山口 賀章

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 15:23
 
アバター
研究者氏名
山口 賀章
 
ヤマグチ ヨシアキ
所属
京都大学
部署
大学院薬学研究科 薬学研究科 医薬創成情報科学専攻
職名
講師
学位
博士(生命科学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0003-4126-542X

プロフィール

概日時計の中枢である視交叉上核が担う生理機能を、分子のレベルから研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会特別研究員DC1(京都大学生命科学研究科)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会海外特別研究員(米国ソーク研究所)
 
2004年4月
 - 
2007年10月
リサーチアソシエイト(米国ソーク研究所)
 
2007年11月
 - 
2018年7月
京都大学大学院 薬学研究科 助教
 
2018年8月
 - 
現在
京都大学大学院 薬学研究科 講師
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
京都大学 薬学部 薬学科
 
1999年4月
 - 
2004年3月
京都大学大学院 生命科学研究科 高次生命科学専攻
 

受賞

 
2017年5月
日本生化学会近畿支部 平成29年度日本生化学会近畿支部奨励賞受賞 概日時計の頑強性を担う視交叉上核の分子神経シグナル
 
2015年1月
日本薬学会近畿支部 平成26年度日本薬学会近畿支部奨励賞受賞 時差消失マウスの開発による概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明
 
2014年9月
日本神経科学学会 平成26年度日本神経科学学会奨励賞受賞 時差消失マウスの開発による時差の神経分子シグナルの研究
 

論文

 
Yamaguchi Y, Okamura H
iScience   5 118-122   2018年7月   [査読有り]
山口 賀章
ファルマシア   54(3) 255   2018年   [査読有り]
Chen Y, Yamaguchi Y, Suzuki T, Doi M, Okamura H.
Acta Histochem Cytochem   51(2) 73-80   2018年   [査読有り]
Ito K, Yasuda M, Maeda Y, Fustin J. M, Yamaguchi Y, Kono Y, Negoro H, Kanematsu A, Ogawa O, Doi M, Okamura H.
Biomed Res   39(2) 57-63   2018年   [査読有り]
Yamaguchi Y.
Neuroscience Research   129 57-61   2018年   [査読有り]
Chao H. W, Doi M, Fustin J. M, Chen H, Murase K, Maeda Y, Hayashi H, Tanaka R, Sugawa M, Mizukuchi N, Yamaguchi Y, Yasunaga J. I, Matsuoka M, Sakai M, Matsumoto M, Hamada S, Okamura H.
Nat Commun   8(1) 2238   2017年   [査読有り]
Dojo K, Yamaguchi Y, Fustin J. M, Doi M, Kobayashi M, Okamura H.
Journal of Biological Rhythms   32(2) 101-108   2017年   [査読有り]
Kori H, Yamaguchi Y, Okamura H.
Sci Rep   7 46702   2017年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Okada K, Mizuno T, Ota T, Yamada H, Doi M, Kobayashi M, Tei H, Shigeyoshi Y, Okamura H.
Journal of Biological Rhythms   31(1) 108-11   2016年   [査読有り]
山口 賀章
薬学雑誌   135(11) 1265-1272   2015年   [査読有り]
岡村 均, 山口 賀章
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌   2015 143-151   2015年   [査読有り]
山口 賀章, 岡村 均
医学のあゆみ   250(13) 1195-1196   2014年   [査読有り]
山口 賀章, 岡村 均
生化学   86(5) 687-692   2014年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Okamura H.
Seikagaku. Journal of Japanese Biochemical Society   86(5) 687-92   2014年   [査読有り]
Suehiro K, Nakamura Y, Xu S, Uda Y, Matsumura T, Yamaguchi Y, Okamura H, Yamashita T, Takei Y.
Sci Rep   4 4972   2014年   [査読有り]
山口 賀章, 岡村 均
日本臨床   71(増刊5 最新臨床睡眠学) 705-710   2013年   [査読有り]
山口 賀章, 岡村 均
BIO Clinica   28(14) 1319-1324   2013年   [査読有り]
Fustin J. M, Doi M, Yamaguchi Y, Hida H, Nishimura S, Yoshida M, Isagawa T, Morioka M. S, Kakeya H, Manabe I, Okamura H.
Cell   155(4) 793-806   2013年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Suzuki T, Mizoro Y, Kori H, Okada K, Chen Y, Fustin J. M, Yamazaki F, Mizuguchi N, Zhang J, Dong X, Tsujimoto G, Okuno Y, Doi M, Okamura H.
