樋口 三郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/11 09:05
 
アバター
研究者氏名
樋口 三郎
 
ヒグチ サブロウ
ハンドル
hig3
URL
http://www.a.math.ryukoku.ac.jp/~hig/
所属
龍谷大学
部署
理工学部 数理情報学科
職名
准教授
学位
修士(理学)(東京工業大学), 博士(理学)(東京工業大学)
ORCID ID
0000-0003-3004-711X

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
龍谷大学 理工学部 准教授
 
2000年10月
 - 
2017年3月
龍谷大学 理工学部 講師
 
2008年4月
 - 
2009年3月
Universite Paris-Sud LPTMS 龍谷大学長期国外研究員
 
1995年
 - 
2000年
東京大学 教養学部 助手
 
1994年9月
 - 
1995年3月
Service de Physique Theorique, CE-Saclay, CEA Post-doctoral Fellow
 

学歴

 
 
 - 
1994年
東京工業大学 理工学研究科 物理学専攻
 
 
 - 
1990年
東京工業大学 理学部 
 

論文

 
Anomalous diffusion analysis of the lifting events in the event-chain Monte Carlo for the classical XY models
Kenji Kimura and Saburo Higuchi
Europhysics Letters   120(3) 30003   2017年11月   [査読有り]
Kenji Kimura and Saburo Higuchi
27(11) 1650128   2016年4月   [査読有り]
Saburo Higuchi, Marc Mezard
223(1) 12003   2010年   [査読有り]
Saburo Higuchi and Marc Mezard   2009 P12009   2009年   [査読有り]
One-dimensional double chain composed of carbamoylmethy Ithio-substituted TTF-based donor in iron radical salt
Go Ono, Hiroshi Terao, Saburo Higuchi, Akira Izuoka, Tadashi Sugawara, and Tomoyuki Mochida
IO 2277-2282   2000年   [査読有り]
Hamiltonian cycles on random lattices of arbitrary genus
Saburo Higuchi
540 731   1999年   [査読有り]
Saburo Higuchi
J.Phys.A32(1999)3697-3709      1998年12月
A Hamiltonian cycle of a graph is a closed path that visits every vertex once
and only once. It serves as a model of a compact polymer on a lattice. I study
the number of Hamiltonian cycles, or equivalently the entropy of a compact
polymer, on var...
Field theoretic approach to the counting problem of Hamiltonian cycles of graphs
Saburo Higuchi
58 128   1998年   [査読有り]
Renormalization group approach to multiple-arc random matrix models
Saburo Higuchi, Chigak Itoi, Shinsuke Nishigaki, and Norisuke Sakai
Physics Letters B   398 123-129   1997年4月   [査読有り]
Large N renormalization group for random matrix models
Saburo Higuchi, Chigak Itoi, Shinsuke Nishigaki, and Norisuke Sakai
Proceedings of the IVth Wigner symposium   334-337   1996年   [査読有り]
Masako Asano, Saburo Higuchi
Mod.Phys.Lett. A10 (1995) 2831      1995年7月
We study the relation between lattice construction and surgery construction
of three-dimensional topological field theories. We show that a class of the
Chung-Fukuma-Shapere theory on the lattice has representation theoretic
reformulation which is...
Saburo Higuchi, Ivan K. Kostov
Phys.Lett. B357 (1995) 62-70      1995年6月
We derive a minimal set of Feynman rules for the loop amplitudes in unitary
models of closed strings, whose target space is a simply laced (extended)
Dynkin diagram. The string field Feynman graphs are composed of propagators,
