KURODA Junya

J-GLOBAL         Last updated: Sep 24, 2018 at 00:09
 
Avatar
Name
KURODA Junya
Affiliation
Kyoto Prefectural University of Medicine
Section
Division of Hematology and Oncology
Job title
Professor
Degree
PhD.(Kyoto Prefectural University of Medicine)

Profile

Name: Junya Kuroda
Gender: Male
Date of birth: 31 January 1971
Nationality: Japanese
Present address:Division of Hematology and Oncology, Department of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan
E-mail: junkuro@koto.kpu-m.ac.jp
Tel: (+81) 75 251 5740, Fax: (+81) 75 251 5743

Research and professional experience:
2016. Nov-present Professor and Chairman
Division of Hematology and Oncology, Department of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan

Chair
Department of Medical Genetics, University Hospital, Kyoto Prefectural University of Medicine

2016. Apr.-2016. Oct Vice chairman and Associate Professor
Division of Hematology and Oncology, Department of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan

2011. Aug.-2016. Mar. Associate Professor
Division of Hematology and Oncology, Department of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan
Supervisor: Professor Masafumi Taniwaki.

2006. Apr.-2011. Jul. Assistant Professor
Division of Hematology and Oncology, Department of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan
Supervisor: Professor Masafumi Taniwaki

2005. Oct.-2006. Mar. Postdoctoral research fellow
Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kyoto University Hospital, Kyoto, Japan

2004. Apr.-2005. Sep. Postdoctoral research fellow (Visiting researcher)
Molecular Genetics of Cancer Division, The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research, Melbourne, Australia.
Supervisor: Professor Andreas Strasser.

2002. Jun.-2004. Mar. Research student
Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kyoto University Hospital, Kyoto, Japan.
Supervisor: Dr Shinya Kimura and Professor Taira Maekawa

2000. Apr.-2004. Mar. Graduate student
Department of Inflammation and Immunology, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan.
Supervisor: Dr Yutaka Kobayashi and Professor Toshikazu Yoshikawa

1998. Apr.-2000. Mar. Division of Hematology, Kyoto Second Red Cross Hospital, Kyoto, Japan. Supervisor: Dr Hideo Hayashi

1996. Apr.-1998. Mar. Resident
First Department of Internal Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan.
Supervisor: Professor Motoharu Kondo

1996. June. 17. Awarded the Japanese license to medicine

Board Member
2018. Board member of the Japanese Society of Internal Medicine
2016. Fellowship of the Japanese Society of Internal Medicine
2014. Specialized physician of the Japanese Society for Hematopoietic Cell Transplantation
2013. Board member of Kinki Hematology Society
2012. Board member of the Kyoto Hematopoietic Stem Cell Transplantation Conference
2012. Board member of the Japanese Society for Cell Death Research
2009. Board member of Japanese Society of Myeloma
2009. Board member of the Japanese Society of Hematology
2006. Supervisory doctor of the Japanese Society of Hematology
2006. Specialist physician of the Japanese Society of Hematology
2006. Industrial Health Physician certified by the Japan Medical Association
2001. Certifying physician of the Japanese Society of Internal Medicine

Membership of academic societies
American Society of Hematology
The Japanese Society of Internal Medicine
The Japanese Society of Hematology
The Japanese Society of Clinical Hematology
The Japanese Society for Hematopoietic Cell Transplantation
Japanese Cancer Association
The Japanese Society of Clinical Oncology
Japanese Society for Cell Death Research
Japan Society of Myeloma
The Japanese Society of Medical Oncology
The Japanese Association for Molecular Target Therapy of Cancer

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2004
 - 
2006
Visiting Academic, The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research (Melbourne, Australia), Molecular Genetics of Cancer Division
 

Education

 
 
 - 
1995
Faculty of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine
 

Awards & Honors

 
Nov 2015
Bristol-Myers Squibb Cyber Grant
 

Published Papers

 
Yamasaki S, Chihara D, Kim SW, Izutsu K, Iwato K, Fukuda T, Uchida N, Amano I, Nakazawa H, Kuroda J, Hashimoto H, Ichinohe T, Kanda Y, Atsuta Y, Suzumiya J, Suzuki R
Annals of hematology   97(10) 2013-2014   Oct 2018   [Refereed]
Yamasaki S, Chihara D, Kim SW, Izutsu K, Iwato K, Fukuda T, Uchida N, Amano I, Nakazawa H, Kuroda J, Hashimoto H, Ichinohe T, Kanda Y, Atsuta Y, Suzumiya J, Suzuki R
Annals of hematology   97(8) 1445-1452   Aug 2018   [Refereed]
Inoue Y, Nakamura T, Nakanishi H, Oishi M, Hongo F, Okihara K, Mizutani S, Kuroda J, Ukimura O
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   25(7) 678-683   Jul 2018   [Refereed]
Kaneko H, Taniwaki M, Matsumoto Y, Yoshida M, Shimura K, Fujino T, Uchiyama H, Kuroda J
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(6) 479-482   Jun 2018   [Refereed]
Takimoto-Shimomura T, Tsukamoto T, Maegawa S, Fujibayashi Y, Matsumura-Kimoto Y, Mizuno Y, Chinen Y, Shimura Y, Mizutani S, Horiike S, Taniwaki M, Kobayashi T, Kuroda J
Investigational new drugs      Jun 2018   [Refereed]

