田中 智洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/18 13:55
 
アバター
研究者氏名
田中 智洋
 
タナカ トモヒロ
eメール
tttanakamed.nagoya-cu.ac.jp
URL
http://ncu-shotai.sakura.ne.jp/
所属
名古屋市立大学
部署
大学院医学研究科 消化器・代謝内科学分野
職名
准教授
学位
Ph.D.(京都大学), M.D.(京都大学)
その他の所属
京都大学

研究分野

 
 

経歴

 
2018年1月
 - 
現在
名古屋市立大学病院 内分泌・糖尿病内科 部長
 
2017年4月
 - 
現在
名古屋市立大学大学院医学研究科 消化器・代謝内科学 准教授
 
2015年
 - 
現在
認定NPO法人 日本ホルモンステーション 脂肪萎縮症委員会 協力委員
 
2012年4月
 - 
2017年3月
京都大学大学院医学研究科  メディカルイノベーションセンター 特定准教授
 
2012年
 - 
2017年
公益財団法人 先端医療振興財団  先端医療センター 主任研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年
京都大学 医学研究科 内科学(内分泌・代謝学)
 
 
 - 
1998年
京都大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年
   
 
日本肥満症治療学会  評議員
 
2017年
   
 
日本内科学会  内科指導医
 
2016年
   
 
日本内分泌学会  内分泌代謝科指導医
 
2015年
   
 
日本バイオインフォマティクス学会  認定技術者
 
2013年
   
 
日本肥満学会  肥満症専門医、肥満症指導医
 

受賞

 
2018年
日本心血管内分泌代謝学会 高峰譲吉研究奨励賞
 
2017年
公益財団法人 健康加齢医学振興財団 井村臨床研究奨励賞
 
2015年
日本内分泌学会 第33会内分泌代謝学サマーセミナー 優秀ポスター賞
 
2007年
日本心血管内分泌代謝学会若手研究奨励賞
 
2007年
臨床医科学フォーラム 井村特別賞
 

論文

 
CRISPR/Cas9-mediated Angpt18 knockout wuppresses plasma triglyceride concentrations and adiposity in rats
R.Iaumi, T.Kusakabe, M.Noguchi, H.Iwakura, T.Tanaka, T Miyazawa, D.Aotani, K.Hosoda, K.Kangawa, K.Nakao
J.Lipid Res.   59(9) 1575-1585   2018年7月   [査読有り]
Switching of other dipeptidyl peptidase 4 inhibitors to alogliptin improves glycemic control in Japanese patients with type2 diabetes mellitus.
T. Yagi, T. Tanaka, Y. Hayashi, T. Mizuno, K. Ogawa, H. Koyama, K. Imaeda, T. Joh.
Nagoya Medical Journal      2018年1月   [査読有り]
A Case of Euthyroid Graves’ Ophthalmopathy in a Patient Sero-Negative for TSH Receptor Autoantibody
A. Hotta, T. Tanaka, H. Kato, S. Kakoi, Y. Shimizu, C. Hasegawa, A. Hayakawa, S. Yasuda, K. Ogawa, S. Ito, H. Ohguchi, T. Yagi, H. Koyama, M. Kawamura, K. Sugitani, Y. Ogura, T. Joh, and K. Imaeda. (Corresponding author)
Case Rep Endocrinol      2018年   [査読有り]
CLICK: one-step generation of conditional knockout mice
Y. Miyasaka, Y. Uno, K. Yoshimi, Y. Kunihiro, T. Yoshimura, T. Tanaka, H. Ishikubo, Y. Hiraoka, N. Takemoto, T. Tanaka, Y. Ooguchi, P. Skehel, T. Aida, J. Takeda, T. Mashimo.
BMC Genomics   19(1) 318   2018年   [査読有り]
Glucagon promotes colon cancer cell growth via regulating AMPK and MAPK pathways.
T. Yagi, E. Kubota, H. Koyama, T. Tanaka, H. Kataoka, K. Imaeda, T. Joh.
Oncotarget   9(12) 10650-10664   2018年   [査読有り]
Babinski-Fröhlich症候群
田中 智洋
別冊 日本臨牀 領域別症候群シリーズ   No.1 17-19   2018年   [査読有り]
健康長寿の基盤としてのホルモン-栄養素間相互作用の研究
田中 智洋
最新醫学   73(6) 849-854   2018年   [査読有り]
H. Ohguchi, K. Imaeda, A. Hotta, S. Kakoi, S. Yasuda, Y. Shimizu, A. Hayakawa, H. Mishima, C. Hasegawa, S. Ito, K. Ogawa, Y. Yagi, H. Koyama, T. Tanaka, H. Kato, S.Takahashi, T. Joh.
Internal Medicine      2018年   [査読有り]
Koyama H, Tanaka T, Imaeda K
BMJ case reports   2017    2017年8月   [査読有り]
Nakayama Y, Masuda Y, Ohta H, Tanaka T, Washida M, Nabeshima YI, Miyake A, Itoh N, Konishi M
Scientific reports   7(1) 330   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
Omics-based molecular pathology of the hypothalamus in murine models of obesity
Kyoto Conferebce of Young Lions in Obesity Research      2015年10月
遺伝性肥満ob/obマウスと高脂肪食による肥満マウスの視床下部リピドームの比較
田中智洋、園山拓洋、井上雅文、里見佳典、荻野洋平、Tingting Guo、中尾一和
第36回日本肥満学会(名古屋)      2015年10月
脂質恒常性制御における肝細胞のβKlothoの役割
田中 智洋、小林加奈子、鷲田美和、鍋島陽一
第88回日本内分泌学会学術総会      2015年4月
脂質恒常性におけるβKlotho依存的胆汁酸制御の意義
小林加奈子、田中 智洋
第4回Metabolism Scientific Forum      2014年12月
体重と脂質恒常性におけるβ-Klotho依存性胆汁酸制御の意義
小林加奈子、田中智洋、鷲田美和、鍋島陽一
第35回日本肥満学会      2014年10月
高脂肪食負荷マウス視床下部弓状核のトランスクリプトーム解析
園山拓洋、田中智洋、沢田啓、井上雅文、城孝尚、河野裕翔、中尾一和
第87回日本内分泌学会学術総会      2014年4月
マウス視床下部におけるFGF15・FGF受容体の発現解析
河野裕翔、田中智洋、園山拓洋、井上雅文、城孝尚、中尾一和
第34回日本肥満学会      2013年10月
血中脂質レベルと体重の制御における肝臓・肝臓外のβ-Klothoの役割
小林加奈子、田中智洋、鍋島陽一
第34回日本肥満学会      2013年10月
ベータクロトーによる代謝制御の全貌解明を目指して
田中 智洋
第1回 AAA (Academy of Aging and Cardiovascular-Diabetes Research)      2013年6月
生活習慣病におけるβKlothoの意義 -脂質代謝に着目した新たな展開-
田中 智洋、鍋島陽一
第14回 糖尿病と生活習慣病治療研究会      2013年6月
脂肪細胞におけるβKlotho機能の探索
田中 智洋
THE 4th Brainstorming Medical Conference(東京)      2012年   [査読有り]
βKlotho結合分子の同定と脂肪細胞機能制御における意義の探索
田中 智洋
第32回日本肥満学会(淡路島)      2011年   [査読有り]
βKlothoによる代謝制御の全貌解明を目指して
田中 智洋
第1回Metabolism Scientific Forum(東京)      2011年   [査読有り]
脂肪細胞によるエネルギー代謝のセンシング&コントロール -その分子機構の解明を目指して-
田中 智洋
Cardiovascular Diabetology Conference 第6回学術集会(山口)      2009年   [査読有り]
Distinct Roles of Intra-and Extrahepatic β-Klotho in Regulating Plasma Triglyceride Level and Body Weight in Mice
田中 智洋
International Congress of Endocrinology,Chicago      2014年6月

