園下 将大

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 14:08
 
アバター
研究者氏名
園下 将大
 
ソノシタ マサヒロ
URL
https://bmoncology.wixsite.com/mysite
所属
北海道大学
部署
遺伝子病制御研究所
職名
教授
学位
薬学修士(東京大学), 医学博士(京都大学)

研究分野

 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
北海道大学 遺伝子病制御研究所 教授
 
2017年4月
 - 
2018年8月
Icahn School of Medicine at Mount Sinai Dept. Cell, Developmental & Regenerative Biology Postdoctoral Fellow
 
2013年9月
 - 
2017年3月
Icahn School of Medicine at Mount Sinai Dept. Cell, Developmental & Regenerative Biology Visiting Researcher
 
2012年4月
 - 
2017年3月
京都大学 大学院医学研究科 准教授
 
2011年1月
 - 
2012年3月
京都大学 大学院医学研究科 講師
 
2008年4月
 - 
2010年12月
京都大学 大学院医学研究科 助教
 
2004年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会特別研究員PD
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
京都大学 大学院医学研究科 生理系専攻
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京大学 大学院薬学系研究科 生命薬学専攻
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学 薬学部 
 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学 教養学部 
 
 
 - 
1995年3月
鹿児島ラ・サール高校  
 

受賞

 
2018年8月
The New York Hideyo Noguchi Memorial Society, Inc. Hideyo Noguchi Memorial Scholarship 「Exploring therapeutic network in pancreatic cancer」
 
2017年10月
Icahn School of Medicine at Mount Sinai Promising Young Investigator Award 「Rational polypharmacology」
 
2016年10月
日本癌学会 奨励賞 「大腸がん悪性化機序と予後診断法・治療薬研究」
 
2014年8月
京都大学 若手教員海外派遣事業スカラシップ 「低毒性・高特異性の次世代抗がん薬の創出」
 
2014年7月
日本がん転移学会 研究奨励賞 「遺伝学的解析に立脚した大腸がん悪性化機序の解明と新規治療・予防標的の同定」
 
2013年8月
京都大学 若手教員海外派遣事業スカラシップ 「ショウジョウバエの遺伝学を用いた、がん転移の関連遺伝子及び治療薬候補の同定」
 

論文

 
Sonoshita M, Scopton AP, Ung PMU, Murray MA, Silber L, Maldonado AY, Real A, Schlessinger A, Cagan RL, Dar AC
Nature Chemical Biology   14(3) 291-298   2018年3月   [査読有り]
Okada Y, Sonoshita M, Kakizaki F, Aoyama N, Itatani Y, Uegaki M, Sakamoto H, Kobayashi T, Inoue T, Kamba T, Suzuki A, Ogawa O, Taketo MM
Cancer Science   108(4) 744-752   2017年4月   [査読有り]
Aoyama N, Miyoshi H, Miyachi H, Sonoshita M, Okabe M, Taketo MM
Genes to Cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   23(7) 580-589   2018年7月   [査読有り]
Itatani Y, Sonoshita M, Kakizaki F, Okawa K, Stifani S, Itoh H, Sakai Y, Taketo MM
Journal of Biochemistry   159(1) 133-140   2016年1月   [査読有り]
Sonoshita M, Cagan RL
Current Topics Developmental Biology   121 287-309   2016年6月   [査読有り]
Kakizaki F, Sonoshita M, Miyoshi H, Itatani Y, Ito S, Kawada K, Sakai Y, Taketo MM
Cancer Science   107(11) 1622-1631   2016年11月   [査読有り]
Sonoshita M, Itatani Y, Kakizaki F, Sakimura K, Terashima T, Katsuyama Y, Sakai Y, Taketo MM
Cancer Discovery   5(2) 198-211   2015年2月   [査読有り]
Kawada K, Hasegawa S, Murakami T, Itatani Y, Hosogi H, Sonoshita M, Kitamura T, Fujishita T, Iwamoto M, Matsumoto T, Matsusue R, Hida K, Akiyama G, Okoshi K, Yamada M, Kawamura J, Taketo MM, Sakai Y
International Journal of Clinical Oncology   16(5) 464-472   2011年10月   [査読有り]
Sonoshita M, Aoki M, Fuwa H, Aoki K, Hosogi H, Sakai Y, Hashida H, Takabayashi A, Sasaki M, Robine S, Itoh K, Yoshioka K, Kakizaki F, Kitamura T, Oshima M, Taketo MM
Cancer Cell   19(1) 125-137   2011年1月   [査読有り]
Kawada K, Hosogi H, Sonoshita M, Sakashita H, Manabe T, Shimahara Y, Sakai Y, Takabayashi A, Oshima M, Taketo MM
Oncogene   26(32) 4679-4688   2007年2月   [査読有り]
Fujishita T, Doi Y, Sonoshita M, Hiai H, Oshima M, Huebner K, Croce CM, Taketo MM
British Journal of Cancer   91 1571-1574   2004年10月   [査読有り]
The fragile histidine triad (FHIT) gene is frequently inactivated in various types of tumours. However, the system-wide pathology caused by FHIT inactivation has not been examined in detail. Here we demonstrate that Fhit gene knockout mice develop...
Kawada K, Sonoshita M, Sakashita H, Takabayashi A, Yamaoka Y, Manabe T, Inaba K, Minato N, Oshima M, Taketo MM
Cancer Research   64(11) 4010-4017   2004年6月   [査読有り]
Cooperation of cyclooxygenase 1 and cyclooxygenase 2 in intestinal polyposis.
Takeda H, Sonoshita M, Oshima H, Sugihara K, Chulada PC, Langenbach R, Oshima M, Taketo MM
Cancer Research   63(16) 4872-4877   2003年8月   [査読有り]
Taketo MM, Sonoshita M
Biochimica et Biophysica Acta - Molecular and Cell Biology of Lipids   1585 72-76   2002年12月   [査読有り]
Phospolipase A2(PLA2) is the esterase activity that cleaves the sn-2 ester bond in glycerophospholipids, releasing free fatty acids and lysophospholipids. The PLA2activity is found in a variety of enzymes which can be divided in several types base...
Sonoshita M, Takaku K, Oshima M, Sugihara K, Taketo MM
Cancer Research   62 6846-6849   2002年12月   [査読有り]
Cyclooxygenase-2 (COX-2), the inducible COX isozyme, plays a key role in intestinal tumorigenesis. We have demonstrated recently that COX-2 protein is induced in the polyp stroma near the intestinal luminal surface in the ApcΔ716 mouse, a model fo...
Sonoshita M, Takaku K, Sasaki N, Sugimoto Y, Ushikubi F, Narumiya S, Oshima M, Taketo MM
Nature Medicine   7 1048-1051   2001年1月   [査読有り]
Arachidonic acid is metabolized to prostaglandin H2(PGH2) by cyclooxygenase (COX). COX-2, the inducible COX isozyme, has a key role in intestinal polyposis. Among the metabolites of PGH2, PGE2is implicated in tumorigenesis because its level is mar...
Takaku K, Sonoshita M, Sasaki N, Uozumi N, Doi Y, Shimizu Y, Taketo MM
Journal of Biological Chemistry   275 34013-34016   2000年11月   [査読有り]
Arachidonic acid is a precursor for biosynthesis of eicosanoids, including prostaglandins, thromboxanes, leukotrienes, and lipoxins. Cytosolic phospholipase A2(cPLA2) plays a key role in the release of arachidonic acid as the substrate of cyclooxy...

