安部 浩

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/23 15:10
 
アバター
研究者氏名
安部 浩
 
アベ ヒロシ
所属
京都大学
部署
大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 思想文化論講座
職名
教授
学位
博士(人間・環境学)(京都大学), 修士(人間・環境学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
京都大学 大学院人間・環境学研究科 教授
 
2006年4月
 - 
2016年3月
京都大学 大学院人間・環境学研究所 准教授
 
2011年4月
 - 
2012年7月
Alexander von Humboldt財団 奨学研究員
 
2003年5月
 - 
2006年3月
総合地球環境学研究所 研究部 助手
 
2000年4月
 - 
2003年4月
京都大学 大学院人間・環境学研究科 助手
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1999年3月
京都大学 大学院人間・環境学研究科 人間・環境学専攻
 
1990年4月
 - 
1993年3月
京都大学 文学部 哲学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
ハイデガー・フォーラム  代表
 
 
 - 
現在
日本現象学会  委員・国際交流委員会長
 
 
 - 
現在
関西哲学会  委員・編集委員
 

受賞

 
2017年6月
ドイツ連邦共和国 ジーボルト賞
 

論文

 
A ‘Cosmopolis’ as the Foundation for Understanding Cultural Differences
安部 浩
Neuroscience and Biomedical Engineering   4(3) 169-173   2017年1月   [査読有り][招待有り]
Ist die Welt sinnlos? –– Leibniz und Jonas
安部 浩
Giornale Critico di Storia delle Idee   14 113-122   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Nishida und Heidegger über das Selbstsein
安部 浩
Kitaro Nishida in der Philosophie des 20. Jahrhundert, ed. by R. Elberfeld and Y. Arisaka (Karl Alber)   294-312   2014年   [査読有り][招待有り]
From Symbiosis (kyosei) to the Ontology of 'Arising both from Onself and from Another' (gusho)
安部 浩
Environmental Philosophy in Asian Tradition of Thought, ed. by J. B. Callicott and J. McRae (SUNY Press)   315-336   2014年   [査読有り][招待有り]
Umweltethik im modernen Japan
安部 浩
Begriff und Bild der modernen japanischen Philosophie, ed. by R. C. Steineck, E. L. Lange and P. Kaufmann (Frommen-Holzboog)   299-315   2014年   [査読有り][招待有り]
責任から科学技術へ
安部 浩
ハイデガー・フォーラム編「Heidegger-Forum」   Vol. 7 22-39   2013年   [査読有り][招待有り]
Thinking as intense as Silence. Spivak wins Kyoto Prize 2012 (tr. in Hungarian by K. Fenyvesi)
安部 浩
Kalligram Journal (Kalligram)   November 2012 56-57   2012年11月   [査読有り][招待有り]
時間性ーハイデガーとカント
安部 浩
宮原勇編『『存在と時間』を学ぶ人のために』、世界思想社   84-105   2012年   [査読有り][招待有り]
「賢明な利用」と環境倫理学
安部 浩
湯本貴和他編『シリーズ「日本列島の三万五千年・人と自然の環境史」1・環境史とは何か』、文一総合出版   159-175   2011年   [査読有り][招待有り]
「地球環境学の構想と予防原則の形而上学的基礎づけ一Hヨナスの 「未来の倫理学」の一解釈」
安部浩
日独文化研究所編『文明と哲学』創刊号、灯影舎   138-152   2008年   [査読有り][招待有り]
Global Environmental Studies, Precautionary Principle and Homo Respondens
安部 浩
SANSAI (Kyoto University Graduate School of Global Environmental Studies)   3 105-115   2008年   [査読有り][招待有り]
天台本覚論と神-「草木国土悉皆成仏思想の成立根拠に関する私論
安部 浩
『人間存在論』刊行会編(京都大学大学院人間・環境学研究科、総合人間学部、大学院地球環境学堂)『人間存在論』第11号、361-373頁      2005年   [査読有り]
「共生から共生の存在論へ」
安部浩
竹市明弘他編『哲学は何を問うべきか』晃洋書房、63-89 頁      2005年   [査読有り]
現象学と気分―ハイデガーの「現」の究明
安部浩
理想社編『理想』第667号、79-91 頁      2001年   [査読有り]
哲学教育の将来について
安部浩
関西哲学会編『アルケー』第9 号、121-131頁      2001年   [査読有り]

Misc

 
科学技術と責任
安部浩
京都ヘーゲル読書会、京大会館、2009 年 7 月5 日      2009年   [査読有り]
責任から科学技術へーそして科学技術から責任へ
安部 浩
ハイデガーフォーラム、東北大学、2012年9月15日   

