野田 泰三

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 05:18
 
アバター
研究者氏名
野田 泰三
所属
京都橘大学
部署
文学部歴史学科
職名
教授

研究分野

 
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本古文書学会理事
 
2014年11月
 - 
現在
賀茂別雷神社史料編纂委員
 
2011年7月
 - 
現在
新修摂津市史編纂委員
 
1998年1月
 - 
現在
姫路市史編集特別執筆者
 

論文

 
東山殿足利義政の政治的位置付けをめぐって
日本史研究   (399)    1995年11月   [査読有り]
享禄・天文年間の鹿王院住持職相論
京都府教育委員会編
鹿王院文書目録      1997年3月
戦国期の東寺と権力-義晴・義維政権並立期の東寺の対応をめぐって-
日本国家の史的特質 古代・中世(大山喬平教授退官記念会編)      1997年5月
西岡国人土豪と三好氏-三好長慶政権成立の前提-
東寺文書にみる中世社会(東寺文書研究会編)      1999年5月
戦国期における守護・守護代・国人
日本史研究   (464)    2001年4月

Misc

 
播磨国衆・小寺氏
姫路城主「名家のルーツ」を探る(播磨学研究所編)      2012年7月
了以以前の角倉氏と嵯峨地域
京都光華女子大学研究紀要   (51)    2013年12月

書籍等出版物

 
鹿王院文書目録
京都府教育委員会   1997年3月   
小野市史 第4巻・史料編Ⅰ
1997年10月   
小野市史 第5巻・史料編Ⅱ
1998年10月   
小野市史 第1巻・本編Ⅰ
2001年1月   
城陽市史 第1巻
2002年1月   

講演・口頭発表等

 
大部荘と武家-室町時代を中心に
南カリフォルニア大学国際シンポジウム「荘園制を再考する:中世日本の社会と経済」   2012年6月   
戦国期における〈礼の秩序〉
プリンストン大学国際フォーラム“Pieces of Sengoku”   2009年4月25日   
戦国期における守護・守護代・国人
日本史研究会大会(関連報告)   2000年11月19日   

Works

 
滋賀県中世城郭分布調査7
その他   1990年3月
播磨国大部荘現況調査報告書Ⅰ
その他   1991年3月
滋賀県中世城郭分布調査8
その他   1991年3月
滋賀県中世城郭分布調査9
その他   1992年3月
播磨国大部荘現況調査報告書Ⅲ
その他   1993年3月

競争的資金等の研究課題

 
共同研究「洛西の文化資源」
京都府立京都学・歴彩館: 
研究期間: 2018年4月 - 現在
中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2015年4月 - 現在
中近世移行期における賀茂別雷神社および京都地域の政治的・構造的分析研究
学術振興会: 基盤研究B一般
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月
戦国期三好氏権力の基礎的研究
日本学術振興会: 基盤研究C2
研究期間: 2003年4月 - 2007年3月
中世寺院における内部集団史料の調査・研究
日本学術振興会: 基盤研究B2
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月