屋 宏典

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/31 10:52
 
アバター
研究者氏名
屋 宏典
 
オク ヒロスケ
所属
琉球大学
部署
熱帯生物圏研究センター 分子生命科学研究施設
職名
教授
学位
農学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
   
 
- , 琉球大学 分子生命科学研究センター 教授
 

受賞

 
1996年1月
日本栄養・食糧学会 日本栄養・食糧学会奨励賞
 
1993年3月
公益財団法人沖縄協会 沖縄研究奨励賞
 

論文

 
Plant hormone effects on isoprene emission from tropical tree Ficus septica
Shahanaz Parveen, Md. Asif Iqbal, Ishmael Mutanda, Md. Harun-Ur-Rashid, Masashi Inafuku, Hirosuke Oku
Plant Cell & Environment   in press    2019年1月   [査読有り]
Shahanaz Parveen, Md. Harun-Ur-Rashid, Masashi Inafuku, Hironori Iwasaki, Hirosuke Oku
Tree Physiology   in press    2018年11月   [査読有り]
Evaluation of isoprene emission rates of tropical trees by an iterative optimization procedure for G-93 parameters
TakuyaHiga, Shahanaz Parveen, Ishmael Mutand, Md AsifI qbal, Masashi Inafuku, Fumio Hashimoto, Hirosuke Oku
Atmospheric Environment   192 209-217   2018年11月   [査読有り]
Hasanuzzaman M, Nahar K, Alam MM, Bhuyan MHMB, Oku H, Fujita M
Plant physiology and biochemistry : PPB   126 173-186   2018年5月   [査読有り]
Exogenous nitric oxide donor and arginine provide protection against short-term drought stress in wheat seedlings
Mirza Hasanuzzaman, Kamrun Nahar, Anisur Rahman, Masashi Inafuku, Hirosuke Oku, Masayuki Fujita
Physiol Mol Biol Plants      2018年4月   [査読有り]
Md Harun-Ur-Rashid, Iwasaki H, Parveen S, Oogai S, Fukuta M, Hossain MA, Anai T, Oku H
Applied biochemistry and biotechnology      2018年4月   [査読有り]
Hasanuzzaman Mirza, Oku Hirosuke, Nahar Kamrun, Bhuyan M. H. M. Borhannuddin, Al Mahmud Jubayer, Baluska Frantisek, Fujita Masayuki
PLANT BIOTECHNOLOGY REPORTS   12(2) 77-92   2018年4月   [査読有り]
Rashid MH, Iwasaki H, Oogai S, Fukuta M, Parveen S, Hossain MA, Anai T, Oku H
Journal of plant research   131(2) 319-329   2018年3月   [査読有り]
Diversity and abundance of polyisoprenoid composition in coastal plant species from North Sumatra, Indonesia
Basyuni, M., Wati, R., Sagami, H., Sumardi, Baba, S., Oku, H.
Biodiversitas   19 1-11   2018年1月   [査読有り]
Inafuku M, Basyuni M, Oku H
Saudi journal of biological sciences   25(1) 1-9   2018年1月   [査読有り]
Hossain Md Daud, Inafuku Masashi, Iwasaki Hironori, Taira Naoyuki, Mostofa Mohammad Golam, Oku Hirosuke
AQUATIC BOTANY   142 32-40   2017年9月   [査読有り]
Salinity Alters the Polyisoprenoid Alcohol Content and Composition of Both Salt-Secreting and Non–Salt-Secreting Mangrove Seedlings
Basyuni, M., Sagami, H., Baba, S., Putri, L.A., Wati, R., Oku, H.
HAYATI Journal of Biosciences   24(4) 206-214   2017年4月   [査読有り]
Taira Naoyuki, Nugara Ruwani N., Inafuku Masashi, Takara Kensaku, Ogi Takayuki, Ichiba Toshio, Iwasaki Hironori, Okabe Takafumi, Oku Hirosuke
JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS   29 19-28   2017年2月   [査読有り]
Hasanuzzaman M, Nahar K, Hossain MS, Mahmud JA, Rahman A, Inafuku M, Oku H, Fujita M
International journal of molecular sciences   18(1)    2017年1月   [査読有り]
Basyuni Mohammad, Sagami Hiroshi, Baba Shigeyuki, Oku Hirosuke
DENDROBIOLOGY   78 18-31   2017年   [査読有り]
Iwasaki H, Inafuku M, Taira N, Saito S, Oku H
BioMed research international   2017 2130594   2017年   [査読有り]
Mutanda I, Inafuku M, Saitoh S, Iwasaki H, Fukuta M, Watanabe K, Oku H
Plant, cell & environment   39(10) 2260-2275   2016年10月   [査読有り]
Mutanda Ishmael, Inafuku Masashi, Iwasaki Hironori, Saitoh Seikoh, Fukuta Masakazu, Watanabe Keiichi, Oku Hirosuke
ATMOSPHERIC ENVIRONMENT   141 287-296   2016年9月   [査読有り]
Mutanda I, Saitoh S, Inafuku M, Aoyama H, Takamine T, Satou K, Akutsu M, Teruya K, Tamotsu H, Shimoji M, Sunagawa H, Oku H
