首藤 剛

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/24 17:39
 
アバター
研究者氏名
首藤 剛
 
シュトウ ツヨシ
URL
http://www.molmed730.org/
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部(薬学系) 遺伝子機能応用学分野
職名
准教授
学位
薬学修士(熊本大学), 薬学博士(熊本大学)

プロフィール

 1977年2月,大分県別府市生まれ.別府市立亀川小学校,別府市立北部中学校,大分県立別府鶴見丘高校を経て,1995年,熊本大学薬学部に入学.熊本大学薬学部では,薬理学研究室(宮田健教授)に入り,甲斐広文(当時)助教授の指導を受ける.その後,1999年に,同大学大学院博士前期課程に入学し,大学院生時代に米国HOUSE EAR INSTITUTEで研究指導を受ける.帰国後,同大学にて甲斐教授が主宰される遺伝子機能応用学分野の助手・助教・講師を経て,現在,准教授として,研究・教育を行っている.

 米国において,上皮細胞における自然免疫受容体TLRのシグナル活性化経路およびその発現制御機構と炎症病態に関わる研究に従事し,中耳炎の起因菌であるインフルエンザ菌 (NTHi) によるTLR2活性化および発現制御機構の分子基盤を解明した (Proc Natl Acad Sci. 2001; J Biol Chem. 2002).帰国後は,留学時代の経験と研究室のテーマを融合し,ABCトランスポーターCFTRの発現・機能異常によって生じる嚢胞性線維症 (CF) の発症機構に着眼し,CFにおけるエピジェネティックなTLR2遺伝子発現制御機構を明らかにした (FASEB J. 2006; BMC Mol Biol. 2008).また,このTLR2による炎症応答は,IL-17AによりCF病態特異的に増強されることも明らかにした (J Pharmacol Sci. 2012; 2013年JPS優秀論文賞受賞).なお,これらの研究成果に基づき,2012年に日本薬学会九州支部会学術奨励賞を受賞した.一方,その後は,CF研究で培った手法を生かし,チャネル・トランスポーターの発現・機能異常によって生じる病態の発症機構の分子基盤に着眼し,1) CFTRの変異マウスが,新規の掻痒誘発モデルマウスであることを明らかにし(Lab Invest. 2011; 生化学. 2012),2) 尿酸排泄に関与するABCG2 (BCRP) の調節因子としてDerlin-1を同定し (BBRC. 2010),3) シトステロール血症に関与するABCG5/8の制御因子として,糖転移酵素STT3BやE3ユビキチンリガーゼRMA1・HRD1を同定した (Sci Rep. 2014).さらに,4) 上皮型Na+チャネル (ENaC) の制御因子としてCRTを同定し (Exp Cell Res. 2009),ENaCの異常活性化マウス (ENaC-Tg) がCOPD症状を呈することを明らかにし (Sci Rep., 2016),各種病態発症機構について多角的に解明した.

 研究内容としては,自然免疫の調節機構の解明に始まり,種々のチャネル・トランスポーターの発現調節機構の解明へと研究をシフトしてきた.一見,一貫性に欠けるとも思えなくないが,その研究手法は,今後,薬学分野において重要となると思われる分野横断・融合型の研究手法であるまた,現在,自身で確立した低致死率ENaC-Tgマウスのオミクス解析に基づき,CFなどの閉塞性肺疾患の病態を左右する種々の因子の治療標的妥当性の検証やHTSによる治療薬候補の探索,さらには,ヒト臨床データを用いた統計・薬理遺伝学的解析を行っており,今後,難治性呼吸器疾患領域に新風を巻き起こす研究を行っていきたい.

 なお,薬学会医療薬科学部会において「薬理系」の立場から若手世話人に就任し,また,トランスポーター研究会においては世話人として活躍し,薬学分野の若手を牽引する立場でがんばっている.

 また,近年は,社会貢献活動の一環として,熊本大学公開講座「薬を知ろう」シリーズも開講中である.

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1995年3月
大分県立別府鶴見丘高校
 
1995年4月
 - 
1999年3月
熊本大学 薬学部薬科学科
 
1999年4月
 - 
2001年3月
熊本大学  大学院薬学研究科博士前期課程(薬科学専攻 薬物学研究室)
 
1999年6月
   
 
薬剤師免許(登録第343924号)
 
1999年12月
 - 
2001年6月
米国ハウスイヤ研究所 細胞分子生物学分野 実験助手
 
2001年4月
 - 
2003年3月
熊本大学大学院薬学研究科 遺伝子機能応用学分野 助手
 
2003年4月
 - 
2006年10月
熊本大学大学院医学薬学研究部  遺伝子機能応用学分野 助手
 
2004年11月
 - 
2005年2月
カリフォルニア太平洋医療センター研究所 文部科学省米国 海外先進教育研究実践支援プログラム 在外研究員
 
2006年7月
   
 
薬学博士号取得
 
2006年11月
 - 
2009年3月
熊本大学大学院医学薬学研究部 遺伝子機能応用学分野 講師
 
2010年1月
 - 
2013年3月
熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系) 遺伝子機能応用学 講師
 
2013年4月
 - 
現在
熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系) 遺伝子機能応用学分野 准教授
 

委員歴

 
 
 - 
現在
トランスポーター研究会(世話人)
 
 
 - 
現在
日本薬学会(医療薬科学部会,若手世話人)
 
 
 - 
現在
日本薬理学会(学術評議員)
 

受賞

 
2015年
日本薬学会薬理系薬学部会 奨励賞 疾患関連トランスポーター・チャネルの機能・局在調節とその破綻による病態発症機構の解明
 
2013年
熊本大学 平成25年度国立大学法人熊本大学教育活動表彰グランプリ e-learningを利用した双方向型授業の取組みと継続的な社会貢献実習への取組み
 
2012年
日本薬学会九州支部会 学術奨励賞 感染時の自然免疫受容体TLR2の発現・機能調節とその炎症応答に関する研究
 
2007年6月
第2回トランスポーター研究会 ベストポスター賞 CFTR変異上皮細胞におけるDNA脱メチル化依存性TLR2遺伝子発現制御における転写因子SP1の重要性,小胞体分子シャペロンcalreticulinによるENaC発現および活性制御
 
