八巻 秀

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 09:36
 
アバター
研究者氏名
八巻 秀
 
ヤマキ シュウ
eメール
yamakikomazawa-u.ac.jp
URL
http://www.komazawa-u.ac.jp/gakubu/bun/psychology/ja/index.html
所属
駒澤大学
部署
文学部 心理学科
職名
教授
学位
修士(心理学)(駒澤大学)
その他の所属
やまき心理臨床オフィス

プロフィール

 臨床心理士。駒澤大学文学部心理学科教授。やまき心理臨床オフィス代表。
 1963年岩手県生まれ。東京理科大学理学部卒業後、東京都内の私立中高一貫校の数学教師となるが、のちに臨床心理学の実践と研究に転じ、駒澤大学大学院人文科学研究科心理学専攻修了。 その後、都内の精神科や心療内科の病院・診療所、カウンセリングセンターなどで心理臨床経験を持つ。
 2001年より、秋田大学教育文化学部附属教育実践総合センター助教授に就任。秋田大学医学部附属病院精神科臨床心理士、秋田県スクールカウンセラー、秋田県中央児童相談所カウンセリング・アドバイザーなどを兼任。
 2006年に東京都立川市に私設の心理相談室である「やまき心理臨床オフィス」を開業。
 2007年には秋田大学教育文化学部教授に就任。
 2008年4月より駒澤大学文学部心理学科教授に就任。現在、同大学大学院にて臨床心理士養成に携わる一方、「やまき心理臨床オフィス」 や「駒澤大学コミュニティ・ケアセンター」などで、心理臨床活動を行っている。 他に家庭裁判所調査官 養成課程研修 講師、東京家庭裁判所自庁研修講師、東京保護観察所スーパーバイザー、岩手県総合教育センター研修講師、江戸川区教育相談研修講師、国立市教育委員会いじめ問題対策委員なども兼任している。

研究分野

 
 
  • 心理学 / 臨床心理学 / 家族療法・ブリーフセラピー・アドラー心理学・臨床催眠・質的心理学

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
駒澤大学 文学部心理学科 教授
 
2006年6月
 - 
現在
やまき心理臨床オフィス 代表
 
2004年4月
 - 
2014年3月
弘前大学大学院 教育学研究科 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
跡見学園女子大学 文学部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
秋田大学教育文化学部附属教育実践総合センター教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
秋田大学 教育文化学部 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本大学 理工学部 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2006年3月
秋田大学教育文化学部附属教育実践総合センター助教授
 
2000年4月
 - 
2001年3月
東京理科大学 非常勤講師
 
1998年4月
 - 
2001年3月
TOCビル診療所(心療内科) 臨床心理士
 
1997年10月
 - 
2001年3月
東京カウンセリングセンター 心理カウンセラー
 
1992年5月
 - 
2000年3月
柴田クリニック(精神科) 臨床心理士
 
1996年4月
 - 
1998年3月
木原病院(心療内科) 臨床心理士
 
1991年4月
 - 
1992年3月
聖ヨゼフ学園中学校・高等学校 非常勤講師
 
1989年4月
 - 
1991年3月
高輪学園 中等部・高等部 教諭
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
駒澤大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻
 
 
 - 
1989年
東京理科大学 理学部 応用数学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立市教育委員会  国立市いじめ問題対策委員
 
2005年
 - 
現在
日本ブリーフサイコセラピー学会  理事(研修委員)
 
2013年8月
 - 
2013年9月
日本ブリーフサイコセラピー学会  第23回Tokyo駒澤大会 大会長
 
2009年4月
 - 
2012年3月
東京都教育相談センター  学校問題解決サポートセンター専門家
 
2006年4月
 - 
2012年3月
東京都教育相談センター  専門家アドバイザリースタッフ
 
2004年9月
 - 
2007年9月
日本催眠医学心理学会  常任理事・研究委員会委員長
 
2004年3月
 - 
2006年3月
秋田県健康づくり審議会  専門委員(思春期精神保健推進部会)
 
