片山(池上) 礼子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 09:42
 
アバター
研究者氏名
片山(池上) 礼子
 
カタヤマ(イケガミ) アヤコ
所属
石川県立大学
部署
生物資源環境学部 生産科学科 石川県立大学 生物資源環境学部 生産科学科
職名
准教授
学位
京都大学博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年9月
 - 
2008年3月
京都大学大学院農学研究科 学術振興会特別研究員PD
 
2006年3月
 - 
2007年9月
UC Davis Plant Sciences Reserch fellow
 
2008年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院農学研究科 研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
石川県立大学 生物資源環境学 講師
 
2011年4月
 - 
現在
石川県立大学 生物資源環境学部 准教授
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年9月
京都大学 農学研究科博士課程 農学専攻
 
1999年4月
 - 
2001年3月
京都大学 農学研究科修士課程 農学専攻
 
 
 - 
1999年
神戸大学 農学部 植物資源
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
園芸学会  園芸学研究編集委員
 

受賞

 
2015年3月
園芸学会 奨励賞
 

論文

 
A. Gotoh, T.Kato, M. Sakanaka, Y. Ling, C. Yamad, S. Asakuma, T. Urashima, Y. Tomabechi, A. Katayama-Ikegami, S. Kurihara, K. Yamamoto, G. Harata, F. He, J. Hirose, M. Kitaoka, S. Okuda and T. Katayama.
Scientific Reports   8 13958   2018年9月   [査読有り]
Comparison of vegetative growth, fruit quality and plant hormone content of 'Ruby Roman' grapevines grafted on diploid and tetraploid rootstocks.
Gao, M., A. Kaytayama-Ikegami, S. Nakano, K. Matusda and H. Motosugi.
Acta Horticulturae      2018年
Ayako Katayama-Ikegami, Yuka Suehiro, Takane Katayama, Kazushi Jindo, Hiroyuki Itamura and Tomoya Esumi.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   81 2330-2338   2017年12月   [査読有り]
片山(池上)礼子・高居 恵愛・松田 賢一・島田 稜・坂本 知昭
園芸学研究   16(3) 317-324   2017年7月   [査読有り]
Gao-Takai, M., A. Katayama-Ikegami, S. Nakano, K. Matusda and H. Motosugi.
The Horticulture Journal.   86(2) 171-182   2017年4月   [査読有り]
C. Yamada, A. Gotoh, M. Sakanaka, M. Hattie, K. A. Stubbs, A. Katayama-Ikegami, J. Hirose, S. Kurihara, T. Arakawa, M. Kitaoka, S. Okuda, T. Katayama and S. Fushinobu.
Cell Chemical Biology   24(4) 515-524   2017年4月   [査読有り]
A. Katayama-Ikegami, T. Sakamoto, K. Shibuya, T. Katayama, and M. Gao-Takai.
American Journal of Plant Science.   7 1325-1336   2016年7月   [査読有り]
A. Katayama-Ikegami, T. Sakamoto, T. Katayama, and M. Gao-Takai.
Vitis   55(4) 157-160   2016年7月   [査読有り]
Genetic transformation of Japanese persimmon with FLOWERING LOCUS T (FT) gene and TERMINAL FLOWER 1 (TFL1) homologues gene.
Mei Gao, Kouji Takeishi, Ayako Katayama, and Ryutaro Tao.
Acta Horticulturae   864 159-164   2013年6月
片山(池上)礼子・米森敬三・佐藤明彦・山田昌彦・羽生 剛・北島 宜.
園芸学研究   12 29-34   2013年   [査読有り]
Akagi, T., A. Katayama-Ikegami, S. Kobayashi, A.Sato, A.Kono, and K. Yonemori.
Plant Physiol.   158 1089-1102   2012年   [査読有り]
Ikegami, A., S. Eguchi, T. Akagi, A. Sato, M. Yamada, S. Kanzaki, A .Kitajima, and K. Yonemori.
J. Jpn. Soc. Hort. Sci.   80 150-155   2011年   [査読有り]
Akagi, T., A. Katayama-Ikegami∗, and K. Yonemori.
Sciencia Horticulaturae   130 373-380   2011年   [査読有り]