特許

 
特願29539.0660 : KINASE INHIBITOR COMPOUNDS, COMPOSITIONS, AND METHODS OF TREATING CANCER
Arvin C. Dar, Ross L. Cagan, Alex P. Scopton, Masahiro Sonoshita
特開WO2014/185550 : METHODS FOR DETERMINING PROGNOSIS OF CANCER
武藤誠、園下将大、坂井義治、河田健二、板谷喜朗
特開2008-245522 : 蛍光性蛋白質の非蛍光性変異体を発現するトランスジェニック非ヒト哺乳動物
武藤誠、園下将大

講演・口頭発表等

 
動物個体を用いた新規創薬基盤
園下 将大
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月   
A whole animal platform for anti-cancer drug discovery
SONOSHITA Masahiro
第77回日本癌学会学術総会   2018年10月   
A Drosophila platform to generate novel anticancer drug leads
SONOSHITA Masahiro
13th Japanese Drosophila Research Conference   2018年9月   
A whole animal platform for anti-cancer drug discovery [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
第24回京都大学iCeMS国際シンポジウム   2018年9月   
個体モデルが加速するがん創薬研究 [招待有り]
園下 将大
第442回東京慈恵会医科大学医学研究の基礎を語り合う集い   2018年9月   
ハエが教えてくれる抗がん剤のつくり方 [招待有り]
園下 将大
東京大学薬学部セミナー   2017年10月   
個体を用いたキナーゼ阻害剤の新規創薬基盤
園下 将大
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月   
ハエが教えてくれる抗がん剤のつくり方 [招待有り]
園下 将大
北海道大学遺伝病制御研究所セミナー   2017年7月   
Understanding colorectal carcinogenesis [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
第75回日本癌学会学術総会・受賞記念特別講演   2016年10月   
A stepwise approach for balancing the polypharmacology of a clinical kinase inhibitor [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
EMN Collaborative Conference on Drug Discovery   2016年10月   
ハエが起こす創薬革命 [招待有り]
園下 将大
国立循環器病研究センターセミナー   2016年8月   
ハエと一緒にお薬さがし ~よりよい抗がん剤を目指して~ [招待有り]
園下 将大
JMSA NY Life Science Forum 2015   2015年4月   
Understanding the mechanisms of colorectal carcinogenesis [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
山形大学医学部セミナー   2014年7月   
Stimulation of colon cancer metastasis by Notch signaling [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
第23回日本がん転移学会学術集会・受賞記念特別講演   2014年7月   
転写因子Rbpjを介したNotchシグナルによる大腸がん転移の促進 [招待有り]
園下 将大
第22回日本がん転移学会学術集会   2013年7月   
Suppression of colon cancer metastasis by Aes through inhibition of notch signaling [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
第71回日本癌学会学術総会   2012年9月   
大腸がんの悪性化メカニズム [招待有り]
園下 将大
第4回生命科学阿波踊りシンポジウム   2012年8月   
AesはNotchシグナルを抑制して大腸がん転移を抑制する [招待有り]
園下 将大
金沢大学がん進展制御研究所セミナー   2012年2月   
Stimulation of colon cancer metastasis by Notch signaling [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
第70回日本癌学会学術総会   2011年10月   
Suppression of colon cancer metastasis by Aes through inhibition of Notch Signaling [招待有り]
SONOSHITA Masahiro
第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同大会   2010年12月   
AesはNotchシグナルを抑制することで大腸がんの転移を抑制する〜がん転移の予防・治療法確立を目指して〜 [招待有り]
園下 将大
若手生命科学シンポジウム2009   2009年8月   