2002年10月
 - 
2006年3月
秋田県職員メンタルヘルス対策検討会  委員ならびにメンタルヘルス相談員
 
2002年10月
 - 
2004年9月
秋田市児童虐待防止ネットワーク会議  委員(副会長)
 

受賞

 
2004年9月
日本催眠医学心理学会 学会奨励賞
 

論文

 
ニーズ・枠組みを把握しながら、なぞること ー松村論文を読みながら、システムズ・アプローチの基本姿勢を確認するー
八巻 秀
神戸松陰こころのケア・センター臨床心理学研究   (11) 78-80   2016年5月   [招待有り]
健全な親子のかかわりとは?ー臨床心理学的「家族関係」論ー
八巻 秀
中京大学臨床心理相談室紀要   (14) 1-11   2014年9月   [招待有り]
「円環的思考」について〜「問い」から「想像」へ,そして「仮説」へ.
八巻 秀
駒澤大学心理臨床学研究   13 31-33   2014年4月
精神疲労のある相手に向き合う指導者の心得〜P・N循環理論の観点から〜
八巻 秀
体力科学   63(1) 129-129   2014年2月   [招待有り]
セラピストの振る舞いを意識するということ:宮慶論文の読後感から連想する
八巻 秀
神戸松蔭こころのケアセンター臨床心理学研究   8 120-121   2013年4月   [招待有り]

Misc

 
八巻 秀
児童心理   71(11) 934-940   2017年8月   [依頼有り]
ほんとの対話:田嶌誠一著「その場で関わる心理臨床」
八巻 秀
こころの科学   (188) 111-111   2016年7月   [依頼有り]
八巻 秀
子どもの心と学校臨床 = Japanese journal of school counseling   (14) 63-68   2016年2月
八巻 秀
駒澤大学心理臨床研究   (12) 50-52   2013年

書籍等出版物

 
八巻 秀(深沢 孝之 編著) (担当:分担執筆, 範囲: 第1章 アドラーは思春期をどう捉えて、その支援を行なったのか そして今私たちはどう支援するのか)
アルテ   2017年11月   ISBN:4434239635
八巻 秀(松木 繁 編著) (担当:分担執筆, 範囲: 12. トランス空間を作り、その中で主体的に振る舞う〜私が心理臨床をしていく上で大切にしている8つのこと)
遠見書房   2017年10月   ISBN:4866160381
トランスという奥深い現象は,特別な場合にのみ起こるわけではなく,日常のなかにも現われている。そうしたトランスをうまく活用するセラピーは,催眠療法ばかりではなく,自律訓練法や臨床動作法,イメージ療法,フォーカシングなど数多く存在する。本書は,そうした催眠療法とその関係するアプローチを貫く「催眠トランス空間論」を通して,心理療法の職人技に迫る1冊。
多くのセラピーがマニュアルやガイドラインに沿って行われる中,微妙なクライエントの反応を感受し,治癒につなげる職人芸がある。本書には,催眠療法とその...
八巻 秀, 深沢 孝之, 鈴木 義也 (担当:共著, 範囲: はじめに。第1章 ものの見方。第2章 関わり方。)
遠見書房   2017年8月   ISBN:4866160330
自己啓発のイメージが強いアドラー心理学だが、アドラーは今でいう児童相談所を世界で初めて開設し、教育と医療と地域社会との協働的なアプローチを行なった生粋の臨床家だった。そのアドラーの本質に立ち返り、使える臨床思想+技法としての「臨床アドラー心理学」を詳しく執筆した。
八巻 秀 編著 (担当:編者, 範囲:p.63-68 学校臨床活動の原点としてのアドラー心理学)
遠見書房   2016年2月   ISBN:4866160063
八巻 秀 (担当:分担執筆, 範囲: 第Ⅲ部 「学校臨床現場のニーズを汲み取り、引き出し、応える心理臨床とは?」)
金剛出版   2016年2月   ISBN:4772414762
“壷イメージ法”と称するユニークなイメージ療法を考案し、不登校やいじめをはじめ青少年のさまざまな心の問題の相談活動や居場所づくりとネットワークを活用した心理的援助を行ってきた田嶌誠一の独創性溢れる臨床実践と田嶌から影響を受けた周囲の臨床家たちによる論考を集約。テーマは、スクールカウンセリング、児童虐待、いじめ、不登校・ひきこもりなどの学校臨床、境界例や強迫、うつ等の疾患、そして田嶌が臨床実践の集大成として取り組む、児童福祉施設における暴力問題、と多岐に亘っている。
八巻 秀(深沢 孝之 編著) (担当:分担執筆, 範囲: 第8章 保護者とのより良い関係作りのためにできること)
アルテ   2015年12月   ISBN:4434213644
アドラー心理学はスクールカウンセリングの現場でどう活用されているのか?アドラー心理学による「勇気づけ」により、学校現場が抱える諸問題の解決策を提示する。
八巻 秀 (担当:監修)
ナツメ社   2015年6月   ISBN:4816358536
■今の自分を変えたいと思ったら…
■思考スイッチを切り替える
■マンガやイラストで読みやすい!
■読んで解決! アドラー式カウンセリング
鈴木 義也, 深沢 孝之, 八巻 秀 (担当:共著)
アルテ   2015年5月   ISBN:4434204890
アドラー心理学は臨床の現場でどう活用されているのか?アドレリアン・カウンセリングで用いる「課題の分離」「論理的結末」「家族布置」など、アドラーの人間知に裏付けられた技法を紹介する、臨床家によるアドラー臨床心理学入門。
鈴木 常元, 谷口 泰富, 有光 興起, 茨木 博子, 小野 浩一, 茅原 正, 永田 陽子, 間島 英俊, 八巻 秀 (担当:共著)
新曜社   2014年4月   ISBN:4788513811

