築山 拓司

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/12 19:53
 
アバター
研究者氏名
築山 拓司
 
ツキヤマ タクジ
所属
近畿大学
部署
農学部 農業生産科学科
職名
准教授
学位
博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
吉備国際大学 地域創成農学部 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
近畿大学 農学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院 農学研究科 助教
 
2005年11月
 - 
2007年3月
京都大学大学院 農学研究科 助手
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
京都大学大学院 農学研究科 農学専攻 博士課程
 
1999年4月
 - 
2001年3月
京都大学大学院 農学研究科 農学専攻 修士課程
 
1994年4月
 - 
1998年3月
近畿大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
ナント種苗株式会社  組換えDNA実験安全委員会 外部学識経験者委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本育種学会  運営委員(集会)
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本育種学会  幹事
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本育種学会  幹事
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本育種学会  常任幹事
 

論文

 
Koide Y, Ogino A, Yoshikawa T, Kitashima Y, Saito N, Kanaoka Y, Onishi K, Yoshitake Y, Tsukiyama T, Saito H, Teraishi M, Yamagata Y, Uemura A, Takagi H, Hayashi Y, Abe T, Fukuta Y, Okumoto Y, Kanazawa A
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(9) E1955-E1962   2018年1月   [査読有り]
Kum R, Tsukiyama T, Inagaki H, Saito H, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T
Molecular Breeding   35 159   2015年7月   [査読有り]
Yoshitake Y, Yokoo T, Saito H, Tsukiyama T, Quan X, Zikihara K, Katsura H, Tokutomi S, Aboshi T, Mori N, Inoue H, Nishida H, Kohchi T, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T
Scientific reports   5 7709   2015年1月   [査読有り]
Phommalath S, Teraishi M, Yoshikawa T, Saito H, Tsukiyama T, Nakazaki T, Tanisaka T, Okumoto Y
Breeding science   64(4) 409-415   2014年12月   [査読有り]
Teramoto S, Tsukiyama T, Okumoto Y, Tanisaka T
PLoS genetics   10(6) e1004396   2014年6月   [査読有り]

Misc

 
西田昌弘, 白井利奈, 寺石政義, 築山拓司, 奥本裕
育種学研究   16 155   2014年9月
寺本翔太, 築山拓司, 谷坂隆俊, 奥本裕
育種学研究   16 239   2014年9月
KUM R., 築山拓司, 稲垣晴香, 谷坂隆俊, 奥本裕
育種学研究   16 129   2014年3月
浜本有希, 築山拓司, 清水顕史, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕
育種学研究   15 77   2013年10月
安田加奈子, 築山拓司, 齊藤大樹, 内藤健, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕
育種学研究   15 108   2013年10月

書籍等出版物

 
初めての酵素化学
築山 拓司 (担当:分担執筆, 範囲:第7章 酵素の遺伝子工学/第9章 酵素の作用ーキチナーゼー)
シーエムシー出版   2016年12月   

講演・口頭発表等

 
Transposon-mediated alternative splicing in the rice genome
Tsukiyama T, Kum R, Inagaki H, Saito H, Teraishi M, Okumoto Y, and Tanisaka T
International Symposium"Establishing Next-Generation Genetics"   2015年   
Loss-of-function of an ubiquitin-related modifier RURM1 promotes the mobilization of the active MITE mPing
Tsukiyama T, Teramoto S, Yasuda K, Horibata A, Mori N, Okumoto Y, Teraishi M, Saito H, Onishi A, Tamura K, and Tanisaka T
7th International Rice Genetic Symposium   2013年11月6日   
Utilization of active MITE mPing as a novel genetic tool for modification of stress response in rice [招待有り]
Yasuda K, Tsukiyama T, Saito H, Naito K, Teraishi M, Tanisaka T, and Okumoto Y
7th International Rice Genetic Symposium   2013年11月6日   
Gene expression analysis and characterization of rice (Oryza sativa L.) class II chitinase CHT11
Tsukiyama T, Inouye K, Kosonh X, Okumoto Y, Nakazaki T, and Tanisaka T
International Symposium on Frontier in Plant Proteome Research -Contribution of proteomics technology in creation of useful plants-   2008年   
Differential expression of 11 PR-3 chitinase genes in rice (Oryza sativa L.) plants during rice blast infection and signal molecule treatments
Tsukiyama T
The 6th Kyoto University International Symposium “Plant sciences in Japan and China -from genetics to breeding”   2005年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ゲノムが転移因子との進化的軍拡競争において獲得した防御機構の解明と育種への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 築山 拓司
活性型転移因子を利用したゲノムショック育種法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 奥本 裕
イネ活性型転移因子mPingの活性を制御する遺伝子の単離
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 谷坂 隆俊
未利用酵素資源の食品工業、医薬品工業および農業科学への利用
ワキ製薬株式会社: 共同研究
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 築山 拓司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 築山 拓司
本研究は、イネ活性型転移因子mPingが宿主ゲノムのエピゲノムにおよぼす効果を解析するとともに、mPingの転移と宿主のエピジェネティックな制御の関係を解明することで、転移因子を用いたエピゲノム育種を提案しようとするものである。イネ品種銀坊主は1,000コピー以上のmPingを有している。25年度は、Post-bisulfite Adaptor Tagging (PBAT)法でmPing配列特異的なライブラリーを作成し、次世代シーケンサー(NGS)を用いてコピー間のメチル化状態の網羅的解析...