Tree physiology   36(7) 873-882   2016年7月   [査読有り]
Inafuku M, Takara K, Taira N, Nugara RN, Kamiyama Y, Oku H
Phytomedicine : international journal of phytotherapy and phytopharmacology   23(5) 509-516   2016年5月   [査読有り]
Asikin Y, Takahashi M, Mizu M, Takara K, Oku H, Wada K
Journal of the science of food and agriculture   96(4) 1209-1215   2016年3月   [査読有り]
Asikin Yonathan, Hirose Naoto, Tamaki Hajime, Ito Satoru, Oku Hirosuke, Wada Koji
LWT-FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY   66 340-347   2016年3月   [査読有り]
屋 宏典, 稲福 征志, 齋藤 星耕
オレオサイエンス   16(1) 7-19,4-5   2016年1月
Basyuni Mohammad, Sagami Hiroshi, Baba Shigeyuki, Iwasaki Hironori, Oku Hirosuke
DENDROBIOLOGY   75 167-175   2016年   [査読有り]
日置久美子, 日置久美子, 川崎千穂子, 山元正博, 林国興, 屋宏典
日本家禽学会誌   52(J2) J48-J55   2015年10月
Oku H, Inafuku M, Ishikawa T, Takamine T, Ishmael M, Fukuta M
Journal of plant research   128(5) 849-861   2015年9月   [査読有り]
Inafuku M, Matsuzaki G, Oku H
PloS one   10(6) e0128676   2015年6月   [査読有り]
Asikin Yonathan, Maeda Goki, Tamaki Hajime, Mizu Masami, Oku Hirosuke, Wada Koji
FOOD RESEARCH INTERNATIONAL   67 102-110   2015年1月   [査読有り]
日置 久美子, 川崎 千穂子, 山元 正博, 林 国興, 屋 宏典
日暖畜報   58(1) 45-53   2015年   [査読有り]
本研究では黒麹および黒麹リキッドフィード(LF) 給与が肥育豚の生産性に与える影響を調べた。実験1 では鹿児島バークシャーを用い、市販配合飼料に黒麹0.05%および0.1%を配合して給与した。その結果、無添加対照区に比べ黒麹0.05%区において増体量は改善傾向にあり飼料要求率(FCR)は有意に低下した。実験2 では三元交雑種(LW・D)去勢雄に乾物として配合飼料の20%および40%をLF(食品残さを黒麹で発酵させた)で代替して与えた。その結果、対照区(配合飼料区)に比べ20%給与区で増体量...
Nugara RN, Inafuku M, Takara K, Iwasaki H, Oku H
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   30(10) 1177-1184   2014年10月   [査読有り]
Bunkrongcheap R, Hutadilok-Towatana N, Noipha K, Wattanapiromsakul C, Inafuku M, Oku H
Lipids in health and disease   13 88   2014年5月   [査読有り]
Nugara RN, Inafuku M, Iwasaki H, Oku H
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   30(5) 575-583   2014年5月   [査読有り]
Oku H, Inafuku M, Takamine T, Nagamine M, Saitoh S, Fukuta M
Chemosphere   95 268-273   2014年1月   [査読有り]
Susanti S, Iwasaki H, Inafuku M, Taira N, Oku H
Phytomedicine : international journal of phytotherapy and phytopharmacology   21(1) 39-46   2013年12月   [査読有り]
Inafuku M, Nagao K, Inafuku A, Yanagita T, Taira N, Toda T, Oku H
Molecular nutrition & food research   57(9) 1671-1679   2013年9月   [査読有り]
Inafuku M, Nugara RN, Kamiyama Y, Futenma I, Inafuku A, Oku H
Lipids in health and disease   12 124   2013年8月   [査読有り]
Basyuni M, Baba S, Kinjo Y, Putri LA, Hakim L, Oku H
Journal of plant physiology   169(18) 1903-1908   2012年12月   [査読有り]
Susanti S, Iwasaki H, Itokazu Y, Nago M, Taira N, Saitoh S, Oku H
Journal of natural medicines   66(4) 614-621   2012年10月   [査読有り]
Inafuku M, Li C, Kanda Y, Kawamura T, Takeda K, Oku H, Watanabe H
Lipids   47(6) 581-591   2012年6月   [査読有り]
Basyuni Mohammad, Baba Shigeyuki, Kinjo Yuji, Oku Hirosuke
AQUATIC BOTANY   97(1) 17-23   2012年2月   [査読有り]
Nukitrangsan N, Okabe T, Toda T, Inafuku M, Iwasaki H, Oku H
Journal of oleo science   61(2) 89-101   2012年2月   [査読有り]
Nukitrangsan N, Okabe T, Toda T, Inafuku M, Iwasaki H, Yanagita T, Oku H
Journal of oleo science   60(10) 527-536   2011年10月   [査読有り]
Basyuni Mohammad, Kinjo Yuji, Baba Shigeyuki, Shinzato Naoya, Iwasaki Hironori, Siregar Edy B. M., Oku Hirosuke
PLANT MOLECULAR BIOLOGY REPORTER   29(3) 533-543   2011年9月   [査読有り]
Okabe T, Toda T, Nukitrangsan N, Inafuku M, Iwasaki H, Oku H
Phytotherapy research : PTR   25(6) 870-877   2011年6月   [査読有り]
Iwasaki H, Okabe T, Takara K, Yoshida Y, Hanashiro K, Oku H
Cancer chemotherapy and pharmacology   66(5) 953-959   2010年10月   [査読有り]
El-Bassi L, Iwasaki H, Oku H, Shinzato N, Matsui T