講演・口頭発表等

 
アドラー心理学によるココロが楽になる!!自分を変える思考スイッチ切り替え法 [招待有り]
八巻 秀
埼玉県看護協会 第7支部 講演会   2017年11月10日   埼玉県看護協会 第7支部
オープンダイアローグとアドラー心理学 [招待有り]
八巻 秀
日本臨床・教育アドラー心理学研究会 2017年度研修会   2017年10月28日   
アドラー心理学に学ぶ:子どもとの関わり方 [招待有り]
八巻 秀
子どもの心に関する講演会(平成29年度 子どもの心の診療支援事業)   2017年10月27日   
アドラー心理学から学ぶーアドラー心理学が今の日本に問いかけていること [招待有り]
八巻 秀
東洋英和女学院大学大学院 第3回特別ワークショップ   2017年9月7日   
アドラー心理学が教える より良い職場のコミュニケーション [招待有り]
八巻 秀
「現場で役立つ!職場のコミュニケーション改善」セミナー   2017年3月23日   日本産業カウンセラー協会東京支部
うつにならない”勇気”〜アドラー心理学の考え方 [招待有り]
八巻 秀
「ストレス科学シンポジウム:うつにならない第7弾」   2017年3月12日   公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター
リフレクティング・スキル入門:オープンダイアローグ対話実践の基本 [招待有り]
八巻 秀
第5回ナラティヴ・コロキウム:ワークショップ   2017年3月4日   ナラティヴ・コロキウム実行委員会
勇気がある大人になるということ〜アドラー心理学による子育て [招待有り]
八巻 秀
東京都石神井学園地域公開講座   2017年1月30日   東京都石神井学園
アドラー心理学に学ぶ思春期の子どもへの理解と対応 [招待有り]
八巻 秀
東京都国立市 主催『思春期の子どもの理解と対応について』 講演会   2017年1月28日   東京都国立市
アドラー心理学に学ぶいじめ問題の理解と対応-アドラー心理学的取り組み方- [招待有り]
八巻 秀
岩手県総合教育センター研修講座   2016年11月22日   岩手県教育委員会
学校臨床における他職種との連携〜システムズ・コンサルテーションの考え方・振る舞い方 [招待有り]
八巻 秀
秋田県臨床心理士会主催 臨床心理士研修   2016年11月20日   秋田県臨床心理士会
「アドラー心理学」ことはじめ [招待有り]
八巻 秀
夢ナビライブ2016 仙台会場   2016年10月1日   
子どもの手続き代理人にできること [招待有り]
八巻 秀
東京三弁護士会多摩支部「子どもの手続代理人」に関する弁護士研修会   2016年9月12日   東京三弁護士会多摩支部
盗撮問題への心理臨床的アプローチ-ブリーフ・セラピストの関わり方-
八巻 秀
日本心理臨床学会第35回秋季大会 自主シンポジウム   2016年9月4日   日本心理臨床学会
シンポジウム:「女性セラピストとしてのキャリアについて考える」
八巻 秀
日本ブリーフサイコセラピー学会第26回六本木大会 研修委員会企画シンポジウム   2016年7月31日   日本ブリーフサイコセラピー学会 第26回六本木大会
シンポジウム:「ブリーフ」を再定義する [招待有り]
八巻 秀
日本ブリーフサイコセラピー学会 第26回 六本木大会 学会企画シンポジウム   2016年7月30日   日本ブリーフサイコセラピー学会 第26回 六本木大会
