萩野 浩一

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/16 19:42
 
アバター
研究者氏名
萩野 浩一
 
ハギノ コウイチ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ec6698c3a992220c84cd1abb4cfead0f.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 物理学専攻
職名
准教授
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年5月
 - 
現在
東北大学大学院理学研究科 助教授
 
2000年12月
 - 
2004年4月
京都大学基礎物理学研究所 助手
 
1998年10月
 - 
2000年11月
ワシントン大学原子核理論研究所 研究員
 
1998年4月
 - 
1998年9月
東北大学大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
東北大学 理学研究科 物理学
 
 
 - 
1995年3月
東北大学 理学研究科 物理学
 
 
 - 
1993年3月
東北大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
2006年11月
 - 
2007年10月
日本物理学会  理論核物理領域世話人
 
2013年4月
 - 
現在
Progress of Theoretical and Experimental Physics 編集委員会  編集委員
 
2007年4月
 - 
現在
日本原子力機構・タンデム加速器専門部会委員会  委員
 
2006年11月
 - 
現在
「原子核研究」編集委員会  編集委員
 
2018年1月
 - 
2020年12月
INFN Legnaro Program Advisory Committee  委員
 

受賞

 
1999年5月
核理論懇談会 核理論論文新人賞
 
2009年10月
東北大学理学部物理系同窓会(泉萩会) 泉萩会奨励賞
 
2014年8月
日本学術振興会 平成25年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰
 
2016年9月
日本学術振興会 平成28年度「科研費」審査委員の表彰
 

論文

 
Validity of the linear coupling approximation in heavy-ion fusion reactions at sub-barrier energies
K. Hagino, N. Takigawa, M. Dasgupta, D.J. Hinde, and J.R. Leigh
Phys. Rev. C   55 276-284   1997年   [査読有り]
Projection and ground state correlations made simple
K. Hagino, P.-G. Reinhard, and G.F. Bertsch
Phys. Rev. C   65 064320   2002年   [査読有り]
Large angle scattering and quasi-elastic barrier distributions
K. Hagino and N. Rowley
Physical Review C   69 054610/1-054610/11   2004年5月   [査読有り]
WKB approximation for multi-channel barrier penetrability
K. Hagino and A.B. Balantekin
Physical Review A   70 032106/1-032106/6   2004年9月   [査読有り]
Coexistence of BCS- and BEC-Like pair structures in halo nuclei
K. Hagino, H. Sagawa, J. Carbonell, and P. Schuck
Phys. Rev. Lett.   99 022506/1-022506/4   2007年7月   [査読有り]

Misc

 
重イオン核融合反応と超重元素
萩野浩一、有友嘉浩
日本物理学会誌   68 654-661   2013年10月
量子トンネル融合反応で視る原子核の形
萩野浩一、滝川昇
日本物理学会誌   57 588-591   2002年8月
Heavy-Ion fusion reactions at energies below the Coulomb barrier
N. Takigawa and K. Hagino
Heavy Elements and Related New Phenomena'   1025-1049   1999年

講演・口頭発表等

 
Fusion barrier distributions for superheavy nuclei
The International Symposium on Physics of Unstable Nuclei 2017 (ISPUN17)   2017年9月25日   
Evolving theoretical descriptions of heavy-ion fusion: from phenomenlogical to microscopic approaches
International conference on Fusion17   2017年2月20日   
Semi-microscopic modelling of heavy-ion fusion reactions
Workshop on Low-Energy Nuclear Reaction Theory (LENRT)   2017年2月15日   
Beyond-mean-field theory for multi-octupole excitations in 208Pb and subbarrier fusion of 16O+208Pb
Tsukuba CCS-RIKEN joint workshop   2016年12月12日   
Application of beyond-mean-field approach to hypernuclei and heavy-ion fusion reactions
YITP Molecule workshops on recent progress in nuclear structure physics 2016   2016年12月5日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
低エネルギー重イオン反応
研究期間: 1993年4月 - 現在
不安定原子核の構造
研究期間: 1998年4月 - 現在
ハイパー核の構造
研究期間: 2007年4月 - 現在
天体核反応
研究期間: 1993年4月 - 現在

社会貢献活動

 
河北新報コラム「科学の泉」 元素の世界 (全6回)
【出演, 寄稿】  河北新報社  2014年12月30日
東北大学公開サイエンス講座
【その他】  2016年12月10日
講演題目「ニホニウムみたいなとても重たい元素の話」
須賀川地区経営者協会総会
【その他】  2016年5月27日
総合講演「安定な元素、不安定な元素」
東北大学大学院理学研究科 ぶらりがく
【その他】  2016年4月23日
小中学生向け講演「新元素113番ってなあに?」
秋田県理数科合同研修会
【その他】  2014年11月17日
講演「核図表で見る元素の世界」