Misc

 
【多発性骨髄腫-基礎・臨床研究の最新動向-】 病態 骨髄腫の生存・増殖シグナル
志村 勇司, 黒田 純也
日本臨床   76(7) 1079-1086   Jul 2018
【リンパ系腫瘍の治療開発で明らかになったことと今後の課題】 未治療びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する治療強度を高めた治療戦略の位置づけと今後の課題
古林 勉, 黒田 純也
血液内科   76(6) 738-744   Jun 2018
抗凝固剤内服中に発症した後天性血友病Aにおける診断の問題点
下村 とも子[滝本], 堀池 重夫, 志村 勇司, 知念 良顕, 杉谷 未央[山本], 古林 勉, 黒田 純也
日本輸血細胞治療学会誌   64(3) 540-544   Jun 2018
凝固因子に対するインヒビター出現に起因する後天性血友病では、診断の遅れが出血症状を重篤にし、結果として必要以上の輸血が行われる可能性がある。今回、我々は抗凝固剤内服中に後天性血友病Aを発症し、紹介受診にいたるまで一定の期間を要した一例を経験した。症例は66歳男性。近医内科で、心房細動に対して10年来ワルファリン、3年前からリバーロキサバンでプロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)は1.4〜2.4に維持されていた。作業中の筋肉内・皮下出血を繰り返すため、2016年3月にアピキサバン、同年...
【診断と治療のABC[133]悪性リンパ腫】 (第4章)管理・治療 治療薬剤 濾胞性リンパ腫
清田 実希, 黒田 純也
最新医学   別冊(悪性リンパ腫) 126-133   Apr 2018
濾胞性リンパ腫(FL)の治療成績は、今世紀となり、リツキシマブを応用した免疫化学療法の進歩によって大きく改善した。元来、経過が緩慢ながら治癒は困難なFLの診療には、病期、腫瘍量、疾患経過や前治療などを包括的に評価したうえでの適材適所の治療選択が必須である。本稿では、FL治療の基本となるコンセプトとエビデンスを概説するとともに、期待の新薬についても触れる。(著者抄録)
【がん医療トピックス】 リンパ腫 濾胞性リンパ腫
清田 実希, 黒田 純也
クリニシアン   65(2-3) 153-162   Mar 2018
限局期胃原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の治療成績
兼子 裕人, 松本 洋典, 吉田 美穂子, 志村 和穂, 谷脇 雅史, 堀池 重夫, 黒田 純也
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 220-220   Feb 2018
抗凝固剤内服中に発症した後天性血友病Aの1例
滝本 とも子, 堀池 重夫, 志村 勇司, 黒田 純也
日本輸血細胞治療学会誌   64(1) 95-95   Feb 2018
長期経過で自然寛解が得られたABO主不適合同種移植後赤芽球癆の2症例
藤井 達也, 古林 勉, 杉谷 未央, 知念 良顕, 志村 勇司, 堀池 重夫, 黒田 純也
臨床血液   59(2) 236-236   Feb 2018
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の診断と治療の現在と未来
黒田 純也
京都府立医科大学雑誌   126(11) 737-746   Nov 2017
悪性リンパ腫は造血器悪性腫瘍において最も高頻度な疾患群であり、130種以上もの細病型から成る。なかでも、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DiffuselargeBcelllymphoma;DLBCL)は、全体の約1/3を占める最大病型である。抗CD20抗体Rituximabと多剤併用化学療法を併用した免疫化学療法の発達によりDLBCLの治療予後は劇的に改善したが、いまだ一部に治療開始当初から高度の治療抵抗性を呈し、早期に致死的転機をとる高リスク症例が存在する。我々は教室関連施設との多施設...
眼内に限局した節外性NK/T細胞リンパ腫・鼻型の1症例
藤井 達也, 志村 勇司, 滝本 とも子, 知念 良顕, 古林 勉, 堀池 重夫, 黒田 純也
臨床血液   58(11) 2291-2291   Nov 2017
本態性血小板血症から移行した急性骨髄性白血病にアザシチジンが有効であった1例
崔 聡, 川路 悠加, 村松 彩子, 藤野 貴大, 栗山 幸大, 大城 宗生, 平川 佳子, 岩井 俊樹, 内山 人二, 前川 紗央梨, 黒田 純也
臨床血液   58(11) 2292-2292   Nov 2017
悪性リンパ腫との鑑別が困難であったリンパ球浸潤胃癌の1切除例
山田 一人, 小菅 敏幸, 岡本 和真, 小西 博貴, 塩崎 敦, 藤原 斉, 森村 玲, 村山 康利, 栗生 宜明, 生駒 久視, 中西 正芳, 黒田 純也, 岸本 光夫, 小西 英一, 大辻 英吾
癌と化学療法   44(12) 1299-1301   Nov 2017
症例は49歳、男性。10年前より胃体上部に粘膜下腫瘍を認めていたが、嚢胞として経過観察されていた。今回、黒色便を主訴に受診、上部消化管内視鏡検査で既知の胃腫瘤からの出血と診断された。PET-CTでは、胃腫瘤と腫大した小彎リンパ節に一致してFDGの異常集積を認めた。粘膜生検、EUS-FNAで悪性所見を認めないものの、悪性リンパ腫の可能性を否定できないため小彎リンパ節の切除生検を行った。結果は低分化癌のリンパ節転移の診断であり、胃癌に準じて定型的胃切除を行った。病理組織学的検査により、高度のリ...
河田 英里, 黒田 純也
内科   120(4) 853-857   Oct 2017