ブリーフセラピー入門~会話・対話によるセラピー~ [招待有り]
八巻 秀
日本ブリーフサイコセラピー学会 第26回 六本木大会ワークショップ   2016年7月29日   日本ブリーフサイコセラピー学会 第26回 六本木大会
学校で活かす実効的なカウンセリング理論と技法 [招待有り]
八巻 秀
岩手県教育委員会主催 平成28年度授業力向上研修(免許状更新講習)   2016年7月26日   
学校臨床活動における原点としてのアドラー心理学 [招待有り]
八巻 秀
神奈川県臨床心理士会 平成28年度 第1回スクールカウンセラー研修会   2016年5月7日   
学校臨床現場のニーズを汲み取り、引き出し、応える心理臨床とは? [招待有り]
八巻 秀
田嶌誠一先生最終講義記念シンポジウム   2016年2月13日   
家裁調査官における「中立性」 [招待有り]
八巻 秀
第47回 家裁調査官カウンセリング研究会 第1分科会 「家事事件における親面接の在り方ーこじれた感情へのアプローチと働き掛けの技法ー」   2016年1月23日   
家族システムから考える〜気になる家庭と子どもへのアプローチ [招待有り]
八巻 秀
立川市教育委員会 教育支援課主催 講演会   2016年1月15日   立川市教育委員会 教育支援課
アドラー心理学を活かした保護者との関り方 [招待有り]
八巻 秀
東京都北区さくらんぼ園 主催 講演会   2015年10月29日   東京都北区さくらんぼ園
アドラー心理学 ~思考スイッチの切り替え方を学ぶ~ [招待有り]
八巻 秀
産業カウンセラー協会東京支部 研修部企画講座   2015年10月25日   産業カウンセラー協会東京支部 研修部
実践的な教育相談活動とは?~教育現場に生かすブリーフセラピー [招待有り]
八巻 秀
岩手県総合教育センター研修ならびに公開講座   2015年10月6日   岩手県総合教育センター
アドラー心理学 ―人生を変える思考スイッチの切り替え方―(スッキリわかるシリーズ) ナツメ社 出版記念 特別ワークショップ第1弾 「自分を変える思考スイッチの切り替え法」
八巻 秀
やまき心理臨床オフィス主催 市民講座   2015年10月4日   
家族療法入門ワークショップ
八巻 秀
やまき心理臨床オフィス主催ワークショップ   2015年8月30日   合同会社やまき心理臨床オフィス
学校で使える 家族療法の考え方・振る舞い方 [招待有り]
八巻 秀
山梨県臨床心理士会 学校臨床心理士委員会 主催 研修   2015年7月11日   
生徒に対する勇気を与える関わり方ーアドラー心理学を用いて [招待有り]
八巻 秀
東京私立学校保健研究会 研修会   2015年6月27日   
アドラー心理学を活かしたブリーフセラピー入門 [招待有り]
八巻 秀
ヒューマンギルド主催ワークショップ   2014年12月13日   
ブリーフセラピーを使いこなす。「司法・福祉領域編」
八巻 秀・秋山邦久
やまき心理臨床オフィス主催 ジョイント・ワークショップ   2014年9月7日   
学校現場でブリーフセラピーを使いこなす [招待有り]
八巻 秀・柴田 健
日本ブリーフサイコセラピー学会   2014年8月29日   
思春期の子どもに対する大人のあり方〜臨床心理士からの提案 [招待有り]
八巻 秀
茨城県桜川市人権教育講演会   2014年8月8日   
保護者面談に役立つ家族療法の視点と技法 [招待有り]