2003年3月
第77回日本薬理学会年会 優秀発表賞  難治性気道炎症性疾患におけるToll-like receptor (TLR) 遺伝子発現制御異常
 

論文

 
Omachi K, Miyakita R, Fukuda R, Kai Y, Suico MA, Yokota T, Kamura M, Shuto T, Kai H
Clinical and experimental nephrology      2017年2月   [査読有り]
Koga T, Shiraki N, Yano S, Suico MA, Morino-Koga S, Sato T, Shuto T, Kume S, Kai H
BMC biotechnology   17(1) 14   2017年2月   [査読有り]
Suico MA, Taura M, Kudo E, Gotoh K, Shuto T, Okada S, Kai H
Biological & pharmaceutical bulletin   39(4) 641-647   2016年   [査読有り]
Suico MA, Shuto T, Kai H
Journal of molecular cell biology      2016年12月   [査読有り]
Shuto T, Kamei S, Nohara H, Fujikawa H, Tasaki Y, Sugahara T, Ono T, Matsumoto C, Sakaguchi Y, Maruta K, Nakashima R, Kawakami T, Suico MA, Kondo Y, Ishigami A, Takeo T, Tanaka KI, Watanabe H, Nakagata N, Uchimura K, Kitamura K, Li JD, Kai H
Scientific reports   6 39305   2016年12月   [査読有り]
Suzuki S, Sargent RG, Illek B, Fischer H, Esmaeili-Shandiz A, Yezzi MJ, Lee A, Yang Y, Kim S, Renz P, Qi Z, Yu J, Muench MO, Beyer AI, Guimarães AO, Ye L, Chang J, Fine EJ, Cradick TJ, Bao G, Rahdar M, Porteus MH, Shuto T, Kai H, Kan YW, Gruenert DC
Molecular therapy. Nucleic acids   5 e273   2016年1月   [査読有り]
Fukuda R, Suico MA, Kai Y, Omachi K, Motomura K, Koga T, Komohara Y, Koyama K, Yokota T, Taura M, Shuto T, Kai H
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   27(1) 144-157   2016年1月   [査読有り]
首藤恵子, 水之江翔太, 甲斐広文, 首藤剛
月刊アレルギーの臨床   (479) 1259-1264   2015年12月
Yokoyama T, Takaki S, Chosa K, Sato T, Suico MA, Teranishi Y, Shuto T, Mizuguchi M, Kai H
Journal of pharmacological sciences   129(4) 240-243   2015年12月   [査読有り]
Koga T, Suico MA, Shimasaki S, Watanabe E, Kai Y, Koyama K, Omachi K, Morino-Koga S, Sato T, Shuto T, Mori K, Hino S, Nakao M, Kai H
The Journal of biological chemistry   290(51) 30366-30374   2015年12月   [査読有り]
Taura M, Kudo E, Kariya R, Goto H, Matsuda K, Hattori S, Vaeteewoottacharn K, McDonald F, Suico MA, Shuto T, Kai H, Okada S
Journal of virology   89(5) 2643-2658   2015年3月   [査読有り]
Tsuyoshi Shuto
Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics   46 33-34   2015年1月
上皮型Na+チャネル過剰発現マウスを活用した閉塞性肺疾患治療標的の探索
首藤 剛
Jpn J Clin Pharmacol Ther 2015   46(1) 33-34   2015年
The effect of mild electrical stimulation with heat shock on diabetic KKAy mice.
Kai Y, Tsurekawa Y, Fukuda R, Omachi K, Piruzyan M, Okamoto Y, Motomura K, Suico MA, Shuto T, Kondo T, Araki E, Kai H.
Integr Mol Med.   3    2015年
難治性気道炎症疾患における感染誘導性IL-8産生に対するIL-17Aの作用
首藤恵子,水之江翔太,甲斐広文,首藤 剛.
アレルギーの臨床   35(13) 47-52   2015年
Suico MA, Fukuda R, Miyakita R, Koyama K, Taura M, Shuto T, Kai H
The Journal of biological chemistry   289(38) 26143-26154   2014年9月   [査読有り]
Ueno-Shuto K, Kato K, Tasaki Y, Sato M, Sato K, Uchida Y, Sakai H, Ono T, Suico MA, Mitsutake K, Tokutomi N, Kai H, Shuto T
The Journal of biological chemistry   289(26) 18097-18109   2014年6月   [査読有り]
Suzuki S, Shuto T, Sato T, Kaneko M, Takada T, Suico MA, Cyr DM, Suzuki H, Kai H
Scientific reports   4(4258) 4258   2014年3月   [査読有り]
Lipopolysaccharide decreases single immunoglobulin interleukin-1 receptor-related molecule (SIGIRR) expression by suppressing Sp1 via TLR4-p38 pathway in monocytes and neutrophils.
Keiko Ueno-Shuto, Kosuke Kato, Yukihiro Tasaki, Miki Sato, Keizo Sato, Yuji Uchida, Hiromichi Sakai, Tomomi Ono, Mary Ann Suico, Kazunori Mitsutake, Naofumi Tokutomi, Hirofumi Kai and Tsuyoshi Shuto
J Biol Chem.      2014年
Matsuyama S, Moriuchi M, Suico MA, Yano S, Morino-Koga S, Shuto T, Yamanaka K, Kondo T, Araki E, Kai H
PloS one   9(12) e114690   2014年   [査読有り]
Evaluation of three-dimensional cultured HepG2 cells in a nano culture plate system: an in vitro human model of acetaminophen hepatotoxicity.
Aritomi K, Ishitsuka Y, Tomishima Y, Shimizu D, Abe N, Shuto T, Irikura M, Kai H, Irie T
Journal of pharmacological sciences   124(2) 218-229   2014年   [査読有り]
感染時の自然免疫受容体toll-like receptor-2(TLR2)の発現・機能調節とその炎症応答に関する研究
首藤 剛
薬学雑誌   133(12) 1401-1409   2013年12月
TLR2の発現・機能調節・炎症応答に関する著者等の研究成果を以下の項目に分けて述べた。1)上皮細胞における莢膜非保有型インフルエンザ菌(NTHi)誘導性炎症性シグナル伝達機構の解明。2)上皮細胞におけるNTHi誘導性TLR2遺伝子発現上昇に係わるシグナル伝達機構の解明。3)グルココルチコイド製剤がNTHi誘導性TLR2遺伝子発現上昇に与える影響。4)嚢胞性線維症(CF)上皮細胞におけるTLR2遺伝子の発現上昇機構の解明。5)CF上皮細胞におけるTLR2シグナル誘導性IL-8発現に対するIL...
Fukuda R, Suico MA, Koyama K, Omachi K, Kai Y, Matsuyama S, Mitsutake K, Taura M, Morino-Koga S, Shuto T, Kai H
The Journal of biological chemistry   288(22) 16117-16126   2013年5月   [査読有り]
Morino-Koga S, Yano S, Kondo T, Shimauchi Y, Matsuyama S, Okamoto Y, Suico MA, Koga T, Sato T, Shuto T, Arima H, Wada I, Araki E, Kai H
Journal of cellular physiology   228(2) 439-446   2013年2月   [査読有り]
[Regulation of expression, function, and inflammatory responses of innate immune receptor Toll-like receptor-2 (TLR2) during inflammatory responses against infection].
Shuto T
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   133(12) 1401-1409   2013年   [査読有り]
Kazunori Mitsutake, Shinya Moriyama, Yumi Kishita, Sunao Katsuki, Sunao Katsuki, Sunao Katsuki, Hidenori Akiyama, Hidenori Akiyama, Hidenori Akiyama, Tsuyoshi Shuto, Hirofumi Kai
Proceedings of the 2012 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, IPMHVC 2012   110-113   2012年12月
The transient thermal shock (TTS) is instantaneous temperature change, more than ten degrees within seconds, caused by the pulsed electric fields. The famous thermal effect is heat shock (42-45 C for more than 10 min), we call it stationary heat s...
Komori H, Watanabe H, Shuto T, Kodama A, Maeda H, Watanabe K, Kai H, Otagiri M, Maruyama T
The Journal of biological chemistry   287(36) 30688-30700   2012年8月   [査読有り]
Sato T, Sako Y, Sho M, Momohara M, Suico MA, Shuto T, Nishitoh H, Okiyoneda T, Kokame K, Kaneko M, Taura M, Miyata M, Chosa K, Koga T, Morino-Koga S, Wada I, Kai H
Molecular cell   47(1) 99-110   2012年7月   [査読有り]
新規ダニ誘発性そう痒自然発症モデルマウスの病態解析
首藤 剛
生化学   84(5) 352-355   2012年5月
[Novel spontaneous mouse model of mite-induced itch symptoms].
Shuto T
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   84(5) 352-355   2012年5月   [査読有り]
Taura M, Suico MA, Koyama K, Komatsu K, Miyakita R, Matsumoto C, Kudo E, Kariya R, Goto H, Kitajima S, Takahashi C, Shuto T, Nakao M, Okada S, Kai H
Molecular and cellular biology   32(8) 1581-1590   2012年4月   [査読有り]
Komori H, Nishi K, Uehara N, Watanabe H, Shuto T, Suenaga A, Maruyama T, Otagiri M
Journal of pharmaceutical sciences   101(4) 1607-1615   2012年4月   [査読有り]
Matsuno T, Kariya R, Yano S, Morino-Koga S, Taura M, Suico MA, Shimauchi Y, Matsuyama S, Okamoto Y, Shuto T, Kai H, Okada S
International journal of oncology   40(4) 1071-1078   2012年4月   [査読有り]
新規ダニ誘発性掻痒自然発症モデルマウスの病態解析.
首藤 剛
生化学   84(5) 352-355   2012年
Insulin receptor activation through its accumulation in lipid rafts by mild electrical stress.
SUICO MARY ANN SOTEN,首藤 剛,Morino-Koga S, Yano S, Kondo T, Shimauchi Y, Matsuyama S, Okamoto Y, Suico MA, Koga T, Sata T, Shuto T, Arima H, Wada I, Araki E, Kai H.
J Cell Physiol.      2012年
α1-acid glycoprotein up-regulates CD163 via TLR4/CD14 pathway: possible protection against hemolysis-induced oxidative stress.
Komori H, Watanabe H, Shuto T, Kodama A, Maeda H, Watanabe K, Kai H, Otagiri M, Maruyama T.
J Biol Chem.   287(36) 30688-30700   2012年
Koga T, Kai Y, Fukuda R, Morino-Koga S, Suico MA, Koyama K, Sato T, Shuto T, Kai H
PloS one   7(8) e43852   2012年   [査読有り]
Synergism between interleukin (IL)-17 and Toll-like receptor 2 and 4 signals to induce IL-8 expression in cystic fibrosis airway epithelial cells.
Mizunoe S, Shuto T, Suzuki S, Matsumoto C, Watanabe K, Ueno-Shuto K, Suico MA, Onuki K, Gruenert DC, Kai H
Journal of pharmacological sciences   118(4) 512-520   2012年   [査読有り]
K. Mitsutake, S. Moriyama, K. Abe, S. Katsuki, H. Akiyama, T. Shuto, H. Kai
Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference   1559-1563   2011年12月