Science   342(6154) 85-90   2013年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Okamura H.
Nihon Rinsho   70(7) 1115-20   2012年   [査読有り]
Sato M, Mizoro Y, Atobe Y, Fujimoto Y, Yamaguchi Y, Fustin J. M, Doi M, Okamura H.
Journal of Comparative Neurology   519(9) 1770-80   2011年   [査読有り]
Okamura H, Doi M, Yamaguchi Y, Fustin J. M.
Curr Hypertens Rep   13(2) 103-8   2011年   [査読有り]
Doi M, Ishida A, Miyake A, Sato M, Komatsu R, Yamazaki F, Kimura I, Tsuchiya S, Kori H, Seo K, Yamaguchi Y, Matsuo M, Fustin J. M, Tanaka R, Santo Y, Yamada H, Takahashi Y, Araki M, Nakao K, Aizawa S, Kobayashi M, Obrietan K, Tsujimoto G, Okamura H.
Nat Commun   2 327   2011年   [査読有り]
Tanaka R, Tainaka M, Ota T, Mizuguchi N, Kato H, Urabe S, Chen Y, Fustin J. M, Yamaguchi Y, Doi M, Hamada S, Okamura H.
Journal of Histochemistry and Cytochemistry   59(8) 791-8   2011年   [査読有り]
山口 賀章, 岡村 均
Q&Aでわかる肥満と糖尿病   9(2) 197-199   2010年   [査読有り]
Okamura H, Doi M, Fustin J. M, Yamaguchi Y, Matsuo M.
Advanced Drug Delivery Reviews   62(9-10) 876-84   2010年   [査読有り]
Mizoro Y, Yamaguchi Y, Kitazawa R, Yamada H, Matsuo M, Fustin J. M, Doi M, Okamura H.
PLoS One   5(6) e10951   2010年   [査読有り]
Tanioka M, Yamada H, Doi M, Bando H, Yamaguchi Y, Nishigori C, Okamura H.
J Invest Dermatol   129(5) 1225-31   2009年   [査読有り]
Nishinaga Hiromi, Komatsu Rie, Doi Masao, Fustin Jean-Michel, Yamada Hiroyuki, Okura Ryusuke, Yamaguchi Yoshiaki, Matsuo Masahiro, Emoto Noriaki, Okamura Hitoshi
Biomedical Research-Tokyo   30(2) 87-93   2009年   [査読有り]
山口 賀章
バイオテクノロジージャーナル   7(1) 70-73   2007年   [査読有り]
Tan E. M, Yamaguchi Y, Horwitz G. D, Gosgnach S, Lein E. S, Goulding M, Albright T. D, Callaway E. M.
Neuron   51(2) 157-70   2006年   [査読有り]
Yamazaki J, Katoh H, Yamaguchi Y, Negishi M.
Biochem Biophys Res Commun   332(3) 782-6   2005年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Katoh H, Negishi M.
J Biol Chem   278(17) 14936-9   2003年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Katoh H, Mori K, Negishi M.
Curr Biol   12(15) 1353-8   2002年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Katoh H, Yasui H, Mori K, Negishi M.
J Biol Chem   276(22) 18977-83   2001年   [査読有り]
Yasui H, Katoh H, Yamaguchi Y, Aoki J, Fujita H, Mori K, Negishi M.
J Biol Chem   276(18) 15298-305   2001年   [査読有り]
Katoh H, Yasui H, Yamaguchi Y, Aoki J, Fujita H, Mori K, Negishi M.
Mol Cell Biol   20(19) 7378-87   2000年   [査読有り]
Fujita H, Katoh H, Hasegawa H, Yasui H, Aoki J, Yamaguchi Y, Negishi M.
Biochem J   346 Pt 3 617-22   2000年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Katoh H, Yasui H, Aoki J, Nakamura K, Negishi M.
J Neurochem   75(2) 708-17   2000年   [査読有り]
Hasegawa H, Katoh H, Yamaguchi Y, Nakamura K, Futakawa S, Negishi M.
FEBS Lett   473(1) 76-80   2000年   [査読有り]
Aoki J, Katoh H, Yasui H, Yamaguchi Y, Nakamura K, Hasegawa H, Ichikawa A, Negishi M.
Biochem J   340 ( Pt 2) 365-9   1999年   [査読有り]
Katoh H, Aoki J, Yamaguchi Y, Kitano Y, Ichikawa A, Negishi M.
J Biol Chem   273(44) 28700-7   1998年   [査読有り]