vertices (including ...
Saburo Higuchi, Chigak Itoi, Shinsuke Nishigaki, Norisuke Sakai
Nucl.Phys. B434 (1995) 283-318; Erratum-ibid. B441 (1995) 405      1994年9月
Large-Tex renormalization group equations for one- and two-matrix models are
derived. The exact renormalization group equation involving infinitely many
induced interactions can be rewritten in a form that has a finite number of
coupling constants...
Masako Asano, Saburo Higuchi
Mod.Phys.Lett.A   9 2359-2370   1994年5月   [査読有り]
We investigate the 3d lattice topological field theories defined by Chung,
Fukuma and Shapere. We concentrate on the model defined by taking a deformation
Tex of the quantum double of a finite commutative group Tex as the
underlying Hopf algeb...
Higuchi Saburo, Itoi Chigak, Sakai Norisuke
Progress of theoretical physics. Supplement   (114) 53-71   1994年
The renormalization group approach is studied for large N models. The approach of Brezin and Zinn-Justin is explained and examined for matrix models. The validity of the approach is clarified by using the vector model as a similar and simpler exam...
Saburo Higuchi, Chigak Itoi, Shinsuke Nishigaki, Norisuke Sakai
Phys.Lett. B318 (1993) 63-72      1993年7月
An exact renormalization group equation is derived for the free energy of
matrix models. The renormalization group equation turns out to be nonlinear for
matrix models, as opposed to linear for vector models. An algorithm for
determining the criti...
Saburo Higuchi, Chigak Itoi, Norisuke Sakai
Phys.Lett. B312 (1993) 88-96      1993年3月
The validity of the renormalization group approach for large Tex is clarified
by using the vector model as an example. An exact difference equation is
obtained which relates free energies for neighboring values of Tex. The
reparametrization freedo...
Point particles as defects in (2+1)-dimensional quantum gravity
Yoshihisa Fujiwara, Saburo Higuchi, Akio Hosoya, Takashi Mishima, and Masaru Siino
Classical and Quantum Gravity   9(4) 867-872   1992年6月   [査読有り]
Topology change in ISO(2,1) Chern-Simons gravity
Kaoru Amano and Saburo Higuchi
Nuclear Physics B   377 218-235   1992年6月   [査読有り]
ISO(2,1) gauge fields and 2+1 dimensional space-time
Kaoru Amano and Saburo Higuchi
Progress of Theoretical Physics Supplement   110 151-158   1992年2月   [査読有り]
Yoshihisa FUJIWARA, Saburo HIGUCHI, Akio HOSOYA, Takashi MISHIMA, Masaru SIINO
Progress of theoretical physics   87(2) 253-268   1992年2月   [査読有り][招待有り]
We investigate possibilities of topology change and nucleation of universes in the (2+1)-dimensional Einstein gravity model with negative cosmological constant. We demonstrate that topology change and nucleation phenomena can occur by quantum tunn...