Gene expressions involved in flavonoid biosynthetic pathway is associated with tannin accumulation in Japanese persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit.
Acta Horticulturae   846 117-120   2010年3月
Akagi, T., Y. Suzuki, A. Ikegami, H. Kamitakahara, T. Takano, F. Nakatsubo, and K. Yonemori.
J. Jpn. Soc. Hort. Sci.   79 275-281   2010年   [査読有り]
Quantitative genotyping for astringency locus in hexaploid persimmon cultivars using quantitative real-time PCR.
Akagi, T., Y.Takeda, A. Ikegami, S. Kanzaki, A. Kono, A. Yamada, and K. Yonemori.
J. Amer. Soc. Hort. Sci.   135 59-66   2010年   [査読有り]
Akagi T, A. Ikegami, T. Tsujimoto, and K. Yonemori.
Planta   232 1045-1059   2010年   [査読有り]
Analysis of differentially expressed genes in astringent fruit using suppression subtractive hybridization.
Ikegami, A., T. Akagi, K. Yonemori, M. Yamada, and A.Kitajima.
Acta Horticulturae   833 151-156   2009年
Ikegami, A.,* T. Akagi*, D. Potter, M.Yamada, A. Sato, K. Yonemori, A.Kitajima, and K. Inoue (*equal contribution).
Planta   241 841-855   2009年   [査読有り]
Ikegami, A.,* T. Akagi*, Y. Suzuki, J.Yoshida, A. Sato, and K. Yonemori (*equal contribution).
Planta   230 899-915   2009年   [査読有り]
Akagi T, A. Ikegami, T. Tsujimoto, S. Kobayashi, A. Sato, A. Kono, and K. Yonemori.
Plant Physiol.   151 2028-2045   2009年   [査読有り]
Green or orange - towards understanding the molecular basis of citrus fruit peel color development
Kentaro Inoue, Xiaoqiong Qin and Ayako Ikegami
Proceedings of the 35th Annual Meeting of the Plant Growth Regulation Society of America.   24-26   2008年8月
Yonemori K, Honsho C, Kanzaki S, Ino H, Ikegami A, Kitajima A, Sugiura A, Parfitt DE.
Tree Gen. Gen.   4 149-158   2008年   [査読有り]
Nomura. K., A. Ikegami, A. Koide, and F. Yagi.
J. Pant Physiol.   165 671-675   2008年   [査読有り]
Nomura. K., A. Ikegami, and Y. Nakamura.
Acta Phisiol. Plant.   130 175-181   2008年   [査読有り]
Kanzaki S, Sato A, Yamada M, Utsunomiya N, Kitajima A, Ikegami A, Yonemori K.
J. Jpn. Soc. Hort. Sci.   77 28-32   2008年   [査読有り]
Nomura, K., A. Ikegami, A. Koide, and F. Yagi.
Plant Physiol. Biochem.   45 15-23   2007年   [査読有り]
Ikegami, A., S. Eguchi, A .Kitajima, K. Inoue, and K. Yonemori.
Plant Sci.   172 1037-1047   2007年   [査読有り]
Segregations of astringent progenies in the F1 populations derived from crosses between a Chinese pollination-constant nonastringent (PCNA) ‘Luo Tian Tian Shi’, and Japanese PCNA and pollination-constant astringent (PCA) cultivars of Japanese origin.
Ikegami, A., S. Eguchi, M. Yamada, A. Sato, A. Kitajima, H. Mitani, and K. Yonemori
HortScience   41 561-563   2006年   [査読有り]
Existence of several pollination constant non-astringent type persimmons in China
Yonemori, K., A. Ikegami, A. Kitajima, Z. Luo, S. Kanzaki, A. Sato, M. Yamada, Y. Yang, and R. Wang
Acta Horticulturae   685 77-84   2005年
Ikegami, A., A. Sato, M. Yamada A. Kitajima, and K. Yonemori