Misc

 
Circadian Regulation of Behavior, Physiology and Metabolism 時差を担う視交叉上核バソプレッシンV1a、V1b受容体
山口 賀章, 岡村 均
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   16回 101-101   2016年6月
山口 賀章
薬学雑誌   135(11) 1265-1272   2015年11月
概日リズムは、地球の自転によって従属的に形成されるものではなく、視床下部の視交叉上核(SCN)が自律的に駆動するものである。SCNのみを生体より取り出して切片培養条件下にし、SCN外からの入力を遮断した場合であっても、SCNは何ヵ月にもわたって概日リズムを示す。このリズム頑強性がSCNの中枢時計たる所以である。環境の明暗時計時間を変動させる時差実験により概日リズムを破綻させることで、概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明を試み、その結果について述べた。
山口賀章, 岡村均
日本内分泌学会雑誌   91(2) 516-516   2015年9月
視交叉上核バソプレッシン受容体の細胞概日振動における役割
山口 賀章, 溝曽路 祥孝, 郡 宏, 岡村 均
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1T18-14(1P1299)]   2015年12月
山口賀章, 岡村均
生化学   86(5) 687-692   2014年10月
バソプレッシン受容体欠損マウスにおける時差環境下の摂食・飲水リズムは瞬時に再同調する
水野 貴暢, 鈴木 暢, 山口 賀章, 岡村 均
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P1303]-[1P1303]   2015年12月
岡村均, 山口賀章
Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌   2015 143-151   2015年1月
山口賀章, 山口賀章, 岡村均, 岡村均
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   16th 101   2016年
内分泌 基礎分野での進歩 脳内バソプレッシンと時差
岡村 均, 山口 賀章
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌   2015 143-151   2015年1月
バソプレッシンはホルモンとしての抗利尿作用だけでなく,脳内では神経細胞間の伝達を介して脳機能をも調節する.その一つに生体リズムの産生機能がある.近年,交代性勤務や長時間労働が常態化し,我々は生体リズムが破壊された時差環境下での生活が余儀なくされ,これによる生活習慣病のリスクが懸念されている.最近我々は,脳内バソプレッシンが時差形成に必須であることを明らかにした.すなわち,バソプレッシンV1a受容体およびV1b受容体の両者が欠損したマウスでは,時差が全くなくなること,また,遺伝学的に正常なマ...
岡村均, 山口賀章
遺伝子医学MOOK   (26) 54-60,6-7   2014年11月
【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第1章)神経細胞内病態と脳内環境 時差の分子機構とその治療
岡村 均, 山口 賀章
遺伝子医学MOOK   (26) 54-60   2014年11月
時差は,体内時計が容易に海外の現地時間にリセットされず,両者が不一致となるために起こる。今回,この不一致の神経生理機構とそれを裏打ちする分子機構が明らかとなった。驚くべきことに,時差では体内時計の中枢である視交叉上核の時計が止まり,これが回復するとともに時差が解消された。同時に,時差の分子機構の中枢を担っているのがバソプレッシンおよびそのV1a受容体とV1b受容体であることが解明され,その拮抗薬が時差解消に効果があった。時差は,近年急増するシフトワークによる生活習慣病の病因としても注目され...
岡村 均, 山口 賀章
Annual review. 糖尿病・代謝・内分泌   143-151   2015年
行動・睡眠リズムを支配する体内時計の分子機構とその創薬標的としての可能性 視交叉上核におけるバソプレッシンとその受容体であるV1a/V1bのシグナルによる細胞内情報伝達は時差ボケに重要な役割を果たす(Intercellular communication by vasopressin-V1a/V1b signaling in the suprachiasmatic nucleus has a key role in jet lag)
山口 賀章, 岡村 均
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [4S08a-6]   2014年10月
山口賀章, 岡村均
医学のあゆみ   250(13) 1195-1196   2014年9月
山口賀章, 岡村均
日本内分泌学会雑誌   90(2) 585   2014年9月
神経内科学 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か
山口 賀章, 岡村 均
医学のあゆみ   250(13) 1195-1196   2014年9月
体内時計と神経内分泌 概日リズム形成におけるバゾプレシンV1a、V1b受容体の役割
山口 賀章, 岡村 均
日本内分泌学会雑誌   90(2) 585-585   2014年9月
山口賀章, 岡村均
Bio Clin   28(14) 1319-1324   2013年12月
【代謝内分泌神経ネットワーク】 生物時計と臓器ネットワーク 時差の体内機構
山口 賀章, 岡村 均
BIO Clinica   28(14) 1319-1324   2013年12月
睡眠覚醒や血圧など様々な生理機能に概日リズムが認められるが、それらは全て、視床下部にある視交叉上核(Suprachiasmatic Nucleus:SCN)により形成される。SCNの時刻シグナルは、神経伝達やホルモン等の液性因子を介して、数十兆個にもおよぶ全身の個々の末梢臓器に伝達され、そこで発振する末梢時計を調律する。最近、我々はSCNの分子時間生物学研究から、時差症状を示さないマウスの開発に成功した。本稿においては、時差の体内機構を中枢・末梢臓器の時間ネットワークの観点から述べる。(著...