骨髄にクローナルな形質細胞を10%以上,または,骨や髄外に形質細胞腫を認め,加えて骨髄腫診断事象(MDE)を1項目以上満たすものを多発性骨髄腫と診断する.MDEとは,形質細胞腫瘍に関連した臓器障害(CRAB)ならびに無症候性骨髄腫から症候性骨髄腫への進行リスクが高いことを予見しうるバイオマーカー(MDB)のことを指す.新規薬剤の登場で,CRABがなくてもMDBを有する患者では,症例ごとの病勢判断をもとに,ときに予後の改善を期待して早期の治療介入が実施されるようになった.(著者抄録)
黒田 純也
臨床血液   58(10) 2058-2066   Oct 2017
多発性骨髄腫(multiple myeloma,MM)に対してプロテアソーム阻害剤や免疫調節薬が治療薬として導入され,その治療成績,予後は大きく改善した。しかし,いまだにMMの完治は困難であり,再発・難治MM(relapsed/refractory MM,RRMM)に対する治療設計は,生命予後のみならず,QoLや生き方をも規定する重要因子となる。近年,第2世代プロテアソーム阻害剤であるカルフィルゾミブやイキサゾミブ,モノクローナル抗体治療薬であるエロツズマブやダラツムマブなどが投与可能とな...
【多発性骨髄腫診療に対する新たな展開2016-2017】 再発・難治多発性骨髄腫の治療戦略2017
黒田 純也, 前川 紗央梨
血液内科   75(4) 425-430   Oct 2017
濾胞性リンパ腫(FL)に対するリツキシマブ単独療法の早期治療介入ならびに維持療法の意義 低腫瘍量:早期介入により殺細胞薬使用開始までの期間が延長、高腫瘍量:維持療法により無増悪生存期間が延長
石澤 賢一, 黒田 純也
日本医事新報   (4873) 59-60   Sep 2017
ダサチニブ開始8年後に蛋白尿が出現した慢性骨髄性白血病の一例
浦田 倫子, 中山 雅由花, 草場 哲郎, 森本 真理, 塩津 弥生, 黒田 純也, 谷脇 雅史, 玉垣 圭一
日本腎臓学会誌   59(6) 735-735   Sep 2017
【多発性骨髄腫の最新治療】 免疫調節薬の作用機序と骨髄腫治療における役割
黒田 純也
BIO Clinica   32(9) 865-868   Aug 2017
近年、多発性骨髄腫に対する治療薬としてプロテアソーム阻害剤や免疫調節薬が導入され、その予後は大きく改善した。さらなる新規治療薬の参入も続くなか、今後、治療選択肢はますます拡大する。免疫調節薬であるlenalidomideやpomalidomideは、骨髄腫治療の主戦治療薬であり、これらの合理・合目的な活用は、個々の症例の治療設計において基軸となる重要なテーマである。本稿では、その基盤となる免疫調節薬の作用機序と代表的な臨床的エビデンスについて概説する。(著者抄録)
多発性骨髄腫(MM)の治療において、もはやMP療法はまったく意味がないのでしょうか? 治療の選択根拠を設定し、新規治療薬含有療法時にはMP療法を症例ごとに使いわける
黒田 純也, 木村 晋也
日本医事新報   (4870) 57-58   Aug 2017
Intitial treatment for multiple myeloma: proteasome inhibitor first or immunomodulatory drug first? 移植非適応多発性骨髄腫の初回治療戦略におけるプロテアソーム阻害薬
黒田 純也, 志村 勇司
臨床血液   58(8) 999-1005   Aug 2017
多発性骨髄腫(multiple myeloma,MM)に対する新規治療薬の開発と臨床導入は,今世紀初頭より止まることなく展開されており,診療現場では様々なエビデンスを適切に活用しながら,一方で疾患リスクや背景を十分に勘案し,多様化する治療戦略の中から症例毎に適切な治療を選択するバランス感覚がますます重要性を増している。MM治療の選択肢の拡大が見込まれる状況にあって,本稿では改めて,MM治療の根幹を担うプロテアソーム阻害薬(proteasome inhibitor,PI),なかでも第一世代P...
【多発性骨髄腫治療の最前線2017】 再発・難治性多発性骨髄腫(RRMM)の治療戦略 どう使い分けるか Patient risk categoryによる使い分け
古林 勉, 黒田 純也
血液フロンティア   27(9) 1277-1284   Aug 2017
新規薬剤の登場により多発性骨髄腫(MM)の治療成績は飛躍的に向上したが,未だ治癒困難である。大半の症例が再燃,再発することから,長期予後の改善には再発・難治性MM(RRMM)に対する治療成績の向上が重要である。本邦でも次世代のプロテアソーム阻害剤や免疫調節薬,抗体治療薬などが続々と承認され,治療の選択肢は増えたが,最適な組み合わせや選択方法は定まっていない。本稿では,RRMMに対する治療設計において勘案すべき,疾患リスク,患者リスクなどのRisk categoryによる使い分けについて概説...
黒田 純也, 知念 良顕
臨床血液   58(5) 487-497   May 2017
多発性骨髄腫(multiple myeloma,MM)の病態解明に迫る基礎研究,ならびに治療開発研究における近年の発展は目覚しい。各種の分子標的治療薬,免疫調節薬,モノクローナル抗体薬など,様々な個性と特徴を有する新規治療薬が利用可能となる一方,MMの病態形成に関わる分子生物学的異常,免疫学的制御異常の症例毎の多様性と症例間の不均一に関する理解が深まるなかで,今後,これらの膨大な情報を,治療薬・戦略の選択や疾患状態のモニタリングにおいて,あるいは,治療効果を占ううえでのバイオマーカーなどと...
消化器病変を合併したI型クリオグロブリン血症の一例
中村 格, 瀬川 由佳, 滝本 とも子, 竹村 雅至, 水谷 信介, 塩津 弥生, 古林 勉, 草場 哲郎, 黒田 純也, 玉垣 圭一
日本透析医学会雑誌   50(Suppl.1) 524-524   May 2017
遺伝学的検査希望が強いクライエントの遺伝カウンセリングからの一考察