書籍等出版物

 
Heidegger-Handbook 2
安部 浩 (担当:共編者)
(in Japanese) Hosei University Press   2016年5月   
続・ハイデガー読本
安部 浩 (担当:共編者)
法政大学出版局   2016年5月   
ハイデガー読本
安部 浩 (担当:共編者)
法政大学出版局   2014年   
知を愛する者と疑う心ー懐疑論八章
安部 浩 (担当:共編者)
晃洋書房   2008年2月   
京都学派の遺産- 生と死と環境
安部浩 (担当:共著, 範囲:71-119頁)
(小川侃編)晃洋書房   2008年   

講演・口頭発表等

 
Being Japanese in Light of the ‘I-Novel’ (Shishôsetsu) [招待有り]
安部 浩
University of Macau, Macau, China   2017年4月28日   
私の授業 [招待有り]
安部 浩
2016年度京都大学新任教員教育セミナー(京都大学)   2016年9月1日   
Schelling und Spinoza über menschliche Freiheit [招待有り]
安部 浩
1. Workshop des DFG-Projekts “Schellings Philosophie der menschlichen Freiheit”: Methode und System in Schellings Freiheitsschrift (Carl Friedrich von Siemens Foundation, Munich, Germany)   2016年7月21日   
Why do we owe a duty to future generations? [招待有り]
安部 浩
The 7th Future Earth in Asia Seminar: Including Future Generations in Discussions on Sustainability (Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto, Japan)   2016年3月25日   
What is Intergenerational Responsibility?
安部 浩
International Conference: Nature Time Responsibility 2 (Kyoto University, Kyoto, Japan)   2016年3月12日   
Santouka Taneda. Ein Künstler im Zeitalter des Ge-stells [招待有り]
安部 浩
Deutsch-Japanisches Symposium zum 30. Jubiläumsjahr der Städtepartnerschaft Meßkirch-Kahokushi (Schloss Meßkirch, Meßkirch, Germany)   2015年9月5日   
Ist die Welt sinnlos? ― Leibniz und Jonas [招待有り]
安部 浩
Hans Jonas und die klassische Philosophie (Haus Erholung, Mönchengladbach, Germany)   2014年12月17日   
将来世代に関する責任について、そしてそれを超えてー人類存続の根拠への問:アーペル、パーフィット、ロック、ヨーナス [招待有り]
安部 浩
京都ヘーゲル読書会(於国際基督教大学)   2014年1月13日   
Ist Existenzphilosophie heute möglich?
安部 浩
Swiss-Kyoto-Symposium, Session "Existentialismus heute" (Zurich University, Zurich, Switzerland)   2013年11月22日   
The Groundwork for Protecting Nature― From a Japanese Point of view
安部 浩
Humboldt-Kolleg "Nature Time Responsibility" (Macau University, Macau, China)   2013年4月14日   
<我あり(sum)>の確実性ーフッサールとハイデガー [招待有り]
安部 浩
実存思想協会、フッサール研究会合同シンポジウム「フッサールとハイデガーの根本問題ー事実性をめぐって」(於大阪大学)   2013年3月22日   
Über zukunftsorientierte Verantwortung (Ludwig-Maximilian University, Munich, Germany) [招待有り]
安部 浩
2012年7月16日   
Nishida und Heidegger über das Selbstsein [招待有り]
安部 浩
Nishida Kitaro in der Philosophie des 20. Hundert (Hildesheim University, Hildesheim, Germany)   2011年9月7日   
A 'Cosmopolis' as the Foundation for Understanding Cultural Differences [招待有り]
ABE Hiroshi
The Fourth Meeting at the Gateway of the Balkans Interdisciplinary Conference: Chances of Cultural Differnces-The Ethics, Petics, and Politics of Borderless Hospitality (Pecs Cultural Centre, Pecs, Hungary)   2010年11月5日   
総合地球環境学と予防原則 [招待有り]
安部浩
第3回EHE ゼミナール、総合地球環境学研究所   2010年8月5日   総合地球環境学研究所
マニュアルなき操縦-「宇宙船地球号」における哲学の可能性 [招待有り]
京都大学東京フォーラム『宇宙船地球号の未来を考える-京都からの発信』(於東京會舘)   2009年12月9日   京都大学
The Civilization of Science and Technology for an Integrated System of Global Environmental Studies: An Interpretation of Hans Jonas's The Imperative of Responsibility [招待有り]
Abe, H.
The 9th Kyoto University International Symposium: Integrating Global Environmental Studies towards Human Security   2007年6月23日   

競争的資金等の研究課題

 
ハイデガーの哲学の研究
現象学的哲学の可能性の研究
環境問題の哲学的研究

社会貢献活動

 
西田幾多郎記念哲学館 夏期哲学講座講師(2016年度/2017年度)
【講師】
日独文化研究所評議員
【運営参加・支援】