The transient thermal shock caused by the pulsed electric fields may provide a novel biological stress. Here, we compare the field-induced transient thermal shock (TTS), the non-thermal 100 MHz burst fields (NTFE) and the stationary heat shock (SH...
Y. Yamakawa, A. Hamada, A. Hamada, T. Shuto, M. Yuki, T. Uchida, H. Kai, T. Kawaguchi, H. Saito, H. Saito
Clinical Pharmacology and Therapeutics   90 157-163   2011年7月
The purpose of this study was to explore the role of the organic anion-transporting polypeptide (OATP) 1A2, which is encoded by SLCO1A2, in the cellular uptake of the Bcr-Abl tyrosine kinase inhibitor imatinib, and the relationship between SLCO1A2...
Watanabe K, Shuto T, Sato M, Onuki K, Mizunoe S, Suzuki S, Sato T, Koga T, Suico MA, Kai H, Ikeda T
Biochemical and biophysical research communications   408(1) 18-24   2011年4月   [査読有り]
Hashimoto Y, Shuto T, Mizunoe S, Tomita A, Koga T, Sato T, Takeya M, Suico MA, Niibori A, Sugahara T, Shimasaki S, Sugiyama T, Scholte B, Kai H
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   91(4) 509-518   2011年4月   [査読有り]
Sugiyama T, Shuto T, Suzuki S, Sato T, Koga T, Suico MA, Kusuhara H, Sugiyama Y, Cyr DM, Kai H
Biochemical and biophysical research communications   404(3) 853-858   2011年1月   [査読有り]
Taura M, Suico MA, Fukuda R, Koga T, Shuto T, Sato T, Morino-Koga S, Okada S, Kai H
Nucleic acids research   39(1) 76-88   2011年1月   [査読有り]
Glucose uptake in rat skeletal muscle L6 cells is increased by low-intensity electrical current through the activation of the phosphatidylinositol-3-OH kinase (PI-3K) / Akt pathway.
Yano S, Morino-Koga S, Kondo T, Suico MA, Koga T, Shimauchi Y, Matsuyama S, Shuto T, Sato T, Araki E, Kai H
Journal of pharmacological sciences   115(1) 94-98   2011年   [査読有り]
Shimasaki S, Koga T, Shuto T, Suico MA, Sato T, Watanabe K, Morino-Koga S, Taura M, Okada S, Mori K, Kai H
Biochemical and biophysical research communications   402(2) 235-240   2010年11月   [査読有り]
Shuto T, Ono T, Ohira Y, Shimasaki S, Mizunoe S, Watanabe K, Suico MA, Koga T, Sato T, Morino S, Sato K, Kai H
Biochemical and biophysical research communications   398(4) 647-652   2010年8月   [査読有り]
Oba M, Suico MA, Morino S, Yano S, Matsuno T, Koga T, Sato T, Shuto T, Kai H
The Journal of surgical research   162(2) 213-220   2010年8月   [査読有り]
Miyata M, Sato T, Kugimiya M, Sho M, Nakamura T, Ikemizu S, Chirifu M, Mizuguchi M, Nabeshima Y, Suwa Y, Morioka H, Arimori T, Suico MA, Shuto T, Sako Y, Momohara M, Koga T, Morino-Koga S, Yamagata Y, Kai H
Biochemistry   49(29) 6104-6114   2010年7月   [査読有り]
Taura M, Fukuda R, Suico MA, Eguma A, Koga T, Shuto T, Sato T, Morino-Koga S, Kai H
Cancer science   101(7) 1610-1617   2010年7月   [査読有り]
Sunao Katsuki, Kazunori Mitsutake, Masahiko Yano, Hidenori Akiyama, Hirofumi Kai, Tsuyoshi Shuto
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation   17 678-684   2010年6月
This paper describes non-thermal and transient thermal effects of burst 100 MHz, 100 kV/m sinusoidal electric fields on the apoptotic activity in cultured HeLa cells. Two kinds of pulsing sequences, 50 0.2 ms-long pulses with 2 s intervals and a s...
Yoshida H, Takamura N, Shuto T, Ogata K, Tokunaga J, Kawai K, Kai H
Biochemical and biophysical research communications   394(3) 728-732   2010年4月   [査読有り]
Miyata M, Sato T, Mizuguchi M, Nakamura T, Ikemizu S, Nabeshima Y, Susuki S, Suwa Y, Morioka H, Ando Y, Suico MA, Shuto T, Koga T, Yamagata Y, Kai H
Biochemistry   49(1) 114-123   2010年1月   [査読有り]
Glucose uptake in rat skeletal muscle L6 cells is increased by low-intensity electrical current through the activation of the phosphatidylinositol-3-OH kinase (PI-3K) / Akt pathway.
Yano S, Morino-Koga S, Kondo T, Suico MA, Koga T, Shimauchi Y, Matsuyama S, Shuto T, Sato T, Araki E, Kai H.
Journal of Pharmacological Sciences   115(1) 94-98   2010年
TLR3 induction by anticancer drugs potentiates poly I:C-induced tumor cell apoptosis.(共著)
Taura M, Fukuda R, Suico MA, Eguma A, Koga T, Shuto T, Sato T, Morino-Koga S, Kai H.
Cancer Science      2010年
The citrus flavonoids hesperetin and naringenin block the lipolytic actions of TNF-α in mouse adipocytes. (共著)
Hiroki Yoshida, Norito Takamura, Tsuyoshi Shuto, Kenji Ogata, Jin Tokunaga, Keiichi Kawai, and Hirofumi Kai
Biochem. Biophys. Res. Commun   394 728-732   2010年
The role of Glu54 residue in transthyretin stability and thyroxine binding.(共著)
Miyata, M., Sato, T., Mizuguchi, M., Nakamura, T., Ikemizu, S., Nabeshima, Y., Susuki, S., Suwa, Y., Morioka, H., Ando, Y.Koga T.,Yamagata Y,Suico MA.,Shuto T.
Biochemistry   49(1) 114-123   2010年
Kai H, Suico MA, Morino S, Kondo T, Oba M, Noguchi M, Shuto T, Araki E
International journal of hyperthermia : the official journal of European Society for Hyperthermic Oncology, North American Hyperthermia Group   25(8) 655-660   2009年12月   [査読有り]
Sugahara T, Koga T, Ueno-Shuto K, Shuto T, Watanabe E, Maekawa A, Kitamura K, Tomita K, Mizuno A, Sato T, Suico MA, Kai H
Experimental cell research   315(19) 3294-3300   2009年11月   [査読有り]
Mary Ann Suico, Atsushi Tanaka, Tsuyoshi Shuto, Hirofumi Kai
Journal of Health Science   55 456-462   2009年6月
In recent years, the use of silver nanoparticles (SNPs) is gaining ground especially on its use as disinfectant or antiseptic. The application of SNPs in the manufacture of medical devices and products is attributed to its high antibacterial effic...
Susuki S, Sato T, Miyata M, Momohara M, Suico MA, Shuto T, Ando Y, Kai H
The Journal of biological chemistry   284(13) 8312-8321   2009年3月   [査読有り]
A novel combination of mild electrical stimulation and hyperthermia: general concepts and applications (review)(共著)
28. Hirofumi Kai, Mary Ann Suico, Saori Morino, Tatsuya Kondo, Mariko Oba, Mikiko Noguchi, Tsuyoshi Shuto, Eiichi Araki
International Journal of Hyperthermia   25(8) 655-660   2009年
Calreticulin positively regulates the expression and function of epithelial sodium channel.(共著)
Sugahara T., Koga T., Ueno-Shuto, K. Shuto, T., Watanabe, E., Maekawa A., Kitamura K., Tomita K., Mizuno A., Sato T.,Shuto T,Suico MA.
Experimental Cell Research   315(19) 3294-3300   2009年
Ephedrae herba, a component of Japanese herbal medicine Mao-to, efficiently activates the replication of latent human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) in a monocytic cell line.
Murakami T, Harada H, Suico MA, Shuto T, Suzu S, Kai H, Okada S
Biological & pharmaceutical bulletin   31(12) 2334-2337   2008年12月   [査読有り]
Taura M, Eguma A, Suico MA, Shuto T, Koga T, Komatsu K, Komune T, Sato T, Saya H, Li JD, Kai H
Molecular and cellular biology   28(21) 6557-6567   2008年11月   [査読有り]
Mild electrical stimulation increases ubiquitinated proteins and Hsp72 in A549 cells via attenuation of proteasomal degradation.
Morino S, Suico MA, Kondo T, Sekimoto E, Yano S, Matsuda T, Matsuno T, Shuto T, Araki E, Kai H
Journal of pharmacological sciences   108(2) 222-226   2008年10月   [査読有り]
Okiyoneda T, Niibori A, Harada K, Kohno T, Michalak M, Duszyk M, Wada I, Ikawa M, Shuto T, Suico MA, Kai H
Biochimica et biophysica acta   1783(9) 1585-1594   2008年9月   [査読有り]
FAP患者における微量元素の網羅的解析およびアミロイド線維形成に対するCr3+の影響
薄 聖子, 佐藤 卓史, 安東 由喜雄, 宮田 将徳, 西山 麻砂美, スイコ・メアリアン, 首藤 剛, 甲斐 広文
Biomedical Research on Trace Elements   19(2) 169-169   2008年6月
IFN-gamma down-regulates Hsp27 and enhances hyperthermia-induced tumor cell death in vitro and tumor suppression in vivo.
Oba M, Yano S, Shuto T, Suico MA, Eguma A, Kai H
International journal of oncology   32(6) 1317-1324   2008年6月   [査読有り]
Susuki S, Ando Y, Sato T, Nishiyama M, Miyata M, Suico MA, Shuto T, Kai H
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   15(2) 108-116   2008年6月   [査読有り]
Seo T, Ishitsu T, Oniki K, Abe T, Shuto T, Nakagawa K
The Journal of pharmacy and pharmacology   60(5) 631-635   2008年5月   [査読有り]
Furuta T, Shuto T, Shimasaki S, Ohira Y, Suico MA, Gruenert DC, Kai H
BMC molecular biology   9 39   2008年4月   [査読有り]