勝元 さえこ, 太田 智子, 滝 智彦, 吉田 誠克, 中島 久和, 熊谷 広治, 黒田 純也, 中川 正法
日本遺伝カウンセリング学会誌   38(2) 143-143   May 2017
咽頭痛が初発症状であった末梢性T細胞性リンパ腫の1例
北村 佳美, 大狩 慶治, 田浦 麻衣子, 若林 祐輔, 浅井 純, 竹中 秀也, 木元 弥生, 古林 勉, 黒田 純也, 加藤 則人
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   33回 138-138   May 2017
カルフィルゾミブによる骨髄腫治療戦略
黒田 純也
日本リンパ網内系学会会誌   57 79-79   May 2017
リツキシマブ時代における濾胞性リンパ腫の付加的染色体異常とその予後に与える影響
塚本 拓, 清田 実希, 河田 英里, 魚嶋 伸彦, 安川 覚, 柳澤 昭夫, 谷脇 雅史, 黒田 純也
日本リンパ網内系学会会誌   57 96-96   May 2017
11番染色体異常陽性骨髄腫における腫瘍特異的cyclin D1 transcript variant
知念 良顕, 立川 章太郎, 滝本 とも子, 木元 弥生, 塚本 拓, 前川 紗央梨, 丹波 和奈, 志村 勇司, 古林 勉, 堀池 重夫, 黒田 純也
International Journal of Myeloma   7(1) 57-57   Apr 2017
中枢神経浸潤を有する多発性骨髄腫症例の後方視的検討 中間解析報告
山下 剛史, 高松 博幸, 河村 浩二, 角南 一貴, 萩原 將太郎, 板垣 充弘, 高橋 勉, 近藤 忠一, 池田 宇次, 稲本 恭子, 半田 寛, 今泉 芳孝, 黒田 純也, 村上 純, 中村 裕一, 中澤 英之, 尾崎 修治, 中尾 眞二, 飛内 賢正, 飯田 真介
International Journal of Myeloma   7(1) 66-66   Apr 2017
多発性骨髄腫に対する免疫調節薬・モノクローナル抗体併用治療の理論と実際
黒田 純也
International Journal of Myeloma   7(1) 106-106   Apr 2017
【形質細胞性疾患の病態と治療】 多発性骨髄腫に対する新たな分子標的治療
名越 久朗, 黒田 純也
血液内科   74(2) 191-195   Feb 2017
血清アルブミン値は多剤併用療法を受ける高齢者びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の予後因子となる
兼子 裕人, 松本 洋典, 志村 和穂, 吉田 美穂子, 谷脇 雅史, 堀池 重夫, 黒田 純也
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 227-227   Feb 2017
多発性骨髄腫(MM)患者における減量シクロフォスファミド(CY)・G-CSF併用による末梢血幹細胞採取(PBSCC)
志村 勇司, 黒田 純也, 知念 良顕, 名越 久朗, 古林 勉, 堀池 重夫
日本輸血細胞治療学会誌   63(1) 86-87   Feb 2017
L-アスパラギナーゼ(Asp)含有化学療法が著効したEBV陽性末梢性T細胞リンパ腫、非特異型(PTCL-NOS)
岡本 明也, 志村 勇司, 水谷 信介, 名越 久朗, 古林 勉, 堀池 重夫, 黒田 純也
臨床血液   58(1) 49-49   Jan 2017
Tegafur/uracil服用後に発症した治療関連骨髄性腫瘍の2症例
吉田 潮, 松本 洋典, 兼子 裕人, 吉田 美穂子, 志村 和穂, 谷脇 雅史, 黒田 純也
臨床血液   58(1) 51-52   Jan 2017
二次性白血病として慢性骨髄性白血病(CML)と急性前骨髄急性白血病(APL)を合併した1例
冨田 麻優子, 知念 良顕, 志村 勇司, 古林 勉, 堀池 重夫, 黒田 純也, 松本 洋典
臨床血液   58(1) 52-52   Jan 2017
【白血病学(下)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の造血幹細胞移植 各論(適応と成績) セザリー症候群における造血幹細胞移植
名越 久朗, 水野 芳美, 黒田 純也
日本臨床   74(増刊10 白血病学(下)) 286-291   Dec 2016
【白血病学(下)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の基礎研究と臨床研究の動向 造血幹細胞と白血病幹細胞研究の動向 ガレクチン3によるCMLの薬剤抵抗性獲得と骨髄棲息性促進
杉谷 未央, 丹波 和奈, 黒田 純也
日本臨床   74(増刊10 白血病学(下)) 508-513   Dec 2016
【白血病学(下)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の基礎研究と臨床研究の動向 臨床研究の動向 グアデシタビン(SGI-110)による急性骨髄性白血病、ならびに骨髄異形成症候群の治療
黒田 純也
日本臨床   74(増刊10 白血病学(下)) 514-518   Dec 2016
扇屋 大輔, 柴山 浩彦, 中谷 英仁, 安藤 潔, 鈴木 憲史, 黒田 芳明, 内田 俊樹, 丸山 大, 松本 守生, 末永 孝生, 飯田 真介, 照井 康仁, 李 政樹, 張 高明, 青墳 信之, 田端 淑恵, 小西 順, 大橋 一輝, 品川 篤司, 杉浦 勇, 黒田 純也, 宮本 敏浩, 小椋 美知則, 飛内 賢正, 金倉 譲, 堀田 知光
臨床血液   57(11) 2311-2318   Nov 2016