山口賀章, 溝曽路祥孝, 郡宏, 鈴木暢, 岡村均
時間生物学   19(2) 171   2013年10月
鈴木暢, 山口賀章, 岡村均
時間生物学   19(2) 161   2013年10月
山口賀章, 岡村均
時間生物学   19(2) 135   2013年10月
山口 賀章
バイオテクノロジージャーナル   7(1) 70-73   2007年1月
山口賀章, 岡村均
日本臨床   71 705-710   2013年10月
【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 特論 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構
山口 賀章, 岡村 均
日本臨床   71(増刊5 最新臨床睡眠学) 705-710   2013年10月
山口賀章, 岡村均
日本臨床   70(7) 1115-1120   2012年7月
【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構
山口 賀章, 岡村 均
日本臨床   70(7) 1115-1120   2012年7月
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学
日本神経科学大会プログラム・抄録集   24th(2-3) 254-310   2001年9月
【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第1章)ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 概日リズムの分子機構と創薬
山口 賀章, 岡村 均
遺伝子医学MOOK   (20) 47-51   2012年1月
生体は,主体的な生物時計をもつ。これにより,われわれは生理現象の1日周期のリズム,概日リズムをコントロールしている。概日リズムは全身の個々の細胞が発現する,時計遺伝子の転写と翻訳を介したフィードバックループ機構をもとに生み出される。この全身の細胞時計を調律・統括し,生体としてのリズムを生み出すのはMaster Clockとして知られる脳の視交叉上核である。最近の研究により,生体リズムの異常が睡眠障害のみならず高血圧・循環器疾患,脂肪代謝異常さらには糖尿病など生活習慣病の原因となりうることが...
精神神経疾患と生体リズム 精神神経疾患モデルマウスと体内時計
岡村 均, 山口 賀章, 田井中 元美
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   21回・41回 87-87   2011年10月
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学
生化学   73(8) 863-863   2001年8月
岡村均, 山口賀章, 田井中元美
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   21st-41st 87   2011年
山口賀章
かなえ医薬振興財団研究業績集(Web)   40th 31 (WEB ONLY)   2011年
溝曽路祥孝, 山口賀章, 岡村均
時間生物学   16(2) 89   2010年10月
視交叉上核におけるAMPA受容体の活性化は位相依存的に概日リズムの位相をシフトさせる(AMPA receptor activation in the suprachiasmatic nucleus induces phase-dependent phase-shifts of the circadian rhythms)
溝曽路 祥孝, 山口 賀章, 岡村 均
神経化学   49(2-3) 568-568   2010年8月
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学
生化学   72(8) 910-910   2000年8月
山口賀章, 岡村均
肥満と糖尿病   9(2) 197-199   2010年3月
【季節変動と日内変動】 体内時計とは? 体内時計について教えてください
山口 賀章, 岡村 均
Q&Aでわかる肥満と糖尿病   9(2) 197-199   2010年3月
バイオテクノロジージャーナル 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発
羊土社   第7巻、第1号    2007年
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学
日本神経科学大会プログラム・抄録集   25th 136   2002年7月
YAMAGUCHI Y, KATOH H, NEGISHI M
Journal of Biological Chemistry   278(17) 14936-14939   2003年
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学
神経化学   40(2/3) 310   2001年9月
Galpha(12) and Galpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity (共著)
Current Biology   vol. 12 pp 1353-1358    2002年
三量体G蛋白質から低分子量G蛋白質へのシグナル伝達 Rho-Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用
根岸 学, 山口 賀章, 加藤 裕教
日本細胞生物学会大会講演要旨集   54回 13-13   2001年5月
根岸学, 山口賀章, 加藤裕教
日本細胞生物学会大会講演要旨集   54th 13   2001年
根岸学, 山口賀章, 加藤裕教
生化学   72(8) 670   2000年8月
プロスタグランジンEP3受容体によるRhoを介した神経突起の退縮を調節するシグナル伝達経路
青木 純子, 加藤 裕教, 山口 賀章, 根岸 学
生化学   71(8) 1062-1062   1999年8月
加藤裕教, 青木純子, 山口賀章, 安井秀一, 根岸学
日本神経科学大会プログラム・抄録集   22nd 289   1999年7月