Hashimoto Y, Okiyoneda T, Harada K, Ueno K, Sugahara T, Yamashita A, Shuto T, Suico MA, Kai H
Biochimica et biophysica acta   1783(1) 153-162   2008年1月   [査読有り]
Morino S, Kondo T, Sasaki K, Adachi H, Suico MA, Sekimoto E, Matsuda T, Shuto T, Araki E, Kai H
PloS one   3(12) e4068   2008年   [査読有り]
Harada H, Murakami T, Tea SS, Takeuchi A, Koga T, Okada S, Suico MA, Shuto T, Kai H
International journal of hyperthermia : the official journal of European Society for Hyperthermic Oncology, North American Hyperthermia Group   23(8) 657-665   2007年12月   [査読有り]
Shuto T, Furuta T, Cheung J, Gruenert DC, Ohira Y, Shimasaki S, Suico MA, Sato K, Kai H
Leukemia research   31(12) 1721-1728   2007年12月   [査読有り]
Chirifu M, Hayashi C, Nakamura T, Toma S, Shuto T, Kai H, Yamagata Y, Davis SJ, Ikemizu S
Nature immunology   8(9) 1001-1007   2007年9月   [査読有り]
Sato T, Susuki S, Suico MA, Miyata M, Ando Y, Mizuguchi M, Takeuchi M, Dobashi M, Shuto T, Kai H
The EMBO journal   26(10) 2501-2512   2007年5月   [査読有り]
Harada K, Okiyoneda T, Hashimoto Y, Oyokawa K, Nakamura K, Suico MA, Shuto T, Kai H
Biochemical and biophysical research communications   353(2) 351-356   2007年2月   [査読有り]
Okiyoneda T, Niibori A, Harada K, Kohno T, Hashimoto Y, Kusuhara H, Takada T, Shuto T, Suico MA, Sugiyama Y, Kai H
Biochimica et biophysica acta   1763(10) 1017-1023   2006年10月   [査読有り]
Suico MA, Nakamura H, Lu Z, Saitoh H, Shuto T, Nakao M, Kai H
Biochemical and biophysical research communications   348(3) 880-888   2006年9月   [査読有り]
Okiyoneda T, Kono T, Niibori A, Harada K, Kusuhara H, Takada T, Shuto T, Suico MA, Sugiyama Y, Kai H
Biochemical and biophysical research communications   347(1) 67-75   2006年8月   [査読有り]
Harada K, Okiyoneda T, Hashimoto Y, Ueno K, Nakamura K, Yamahira K, Sugahara T, Shuto T, Wada I, Suico MA, Kai H
The Journal of biological chemistry   281(18) 12841-12848   2006年5月   [査読有り]
Shuto T, Furuta T, Oba M, Xu H, Li JD, Cheung J, Gruenert DC, Uehara A, Suico MA, Okiyoneda T, Kai H
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   20(6) 782-784   2006年4月   [査読有り]
Sato T, Ando Y, Susuki S, Mikami F, Ikemizu S, Nakamura M, Suhr O, Anraku M, Kai T, Suico MA, Shuto T, Mizuguchi M, Yamagata Y, Kai H
FEBS letters   580(2) 491-496   2006年1月   [査読有り]
Tsuyoshi Shuto, Kosuke Kato, Yoko Mori, Suganya Viriyakosol, Mariko Oba, Takashi Furuta, Tsukasa Okiyoneda, Hidetoshi Arima, Hidetoshi Arima, Mary Ann Suico, Hirofumi Kai
Biochemical and Biophysical Research Communications   338(3) 1402-1409   2005年12月
Lipopolysaccharide (LPS) induces inflammatory activation through TLR4 (toll-like receptor-4)/MD-2 (myeloid differentiation-2)/CD14 (cluster of differentiation-14) complex. Although optimal LPS signaling is required to activate our innate immune sy...
Tomoaki Koga, Hideki Harada, Seow Shi Tea, Seiji Okada, Mary Ann Suico, Tsuyoshi Shuto, Hirofumi Kai
Biochemical and Biophysical Research Communications   337(4) 1319-1323   2005年12月
Hyperthermia, which is used as an adjunctive therapy for cancer, is known to modulate the activity of natural killer (NK) cells in vitro, but its effect in vivo is unclear. In the present study, we used a whole body hyperthermia (WBH) device heate...
Shuji Shimohara, Toru Murakami, Mari Morikawa, Junko Matsuo, Shin Ichi Nagayama, Tsuyoshi Shuto, Mary Ann Suico, Tsukasa Okiyoneda, Isao Yamatsu, Toru Mizushima, Tatsuya Shimasaki, Hirofumi Kai
International Journal of Oncology   27(6) 1527-1533   2005年12月
Hyperthermia is used to treat various malignancies, including esophageal, stomach and rectal cancer. Since hyperthermia alone has produced limited results, much attention has been focused on combining hyperthermia with chemotherapy and on searchin...
Tomoaki Koga, Mary Ann Suico, Hideaki Nakamura, Manabu Taura, Zhuo Lu, Tsuyoshi Shuto, Tsukasa Okiyoneda, Hirofumi Kai
FEBS Letters   579(13) 2811-2816   2005年5月
Myeloid Elf-1 like factor (MEF) is an ETS protein, which activates the promoters of granulocyte macrophage colony-stimulating factor, interleukin-3, lysozyme, human beta defensin-2 and perforin. In spite of its many known functions, little is know...
ガンの工学的治療法の研究開発 -温熱療法を基礎技術として-.
甲斐広文, 村上徹, 森野沙緒里, 首藤剛.
混相流   19 329-329   2005年
小胞体分子シャペロンカルレティキュリンによるCFTR細胞内輸送制御機構のsiRNAを用いた解析.
原田一恒, 沖米田司, 首藤 剛, 甲斐広文.
炎症と免疫   13(1) 19-25   2005年
【アンチセンスとsiRNA】 小胞体分子シャペロンカルレティキュリンによるCFTR細胞内輸送制御機構のsiRNAを用いた解析
原田 一恒, 沖米田 司, 首藤 剛, 甲斐 広文
炎症と免疫   13(1) 19-25   2004年12月
嚢胞性線維症(cystic fibrosis:CF)は,進行性の呼吸器疾患などの症状,膵外分泌不全を引き起こす,常染色体劣性遺伝性疾患である.CFの原因は形質膜上においてcAMP依存性クロライドチャネルとして機能するCFTRの遺伝子変異による.CFで最も多い変異体△F 508 CFTRは,正しい高次構造が形成できないために,小胞体品質管理機構により分解され,形質膜上へ発現できない.本稿では,小胞体品質管理機構の中心的な役割を果たしているカルレティキュリンに注目し,カルレティキュリンがCFT...
Mary Ann Suico, Tomoaki Koga, Tsuyoshi Shuto, Akinori Hisatsune, Zhuo Lu, Carol Basbaum, Tsukasa Okiyoneda, Hirofumi Kai
Biochemical and Biophysical Research Communications   324(4) 1302-1308   2004年11月
Lysozyme protects us from the ever-present danger of bacterial infection. The expression of lysozyme is, in part, regulated by the Ets factor, myeloid elf-1-like factor (MEF). MEF binds to the ETS site of the lysozyme promoter at -46 to -40 bp. Cl...
Tsukasa Okiyoneda, Kazutsune Harada, Kaori Yamahira, Ikuo Wada, Yasuaki Hashimoto, Keiko Ueno, Mary Ann Suico, Tsuyoshi Shuto, Hirofumi Kai
Journal of Pharmacological Sciences   95 471-475   2004年8月
To examine the unknown trafficking pathway of the cystic fibrosis transmembrane conductance regulator (CFTR) from the endoplasmic reticulum (ER), we utilized baby hamster kidney cells stably expressing CFTR fused with green fluorescent protein. CF...
Mary Ann Suico, Zhuo Lu, Tsuyoshi Shuto, Tomoaki Koga, Tomoko Uchikawa, Hiroki Yoshida, Kazuhito Matsuzaki, Mitsuyoshi Nakao, Jian Dong Li, Hirofumi Kai
Journal of Pharmacological Sciences   95 466-470   2004年8月
The human β-defensin 2 (HBD 2) is a potent anti-bacterial peptide with a wide spectrum of activity. MEF (myeloid elf-1-1ike factor) or Elf4, a member of the ETS transcription factor family, has been shown to up-regulate the basal expression of the...
Mary Ann Suico, Hiroki Yoshida, Yoshiyuki Seki, Tomoko Uchikawa, Zhuo Lu, Tsuyoshi Shuto, Kazuhito Matsuzaki, Mitsuyoshi Nakao, Jian Dong Li, Hirofumi Kai
Journal of Biological Chemistry   279 19091-19098   2004年4月
Myeloid elf-1-like factor (MEF) or Elf4, which is a member of the ETS transcription factor family, up-regulates the basal expression of lysozyme gene in epithelial cells and is constitutively localized in the nucleus. The mammalian cell nucleus is...
Zhuo Lu, Kyoung Ah Kim, Mary Ann Suico, Tsuyoshi Shuto, Jian Dong Li, Hirofumi Kai
FEBS Letters   561 117-121   2004年3月
Human β-defensin 2 (HBD2), an antimicrobial peptide, is widely expressed in epithelial tissues and displays a potent killing activity in response to the invasiveness of a wide range of microorganisms and the stimulation of various molecules. Myelo...
Tsukasa Okiyoneda, Kazutsune Harada, Motohiro Takeya, Kaori Yamahira, Ikuo Wada, Tsuyoshi Shuto, Mary Ann Suico, Yasuaki Hashimoto, Hirofumi Kai
Molecular Biology of the Cell   15 563-574   2004年2月
The most common cystic fibrosis transmembrane conductance regulator (CFTR) mutant in cystic fibrosis patients, ΔF508 CFTR, is retained in the endoplasmic reticulum (ER) and is consequently degraded by the ubiquitin-proteasome pathway known as ER-a...
Delta F508 CFTR pool in the endoplasmic reticulum is increased by calnexin overexpression.
Okiyoneda T, Harada K, Takeya M, Yamahira K, Wada I, Shuto T, Suico MA, Hashimoto Y, Kai H.
Mol Biol Cell.   1577 563-563   2004年
The ETS transcription factor MEF up-regulates lysozyme transcription in Epithelial cells through interaction with PML protein
Mary Ann Suico, Hiroki Yoshida, Yoshiyuki Seki, Tomoko Uchikawa, Zhuo Lu,Tsuyoshi Shuto, Kazuhito Matsuzaki, Mitsuyoshi Nakao, Jian-Dong Li, andHirofumi Kai
J.Biol.Chem.   279(18) 19091-19098   2004年