自家移植の適応とならない未治療の多発性骨髄腫患者に対して,2008年7月から2011年3月に本邦で実施されたmelphalan,prednisolone,bortezomib併用(MPB)療法の第I/II相試験(JPN-102)ではVISTA試験と同等の奏効率が示された。本研究では,MPB療法の長期予後を検討するためJPN-102試験に参加した患者の予後について調査した。JPN-102試験に登録された101人中,経過観察データが得られた92人を対象とした。観察期間中央値は50.8(0.9〜...
末梢性T細胞性リンパ腫(PTCL-NOS)の救援化学療法中に発症した多巣性進行性白質脳症(PML)の1例
岡本 明也, 桑原 沙絵子, 川路 悠加, 藤野 貴大, 大城 宗生, 平川 佳子, 岩井 俊樹, 内山 人二, 黒田 純也, 谷脇 雅史
臨床血液   57(11) 2405-2405   Nov 2016
侵襲性肺アスペルギルス症合併、非寛解急性骨髄性白血病に対して臍帯血移植を施行した1例
滝本 とも子, 知念 良顕, 古林 勉, 黒田 純也, 桂川 葉子, 中尾 光成
臨床血液   57(11) 2409-2409   Nov 2016
多彩な全身症状を呈したBCR-ABL1陰性非定型慢性骨髄性白血病
小林 広幸, 名越 久朗, 水野 芳美, 水谷 信介, 志村 勇司, 古林 勉, 黒田 純也, 堀池 重夫
臨床血液   57(11) 2412-2412   Nov 2016
非産生型多発性骨髄腫に合併した四重複癌の1例
水谷 信介, 黒田 純也, 佐々木 奈々, 清田 実希, 志村 勇司, 古林 勉, 堀池 重夫, 丹藤 創, 伏木 信次, 谷脇 雅史
日本老年医学会雑誌   53(4) 456-456   Oct 2016
Kansai Myeloma Forumに登録されたMGUSと無症候性骨髄腫644例の臨床経過の解析
太田 健介, 山村 亮介, 田中 宏和, 柴山 浩彦, 小原 尚恵, 中谷 綾, 小杉 智, 木田 亨, 淵田 真一, 新堂 真紀, 小林 正行, 黒田 純也, 金子 仁臣, 魚嶋 伸彦, 上辻 由里, 松田 光弘, 高橋 隆幸, 濱田 常義, 中谷 英仁, 今田 和典, 島崎 千尋, 谷脇 雅史, 野村 昌作, 日野 雅之, 松村 到, 金倉 譲, 高折 晃史[近]
臨床血液   57(9) 1533-1533   Sep 2016
皮膚症状から確定診断に至った播種型接合菌症の1例
金丸 麻衣, 山崎 明子, 田嶋 佐妃, 益田 浩司, 竹中 秀也, 加藤 則人, 名越 久郎, 古林 勉, 黒田 純也, 谷脇 雅史, 比留間 政太郎
皮膚の科学   15(4) 318-318   Aug 2016
【多発性骨髄腫学-最新の診療と基礎研究-】 多発性骨髄腫基礎研究の最新動向 RSK2、PDPK1を標的とした骨髄腫治療薬開発
黒田 純也, 立川 章太郎
日本臨床   74(増刊5 多発性骨髄腫学) 180-184   Jul 2016
【多発性骨髄腫学-最新の診療と基礎研究-】 多発性骨髄腫の治療と支持療法 分子標的療法 低分子化合物免疫調節薬(IMiDs) ポマリドマイド
黒田 純也, 水谷 信介
日本臨床   74(増刊5 多発性骨髄腫学) 330-334   Jul 2016
小杉 智, 柴山 浩彦, 中谷 英仁, 木田 亨, 太田 健介, 金子 仁臣, 八木 秀男, 田中 宏和, 淵田 真一, 中谷 綾, 小林 正行, 黒田 純也, 上辻 由里, 魚嶋 伸彦, 足立 陽子, 通堂 満, 島崎 千尋, 野村 昌作, 日野 雅之, 松村 到, 谷脇 雅史, 金倉 譲, 高折 晃史
臨床血液   57(7) 839-847   Jul 2016
新規薬剤により骨髄腫患者の生存が延長すると共に,二次がん発生が問題になっている。今回,関西骨髄腫フォーラム(KMF)データベースを用い,2012年11月〜2015年3月に登録された骨髄腫および関連疾患1571例について二次がん発生を解析した。観察期間(中央値31ヵ月)内に血液腫瘍が10例,固形がんが36例に発生していた(5年累積発生率:血液腫瘍1.0%,固形がん3.7%)。未治療の無症候性骨髄腫およびMGUS症例では,固形がん発生を認める一方で血液腫瘍発生は認めなかったが,累積発生率におい...
子宮原発mucosa associated lymphoid tissue(MALT)リンパ腫の1例
近藤 美保, 辰巳 弘, 滝本 とも子, 黒田 純也, 森 泰輔, 黒星 晴夫, 松島 洋, 古株 哲也, 明石 京子, 笹本 香織, 楳村 史織, 山田 幸美, 北脇 城
産婦人科の進歩   68(2) 191-191   May 2016
難治性精巣腫瘍における治療関連白血病/骨髄異形成症候群4例の検討
井上 裕太, 中西 弘之, 大石 正勝, 中村 晃和, 本郷 文弥, 納谷 佳男, 鴨井 和実, 沖原 宏治, 水谷 信介, 黒田 純也, 谷脇 雅史, 篠原 信雄, 原 勲
泌尿器科紀要   62(4) 214-214   Apr 2016
多発性骨髄腫におけるmiR-375のエピジェネティック異常によるPDPK1発現亢進
立川 章太郎, 知念 良顕, 志村 勇司, 名越 久朗, 古林 勉, 木元 弥生, 河田 英里, 成田 朋子, 李 政樹, 半田 寛, 魚嶋 伸彦, 飯田 真介, 黒田 純也
International Journal of Myeloma   6(2) 64-64   Apr 2016
多発性骨髄腫におけるmiR-375のエピジェネティック異常によるPDPK1発現亢進
立川 章太郎, 知念 良顕, 志村 勇司, 名越 久朗, 古林 勉, 木元 弥生, 河田 英里, 成田 朋子, 李 政樹, 半田 寛, 魚嶋 伸彦, 飯田 真介, 黒田 純也
International Journal of Myeloma   6(2) 76-76   Apr 2016
t(4;14)染色体転座を伴うIgA型Schnitzler症候群の一例
古林 勉, 水野 芳美, 知念 良顕, 水谷 信介, 名越 久朗, 志村 勇司, 杉谷 未央, 堀池 重夫, 黒田 純也
International Journal of Myeloma   6(2) 118-118   Apr 2016
