Shioi Y, Kanesaki Y, Awai K and Brotosudarmo THP
Mar. Drugs   17(6) 349   2019年6月   [査読有り]
Complete Genome Sequence of the Marine Bacterium Erythrobacter flavus Strain KJ5
Kanesaki Y, Setiyono E, Pringgenies D, Moriuchi R, Brotosudarmo THP, and Awai K
Microbiol Resour Announc   8 e00140-19   2019年3月   [査読有り]
Isolation and characterization of a tandem-repeated cysteine protease from the symbiotic dinoflagellate Symbiodinium sp. KB8.
Suzuki Y, Suzuki T, Awai K and Shioi Y
PLoS ONE   14(1) e0211534   2019年1月   [査読有り]
Alterations of membrane lipid content correlated with chloroplasts and mitochondria development in Euglena gracilis
Shiori Shibata,Shin-ichi Arimura,Takahiro Ishikawa, Koichiro Awai
Front Plant Sci   9 370   2018年3月   [査読有り]
Configuration of the sugar head of glycolipids in thylakoid membranes
Egi Tritya Apdila, Koichiro Awai
Genes Genet. Syst.   92((5)) 235-242   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
光合成を担うナノ構造体,チラコイドの構築機構
小林 滉宜, 粟井 光一郎
オレオサイエンス   18((5)) 241-247   2018年5月
多彩な戦略で挑むシアノバクテリア由来の燃料生産
日原由香子,朝山宗彦,蘆田弘樹,天尾豊,新井宗仁,粟井光一郎,得平茂樹,小山内崇,鞆達也,成川礼,蓮沼誠久,増川一
化学と生物   55(2) 88-97   2017年2月
葉緑体膜脂質合成に関わるマルチサブユニット型ABCトランスポーター(総説)
粟井光一郎
化学と生物   44 731-732   2006年11月
葉緑体チラコイド膜糖脂質の分子構築ーそのメカニズムと起源ー(総説)
Ohta H, Shimojima M, Awai K, Masuda T, Takamiya K
蛋白質核酸酵素   42(16) 2601-2612   1997年12月

講演・口頭発表等

 
Anabaena sp. PCC 7120におけるアデニンメチル化の役割
寺竹雄作,粟井光一郎
ラン藻の分子生物学2019   2019年11月   
Wax synthesis of Euglena glacilis under dark/anaerobic conditions is to decrease reductants produced by wax fermentation
Shibata S, Nakazawa M, Ishikawa T, Awai K
8th Asian-Oceanian Symposium on Plant Lipids (ASPL2019)   2019年11月   
ユーグレノイドRapaza viridisによる盗葉緑体の獲得と成熟プロセス
丸山萌,洲崎敏伸,粟井光一郎,大沼亮,宮城島進也,柏山祐一郎
日本植物学会第83回大会   2019年9月   
チラコイド膜構築過程における脂質合成
大沢祐香,小林康一,下嶋美恵,粟井光一郎
第32回植物脂質シンポジウム   2019年9月   
タンパク質が先か,膜脂質が先か:チラコイド膜の構築機構
大沢祐香,小林康一,下嶋美恵,粟井光一郎
ラン藻ゲノム交流会2019   2019年6月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
光合成膜脂質合成経路を標的としたシアノバクテリア特異的阻害剤の開発
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
ラン藻ポリケチド合成酵素を用いた脂質生産
科学技術振興事業団: 
研究期間: 2012年10月 - 2016年3月
光合成膜ガラクト脂質の生理機能解析
若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
光合成膜には何故多量のガラクト脂質が存在するか
若手研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月