書籍等出版物

 
全国動物保健看護系大学協会
インターズー   2016年   ISBN:9784899959069
オーム社   2007年5月   ISBN:4274203921

講演・口頭発表等

 
アンジオテンシンII受容体拮抗薬による遺伝性腎疾患アルポート症候群の治療効果メカニズムの解明
加世田 将大, 大町 紘平, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2017年4月   
p53のpodocyteにおける役割とpodocyte障害性腎症への関与
嘉村 美里, 大町 紘平, 横田 翼, 寺本 啓祐, 加世田 将大, 小嶋 遥, 福田 亮介, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2017年4月   
STAT3阻害はアルポート症候群の腎病態進展を抑制する
横田 翼, 大町 紘平, 福田 亮介, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2017年4月   
アルポート症候群原因タンパク質α345(IV)三量体形成のHTS評価系の確立と治療応用
大町 紘平, 寺本 啓祐, 嘉村 美里, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2017年4月   
COPD 病因・病態 2型糖尿病併発がもたらす"肺組織インスリン抵抗性"によるCOPD病態増悪機
野原 寛文, 亀井 竣輔, 藤川 春花, 中嶋 竜之介, 丸田 かすみ, 川上 太聖, Suico Mary Ann, 猿渡 淳二, 甲斐 広文, 首藤 剛
日本呼吸器学会誌   2017年3月   
正常および慢性閉塞性肺疾患時における血中尿酸値と肺機能の関係性
藤川 春花, 細山田 真, 首藤 剛, 亀井 竣輔, 野原 寛文, 丸田 かすみ, 中嶋 竜之介, 川上 太聖, 江藤 結花, Suico Mary Ann, 甲斐 広文, 猿渡 淳二, 渡邊 博志, 益田 菜月, 竹尾 透, 中潟 直己, 富岡 直子
日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集   2017年2月   
進むオーファンドラッグ(希少疾患用医薬品)に対する創薬 遺伝性プロテインミスフォールディング病に対する創薬
甲斐 広文, 大町 紘平, スイコ・メリーアン, 首藤 剛
臨床薬理   2016年10月   
Alport症候群の原因タンパク質に基づく治療法開発に向けた基礎的研究
大町 紘平, 寺本 啓祐, 嘉村 美里, 小嶋 遥, 福田 亮介, 横田 翼, 山川 瑠斐子, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本小児腎臓病学会雑誌   2016年6月   
微量元素からみた疾病 閉塞性肺疾患における亜鉛トランスポーターの発現制御
首藤 剛
Biomedical Research on Trace Elements   2016年6月   
乾癬における最適化微弱電流の病態改善効果に関する研究
連川 雄, 森内 将貴, 沖田 剛, 中野 義雄, Piruzyan Mariam, 高田 雅文, 森田 美咲, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
GLP-1受容体作動薬の呼吸器に対する作用解明とCOPD病態への影響
野原 寛文, 首藤 剛, 中嶋 竜之介, 亀井 竣輔, 藤川 春花, 丸田 かすみ, Suico Mary Ann, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
嚢胞性線維症の原因遺伝子CFTRの機能に依存したIncRNAの発現変動とその機能解析
亀井 竣輔, 首藤 剛, 丸田 かすみ, 藤川 春花, 野原 寛文, 中嶋 竜之介, 田崎 幸裕, 首藤 恵子, Suico Mary Ann, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
線虫解析から見えてきたtaurineのTRPVを介したメカニズム
森内 将貴, 中野 義雄, 沖田 剛, 連川 雄, Prussian Mariam, 高田 雅文, Chaudhary Nora, Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
FAM105AはLPS誘導性炎症性サイトカインの発現を抑制する
横田 翼, 福田 亮介, Suico Mary Ann, 小嶋 遥, 古賀 友昭, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
患者のQOL改善を目指した薬学基礎研究 遺伝性腎炎アルポート症候群の早期病態および原因タンパク質標的による創薬に向けた基礎研究
大町 紘平, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
閉塞性肺疾患モデルマウスの肺病態に対するウリカーゼ阻害剤の影響
藤川 春花, 首藤 剛, 亀井 竣輔, 野原 寛文, 丸田 かすみ, 中嶋 竜之介, Suico Mary Ann, 竹尾 透, 中潟 直己, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
嚢胞性線維症の気道上皮において発現変動する機能未知lncRNAの解析
亀井 竣輔, 首藤 剛, 丸田 かすみ, 野原 寛文, 藤川 春花, 中嶋 竜之介, 田崎 幸裕, 首藤 恵子[上野], Suico Mary Ann, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
Hsp47によるTTRタンパク質の細胞内品質管理機構の解明
脇田 有梨子, 山川 瑠斐子, 帖佐 圭佑, 高木 瞬, 寺西 ゆり子, 佐藤 卓史, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
分子機序に基づいた難治性呼吸器疾患治療の新展開 閉塞性肺疾患モデルマウスを用いた肺病態増悪因子の同定とその治療的応用
首藤 剛, 亀井 竣輔, 坂口 由起, 松本 千鶴, 小野 智美, 菅原 卓哉, 野原 寛文, 藤川 春花, 丸田 かすみ, 中嶋 竜之介, スイコ・メリーアン, 近藤 嘉高, 石神 昭人, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
FAM105Aは単球系細胞において、LPS誘導性炎症応答を抑制する
横田 翼, 福田 亮介, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 古賀 友紹, 小山 皓介, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
GLP-1受容体刺激による閉塞性肺疾患病態増悪機構
野原 寛文, 首藤 剛, 亀井 竣輔, 中嶋 竜之介, 藤川 春花, 丸田 かすみ, Suico Mary Ann, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
遺伝性腎炎Alport症候群の原因タンパク質COL4A5の分解機構とER chaperoneによる細胞内品質管理機構の解明
大町 紘平, 嘉村 美里, 寺本 啓祐, 横田 翼, 福田 亮介, 本村 敬士, 山川 瑠斐子, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
線虫、ヒト細胞においてtaurineはTRPVを介して酸化ストレスを抑制する
森内 将貴, 中野 義雄, スイコ・メリーアン, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
生体と培養系における炎症誘導性サイトカインに対する軽度の電気刺激の効果と作用機序(The Effect and Mechanism of Mild Electrical Stimulation on Pro-inflammatory Cytokines in vivo and in vitro)
Piruzyan Mariam, Shitanda Ihori, Shimauchi Yuichiro, メリーアン・スイコ, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2015年12月   
最適化した高周波微弱パルス電流によるアルツハイマー病関連脳内炎症抑制作用
沖田 剛, 光武 和典, 高田 雅文, メアリーアン・スイコ, 首藤 剛, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 甲斐 広文
Dementia Japan   2015年9月   
遺伝性腎疾患Alport症候群原因タンパク質から見るType IV collagen品質管理機構の解明
大町 紘平, 嘉村 美里, 寺本 啓祐, 福田 亮介, 横田 翼, 本村 敬士, 山川 瑠斐子, メアリーアン・スイコ, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本細胞生物学会大会講演要旨集   2015年6月   
Alport症候群の原因タンパク質COL4A5に注目した病態発症メカニズムの解明
大町 紘平, 嘉村 美里, 寺本 啓祐, 福田 亮介, 山川 瑠斐子, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本小児腎臓病学会雑誌   2015年6月   
糸球体プロテオーム解析によるアルポート症候群の新規治療標的の探索
嘉村 美里, 小山 皓介, 大町 紘平, 福田 亮介, 甲斐 友佳理, 本村 敬士, 寺本 啓祐, 小谷 俊介, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 三隅 将吾, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2015年4月   
Alport症候群の原因タンパク質COL4A5に注目した病態発症メカニズムの解明
大町 紘平, 嘉村 美里, 寺本 啓祐, 福田 亮介, 山川 瑠斐子, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2015年4月   
ビタミンCの欠損は、慢性閉塞性肺疾患モデルマウスにおける呼吸機能低下や肺気腫病態を悪化させる
首藤 剛, 坂口 由起, 野原 寛文, 亀井 竣輔, 藤川 春花, 近藤 嘉高, Suico Mary Ann, 石神 昭人, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2015年3月   
ビタミンC欠損は閉塞性肺疾患モデルマウスの肺機能・肺気腫病態を悪化させる
亀井 竣輔, 首藤 剛, 坂口 由起, 野原 寛文, 藤川 春花, ガバザ・エステバン, 甲斐 広文