子宮頸部原発マルトリンパ腫の1例
滝本 とも子, 前川 紗央梨, 古林 勉, 堀池 重夫, 黒田 純也, 谷脇 雅史, 辰巳 弘, 中村 栄男
臨床血液   57(2) 197-197   Feb 2016
80歳以上のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫に対する治療成績
兼子 裕人, 佐々木 奈々, 吉田 美穂子, 志村 和穂, 大川原 康夫, 黒田 純也, 横田 昇平, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 265-265   Feb 2016
【多発性骨髄腫の最新情報I】 多発性骨髄腫のゲノム異常多様性と臨床応用
谷脇 雅史, 名越 久朗, 黒田 純也
Pharma Medica   33(12) 33-39   Dec 2015
【多発性骨髄腫の最新情報I】 骨髄腫病勢評価のための検査 M蛋白、FLC評価からclonal change評価法まで
黒田 純也, 知念 良顕
Pharma Medica   33(12) 41-45   Dec 2015
【細胞内小器官と血液疾患】 骨髄腫の治療薬としてのプロテアソーム阻害剤
黒田 純也, 立川 章太郎
血液内科   71(6) 736-741   Dec 2015
抗D自己抗体によるAIHAが先行したBurkittリンパ腫
水野 芳美, 堀池 重夫, 志村 勇司, 古林 勉, 黒田 純也, 谷脇 雅史
臨床血液   56(11) 2377-2378   Nov 2015
同種移植後14年後に再発した慢性骨髄性白血病(CML)症例におけるDasatinib(Das)療法
前川 紗央梨, 黒田 純也, 水谷 信介, 名越 久朗, 志村 勇司, 杉谷 未央, 古林 勉, 松本 洋典, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
臨床血液   56(11) 2386-2386   Nov 2015
【リンパ腫学-最新の研究動向-】 リンパ腫の治療 抗体療法 モノクローナル抗体薬の種類と作用機序
黒田 純也, 水谷 信介
日本臨床   73(増刊8 リンパ腫学) 394-401   Oct 2015
複数の抗血小板薬に対する後天性薬剤性F5インヒビターの1症例
大城 宗生, 川路 悠加, 藤野 貴大, 桑原 沙絵子, 岩井 俊樹, 内山 人二, 兼子 裕人, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
臨床血液   56(9) 1656-1656   Sep 2015
症候性骨髄腫969症例における腎障害の後方視的解析(関西骨髄腫フォーラム)
金子 仁臣, 八木 秀男, 小原 尚恵, 柴山 浩彦, 田中 宏和, 淵田 真一, 木田 亨, 小杉 智, 黒田 純也, 太田 健介, 新堂 真紀, 小林 正行, 上辻 由里, 中谷 綾, 足立 陽子, 河田 英里, 内山 人二, 魚嶋 伸彦, 浦瀬 文明, 高橋 隆幸, 高橋 良一, 飯田 正人, 松村 到, 日野 雅之, 金倉 譲, 島崎 千尋, 谷脇 雅史, 野村 昌作, 通堂 満, 高折 晃史
臨床血液   56(9) 1800-1800   Sep 2015
【多発性骨髄腫をめぐる最近の進歩と話題】 多発性骨髄腫治療における地固め・維持療法の位置づけ ProとCon
黒田 純也, 知念 良顕
血液内科   70(6) 704-709   Jun 2015
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の新規予後予測スコア Kyoto Prognostic Score(KPS)の確立
古林 勉, 黒田 純也, 内山 人二, 兼子 裕人, 魚嶋 伸彦, 堀池 重夫, 小林 裕, 谷脇 雅史
日本リンパ網内系学会会誌   55 99-99   Jun 2015
多発性骨髄腫におけるPDPK1発現亢進の分子メカニズム
立川 章太郎, 知念 良顕, 志村 勇司, 名越 久朗, 古林 勉, 河田 英里, 魚嶋 伸彦, 半田 寛, 黒田 純也, 谷脇 雅史
International Journal of Myeloma   5(2) 65-65   May 2015
多発性骨髄腫におけるPDPK1の機能的・臨床的意義について
知念 良顕, 黒田 純也, 志村 勇司, 名越 久朗, 李 政樹, 河田 英里, 古林 勉, 堀池 重夫, 飯田 真介, 谷脇 雅史
International Journal of Myeloma   5(2) 66-66   May 2015
【血液腫瘍診療において注意すべき病態、有害事象と管理】 骨髄腫に対する新規薬剤(bortezomib、thalidomide、lenalidomide)の注意すべき有害事象と合理的な治療選択
志村 勇司, 黒田 純也
血液内科   70(4) 426-431   Apr 2015
複数の抗血小板薬に対する後天性薬剤性FVインヒビターの1症例
濱島 良介, 大城 宗生, 藤野 貴大, 桑原 沙絵子, 堤 康彦, 岩井 俊樹, 兼子 裕人, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
日本血栓止血学会誌   26(2) 235-235   Apr 2015
血清インターロイキン2受容体値を組み合わせたR-IPIによるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後予測
兼子 裕人, 桑原 沙絵子, 藤野 貴大, 大城 宗生, 堤 康彦, 岩井 俊樹, 黒田 純也, 横田 昇平, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
日本内科学会雑誌   104(Suppl.) 271-271   Feb 2015