Chemosphere   81(1) 109-113   2010年9月   [査読有り]
Okabe T, Toda T, Nukitrangsan N, Inafuku M, Iwasaki H, Yanagita T, Oku H
Journal of oleo science   59(4) 161-167   2010年4月   [査読有り]
Leong Abraham Cheng-Ning, Kinjo Yoshinori, Tako Masakuni, Iwasaki Hironori, Oku Hirosuke, Tamaki Hajime
FOOD CHEMISTRY   119(2) 630-635   2010年3月   [査読有り]
Iwasaki H, Okabe T, Takara K, Toda T, Shimatani M, Oku H
Cancer chemotherapy and pharmacology   65(4) 719-726   2010年3月   [査読有り]
Basyuni M, Baba S, Inafuku M, Iwasaki H, Kinjo K, Oku H
Journal of plant physiology   166(16) 1786-1800   2009年11月   [査読有り]
El Bassi L, Shinzato N, Namihira T, Oku H, Matsui T
Journal of hazardous materials   167(1-3) 124-127   2009年8月   [査読有り]
Oku H, Li C, Shimatani M, Iwasaki H, Toda T, Okabe T, Watanabe H
Cancer chemotherapy and pharmacology   64(3) 485-496   2009年8月   [査読有り]
Okabe T, Toda T, Inafuku M, Wada K, Iwasaki H, Oku H
Journal of agricultural and food chemistry   57(1) 69-75   2009年1月   [査読有り]
Mucosal vaccination approach against mosquito-borne Japanese encephalitis virus.
Harakuni T, Kohama H, Tadano M, Uechi G, Tsuji N, Matsumoto Y, Miyata T, Tsuboi T, Oku H, Arakawa T
Japanese journal of infectious diseases   62(1) 37-45   2009年1月   [査読有り]
ANTIATHEROSCLEROTIC ACTIVITY OF KOKUTO, OKINAWAN NONCENTRIFUGAL CANE SUGAR
Okabe Takafumi, Toda Takayoshi, Inafuku Masashi, Wada Koji, Iwasaki Hironori, Oku Hirosuke
ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM   55 543   2009年   [査読有り]
Oku Hirosuke, Fukuta Masakazu, Iwasaki Hironori, Tambunan Parlindungan, Baba Shigeyuki
ATMOSPHERIC ENVIRONMENT   42(38) 8747-8754   2008年12月   [査読有り]
Morine N, Matsuda S, Terada K, Iwasaki H, Oku H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   72(2) 591-594   2008年2月   [査読有り]
Takahashi Makoto, Dai Kitamoto, Tomohiro Imura, Hirosuke Oku, Kensaku Takara and Koji Wada
Biosci. Biotechnol. Biochem   72(5) 1199-1205   2008年5月   [査読有り]
Nobuya MORINE, Seiko MATSUDA, Koki TERADA, Hironori IWASAKI, and Hirosuke OKU
Biosci Biotechnol Biochem   72(2) 591-594   2008年2月   [査読有り]
Nobuya Morine, Seiko Matsuda, Koki Terada, Akira Eto, Isao Ishida, Hirosuke Oku
Toxicon   51(3) 345-352   2008年3月   [査読有り]
Mohammad Basyuni, Hirosuke Oku, Etsuko Tsujimoto, Kazuhiko Kinjo, Shigeyuki Baba and Kensaku Takara
FEBS Journal   274(19) 5028-5042   2007年10月   [査読有り]
Mohammad Basyuni, Hirosuke Oku, Etsuko Tsujimoto,and Shigeyuki Baba
Biosci. Biotech. Biochem.   71(7) 1788-1792   2007年7月   [査読有り]
TAMBUNAN Parlindungan, 馬場 繁幸, 屋 宏典
Japanese Journal of Tropical Agriculture   51(1) 30-34   2007年
Inafuku M, Toda T, Okabe T, Shinjo A, Iwasaki H, Oku H.
Poult. Sci.   86 1166-1173   2007年
Mohammad Basyuni, Hirosuke Oku, Shigeyuki Baba, Kensaku Takara, Hironori Iwasaki
J Oceanography   63(4) 601-608   2007年8月   [査読有り]
H. Oku, S. Wongtangtintharn, H. Iwasaki, M. Shimatani, T. Toda
Cancer Chemother. Pharmacol.   60(6) 767-775   2007年11月   [査読有り]
Masashi Inafuku, Takayoshi Toda, Takafumi Okabe, Koji Wada, Kensaku Takara, Hironori Iwasaki, Hirosuke Oku
Food Science and Technology Research   13(1) 61-66   2007年2月   [査読有り]
Parlindungan Tambunan, Shigeyuki Baba, Hirosuke Oku
Japanese Journal of Tropical Agriculture   51 30-34   2007年
Makoto TAKAHASHI, Kei-ichiro INAFUKU, Takeshi MIYAGI, Hirosuke OKU, Koji WADA, Tomohiro IMURA and Dai KITAMOTO
Journal of Oleo Science   56 35-42   2007年
S. Wongtangtintharn, 屋 宏典、稲福 征志、岩崎公典、戸田隆義
日本栄養・食糧学会誌   59(2) 115-118   2006年4月
分枝鎖脂肪酸の抗がん活性の発現メカニズムを探るため, 特殊な炭素鎖構造をもつ脂肪酸の乳がん細胞脂質への取り込みを調べ, 脂肪酸炭素鎖の化学構造と細胞毒性との関連性について検討した。培地に添加されたすべての脂肪酸はリン脂質よりもトリグリセリドに優先的に取り込まれ, 分枝鎖脂肪酸については主鎖の炭素数が14の脂肪酸が13のものよりも取り込み率が高い傾向にあった。シクロアルキル基をもつ脂肪酸の取り込みは分枝鎖脂肪酸よりも低い傾向にあった。ヒドロキシ脂肪酸の取り込みは分枝鎖脂肪酸とほぼ同程度と見積...