日本呼吸器学会誌   2015年3月   
GLP-1受容体作動薬Exendin-4は閉塞性肺疾患モデルマウスの肺機能・肺気腫病態を悪化させる
野原 寛文, 首藤 剛, 亀井 竣輔, 藤川 春花, 中嶋 竜之介, 坂口 由起, スイコ・メリーアン, 甲斐 広文
日本呼吸器学会誌   2015年3月   
創薬応用を目指すチャネル・トランスポーター研究最前線 上皮型Na+チャネル過剰発現マウスを活用した閉塞性肺疾患治療標的の探索
首藤 剛
臨床薬理   2015年1月   
創薬応用を目指すチャネル・トランスポーター研究最前線 上皮型Na+チャネル過剰発現マウスを活用した閉塞性肺疾患治療標的の探索
首藤 剛, 亀井 竣輔, 野原 寛文, 藤川 春花, 坂口 由起, 松本 千鶴, 小野 智美, 菅原 卓哉, スイコ・メリーアン, 甲斐 広文
臨床薬理   2014年11月   
炎症応答制御の分子基盤解明と創薬への挑戦 腎疾患におけるp53の病態生理学的役割と新たな病態進行抑制薬の開発に向けて
甲斐 広文, 福田 亮介, 大町 紘平, スイコ・メリアン, 首藤 剛
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2014年10月   
糸球体プロテオーム解析による慢性腎臓病の新規治療標的分子の網羅的解析
大町 紘平, 小山 皓介, 福田 亮介, 甲斐 友佳理, 本村 敬士, 嘉村 美里, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2014年5月   
微弱パルス電流および温熱併用処置の腎病態改善作用とその分子機序
甲斐 友佳理, 古賀 友紹, 福田 亮介, 古賀 沙緒里[森野], Suico Mary Ann, 大町 紘平, Piruzyan Mariam, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2014年5月   
p53のpodocyte脱分化抑制機能及び、Alport症候群モデルマウスにおける腎保護的機能の解明
福田 亮介, 小山 皓介, 本村 敬士, 甲斐 友佳理, 大町 紘平, 古賀 友紹, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本腎臓学会誌   2014年5月   
腎および肺疾患の標的としての上皮イオンチャネル研究の最前線 上皮型Na+チャネル(ENaC)過剰発現と粘液貯留を呈する閉塞性肺疾患
首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2014年3月   
グリーンファルマ 新しい創薬システムへの挑戦 プロテインフォールディングに異常を有するヒト遺伝性疾患に対する創薬研究
首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2014年3月   
ZIP2新規スプライシングバリアントの発現が嚢胞性線維症の気道上皮における粘液分泌を制御する(Genetic Information and Expression/RNA processing, transport, translation and degradation (including non-coding RNA)
亀井 竣輔, 首藤 剛, 上野 恵子[首藤], 松本 千鶴, 坂口 由起, 野原 寛文, メリーアン・スイコ, 甲斐 広文
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2013年9月   
翻訳後N型糖鎖修飾を介した小胞体品質管理機構による家族性アミロイドーシスの発症制御機構の解明
佐藤 卓史, 庄 美里, メリーアン・スイコ, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2013年3月   
遺伝性糸球体腎疾患アルポート症候群に対する新たなphysical medicineの腎病態改善効果
甲斐 友佳理, 古賀 友紹, 福田 亮介, 古賀 沙緒里, Suico Mary Ann, 小山 皓介, 松山 真吾, 佐藤 卓史, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2013年3月   
新規physical medicine微弱パルス電流のLKB1-AMPK経路活性化を介した脂肪蓄積抑制効果およびストレス耐性付与効果
松山 真吾, 岡本 有加, 四反田 伊穂李, 大町 紘平, 森内 将貴, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2013年3月   
HRD1・RMA1ユビキチンリガーゼファミリーによるE3活性依存的・非依存的なヒトABCG5/ABCG8蛋白質の負の制御
首藤 剛, 鈴木 伸悟, 佐藤 卓史, 金子 雅幸, 高田 龍平, メリーアン・スイコ, 鈴木 洋史, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2013年3月   
野生型および変異型TTRの相互作用分子の探索および機能解析
帖佐 圭佑, 桃原 真美子, 庄 美里, 三隅 将吾, 山川 瑠斐子, 佐藤 卓史, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2013年3月   
閉塞性肺疾患モデルマウス肺組織およびヒト気道上皮細胞のマイクロアレイ解析と亜鉛トランスポーターZIP2の新規スプライシングアイソフォーム発現について
亀井 竣輔, 首藤 剛, 松本 千鶴, 坂口 由起, 野原 寛文, Suico Mary Ann, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2013年3月   
慢性腎疾患Alport syndromeモデルマウスを用いた癌抑制遺伝子p53の腎保護的機能の解明
福田 亮介, 小山 皓介, 古賀 友紹, 甲斐 友佳理, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2013年3月   
粘液貯留を呈する閉塞性肺疾患モデルマウスの創出とその肺病態へのセリンプロテアーゼ阻害剤の効果
首藤 剛, 松本 千鶴, 坂口 由起, 亀井 竣輔, 小野 智美, Suico Mary Ann, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2013年3月   
LPS刺激下の単球・好中球におけるIgおよびTIRドメイン含有受容体SIGIRRの発現および機能解析
首藤 恵子, 首藤 剛, 佐藤 美希, 佐藤 圭創, メアリーアン・スイコ, 内田 友二, 徳冨 直史, 甲斐 広文
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2012年12月   
変異トランスサイレチンの翻訳後N型糖鎖修飾における制御因子の探索
庄 美里, 佐藤 卓史, 西頭 英起, 小亀 浩市, 金子 雅幸, 和田 郁夫, メリーアン・スイコ, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2012年12月   
HRD1・RMA1ユビキチンリガーゼファミリーによるE3活性依存的・非依存的なヒトABCG5/ABCG8蛋白質の負の制御
首藤 剛, 鈴木 伸悟, 佐藤 卓史, 金子 雅幸, 高田 龍平, メリーアン・スイコ, 鈴木 洋史, 甲斐 広文
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2012年12月   
α1-酸性糖タンパク質によるCD163発現誘導を介した生体防御機構の解明
小森 久和, 渡邊 博志, 首藤 剛, 甲斐 広文, 小田切 優樹, 丸山 徹
日本薬学会年会要旨集   2012年3月   
新規閉塞性肺疾患モデルマウスの創出とその肺病態へのメシル酸カモスタットの効果
首藤 剛, 小野 智美, 松本 千鶴, 坂口 由起, 亀井 竣輔, メリーアン・スイコ, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2012年3月   
遺伝性腎疾患および糖尿病性腎症に対する新たなphysical medicineの腎病態改善効果
甲斐 広文, 甲斐 友佳理, 岡本 有加, 古賀 友紹, 古賀 沙緒里, 福田 亮介, 松山 真吾, Suico Mary Ann, 首藤 剛
日本薬学会年会要旨集   2012年3月   
気道上皮特異的βENaC発現マウスの気道病態に対するメシル酸カモスタットの効果
小野 智美, 首藤 剛, 松本 千鶴, 坂口 由起, 亀井 竣輔, Suico Mary Ann, 甲斐 広文, グローバルCOE「細胞系譜制御研究の国際的人材育成ユニット」
日本薬理学雑誌   2012年3月   
気道上皮特異的βENaC過剰発現マウスの粘液過剰分泌病態および肺機能解析
松本 千鶴, 首藤 剛, 小野 智美, 坂口 由起, 亀井 竣輔, Suico Mary Ann, 甲斐 広文, グローバルCOE「細胞系譜制御研究の国際的人材育成ユニット」
日本薬理学雑誌   2012年3月   
遺伝性腎炎アルポート症候群における微弱電流と温熱による病態改善効果(Activation of multiple signaling pathways by mild electrical and heat stress ameliorates proteinuria and nephritis in mouse model of Alport syndrome)
古賀 友紹, 甲斐 友佳理, 福田 亮介, 古賀 沙緒里[森野], スイコ・メアリアン, 小山 皓介, 佐藤 卓史, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2011年9月   
AGPのCD163誘導作用に基づく新規抗炎症機序解明
小森 久和, 渡邊 博志, 首藤 剛, 丸山 徹, 小田切 優樹
日本薬剤学会年会講演要旨集   2011年5月   
糖鎖型および脱糖鎖型BCRPタンパク質のDerlin-1による負の翻訳後発現調節
首藤 剛, 杉山 崇, 鈴木 伸悟, 佐藤 卓史, 古賀 友紹, Suico Mary Ann, 楠原 洋之, 杉山 雄一, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2011年3月   
粘液貯留を示す新たな呼吸器疾患モデルマウスを用いた薬理学的研究
小野 智美, 松本 千鶴, 首藤 剛, 坂口 由起, Suico Mary Ann, 古賀 友紹, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2011年3月   
上皮細胞における小胞体ストレス誘導時のToll様受容体2発現制御機構の解明