書籍等出版物

 
こんな時どうすれば? 内分泌・脂質・尿酸コンサルタント
今枝憲郎、田中智洋 (担当:分担執筆, 範囲:コンサルト28 二次性高血圧はどのような症例で疑えばよいですか?)
2018年   
Q&A 生活習慣病の科学Neo
田中 智洋 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 肥満症、第2章 糖尿病、第6章 肝臓病)
京都大学学術出版会   2016年   
第7章 肥満症とやせ 摂食調節
田中 智洋 (担当:分担執筆)
診断と治療社 最新内分泌代謝学   2013年   
第5章 レプチンのトランスレーショナルサイエンス-レプチンの実用化に向けて- 1)レプチンの発見―意義とその特徴
田中 智洋 (担当:分担執筆)
メタボリックシンドロームシリーズ レプチンのトランスレーショナルサイエンス メタボリックシンドロームの治療戦略   2012年   
第Ⅶ章 内分泌・代謝 フレーリッヒ症候群症候群
田中 智洋 (担当:分担執筆)
中山書店 症候群ハンドブック   2011年   
肥満の遺伝素因(共著)
田中 智洋
カラー版糖尿病学 基礎と臨床(西村書店),第3章第6節p453-459   2007年   
内臓肥満と代謝症候群(共著)
田中 智洋
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)(メディカルレビュー社),pp27-30   2005年   
UCP1~3,beta3AR, leptin –エネルギー消費系を担う遺伝子と糖尿病-(共著)
田中 智洋
糖尿病カレントライブラリー 糖尿病と遺伝子(文光堂),④pp168-174   2005年   

講演・口頭発表等

 
肥満症を克服して糖尿病の寛解をめざす
田中 智洋
DM治療を考える会 in春日井   2019年2月9日   
糖、脂質、そして肥満 メタボリックリスクの最上流に挑む
田中 智洋
2019年2月2日   
システム内分泌・代謝学の構築と実践を目指して
田中 智洋
第1回さくらやま代謝・糖尿病研究会   2019年1月24日   
源流に迫る糖尿病治療を目指して ―食欲中枢の分子病理学研究の進展―
田中 智洋
第8回Circulation Forum in Hiroshima   2019年1月19日   
肥満症を克服して糖尿病の寛解を目指す
田中 智洋
2019年1月17日   

競争的資金等の研究課題

 
代謝異常とエイジングを結ぶ新たな分子機序の解明-Klotho研究からのアプローチ
研究期間: 2008年 - 2010年
メタボリックシンドローム病態における脂肪細胞―脳シグナル伝達破綻の分子メカニズム
研究期間: 2006年 - 2007年

特許

 
メタボリックシンドローム予防又は治療薬
特開2007-112720(P2007-112720A)