前田剛希,広瀬直人,屋宏典,高良健作,和田浩二
日本食品科学工学会誌   53 627-633   2006年
Mohammad Basyuni, Hirosuke Oku, Masashi Inafuku, Shigeyuki Baba, Hironori Iwasaki, Keichiro Oshiro, Takafumi Okabe, Masaaki Shibuya, Yutaka Ebizuka
Phytochemistry   67(23) 2517-2524   2006年12月   [査読有り]
P. Tambunan, S. Baba, A. Kuniyosh, H. Iwasak, T. Nakamura, H.Yamasaki and H. Oku
Chemosphere   65(11) 2138-2144   2006年12月   [査読有り]
H. Iwasaki, H. Oku, R. Takara, H. Miyahira, K. Hanashiro, Y. Yoshida, Y. Kamada, T. Toyokawa, K. Takara, M. Inafuku
Cancer Chemother Pharmacol   2006(4) 451-459   2006年10月   [査読有り]
Maeda Gouki, Hirose Naoto, Oku Hirosuke, Takara Kensaku, Wada Koji
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI   53(12) 627-633   2006年   [査読有り]
S. Wongtangtintharn, H. Oku, H. Iwasaki, M. Inafuku, T. Toda, and T. Yanagita
Lipids in Health and Disease   4 29   2005年11月   [査読有り]
H.Yamashiro et al.
Fisheries Sci   (71) 448-453   2005年
Wongtangtintharn S, Oku H, Iwasaki H, Toda T
Journal of nutritional science and vitaminology   50(2) 137-143   2004年4月   [査読有り]
Analysis of microsatellite instability and loss of heterozygosity in human aortic atherosclerotic lesions.
M.Inafuku et al.
Rinshobyouri   52(52) 961-965   2004年12月   [査読有り]
S.Wongtangtintharn et al.
J. Nutr. Sci. Vitaminol   (50) 137-143   2004年
Oku.H et al.
Biosci. Biotech. Biochem   67(67) 1584-1586   2003年7月   [査読有り]
Seasonal changes in the content and composition of lipids in the coral Goniastrea aspera.
Oku.H et al.
Coral Reefs   (22) 83-85   2003年
Oku.H et al.
Fisheries Sci   (69) 625-631   2003年
Oku.H et al.
J. Plant Res   116(116) 37-45   2003年2月   [査読有り]
孫 麗曼, 大田 豊, 勝山 直文, 玉城 一, 屋 宏典, 知念 功
日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science   55(3) 149-155   2002年6月
骨粗鬆症の予防研究に必要となる確実な誘発法として食餌制限が有効であることを示し, さらに女性ホルモンであるエストロゲン投与が予防法の一つとして効果的であることを明らかにした。6週齢の Wistar 系雌ラットにAIN-93G標準食を10日間自由摂食させて予備飼育した後, 5匹ずつ4群に分けて, 食餌制限とエストロゲン投与を行って3週間の飼育実験を行った。対照群となる Group 1にはAIN-93Gを自由に摂取させ, 残りの群にはタンパク質, ミネラルおよびビタミン量を標準食の2倍に調製し...
Urasaki.N et al.
Theor. Appl. Genet   (104) 281-285   2002年
Oku.H et al.
Fisheries Sci   (68) 517-522   2002年
ダイエットにより誘発した骨粗鬆症に対する運動の影響
孫 麗曼, 嘉陽 啓作, 宮国 幸一, 大田 豊, 勝山 直文, 永田 純一, 屋 宏典, 知念 功
日本農芸化学会誌   75(2) 245-245   2001年2月
Yamashiro.H et al.
J. Exp. Mar. Biol. Ecol   (265) 171-179   2001年
岩崎 公典, 屋 宏典, 戸田 隆義, 那須 哲夫, 宮城 剛, 知念 功
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   46(5) 235-239   2000年10月
胃管栄養法によりコレステロールを2週間投与すると,LAPにおいてコレステロール排泄量が有意に減少し,見かけの吸収量は正常ウズラ(CA)と比較して,有意に高い値を示した.胆汁酸,中性脂肪の排泄量についても同様の傾向が認められた.コレステロールの投与により,血清コレステロール濃度はLAPにおいてのみ有意に上昇し,肝臓においても同様の傾向が認められた.肝臓コレステロール7α-ヒドロキシラーゼmRNA発現量にはコレステロール投与の影響は認められなかった.LAPのコレステロール吸収能は正常ウズラに比...
徳元 正和, 田部井 豊, 萱野 暁明, 屋 宏典, 岩崎 公典, 知念 功
園芸学会雑誌   69(2) 195-201   2000年3月
開花前の子房から胚珠を摘出し各種のサイトカイニン, オーキシン, ジベレリンを含む培地で培養を行った結果, ジベレリン混合物(GA380%以上, GA1+GA4約10%, GA2+GA7微量)およびGA3を含む培地の暗黒培養で不定胚誘導が認められた.サイトカイニンおよびオーキシンを含む培地では不定胚誘導は見られなかった.また, 各種のジベレリンを含む培地で未受...
Iwasaki.H et al.
J. Nutr. Sci. Vitaminol.   (46) 235-239   2000年
Aoyama.M et al.
Appl. Microbiol. Biotech   (53) 390-395   2000年
岩崎 公典, 屋 宏典, 戸田 隆義, 那須 哲夫, 小田 浩司, 宮城 剛, 知念 功
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   63(1) 29-34   1999年1月
動脈硬化易発性ウズラ(LAP)の肝臓cDNAライブラリーから得られたアポA-IcDNAクローンの全塩基配列と推定されるアミノ酸配列の決定を行い,正常なウズラ(CA)と比較した.LAPウズラのアポA-IcDNAの塩基配列には数ヶ所の塩基置換が認められるものの,これより推定されたアミノ酸配列に変異は認めなかった.LAPアポA-ImRNAは全長1.4kbaseで小腸,肝臓,肺,筋肉,精巣及び心臓において発現されていた.臓器分布においてはCAと同様であったが,発現量についてはCAよりLAPで大きく...
Yamashiro.H et al.
Comp. Biochem. Physiol   part B(122) 397-407   1999年