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
北海道医学会  評議員
 
2018年7月
 - 
現在
日本がん転移学会  評議員
 

競争的資金等の研究課題

 
遺伝子変異の多様性が膵臓がんの発生に及ぼす影響の解析と新規膵臓がん治療法の開発
公益財団法人高松宮妃癌研究基金: 平成30年度研究助成金
研究期間: 2019年 - 2020年    代表者: 園下 将大
遺伝学に立脚した新規膵臓がん薬物組み合わせ療法の開発
北海道大学病院臨床研究開発センター: 橋渡し研究戦略的推進プログラム2019年度シーズA支援
研究期間: 2019年 - 2019年    代表者: 園下 将大
マウスモデルを用いた消化器がん転移の研究
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤A
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 武藤 誠
微小環境に注目したがんの治療戦略開発
文部科学省: 次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 武藤 誠
遺伝学的解析に立脚したNotchシグナル伝達経路による大腸がん悪性化メカニズムの解明と新規予防・治療標的の同定
佐川がん研究振興財団: 癌研究助成
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 園下 将大
大腸癌転移におけるNotchシグナル伝達経路の役割の解明
文部科学省: 科学研究費補助金・若手A
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 園下 将大
マウスモデルを用いた消化器癌転移の研究
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤S
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 武藤 誠
Notchシグナルによる大腸癌の悪性化進展促進メカニズムの解明
かなえ医薬振興財団: 第40回研究助成金
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 園下 将大
大腸癌の悪性化におけるNotchシグナル転写因子Rbpjの役割の解析
藤原記念財団: 研究奨励金
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 園下 将大
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤A
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 武藤 誠
上皮-間質相互作用の解析と分子標的治療
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 武藤 誠

社会貢献活動

 
職場訪問
【助言・指導】  北海道札幌北高校  2019年1月
JMSA New York Life Science Forum Kids 2018
【企画】  2018年5月
JMSA New York Life Science Forum 2018
【企画】  2018年4月
個体を用いた新しいがん治療薬の創薬の基盤
【寄稿】  ライフサイエンス 新着論文レビュー  First Author's  2018年2月
がんとその治療薬
【寄稿】  ニューヨーク総合コミュニティサイトびびなび  健康コラム  2018年1月
一期一会が開いてくれる道
【寄稿】  実験医学(羊土社)  ラボレポート  2017年6月
JMSA New York Life Science Forum Kids 2017
【企画】  2017年5月
がん治療薬の課題と最新動向
【寄稿】  NYジャピオン  心と体のメンテナンス  2017年2月
JMSA New York Life Science Forum 2017
【企画】  2017年
もっと知ってほしい、がんについての基礎知識
【講師】  日米ソーシャルサービス(JASSI)  第5回ファンドレージングセミナー   2016年11月
JMSA New York Life Science Forum Kids 2016
【企画】  2016年5月
JMSA New York Life Science Forum 2016
【企画】  2016年4月
薬の研究者に聞く、薬がきく仕組みと薬の選び方
【パネリスト】  SHARE乳がん患者サポートプログラム  2016年2月
ハエが教えてくれる抗がん剤の作り方
【講師】  日本クラブ/米国日本人医師会  第37回ヘルスセミナー  2015年10月
ハエが教えてくれる抗がん剤の作り方
【講師】  JASS ニューヨーク日本人理系勉強会  2015年7月
JMSA New York Life Science Forum 2015
【企画】  2015年4月
大腸がん転移 タンパク質で予測 京大発見
【出演】  日本経済新聞など6紙  2014年12月
大腸がん 転移抑制の遺伝子 京大が発見
【出演】  報道ステーション(テレビ朝日)、日本経済新聞など6紙  2011年1月