書籍等出版物

 
バイオテクノロジージャーナル 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発
山口 賀章
羊土社   2007年1月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 山口 賀章
食塩感受性高血圧における視床下部のアルドステロン合成酵素の機能探索
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 山口 賀章
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 山口 賀章
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 山口 賀章
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 山口 賀章
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 山口 賀章
時差症状は、体内時計と外界時計の位相の乖離により生じる。私達は、バソプレッシン(AVP)受容体であるV1aおよびV1bを共に欠損したマウス(V1aV1bDKOマウス)では、時差環境下でも行動や時計遺伝子発現のリズムが即座に再同調し、時差症状を示さないことを見出した。視交叉上核(SCN)の切片培養を用いた検討から、V1aとV1bを介した神経細胞間結合は、外界からのリズム撹乱因子に対して抵抗性を持つと考えられた。野生型マウスのSCNにV1aおよびV1bの拮抗剤を投与すると時差症状が改善された。...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 山口 賀章
私達は、体内に約24時間周期の時計を持つ。この体内時計は、ホルモン分泌、血圧、体温、代謝等のリズムを制御する。しかし、体内時計の周期は完全に24時間ではない。そのため日々、地球の自転に伴う24時間周期の明暗リズムに、自身の体内時計を合わせる必要がある。本研究において、私は、グルタミン酸受容体であるAMPA型受容体を活性化させると、マウスの概日行動の位相を変化させうることを見出した。この成果を元に、種々の睡眠障害の改善や、夜間労働者の疾病への羅漢予防に発展させたい。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山口 賀章
46億年間、地球は自転し昼と夜を生み出し続けた。その結果、生物は約24時間の概日リズム、体内時計を獲得した。私達はこの体内時計のおかげで睡眠、血圧、体温、食餌のリズムをコントロールできる。体内時計の中枢は脳の視交叉上核(suprachiasmatic nucleus: SCN)であり、SCNは「同調機能」と「発振機能」を持つ。SCNは機能形態学的に腹外側部(VL)と背内側部(DM)に分けられるが、これらの領域が同調機能と発振機能においてどのような役割を担っているかはほとんど不明である。今回...