J. Japan. Soc. Hort. Sci.   74 437-443   2005年   [査読有り]
Inhibition of flavonoid biosynthetic gene expression coinsides with loss of astringency in pollination-constant, non-astringent (PCNA)-type persimmon fruit
Ikegami, A., A. Kitajima, and K. Yonemori.
J. Hort. Sci. Biotechnol.   80225-228 225-228   2005年   [査読有り]
Expression of genes involved in proanthocyanidin biosynthesis during fruit development in a Chinese pollination-constant, nonastringent (PCNA) persimmon, 'Luo Tian Tian Shi'
Ikegami, A., A. Sato, M. Yamada, A. Kitajima, and K. Yonemori.
J. Am. Soc. Hort. Sci.   130 830-835   2005年   [査読有り]
Nakamura, S., A. Ikegami, M. Mizuno, F. Yagi, and K. Nomura.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   68 1698-1705   2004年   [査読有り]
Segeregation of astringency in F1 progenies derived from crosses between pollination-constant, nonastringent (PCNA) persimmon cultivars
Ikegami, A., K. Yonemori, A. Sato, M. Yamada, and A. Sugiura.
HortScience   39 371-374   2004年   [査読有り]
Unique feature of tannin cells in fruit of pollination constant non-astringent persimmons
Yonemori, K., A. Ikegami, S. Kanzaki, and A. Sugiura.
Acta Horticalturae, ISHS   601 31-46   2003年
Molecular cloning and expression of the mannose/glucose specific lectin from Castanea crenata cotyledons.
Nakamura, S., A. Ikegami, Y. Matsumura, T. Nakanishi, and K. Nomura.
J Biochem.   13 241-6   2002年2月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
果実におけるプロアントシアニジン蓄積機構の解明
科研:基盤C: 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 片山(池上)礼子
異なる成熟表現型ブドウを用いたノンクライマクテリック型果実の成熟制御機構の解明
科研:基盤C: 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 高居恵愛
六次産業化先遣研究
石川県立大学: アクションプラン
研究期間: 2018年3月 - 2019年4月    代表者: 榎本俊樹
サツマイモ品種‘兼六’と‘安納芋’の類縁性について
石川県立大学: 地域貢献プロジェクト
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 坂本知昭
赤色の「かぶら寿司」用のカブ品種育成
石川県立大学: 地域貢献プロジェクト
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 高木宏樹
焼却炉廃熱を利用した太陽光利用型植物工場「ブドウ果実における成熟および着色メカニズムの解明」
石川県立大学: 株式会社アクトリー・エコビレッジ寄附講座
研究期間: 2013年10月 - 2017年9月    代表者: 水越 裕治
果実におけるプロアントシアニジン蓄積機構の解明
科研: 若手B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 片山(池上)礼子
果実におけるフラボノイド蓄積機構の解明
科研: 若手B
研究期間: 2010年7月 - 2014年3月    代表者: 片山(池上)礼子
ブドウ‘ルビーロマン’の栽培省力化と果実品質向上
三谷財団: 研究助成
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 高居恵愛
「ルビーロマン」ブドウの栽培省力化と果実品質向上
石川県立大学: 地域貢献研究プロジェクト
研究期間: 2011年3月 - 2012年4月    代表者: 高居恵愛
果実のタンニン生合成制御遺伝子の単離とその作用機作に関する研究
二国間交流事業: 
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 米森敬三
果実におけるフラボノイド蓄積機構の解明
科研: 若手(スタートアップ)
研究期間: 2009年4月 - 2010年5月    代表者: 片山(池上)礼子
中国の完全甘ガキ形質を支配する遺伝子座に連鎖する分子マーカーの単離
石川県立大学: 若手研究プロジェクト
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 池上礼子
ブルーベリー果実の白斑症の原因究明と対策(仮称)
石川県立大学: 地域貢献プロジェクト
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 古賀博則
カキ果実におけるタンニン蓄積機構の解明とその育種学的利用
学振PD(科研費補助金)
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 池上礼子