Sawada Hiroko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 7, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
Sawada Hiroko
URL
http://www.u.tsukuba.ac.jp/~sawada.hiroko.gb/
Affiliation
University of Tsukuba
Section
Faculty of Humanities and Social Sciences
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D(Kobe University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2002
 - 
Mar 2004
Research Fellow, the Japan Society for Promotion of Science
 
Apr 2004
 - 
Mar 2005
Lecturer, Center for Student Exchange, Kyoto University
 
Oct 2006
 - 
Sep 2011
Lecturer, Graduate School of Humanities and Social Sciences, Tsukuba University
 

Education

 
Apr 1994
 - 
Mar 1998
Faculty of Cross-Cultural Studies, Kobe University
 
Apr 1998
 - 
Mar 2000
Graduate School of Cultural Studies and Human Science, Kobe University, Kobe University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2003
Graduate School of Cultural Studies and Human Science, Kobe University, Kobe University
 

Published Papers

 
現代日本語「-もの」の複合名詞をめぐって―モノとコトの認知の世界―
澤田浩子
KLS   19 153-163   Oct 1999
The Usage of "Noun-ConcludingSentences" Expressing Perception, Thought, Judgement and Will
澤田浩子
Studies in Japanese Language and Japanese Language Teaching   5 57-73   May 2014   [Refereed]
特別記事:日本語文法学界の展望(記述的研究と教育的研究)
澤田浩子;森篤嗣;杉村泰
日本語文法   13(1) 133-141   Mar 2013
聞き手は「語り」の何を聞いているのか―「評価」「結末部」における聞き手の参与行動の分析から―
澤田浩子
第2回国際シンポジウム報告論文集   28-32   May 2012
書評・紹介:泉子・K・メイナード『マルチジャンル談話論―間ジャンル性と意味の創造―』
澤田浩子
言語研究   141 69-79   Mar 2012   [Refereed]

Books etc

 
基礎日本語学
澤田浩子;衣畑智秀 (Part:Contributor, 文章論と談話分析)
ひつじ書房   Feb 2019   ISBN:9784894769465
コーパスから始まる例文作り
澤田浩子 (Part:Contributor, 話題・対象を表す表現)
くろしお出版   Jun 2017   
属性叙述の世界
澤田浩子 (Part:Contributor, 味覚・嗅覚・聴覚に関する事象と属性)
くろしお出版   Mar 2012   
日本語教育研究への招待
澤田浩子 (Part:Contributor, 「彼は親切な性格だ」と「彼は性格が親切だ」-中国語から日本語を考える-)
くろしお出版   Jun 2010   
音声文法の対照
中川明子;澤田浩子 (Part:Contributor, 音声コミュニケーションにみられる発話キャラクタ)
くろしお出版   Jun 2007   

Conference Activities & Talks

 
多文化共生教育に向けた領域連携と地域連携の推進 [Invited]
松崎, 寛;澤田浩子
文部科学省「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」第6回協力者会議兼第2回専門家会議   5 Jan 2019   日本語教育学会
「助言」に関わる発話機能とモダリティ形式の偏り ―日中両言語における対話のプロフィシェンシー― [Invited]
澤田浩子;小野正樹
第11回東アジア若手研究者合同研究フォーラム 「東アジアの知疎通と還流」   24 Nov 2018   高麗大学校
広域市町村合併とコミュニケーション場の生成ー「あすけ聞き書き隊」の取り組みを事例に―
澤田浩子
教育戦略プロジェクト「学的理念としての「多文化共生」をめざした学位プログラム教育課程の構築」第1回ワークショップ「重伝建のまちづくり・足助―地域社会の継承と豊田市の現在」   30 Mar 2018   
ジャンル別にみる副詞の頻度と重複傾向
鈴木彩香;Anekpongpan, Watcharin;澤田浩子
日本語/日本語教育研究会第8回大会   2 Oct 2016   日本語/日本語教育研究会
スタンス・マーカーとしての名詞文―文末名詞文と分裂文の比較から―
澤田浩子
第142回関東日本語談話会   12 Dec 2015   関東日本語談話会

Research Grants & Projects

 
Grammar of Spoken Language based on "Characters"
Project Year: Apr 2007 - Mar 2011