【多発性骨髄腫の病態と最新治療-基礎と臨床の最新情報-】 診断と治療研究 治療 多発性骨髄腫の抗体療法
黒田 純也
日本臨床   73(1) 119-123   Jan 2015
RIST後に晩発型類洞閉塞症候群(SOS)を合併した急性骨髄性白血病の剖検例
桂川 葉子, 名越 久朗, 知念 良顕, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
臨床血液   56(1) 70-70   Jan 2015
多数の破砕赤血球を認めTTPとの鑑別を要した悪性貧血の1例
鳥山 愛生, 志村 勇司, 前川 紗央梨, 古林 勉, 松本 洋典, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
臨床血液   56(1) 71-72   Jan 2015
【ゲノム解析が明らかにした新しい血液疾患の病態と分類】 多発性骨髄腫のゲノム解析と治療への応用
谷脇 雅史, 名越 久朗, 黒田 純也
血液内科   69(6) 720-726   Dec 2014
入來 晃久, 名越 久朗, 水谷 信介, 志村 勇司, 杉谷 未央, 古林 勉, 松本 洋典, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
臨床血液   55(11) 2337-2337   Nov 2014
黒田 純也
臨床血液   55(10) 2005-2015   Oct 2014
近年、プロテアソーム阻害剤や免疫修飾薬などの新規薬剤が開発・導入されたことにより、多発性骨髄腫(MM)の治療成績は飛躍的に改善した。しかし、未だにMMはほぼ不治であることに変わりはなく、更なる新規治療戦略の確立による治療成績の改善は喫緊の課題である。近年、推進されている数多くの新規抗MM治療薬の開発と臨床試験のうち、期待が高いものに焦点を絞りつつ、2014年時点での動向を紹介した。中でもCarfilzomib、Pomalidomideの2剤は近い将来に我が国でも処方可能となることが期待される。
濾胞辺縁帯リンパ腫 白血病亜型の2例
伊佐 怜子, 水谷 信介, 前川 紗央梨, 中山 理祐子, 知念 良顕, 清田 実希, 志村 勇司, 名越 久朗, 杉谷 未央, 古林 勉, 松本 洋典, 堀池 重夫, 黒田 純也, 小林 裕, 谷脇 雅史
日本リンパ網内系学会会誌   54 103-103   Jun 2014
移植非適応MM標準治療を考える 診療ガイドラインをふまえて
松村 到, 飯田 真介, 柴山 浩彦, 黒田 純也, 山村 亮介, 石井 一慶
血液フロンティア   24(6) 911-916   May 2014
骨髄腫の分子病態 最近のトピックス 多発性骨髄腫のシグナル伝達異常とPDK1/RSK2 axisの治療標的としての可能性
黒田 純也
International Journal of Myeloma   4(2) 44-44   May 2014
症候性多発性骨髄腫患者に対する自家末梢血幹細胞移植時の大量化学療法の有効性と安全性(JMSG-0901)
松本 守生, 角南 一貴, 彼谷 裕康, 島崎 千尋, 黒田 純也, 瀧澤 淳, 五十嵐 忠彦, 村山 徹, 清水 一之, 吉田 喬
International Journal of Myeloma   4(2) 50-50   May 2014
我が国における、くすぶり型骨髄腫の発症数についての後方視的解析
牟田 毅, 飯田 真介, 末永 孝生, 角南 一貴, 磯田 淳, 原田 奈穂子, 黒田 純也, 佐分利 能生, 木村 文彦, 高松 泰
International Journal of Myeloma   4(2) 78-78   May 2014
【リンパ腫-検査・診断と治療の最新動向-】 リンパ腫の検査・診断 検査 血液検査(ウイルス抗体、可溶性IL-2、免疫電気泳動検査など)
古林 勉, 黒田 純也, 谷脇 雅史
日本臨床   72(3) 407-411   Mar 2014
Understanding molecular pathogenesis and biological behavior of MM to further improve its clinical outcome 細胞シグナル伝達を標的とした多発性骨髄腫治療戦略の今後
黒田 純也
臨床血液   55(3) 295-303   Mar 2014
濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫(MZBCL)、白血病亜型の2例
伊佐 怜子, 水谷 信介, 古林 勉, 松本 洋典, 堀池 重夫, 黒田 純也, 谷脇 雅史
臨床血液   55(2) 268-268   Feb 2014
中枢神経浸潤を伴う成人T細胞白血病に対して非血縁者間同種骨髄移植を施行した1例
田浦 喜裕, 古林 勉, 清田 実希, 中山 理祐子, 松本 洋典, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
臨床血液   55(2) 270-270   Feb 2014
血清インターロイキン2受容体値によるびまん性大細胞Bリンパ腫の予後予測
兼子 裕人, 桑原 沙絵子, 大城 宗生, 堤 康彦, 岩井 俊樹, 松本 洋典, 黒田 純也, 堀池 重夫, 横田 昇平, 谷脇 雅史
日本内科学会雑誌   103(Suppl.) 173-173   Feb 2014
【固形がんとの違いをきっちり押さえる!血液疾患の病態・治療・看護】 造血器悪性腫瘍の特徴 固形がんとの違い
黒田 純也
Oncology Nurse   7(2) 4-9   Nov 2013
【リンパ系腫瘍-最新の病態解析と治療-】 多発性骨髄腫におけるゲノム研究の進展
谷脇 雅史, 名越 久朗, 黒田 純也
最新医学   68(10) 2324-2333   Oct 2013