島崎 省吾, 古賀 友昭, 首藤 剛, Suico Mary Ann, 佐藤 卓史, 渡邉 健司, 森野 沙緒里, 田浦 学, 岡田 誠治, 森 和俊, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2011年3月   
トランスサイレチンの翻訳後N型糖鎖修飾を介した新規小胞体品質管理機構
迫 康弘, 佐藤 卓史, 桃原 真美子, 庄 美里, 西頭 英起, 金子 雅幸, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2011年3月   
イマチニブ体内動態に及ぼす有機アニオントランスポータOATP1A2およびSLCO1A2 SNPsの影響
山川 裕司, 濱田 哲暢, 首藤 剛, 結城 美里, 内田 隆, 中島 麗子, 佐藤 大介, 甲斐 広文, 川口 辰哉, 齋藤 秀之
臨床薬理   2010年11月   
CurcuminによるTLR2発現・機能制御
首藤 剛, 小野 智美, 大平 裕子, 島崎 省吾, 水之江 翔太, 渡邉 健司, Suico Mary Ann, 古賀 友紹, 佐藤 卓史, 森野 沙緒里, 佐藤 圭創, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2010年3月   
脂肪細胞の遊離脂肪酸分泌制御機構に対する柑橘類フラボノイドの影響
吉田 裕樹, 高村 徳人, 首藤 剛, 緒方 賢次, 徳永 仁, 川井 恵一, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2010年3月   
嚢胞性線維症気道上皮細胞におけるIL-8発現に対するIL-17Aおよび病原体構成成分の相乗作用
水之江 翔太, 首藤 剛, 鈴木 伸悟, 松本 千鶴, 古賀 友紹, 佐藤 卓史, 森野 紗緒里, Suico Mary Ann, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2010年3月   
HRD1によるABCトランスポーターABCG5/8の翻訳後発現制御
鈴木 伸悟, 首藤 剛, 新堀 晶子, 佐藤 卓史, 杉山 崇, 高田 龍平, 金子 雅幸, Suico Mary Ann, 古賀 友紹, 森野 沙緒里, 鈴木 洋史, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2010年3月   
2型糖尿病における微弱電流と温熱によるインスリン抵抗性改善メカニズムの解明
森野 沙緒里, 矢野 脩一朗, 松野 嵩, 島内 祐一郎, 松山 真吾, 岡本 有加, 近藤 龍也, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 和田 郁夫, 荒木 栄一, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2010年3月   
炭酸Ca服用血液透析患者における血清リン値に対するプロトンポンプ阻害薬(PPI)の影響とCYP2C19遺伝子多型の関係
平田 純生, 金井 優佳, 久木山 厚子, 田添 昇, 中山 眞人, 池崎 信彦, 田中 元子, 平山 英雄, 石松 隆志, 甲斐 広文, 首藤 剛, 江崎 香菜子, 門脇 大介
日本透析医学会雑誌   2009年5月   
遺伝子改変マウスから見いだされたトランスポーター・チャネルの新規機能 機能不全型CFTR発現マウスにおけるダニ誘発性そう痒および皮膚線維化の増大
首藤 剛, 橋本 泰明, 水之江 翔太, メリーアン・スイコ, 甲斐 広文
日本薬学会年会要旨集   2009年3月   
脂肪細胞の炎症性変化に対する柑橘類フラボノイドの影響
吉田 裕樹, 河野 大順, 緒方 賢次, 徳永 仁, 松岡 俊和, 川井 恵一, Suico Mary A., 首藤 剛, 甲斐 広文, 高村 徳人
日本薬学会年会要旨集   2009年3月   
微弱パルス電流併用によるハイパーサーミアの適応拡大に関する基礎的検討
森野 沙緒里, 古賀 友紹, 大庭 真理子, 矢野 脩一朗, メリーアン・スイコ, 首藤 剛, 近藤 龍也, 荒木 栄一, 甲斐 広文
Thermal Medicine   2009年3月   
The endoplasmic reticulum-associated degradation of transthyretin variants is negatively regulated by BiP in mammalian cells.
FASEB SUMMER RESEARCH CONFERENCES, From unfolded proteins in the endoplasmic reticulum to disease   2009年   
The role of Glu54 in transthyretin for protein stability, thyroxine binding and secretion from the cells.
FASEB SUMMER RESEARCH CONFERENCES, From unfolded proteins in the endoplasmic reticulum to disease   2009年   
ヒトNK活性は熱処理によりパーフォリン依存性に低下する
原田 英樹, 村上 徹, Tea Seow Shi, 竹内 晃, 古賀 友紹, 岡田 誠治, Suico Mary Ann, 首藤 剛, 甲斐 広文
The Journal of Toxicological Sciences   2008年6月   
転写因子MEFの発現および機能制御におけるp53の役割
小松 賢生, 田浦 学, メリーアン・スイコ, 江隈 綾香, 小宗 武文, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2008年3月   
好中球様分化細胞におけるTLR遺伝子発現及び応答性の上昇
大平 裕子, 首藤 剛, 古田 貴志, 島崎 省吾, 渡邉 健司, メリーアン・スイコ, 甲斐 広文
日本薬理学雑誌   2008年3月   
小胞体品質管理機構によるトランスサイレチン変異体の細胞内運命の制御機構(Endoplasmic reticulum quality control regulates the fate of transthyretin variants in the cell)
佐藤 卓史, 薄 聖子, Suico Mary A., 宮田 将徳, 安東 由喜雄, 水口 峰之, 竹内 誠, 土橋 美津紀, 首藤 剛, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2007年11月   
温熱と微弱電流の併用による2型糖尿病モデルマウスの病態改善効果(Heat shock with mild electrical stimulation ameliorates insulin resistance and glucose homeostasis in mouse models of type 2 diabetes)
森野 沙緒里, 近藤 龍也, 佐々木 一成, 足立 博紀, 関本 絵梨果, 矢野 脩一朗, 松田 朋子, スイコ・メアリアン, 首藤 剛, 荒木 栄一, 甲斐 広文
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2007年11月   
酸化LDLによるアディポサイトカイン産生亢進とその分子機序
國安 明彦, 徳永 真理子, 首藤 剛, 甲斐 広文, 中山 仁
日本薬学会年会要旨集   2007年3月   
熊本産・鹿角霊芝に関する基礎研究ートリペルテノイド(ガノデリン酸)のプロファイル分析についてー
第22回熊本県産学官技術交流会   2007年   
疾患関連ABCトランスポーターの翻訳後発現調節とその破綻による病態発症機構
特定領域研究「G蛋白質シグナル」&「膜輸送複合体」合同若手ワークショップ   2007年   
2型糖尿病モデルマウスにおけるHsp27によるインスリン抵抗性改善効果
第81回日本薬理学会年会   2007年   
小胞体分子シャペロンcalreticulinによるENaC発現および活性制御
第2回トランスポーター研究会   2007年   
CFTR変異上皮細胞におけるDNA脱メチル化依存性TLR2遺伝子発現制御における転写因子SP1の重要性
第2回トランスポーター研究会   2007年   
CFTRの成熟化におけるbafilomycin A1感受性経路の重要性
第2回トランスポーター研究会   2007年   
局所ハイパーサーミアと微弱電流を用いた新規2型糖尿病治療法
日本ハイパーサーミア学会第24回大会 ~ハイパーサーミアの新展開~   2007年   
パーフォリンの発現調整 を介したNK細胞活性化制御機構
日本ハイパーサーミア学会第24回大会 ~ハイパーサーミアの新展開~   2007年   
SP1 IS CRUCIAL FOR DNA DEMETHYLATION-DEPENDENT GENE UPREGULATION OF TOLL-LIKE RECEPTOR-2 IN HUMAN CF BRONCHIAL EPITHELIAL CELLS
The 21st Annual North American Cystic Fibrosis Conference   2007年   
転写因子 MEF の発現および機能制御における p53 の役割
薬理学会西南部会   2007年   
粘液糖蛋白質MUC1によるTLRシグナルの負の制御
薬理学会西南部会   2007年   
好中球様分化細胞における TLR 遺伝子発現および応答性の上昇
薬理学会西南部会   2007年   
疾患関連ABCトランスポーターの翻訳後発現調節とその破綻による病態発症機構
第1回トランスポーター研究会九州部会   2007年   
小胞体分子シャペロンcalreticulinによるENaC発現および活性制御
第1回トランスポーター研究会九州部会   2007年   
CFTR変異上皮細胞におけるDNA脱メチル化依存性TLR2遺伝子発現制御における転写因子SP1の重要性
第1回トランスポーター研究会九州部会   2007年   
Calreticulin発現抑制を介したクルクミンによるCFTR蛋白質安定化
第1回トランスポーター研究会九州部会   2007年   
Breast Cancer Resistance Protein (BCRP)分解促進分子群の同定
第1回トランスポーター研究会九州部会   2007年   
ABCG5/8の細胞内輸送機構の解明
第1回トランスポーター研究会九州部会   2007年   
トランスサイレチンの細胞内運命を決定する小胞体品質管理機構
第2回臨床ストレス応答学会   2007年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
長鎖非コードRNAの制御異常は,ABCトランスポーター病の分子病態を反映するか?
2016年 - 2018年

