水島 朋則

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/08 04:18
 
アバター
研究者氏名
水島 朋則
学位
博士(法学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2006年4月
 - 
2007年3月
神戸学院大学法学部助教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
名古屋大学大学院法学研究科准教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
名古屋大学法政国際教育協力研究センター准教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
名古屋大学法政国際教育協力研究センター教授
 

Misc

 
日米安保条約に基づく米軍の活動に関する私人の請求の処理について——第3次嘉手納基地訴訟第1審判決を素材として——
水島朋則
国際人権   (29) 18-22   2018年10月
日本における行政取極の法的位置づけについて——国際法学徒による公法学への貢献の試み——
水島朋則
法政論集   (277) 3-29   2018年3月
WTO加盟国としてのベトナム——2013年の第1回貿易政策検討会合を素材として——
水島朋則
法政論集   (272) 83-99   2017年3月
Domestic Courts as Compliance Enforcers
MIZUSHIMA Tomonori
Photini Pazartzis and Maria Gavouneli (eds), Reconceptualising the Rule of Law in Global Governance, Resources, Investment and Trade (Hart Publishing)   19-29   2016年5月   [査読有り]
"L'Etat situe" in the Context of the Accession of Developing Countries to the WTO
Tomonori MIZUSHIMA
Shotaro Hamamoto, Hironobu Sakai and Akiho Shibata (eds), "L'etre Situe", Effectiveness and Purposes of International Law: Essays in Honour of Professor Ryuichi Ida (Brill)   23-36   2015年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
主権免除の国際法
水島朋則
名古屋大学出版会   2012年12月   ISBN:9784815807160
玉田大, 水島朋則, 山田卓平 (担当:共著, 範囲:「主体」、「国家の主権」、「海洋、南極、空、宇宙」、「刑事」)
有斐閣   2017年9月   ISBN:9784641150454

講演・口頭発表等

 
外国に対する私人の請求の処理に関する国際法の観点から見た嘉手納基地訴訟
水島朋則
国際人権法学会第29回(2017年度)研究大会   2017年11月25日   国際人権法学会
War Crimes, Crimes against Humanity and State Immunity: Some Remarks about Germany v. Italy (ICJ, 2012) and the Judgment of the Italian Constitutional Court (2014)
水島朋則
アジア国際法学会日本協会第6回研究大会   2015年6月14日   
International/Transnational Law-Making Process concerning the Jurisdiction of a State over Works of Art Loaned from Abroad: Implications of "Treasured Masterpieces from Taipei"
MIZUSHIMA Tomonori
2015 ILA-ASIL Asia-Pacific Research Forum, "Integrating the Asia-Pacific: Why International Law Matters?"   2015年5月26日   
The Role of the State after an Award Is Rendered in Investor-State Arbitration
Tomonori Mizushima
"The Role of the State in Investor-State Arbitration"   2013年11月8日   World Trade Institute, University of Bern
日本の裁判所による国際法の適用について
水島朋則
国際法学会2013年度研究大会   2013年10月12日   国際法学会

Works

 
ヨーロッパ人権条約の解釈における国家免除等の国際法規則の考慮――オレイニコフ判決――、テロリスト容疑者に対する不公正な裁判による死刑判決——オジャラン判決——
その他   2019年3月
米軍嘉手納基地の騒音と主権免除(那覇地裁沖縄支部平成29年2月9日判決)
その他   2018年4月
在日米軍には日本の法律は及ばない?——外国軍の駐留に関する地位協定
その他   2016年12月
国家の主権と管轄権
その他   2016年4月
欧州における「過去の克服」の現在――独伊戦後賠償に関わる国際司法裁判所判決の履行を違憲とするイタリア憲法裁判所判決を素材として
その他   2015年9月