Misc

 
樋口 三郎
FD・教材等研究開発報告書   0(13) 87-94   2010年
林 久夫, 樋口 三郎, 藤原 学
FD・教材等研究開発報告書   (10) 79-84   2008年6月
授業動画デジタルキャプチャ運用技術の開発と応用
樋口三郎, 飯田晋司, 二宮正和
龍谷大学大学教育開発センター FD・教材等研究開発報告書   (8)    2006年
携帯電話コンピューティングを応用した教材の開発
樋口三郎, 渡邉靖彦
龍谷大学大学教育開発センター FD・教材等研究開発報告書   (7)    2005年
樋口 三郎
数理解析研究所講究録   1275 179-181   2002年7月

書籍等出版物

 
J.J. キャラハン (担当:単訳)
シュプリンガーフェアラーク東京   2003年12月   ISBN:978-4431709145

講演・口頭発表等

 
Moodle の問題バンクを利用した LINE Chat Bot による小テストシステムの試作
芝原昇吾,樋口三郎
MoodleMoot Japan 2018   2018年2月22日   
越野真実, 山岸信博, 樋口三郎, 山岸義和
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2017年9月4日   
木村健治, 木村健治, 樋口三郎
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   2017年3月21日   
木村 健治, 樋口 三郎
日本物理学会講演概要集   2016年9月23日   
<p>レプリカ交換モンテカルロ法の精度を高めるには温度などのパラメータの設定と交換スケジュールが重要である.我々は多次元レプリカ交換モンテカルロ法において交換確率を一定にする手法を開発し,その手法とBittnerらによるレプリカ交換モンテカルロ法の交換スケジュールである!LaTeXTexアルゴリズムを組み合わせた手法を提案する.提案手法の効率をspin-1 Blume-Capelモデルを用いて, 1次転移線を回りこむかどうかという観点から評価する.</p>
予習-テスト-補習デザインのオンライン演習問題における学習者の行動の分析
樋口三郎
日本教育工学会第32回全国大会   2016年9月   日本教育工学会
木村健治, 樋口三郎
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   2016年3月22日   
木村健治, 樋口三郎
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   2015年9月24日   
木村健治, 樋口三郎
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   2015年3月24日   
樋口三郎
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2015年   
木村 健治, 樋口 三郎
日本物理学会講演概要集   2015年   
樋口 三郎
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   2014年10月11日   
プログラミング課題を,テスト入力に対する出力に基づいて裁定することを考える.乱数を利用するランダムアルゴリズムを含むプログラムの場合には,統計的検定に基づいて採点する方法,乱数発生ユニットとその処理を行うユニットに分割して採点する方法が考えられる.連続乱数発生器の採点方法を提案する.
木村健治, 樋口三郎
日本物理学会講演概要集   2014年8月22日   
木村健治, 樋口三郎
日本物理学会講演概要集   2014年3月5日   
樋口三郎
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2014年   
統計教育でのクリッカー・教室応答システムの利用
第9回統計教育の方法論ワークショップ   2014年   
グッドプラクティス収集・紹介によるeラーニングの学内普及活動
大学コンソーシアム京都第19回FDフォーラム   2014年   
樋口三郎
教育システム情報学会第38回全国大会   2013年   
ユーザ視点から見た種々の評定インポート方法
Moodle Moot Japan 2013   2013年   
数学物理系授業におけるクリッカー等を用いたアクティブラーニングの試み
第19回大学教育研究フォーラム   2013年   
Susceptibility Propagation と組合せ最適化
京都大学基礎物理学研究所研究会 情報統計力学の最前線 -情報と揺らぎの制御の物理学を目指して-   2012年   
LaTeX から Moodle XMLへの変換ツール
Moodle Moot Japan 2012   2012年   
進展するeラーニング環境と言語テスト
第35回日本言語テスト学会研究例会   2012年   
Correlation in constraint satisfaction problems
Saburo Higuchi and Marc Mezard
StatPhys24   2010年7月   
樋口三郎, MEZARD Marc
2009年度日本物理学会秋季大会   2009年8月   
Decimation Algorithm Based on Correlations for Constraint Satisfaction Problems on Random Networks
Saburo Higuchi and Marc Mezard
PHYSCOMNET 2009   2009年   
Susceptibility Propagation for Constraint Satisfaction Problems
Saburo Higuchi and Marc Mezard
The 5th European Conference on Complex Systems   2008年9月   
樋口 三郎
日本物理学会講演概要集   2001年3月9日   
樋口三郎
素粒子論研究   2000年12月20日   
樋口三郎
物性研究   1999年1月   
樋口三郎
日本物理学会講演概要集   1998年9月5日   
樋口 三郎
日本物理学会講演概要集   1998年9月5日   
樋口 三郎
日本物理学会講演概要集   1998年3月10日   
樋口三郎
日本物理学会講演概要集(分科会)   1997年9月   
樋口 三郎
日本物理学会講演概要集   1997年3月17日   
樋口三郎, 糸井千岳, 西垣真祐, 坂井典佑
日本物理学会講演概要集(年会)   1996年3月   
樋口 三郎
素粒子論研究   1995年12月20日   
Dynkin図形またはextended Dynkin図形をtarget spaceに持つ,c&le;1閉弦の場の理論を定義する.三角形分割で離散化された世界面の頂点にheight変数を置き,分配関数を行列積分を用いて表示する.そのFeynman規則を書き下す,それは,loop振幅の計算に実用上有効なものになっている.
樋口三郎, KOSTOV I K
日本物理学会講演概要集(分科会)   1995年9月   
浅野雅子, 樋口三郎
素粒子論研究   1995年4月   
浅野雅子, 樋口三郎
素粒子論研究   1994年12月   
樋口三郎, 糸井千岳, 西垣真祐, 坂井典佑
素粒子論研究   1994年4月   
樋口三郎, 糸井千岳, 西垣真祐, 坂井典佑
日本物理学会講演概要集(分科会)   1993年9月   
樋口 三郎, 糸井 千岳, 坂井 典佑
日本物理学会講演概要集. 年会   1993年3月16日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
計算困難問題の統計力学