堀 裕子

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/28 23:31
 
アバター
研究者氏名
堀 裕子
 
ホリ ユウコ
所属
大阪人間科学大学
部署
子ども福祉学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
2001年
関西女子短期大学 非常勤講師
 
1997年
   
 
奈良教育大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1976年
京都市立芸術大学 音楽学部 声楽
 

受賞

 
2011年2月
全国保育士養成協議会長表彰
 
2010年10月
文部科学省 教育功労表彰
 

論文

 
四肢機能障害を有するAさんに対する音楽療法の有効性 第3報ーキーボードを用いた事例ー
堀 裕子
大阪薫英女子短期大学研究紀要   (46) 1-4   2011年12月   [査読有り]
四肢機能障害を有するAさんに対する音楽療法の有効性 第2報ー発語を促す音楽朗読劇”うさぎとかめ”の効果ー
堀 裕子
大阪薫英女子短期大学研究紀要   (42) 23-27   2007年12月   [査読有り]
四肢機能障害を有するAさんに対するスタンドシンバル奏の有効性
堀 裕子
大阪薫英女子短期大学研究紀要   (41) 39-42   2006年12月   [査読有り]
脳出血後遺症を有するAさんに対する音楽療法の有効性 第1報 ー歌唱とリズム演奏の繰り返しがもたらした効果ー
堀 裕子
大阪薫英女子短期大学研究紀要   (39) 9-13   2004年12月   [査読有り]

Misc

 
基礎技能「幼児音楽」のシラバスをとおした工夫と改善
堀 裕子
大阪薫英女子短期大学学科研究誌   (13) 51-57   2006年12月
手話歌唱の学習効果についての一考察
大阪薫英女子短期大学研究紀要   35 85-107   2000年
幼児の歌唱行動と総合活動についての研究
大阪薫英女子短期大学研究紀要   32 59-66   1997年
新人保育者の保育現場における音楽活動についての一考察
大阪薫英女子短期大学30周年記念論文集   記念論文集 150-164   1997年
保育者養成校における「音楽器楽」の習熟についての一考察
大阪薫英女子短期大学研究紀要   31 25-43   1996年

書籍等出版物

 
こどもと表現
福田楽譜   1998年   
手あそび指あそび
福田楽譜   1996年   

講演・口頭発表等

 
四肢機能障害を有するAさんに対するスタンドシンバスの有効性 第1報
日本音楽療法学会第5回近畿学術大会   2006年   
四肢機能障害を有するAさんに対する発語を促す音楽朗読劇「うさぎと亀」の有効性 第2報
日本音楽療法学会第6回近畿学術大会   2007年   
四肢機能障害を有するAさんに対する音楽療法 第3報 ーキーボード演奏をもちいた事例ー
日本音楽療法学会第7回近畿学術大会   2008年   

Works

 
堀裕子・中辻邦子ジョイントリサイタル
芸術活動   2000年
堀裕子・中島慈子ジョイントリサイタル
芸術活動   1998年
堀裕子・清水伊都子ジョイントリサイタル
芸術活動   1992年
堀裕子・上野容子ジョイントリサイタル
芸術活動   1983年

競争的資金等の研究課題

 
教員養成:領域「表現」の研究
研究期間: 1976年   
乳幼児を対象に、音楽をとおして心と身体の成長発達を支える関わり方を研究
音楽をもちい心身の機能障害の改善を図る臨床研究
研究期間: 1989年   
四肢機能障害者を対象に、リズムやキーボード演奏、音楽朗読劇を実施し、機能の改善、生活の質の改善を図る臨床研究
授業評価からみる改善と工夫の研究
研究期間: 1976年   
感性授業「音楽表現」における評価基準のあいまいさの研究