競争的資金等の研究課題

 
疫学解析と自然発症型モデル動物解析の融合による閉塞性肺疾患の包括的理解と創薬研究
基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 首藤 剛
長鎖非コードRNAの制御異常は,ABCトランスポーター病の分子病態を反映するか?
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 首藤 剛
網羅的発現解析を基盤にした閉塞性肺疾患の治療標的・診断マーカーの探索とその応用
基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 首藤 剛
遺伝性難病FAPに対する創薬研究
基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 甲斐 広文
Derlin1またはHRD1による疾患関連ABCトランスポーターの翻訳後発現調節
若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 首藤 剛
ミスフォールディング疾患に対する創薬研究
基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 甲斐 広文
CFTR機能不全によるアレルギー・気道炎症の分子病態の解析とその治療応用
若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 首藤 剛
ABCトランスポーター分子複合体の機能・局在調節とその破綻による病態発症機構
特定領域研究
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 首藤 剛
フォールディング病に対する新たな治療原理の確立
基盤研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 甲斐 広文
難治性気道炎症性疾患における慢性炎症誘発のエピジェネティック分子基盤
若手研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 首藤 剛
難治性気道炎症性疾患におけるToll様受容体発現異常とそのメカニズムの解明
若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 首藤 剛
変異CFTRの小胞体からの輸送障害機構の解明とエスコート分子の治療への応用
特定領域研究
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 甲斐 広文
分子シャペロンおよびETS転写因子をターゲットにした難治性疾患の治療法の開発
基盤研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 甲斐 広文
TLR発現制御におけるCFTR遺伝子変異の影響と分子シャペロンの役割
特定領域研究
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 甲斐 広文
インフルエンザ桿菌感染によるToll様受容体発現調節機構の解明 研究課題
若手研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 首藤 剛
TLR発現に影響を与える新規因子〜CFTR遺伝子変異と分子シャペロン〜
特定領域研究
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 甲斐 広文

社会貢献活動

 
熊本大学公開講座「薬を知ろう! 〜大衆薬・サプリメント編〜」
【講師】  2016年 - 現在
熊本大学公開講座「薬を知ろう! 〜医療用医薬品(病院・薬局でもらう薬)編〜」
【講師】  2016年 - 現在
熊本大学授業開放-免疫学
【講師】  2014年10月 - 現在
教員免許更新講習
【講師】  2016年