Misc

 
Characterization of cycloartenol synthase KcCAS promoter region from mangrove plant (Kandelia obovata Sheue, H. Y. Liu & J. Yong)
Basyuni, M., Wati, R., Baba, S., Oku, H.
AIP Conference Proceedings   2002    2018年8月   [査読有り]
Isolation and phylogenetic analysis of new predicted polyprenol reductase from mangrove plant (Kandelia obovata Sheue, H. Y. Liu & J. Yong)
Basyuni, M., Baba, S., Wati, R., Sumardi, Sulistiyono, N., Oku, H., Sagami, H.
AIP Conference Proceedings   2002    2018年8月   [査読有り]
Bioinformatics analysis of the expressed sequence tags from Rhizophora stylosa Griff. genomic library
Wati, R., Basyuni, M., Baba, S., Oku, H.
AIP Conference Proceedings   2002    2018年8月   [査読有り]
Predicted cycloartenol synthase protein from Kandelia obovata and Rhizophora stylosa using online software of Phyre2 and Swiss-model
Basyuni, M., Sulistiyono, N., Wati, R., Sumardi, Oku, H., Baba, S., Sagami, H.
Journal of Physics: Conference Series   978    2018年3月   [査読有り]
Protein modelling of triterpene synthase genes from mangrove plants using Phyre2 and Swiss-model
Basyuni, M., Wati, R., Sulistiyono, N., Hayati, R., Sumardi, Oku, H., Baba, S., Sagami, H.
Journal of Physics: Conference Series   978    2018年3月   [査読有り]
Bioinformatics approach of three partial polyprenol reductase genes in Kandelia obovata
Basyuni, M., Wati, R., Sagami, H., Oku, H., Baba, S.
Journal of Physics: Conference Series   978    2018年3月   [査読有り]
Isolation and analysis of a multifunctional triterpene synthase KcMS promoter region from mangrove plant kandelia candel
Basyuni, M., Wati, R., Sulistiyono, N., Sumardi, Oku, H., Baba, S., Sagami, H.
IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   130    2018年3月   [査読有り]
Genome sequence analysis of predicted polyprenol reductase gene from mangrove plant kandelia obovata
Basyuni, M., Sagami, H., Baba, S., Oku, H.
IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   130    2018年3月   [査読有り]
沖縄発機能性食品素材のポテンシャル 沖縄県与那国町産ボタンボウフウ(長命草)の抗メタボリックシンドローム作用とその寄与成分
稲福 征志, 岩崎 公典, 大野 智, 坂上 未紀, 屋 宏典
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   71回 167-167   2017年4月
沖縄県産長命草(ボタンボウフウ)由来ジヒドロピラノクマリンとその抗肥満活性
中村 海太, 稲福 征志, 屋 宏典
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   71回 360-360   2017年4月
Microsatellite Analysis on Genetic Variation in Two Populations of Red Mangrove Rhizophora Mangle L. (Rhizophoraceae) and Its Implication to Conservation
Basyuni, M., Baba, S., Oku, H.
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   180(1)    2017年3月   [査読有り]
Cloning and Phylogenetic Analysis of Actin Genes from Mangrove Family Rhizophoraceae
Basyuni, M., Baba, S., Oku, H.
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   180(1)    2017年3月   [査読有り]
健康長寿のための未病科学 長命草の肥満予防と脂質代謝調節機序について
屋 宏典
脂質栄養学   24(2) 130-130   2015年8月
食餌性リン脂質がコンカナバリンA誘導性肝炎の進展に及ぼす影響
