大橋 憲太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/11 02:48
 
アバター
研究者氏名
大橋 憲太郎
 
オオハシ ケンタロウ
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名
准教授
学位
博士(薬学)
その他の所属
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
 - 
現在
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科 准教授(兼任)
 
2014年
 - 
現在
岐阜大学工学部 准教授
 
2007年
 - 
2014年
岐阜大学工学部 助教
 
2004年
 - 
2007年
岐阜大学工学部 助手
 
2000年
 - 
2004年
京都府立医科大学 大学院医学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年
名古屋市立大学 薬学研究科 薬学
 

論文

 
Regulation of the ER-bound transcription factor Luman/CREB3 in HEK293 cells.
Kentaro Oh-hashi, Kanto Takahashi, Yoko Hirata
FEBS Lett      2019年   [査読有り]
Effects of 2-(2-Chlorophenyl)ethylbiguanide on ERAD Component Expression in HT-29 Cells Under a Serum- and Glucose-Deprived Condition.
Oh-Hashi K, Matsumoto S, Sakai T, Hirata Y, Okuda K, Nagasawa H.
Appl Biochem Biotechnol      2019年   [査読有り]
Inhibition of double-stranded RNA-dependent protein kinase prevents oxytosis and ferroptosis in mouse hippocampal HT22 cells.
Hirata Y, Iwasaki T, Makimura Y, Okajima S, Oh-hashi K, Takemori H
Toxicology   418 1-10   2019年   [査読有り]
Elucidation of the molecular characteristics of wild-type and ALS-linked mutant SOD1 using the NanoLuc complementation reporter system.
Kentaro Oh-hashi, Yoko Hirata
Appl Biochem Biotechnol   188(4) 1009-1021   2019年   [査読有り]
Substructural dynamics of the phase-I drug metabolizing enzyme, carbonyl reductase 1, in response to various substrate and inhibitor configurations.
Mahmoud Kandeel, Abdulla Al-Taher, Mohammed Al-Nazawi, Kantaro Oh-hashi
Trop J Pharm Res      2019年   [査読有り]

書籍等出版物

 
神経科学入門講座(下)
田中雅樹, 大橋憲太郎, 鳴瀬善久, 飯島典夫 (担当:共編者, 範囲:視交叉上核と生物時計)
羊土社   2002年   

講演・口頭発表等

 
小胞体ストレス測定法の開発と神経疾患解析への応用
大橋 憲太郎
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科公開講座 先端をゆく連合創薬医療情報研究科   2016年   
神経変性疾患の発症機構と小胞体ストレスに由来する新規栄養因子 第127回 日本薬理学会近畿部会
大橋 憲太郎
2015年   
神経変性疾患の発症機構と小胞体ストレスに由来する新規栄養因子
大橋 憲太郎
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科公開講座 先端をゆく 連合創薬医療情報研究科 –創薬から臨床応用まで–   2015年   
新規小胞体ストレス応答因子の探索と神経変性疾患解析への応用
大橋 憲太郎
日本薬学会東海支部 特別講演会   2015年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ゴルジ体ストレスシグナルに着目した新たな老年病発症メカニズムの解析
基盤研究(B)
研究期間: 2019年 - 2023年    代表者: 大橋 憲太郎
ゲノム編集技術による新規ストレス制御機構の探索と老年病治療への応用
挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 大橋 憲太郎
低分子量ルシフェラーゼNanoLucを用いた細胞内情報伝達解析システムの開発と病態評価への応用
公益財団法人 小川科学技術財団: 
研究期間: 2015年       代表者: 大橋 憲太郎
低分子量ルシフェラーゼNanoLucを用いた新規小胞体ストレス応答性分泌タンパク質の制御機構の解析
中部電気利用基礎研究振興財団: 
研究期間: 2014年       代表者: 大橋 憲太郎
膵臓β細胞における新規細胞保護因子MANFの発現制御および機能の解析
鈴木謙三記念医科学応用研究財団: 
研究期間: 2013年       代表者: 大橋 憲太郎

社会貢献活動

 
高校生のための生命科学体験プログラム
【講師】  2015年 - 2019年
研究室から大学はいま:『神経細胞保護法』の開発を目指す
【情報提供】  岐阜  2015年5月
日本脂質栄養学会 第19回大会
【運営参加・支援】

その他

 
日本基礎老化学会 評議員 (2005-2007)