多発性骨髄腫における腫瘍化の初期変化は,IGH転座と高2倍体である.二次的変化は-13/13q-,1p-,1q21+,17p-,8q24転座などである.1q21+にはCKS1B,ANP32E,BCL9,PDZK1,1p-にはCDKN2C,FAF1,FAM46Cが関与している.8q24転座ではPVT1-NBEAとPVT1-WWOXのキメラが同定された.次世代シークエンサーによる解析では,FAM46C(13%)とDIS3(11%),RAS(24%),KRAS(27%),BRAF(4%)などに変...
多発性骨髄腫治療の最前線 多発性骨髄腫の分子病態
黒田 純也
日本癌治療学会誌   48(3) 777-777   Sep 2013
プラクティカルノート 片手でお団子ヘアに結ぶための自助具と方法の考案
黒田 純也
作業療法ジャーナル   47(9) 1084-1085   Aug 2013
重症組織球性壊死性リンパ節炎の1例
瀧 正勝, 二之湯 弦, 山道 怜, 中野 宏, 水谷 浩美, 益田 浩司, 古林 勉, 黒田 純也, 久 育男
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   85(9) 725-728   Aug 2013
46歳女。主訴は発熱、頸部リンパ節腫脹であった。その後全身の皮疹が出現し、血液・生化学検査では乳酸脱水素酵素、フェリチン、可溶性インターロイキン2受容体の上昇を認めた。CT検査で前頸部を中心に多発リンパ節腫脹を認め穿刺吸引細胞診はclassIIであり、経過観察となったが、その後も発熱と頸部リンパ節腫脹が継続したため、左頸部リンパ節の摘出生検と皮膚生検を施行した。病理学的所見は、リンパ節では傍皮質リンパ濾胞の崩壊・壊死像とアポトーシス像が目立ち、皮膚組織は表皮で錯角化と軽度の海綿質状態、真皮...
【分子標的治療薬の使用手引き2013】 分子標的治療薬 プロテアソーム阻害薬とサリドマイド誘導体
黒田 純也, 名越 久朗
コンセンサス癌治療   12(3) 164-168   Aug 2013
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるdouble-hit lymphomaの臨床的意義
古林 勉, 堤 康彦, 坂元 奈津美, 名越 久朗, 知念 良顕, 中山 理祐子, 清田 実希, 志村 勇司, 水谷 信介, 佐々木 奈々, 杉谷 未央, 松本 洋典, 西田 一弘, 堀池 重夫, 黒田 純也, 谷脇 雅史
日本リンパ網内系学会会誌   53 107-107   Apr 2013
8q24異常のある多発性骨髄腫におけるPVT1再構成と新規キメラ遺伝子PVT1-NBEAとPVT1-WWOXの同定
名越 久朗, 滝 智彦, 花村 一朗, 仁田 正和, 大槻 剛巳, 西田 一弘, 奥田 恵子, 坂元 奈津美, 小林 覚, 杉谷 未央, 堤 康彦, 古林 勉, 松本 洋典, 堀池 重夫, 黒田 純也, 谷脇 雅史
日本リンパ網内系学会会誌   53 140-140   Apr 2013
造血器悪性腫瘍に合併したDIC30症例の前方視的解析
大城 宗生, 黒田 純也, 堤 康彦, 岩井 俊樹, 兼子 裕人, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
日本血栓止血学会誌   24(2) 256-256   Apr 2013
形質細胞増多と多クローン性ガンマグロブリン血症を伴う血管免疫芽球性T細胞リンパ腫
嶋本 早希, 名越 久朗, 古林 勉, 知念 良顕, 中山 理祐子, 清田 実希, 志村 勇司, 水谷 信介, 杉谷 未央, 松本 洋典, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
臨床血液   54(2) 239-239   Feb 2013
8q24異常をもつ多発性骨髄腫におけるPVT1とWWOXの新規融合遺伝子の同定(Novel chimeric gene of PVT1-WWOX in multiple myeloma with 8q24 abnormality)
名越 久朗, 滝 智彦, 西田 一弘, 坂元 奈津美, 小林 覚, 知念 良顕, 横川 裕一, 杉谷 未央, 古林 勉, 松本 洋典, 黒田 純也, 堀池 重夫, 谷脇 雅史
日本癌学会総会記事   71回 475-476   Aug 2012
造血器腫瘍における28SリボソームDNAが関与する新しいタイプの融合遺伝子の同定(Identification of novel type of fusion genes with 28S ribosomal DNA in hematologic malignancies)
小林 覚, 滝 智彦, 名越 久朗, 知念 良顕, 横川 裕一, 金兼 弘和, 松本 洋典, 黒田 純也, 堀池 重夫, 西田 一弘, 谷脇 雅史
日本癌学会総会記事   71回 542-543   Aug 2012
多発性骨髄腫細胞株における新規キメラ遺伝子PVT1-NBEA(BCL8B)の同定(Identification of novel chimeric gene PVT1-NBEA(BCL8B) in a multiple myeloma cell line with t(8;13)(q24;q13))
名越 久朗, 滝 智彦, 花村 一朗, 黒田 純也, 西田 一弘, 小林 覚, 堤 康彦, 古林 勉, 松本 洋典, 堀池 重夫, 大槻 剛巳, 仁田 正和, 谷脇 雅史
日本癌学会総会記事   69回 83-83   Aug 2010

Research Grants & Projects

 
Development of molecular targetting therapy against hematologic malignancies and regulation of programmed cell death of cancers