稲福 征志, 永尾 晃治, 柳田 晃良, 屋 宏典
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   67回 132-132   2013年4月
Nitidineの蛍光特性とミトコンドリア局在性を利用した光細胞毒性に関する研究
岩崎 公典, 屋 宏典
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 2P-746   2012年12月
Nitidineの細胞選択的蓄積と細胞死誘導形態の経時的解析
島袋 雅矢, 岩崎 公典, 屋 宏典
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 2P-763   2012年12月
沖縄産健康バイオ資源の研究開発 沖縄産薬草ボタンボウフウの抗肥満作用
屋 宏典
The Journal of Toxicological Sciences   35(Suppl.) S36-S36   2010年5月
屋 宏典
日本トキシコロジー学会学術年会   37(0) 21-21   2010年
 近年日本では,高齢化の進展とともに,食生活の乱れ,運動不足,ストレスなどを原因とした生活習慣病(高脂血症,高血圧,糖尿病,動脈硬化症など)の発症率上昇が懸念されている。これら生活習慣病に対して肥満,特に腹腔内脂肪の蓄積は重要な危険因子であることから,肥満防止に対する社会的関心が高まってきている。<BR> ボタンボウフウ(Peucedanum Japonicum Thanb)は沖縄県で伝統的に野菜/薬草として食されており,防腐,抗血小板,抗アレルギー,鎮痛作用といった生理作用...
岩崎 公典, 屋 宏典, IWASAKI Hironori, OKU Hirosuke, 琉球大学遺伝子実験センター遺伝資源応用分野, Division of Molecular Biotechnology Center of Molecular Bioscience University of the Ryukyus
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists   23(1) 9-14   2007年10月
沖縄県は亜熱帯性の気候に属し、その強い環境ストレスから、植物の生体防御物質は温帯のものより豊富であることが知られている。これらの植物群を長く食材として利用してきた沖縄県民は、何らかの影響を受けていると考えられる。筆者らは沖縄における低発ガン率に注目し、食品性の抗腫瘍活性のスクリーニングを行った。特に、細胞増殖速度に依存しない抗腫瘍活性、 「腫瘍選択的細胞抑制活性」についてスクリーニングを行った結果、沖縄県において特徴的に用いられている薬草茶であるサルカケミカン (Toddalia asia...
岩崎 公典, 屋 宏典
南方資源利用技術研究会誌   23(1) 9-14   2007年10月
屋 宏典, OKU Hirosuke, 琉球大学遺伝子実験センター, Center of Molecular Bioscience University of the Ryukyus
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists   21(1) 33-34   2005年10月
〓 〓曼, 石丸 哲二, 玉城 一, 屋 宏典, 知念 功
琉球大学農学部学術報告   50 151-155   2003年12月
バガスに7%苛性ソーダ液を加えて得られる抽出液に酢酸を加えpH4.5調製することにより得られる沈殿を遠心し,水で洗い,画分1を得た。その上澄みにアルコールを1:1で加えて得られる沈殿を遠心し,アルコールで洗浄し,画分2を得た。画分1と2を酸加水分解した後,ペーパークロマトグラフィーで,糖組成および糖含量を調べた。画分2は,画分1よりも糖含量が高く,キシロース,アラピノース,グルコースが主要な構成糖であった。画分1は殆どがキシロース(全体の96.4%を占めていた。)。薄層クロマトグラフィーで...
戸田 隆義, 岩崎 公典, 稲福 征志, 屋 宏典, Toda Takayoshi, Iwasaki Hironori, Inafuku Masashi, Oku Hirosuke, 琉球大学医学部臨床検査医学講座, 琉球大学遺伝子実験センター遺伝資源応用分野, 琉球大学大学院農学研究科, Department of Clinical Laboratory Medicine School of Medicine University of the Ryukyus, Center of Molecular Bioscience University of the Ryukyus, College of Agriculture University of the Ryukyus
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists   18(1) 9-24   2002年10月
沖縄における大腸ポリープおよび動脈硬化症とK-ras遺伝子変異
武井 幸子, 屋 宏典, 戸田 隆義, 知念 功
日本農芸化学会誌   75(2) 223-223   2001年2月
屋 宏典, 山田 耕司, 山内 ちひろ, 岩崎 公典, Oku Hirosuke, Yamada Kouji, Yamauchi Chihiro, Iwasaki Kiminori, 琉球大学農学部, Faculty of Agriculture University of the Ryukyus
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists   16(1) 5-9   2000年10月
生殖成長耐暑性のミトコンドリア遺伝子マーカー探索のため電子伝達系遺伝子をプローブにしたミトコンドリアのRFLP分析を行った。この過程でサヤインゲンミトコンドリアは分子サイズが40~200kbpのマルチパータイト構造を有し、少なくとも八つの電子伝達系遺伝子すなわちatp6,atpA,cob,cox1,cox2,cox3,nad2,nad4を含んでいることが明らかにされた。電子伝達系遺伝子のうちcobとcox2をプローブにしたRFLP分析において耐暑性サヤインゲンに特徴的な遺伝子多型が認められ...
ダイエットにより誘発した骨粗鬆症
