田中 順子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 04:24
 
アバター
研究者氏名
田中 順子
 
タナカ ジュンコ
所属
神戸大学
部署
大学院国際文化学研究科 グローバル文化専攻
職名
教授
学位
教育学修士(鳴門教育大学), M. A.(カリフォルニア大学バークレー校), Ph. D.(トロント大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1999年8月
トロント大学 大学院教育学研究科博士課程修了  
 

論文

 
Asymmetry Between L2 English Article Processing (i.e., Accuracy) and L2 Proficiency: An Eye-Tracking study.
田中 順子
Proceedings of the 3rd Pacific Second Language Research Forum   N/A(N/A) 219-223   2017年3月   [査読有り]
This study reports on the results of an eye-tracking experiment that investigated the effects of two semantic features in L2 English article processing performed by L1 Japanese speakers on a web-based task. L2 article acquisition did not seem to d...
第二言語としての英語の熟達度と英語冠詞の習得過程との関係について
田中 順子
国際文化学研究   44 57-77   2015年8月
L2英語冠詞習得における特定性の影響とESK付加の影響の検討
田中 順子
国際文化学研究   42(1) 25-53   2014年9月
This study experimentally examined (1) the effects of specificity with or without Especially Stated Knowledge (ESK) in selecting L2 English articles by L1 Japanese speakers at three L2 proficiency levels in six semantic contexts which consisted of...
継承語教育文献データベースのコンテンツ・内部構造・インターフェースに関する諸問題
中島 和子, 森下 淳也, 田中 順子
第5回「日本語教育とコンピュータ」国際会議(CASTEL/J)予稿集      2012年8月   [査読有り]
本研究は,外国人児童生徒教育,継承語教育の一助とするため,世界各地に未整理のまま散在する継承語教育に関する文献を収集し,それに国内の最新の文献を加えてデータベース化をしてウエッブ上に公開し,継承語教育研究に資することを目的とするものである。研究者向けの入力支援機能を持つ編集管理システムを構築する上でさまざまな課題があるが,その中から,対象言語,対象領域,対象地域などに関する分類項目,キーワードの設定,研究者項目に関わる問題を取り上げ,その対処方法について述べる。

Misc

 
Emotional intelligence of Japanese university students and employment offers.
Junko Tanaka, Narisuke Utsuki
国際文化学研究   Vol. 35, 157-168    2010年12月
クライアント・サーバ方式による第二言語学習者の適性データ収集システムの開発と分析
田中 順子
平成14−16年度科学研究費報告書(代表 田中順子) 課題名 クライアント・サーバ方式による第二言語学習者の適性データ収集システムの開発と分析   , 1-63    2005年5月
第二言語習得における意識化
田中 順子
財団法人言語教育振興財団研究助成事業研究成果報告書集録 財団法人言語教育振興財団   4, 83-84    1996年10月

書籍等出版物

 
Junko Tanaka
Cascadilla Press   2013年8月   ISBN:978-1-57473-458-4
English articles are known to be very difficult for L2 English learners whose L1 does not possess articles. Previous research found that the misuse of the and a by article-less L1 speakers partly stemmed from learners confusing the concepts of 'sp...
Accuracy and certainty in learning L2 complex rules. In N. O. Jungheim & P. Robinson (Eds.)
Junko Tanaka
Proceedings of the 3rd Pacific Second Language Research Forum, Vol. 2. Pragmatics and pedagogy (pp. 225-268). Tokyo: PacSLRF.   1999年   
Implicit/explicit learning of focus marking in Japanese as a foreign language: A case of learning through output and negative feedback.
Junko Tanaka
University Microfilms International   1999年   ISBN:9780612456792, 061245679X
児童生徒に対する日本語教育のカリキュラムに関する国際的研究:基礎文献目録
田中 順子 (担当:共訳)
国立国語研究所   1996年3月   

講演・口頭発表等

 
英語学習者冠詞処理プロセスにおけるL1英語話者とL2英語話者の差異の検討
田中 順子
全国英語教育学会第44回京都研究大会   2018年8月   
Relative leniency of experienced raters in rating accentedness: A re-examination in the Japanese context
Albin Aaron, Tanaka Junko, Mizuguchi Shinobu, Nishida Takeshi
The 2017 annual meeting of the Linguistic Association of Canada and the United States   2017年8月   The Linguistic Association of Canada and the United States (LACUS)
「継承語科研」文献データベースのワークショップ [招待有り]
中島 和子, 森下 純也, 田中 順子, 山本 卓司
子どものバイリンガル教育、継承語教育に関する2つの科研の合同報告会   2017年3月   
Nonlinear Relationships Between L2 English Article Processing and L2 Proficiency: An Eyetracking Study
Junko Tanaka
The 35th Second Language Research Forum   2016年9月   Second Language Research Forum
L2英語学習者
田中 順子
全国英語教育学会 第42回 埼玉研究大会   2016年8月   全国英語教育学会
L2 英語熟達度が上がるにつれて、英語冠詞の習得度合 いも伸びることが想像されるが実際にはそうではない。このような習得の鈍化傾向は特に熟 達度中位群の学習者において顕著であり、比較的容易な意味環境下での英語冠詞の使用にお いても、冠詞を誤って選択する傾向がある(田中, 2015)。
本研究では、三つの熟達度別に 5 名の L1 日本語話者を得て、L2 英語冠詞習得における(1) 冠詞の意味環境と冠詞習得の困難さの関係、(2) L2 熟達度と冠詞習得の困難さの関係を実験 的に検討する。その際...

担当経験のある科目

 

Works

 
継承語教育データベース v2
森下 淳也, 田中 順子   データベース   2011年8月
継承語教育文献データベースシステム V1
森下 淳也, 田中 順子   データベース   2010年10月

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 田中 順子
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 田中 順子
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2005年       代表者: 田中 順子