孫 麗蔓, 大島 正好, 太田 豊, 勝山 直文, 屋 宏典, 知念 功
日本農芸化学会誌   74(1) 109-109   2000年1月
和田 浩二, 高良 健作, 玉村 隆子, 屋 宏典, 仲宗根 洋子, 江川 宜伸, WADA Koji, TAKARA Kensaku, TAMAMURA Takako, OKU Hirosuke, NAKASONE Yoko, EGAWA Yoshinobu, 琉球大学農学部, 国際農林水産業研究センター沖縄支所, Faculty of Agriculture University of the Ryukyus, Okinawa Subtropical Station Japan International Research Center for Agriculture Sciences (JIRCAS)
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists   15(1) 17-20   1999年10月
国際農林水産業研究センター沖縄支所でスクリーニングし育成された,耐暑性に極めて優れたサヤインゲン品種である「ハイプシ」種子抽出物の抗酸化活性を測定するとともに,異なる品種のサヤインゲン(ケンタッキーワンダー,ライトグリーン)およびインゲン(金時)種子抽出物の持つ抗酸化能との比較を行った.各期における収量および良莢率をハイブシおよびケンタッキーワンダーで比較した結果,ハイブシが強い耐暑性を有することが明らかとなった.次に,ハイプシ種子のメタノール抽出物の抗酸化性をロダン鉄法により測定した結果...
屋 宏典, 山田 耕司, 山内 ちひろ
南方資源利用技術研究会誌   16(1) 5-9   2000年10月
動脈硬化易発(Hyperlipidemia Atherosclerosis Prone:LAP)ウズラの食事コレステロール吸収能
岩崎 公典, 屋 宏典, 宮城 剛, 戸田 隆義, 那須 哲夫, 知念 功
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   53回 173-173   1999年4月
粥状硬化症の多様性と脂質学説 動脈硬化モデル動物としての日本ウズラの特性
屋 宏典
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   52回 51-51   1998年3月
鎌田 靖弘, 大城 伸明, 屋 宏典, 本郷 富士弥, 知念 功, KAMADA Yasuhiro, OSHIRO Nobuaki, OKU Hirosuke, HONGO Fujiya, CHINEN Isao, 琉球大学農学部生物資源科学科, Laboratories of Applied Biochemistry and Applied Bioresource Science Faculty of Agriculture University of The Ryukyus
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists   13(1) 1-7   1997年10月
本研究ではブロイラー雛にギンネム種子粉末を給与し、ミモシン中毒症の誘発方法を見いだし、次にピリドキサールリン酸等をギンネム種子粉末飼料に添加し、ミモシン中毒症の誘発防止法を検討した。7日齢のブロイラー雄雛にギンネム種子を粉砕し20メッシュのくし篩を通した種子粉末を、市販飼料に0,10,15,20%添加し各々12日間自由給与した。その結果、各種子群では食欲不振、体重増加の減少がみられ、更に座り込み、足を痙攣させる特異的な脚弱症状、および腎臓の肥大化がみられた。また各組織でミモシンが検出され、...
分枝鎖脂肪酸の生合成に関する研究
屋 宏典
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   50回 7-7   1996年4月
永田 純一, 屋 宏典, 知念 功
日本農藝化學會誌   70(0)    1996年3月
屋 宏典, 永田 純一, 知念 切
日本農藝化學會誌   70(0)    1996年3月
永田純一, 屋宏典, 戸田隆義, 知念功, 大関正直
日本栄養・食糧学会誌   48(2) 133-139   1995年4月
屋宏典, 知念功, 戸田隆義, 福田亘博
日本栄養・食糧学会総会講演要旨集   48th 156   1994年4月
菅野 道廣, 桐山 修八, 古川 勇次, 星 清子, 岩田 敏夫, 伊藤 道子, スラメト ブディヤント, 中井 継彦, 玉井 利孝, 秋元 誠, 河井 義幸, 辻 啓介, 窄野 昌信, 諏訪 富雄, 綿貫 雅章, 杉山 公男, 佐伯 茂, 徳田 節子, 青山 頼孝, 吉國 義明, 平 雅文, 笹川 祐成, 小川 博, 織田 真智子, 小倉 嘉夫, 綾木 義和, 加藤 範久, 楊 本善, 海老原 清, 今泉 勝己, 福田 亘博, 屋 宏典
日本栄養・食糧学会誌   45(6) 564-567   1992年
ラット体表面の分枝鎖脂肪酸分布に及ぼす加齢の影響
屋 宏典
日本農芸化学会誌   65(2) 289-289   1991年2月
実験動物の体表面脂質モノエステル画分における分枝鎖脂肪酸分布
屋 宏典
日本農芸化学会誌   64(2) 289-289   1990年2月
知念 功, 宮城 大, 伊藤 敬史, 隈元 俊和, 屋 宏典
琉球大学農学部学術報告   36 33-49   1989年12月
サトウキビ茎梢頭部には二種類のアミラーゼ,α-アミラーゼとβ-アミラーゼが存在した。本研究では前者のα-アミラーゼを高度に精製し諸性質を調べた。精製はα-シクロデキストリンセファロース6Bゲルを用いたアフィニィティーカラムクロマトグラフィーとセファデックスG-100カラムクロマトグラフィーにかけて行なった。その結果,さらに二種類のα-アミラーゼが存在する事がわかった。その両酵素のうち活性の高い酵素はポリアクリルアミドデスク電気泳動的に均一に精製された。同酵素はこの精製法で66,476.8倍...
福田 亘博, 徳 雅幸, 屋 宏典, 知念 功, 四方 治五郎
日本農藝化學會誌   61(1)    1987年1月
食餌脂肪による小腸HMG-CoA reductase活性の調節
屋 宏典
日本栄養・食糧学会総会講演要旨集   38回 63-63   1984年4月

書籍等出版物

 
Plant Nutrients and Abiotic Stress Tolerance
Mirza Hasanuzzaman, M. Fujita, H. Oku, K. Nahar and B. Hawrylak-Nowak (担当:編者)
2018年12月   
Approaches in enhancing abiotic stress tolerance to plants
Mirza Hasanuzzaman, M. Fujita, H. Oku and Md. Tofazzal Islam (担当:編者, 範囲:Approaches in enhancing abiotic stress tolerance to plants)
Taylor & Francis. CRC Press   2018年12月   
Plant Tolerance to Environmental Stress: Role of Exogenous Phytoprotectants.
Mirza Hasanuzzaman, M. Fujita, H. Oku and Md. Tofazzal Islam (担当:編者, 範囲:Role of Exogenous Phytoprotectants)
Taylor & Francis. CRC Press   2018年12月   
Phytohormones and Their Signaling Mechanisms in Plant Development
Mirza Hasanuzzaman, Kamrun Nahar, Farha Tasnim Bhuiyan, Taufika Islam Anee, Hirosuke Oku and Masayuki Fujita (担当:共著, 範囲:Salicylic acid: an all-rounder in regulating abiotic stress responses in plant)
Intech, Rijeka   2017年8月   
Reactive Oxygen Species and Antioxidant Systems in Plants: Role and Regulation under Abiotic Stress
Hasanuzzaman, M., Al Mahmud, J., Nahar, K., Anee, T.I., Inafuku, M., Oku, H., Fujita, M. (担当:共著, 範囲:Plant responses, adaptation and ROS metabolism in plants exposed to waterlogging stress)
Springer Singapore   2017年8月   
Essential Plant Nutrients: Uptake, Use Efficiency, and Management
Mirza Hasanuzzaman, Kamrun Nahar, Anisur Rahman, Jubayer-Al Mahmud, Md. Shahadat Hossain, Md. Khairul Alam, Hirosuke Oku and Masayuki Fujita (担当:共著, 範囲:Actions of biological trace elements in plant abiotic stress tolerance)
Intech, Rijeka   2017年5月   
Wheat Improvement, Management and Utilization.
Mirza Hasanuzzaman, Kamrun Nahar, Anisur Rahman, Taufika Islam Anee, Mazhar Ul Alam, Tasnim Farha Bhuiyan, Hirosuke Oku and Masayuki Fujita (担当:共著, 範囲:Approaches to enhance salt stress tolerance in wheat)
Intech, Rijeka   2016年5月   

競争的資金等の研究課題

 
ヒト卵子形成および胚発生における卵胞液中・血中脂肪酸の影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 銘苅 桂子
マングローブ植物の耐塩機構におけるNOシグナリングの役割解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年11月 - 2018年3月    代表者: 屋 宏典
イソプレン合成を指標とした熱帯樹木の温度センシング及びシグナリング系の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 屋 宏典
熱帯・亜熱帯の"におい"食資源によるストレス低減とその分子メカニズムの解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 屋 宏典
抗酸化酵素を標的としたマングローブの耐塩性機構解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 屋 宏典
マングローブのトリテルペノイド合成をとりまく耐塩性制御ネットワークの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 屋 宏典
マングローブにおける塩分負荷によるテルペノイド濃度上昇の生理的役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 屋 宏典
亜熱帯沖縄産樹木からのイソプレンガス放出の環境特性と調節メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 屋 宏典
沖縄産マングローブの耐塩性に関与する細胞膜構成物質の検索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 屋 宏典
沖縄県の悪性リンパ腫におけるHTLV-1およびEBVの関与についての検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1999年4月 - 2002年3月    代表者: 戸田隆義
大豆たん白質-油-水系ゲルを用いた新規発酵食品の熟成機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1992年4月 - 1994年3月    代表者: 安田 正昭
圧縮乾燥野菜の製造に関する基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1990年4月 - 1991年3月    代表者: 國府田 佳弘