八巻 秀・喜多徹人
日本家族研究・家族療法学会第31回神戸大会   2014年7月20日   
アドラー心理学を活かした教育相談:私的アドラー心理学の活用法 [招待有り]
八巻 秀
平成26年度 岡山県高教研教育相談部会 第1回研究大会   2014年7月11日   
「現代こそ老いも若きもメンタル健康人」 精神疲労のある相手に向き合う指導者の心得~P・N循環理論の観点から [招待有り]
八巻 秀
日本体力医学会 東京大会 ワークショップ   2013年9月22日   
民生児童委員が元気で活動するために [招待有り]
八巻 秀
山口県市町地区民生委員児童委員協議会会長・副会長研修会   2013年6月18日   
健全な親子のかかわり方とは?:臨床心理学的「家族関係」論 [招待有り]
八巻 秀
中京大学心理臨床センター 公開講演会   2013年3月9日   
アドラー心理学を活かした心理相談:私的アドラー心理学の臨床活用の仕方 [招待有り]
八巻 秀
日本臨床・教育アドラー心理学研究会   2013年3月3日   
民生委員児童委員が元気で活動できるために:メンタルヘルスの考え方・ふるまい方 [招待有り]
八巻 秀
広島県 民生委員児童委員研修大会 記念講演   2012年10月30日   
現代を生き抜くための子育て~子どもが自信をもって大きくなるために [招待有り]
八巻 秀
国立市保健センター「こころの健康づくり」事業 講演会   2012年3月4日   
家族療法の視点から非行・虐待等の様々な事例を考える [招待有り]
八巻 秀
東京弁護士会多摩支部子ども権利委員会の講演会   2012年2月20日   
子どもにとっての家族・家族にとっての子ども~家族システムの見方から考える [招待有り]
八巻 秀
千葉家庭裁判所 松戸支部 家庭裁判所家事実務研究会   2012年1月19日   
学校と家庭とのつながり方~家族療法の視点から [招待有り]
八巻 秀
秋田県総合教育センター 公開講演会   2011年6月29日   
家族療法における「システム論」の使い勝手:あらためて「システム論」を問い直す
八巻 秀
日本家族研究・家族療法学会 第28回 静岡大会   2011年6月4日   
臨床心理学的子育て論:アドラー心理学の考え方から [招待有り]
八巻 秀
常磐大学心理臨床センター主催 公開講演会   2011年3月6日   
中学生の子を持つ親として、わが子との望ましい関係作り [招待有り]
八巻 秀
町田市立成瀬台中学校 道徳地区公開講座 講演会   2010年9月17日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学校心理臨床に関する研究
教師とスクールカウンセラーの連携のあり方
システムズアプローチに関する研究
家族療法に関する研究
効果的な夫婦面接について
アドラー心理学の現場への適用
代表者: 八巻 秀

社会貢献活動

 
東京保護観察所 処遇会議 スーパーバイザー
【助言・指導】  東京保護観察所  2017年11月 - 現在
岩手県教員授業力向上研修(免許状更新講習)講師
【講師】  岩手県教育委員会  2016年7月 - 現在
日本産業カウンセラー協会 東京支部 研修部主催 講座 講師 
【講師, 企画】  産業カウンセラー協会東京支部  2014年5月 - 現在
岩手県総合教育センター 教育相談 研修講座 講師
【講師】  岩手県総合教育センター  2013年7月 - 現在
東京家庭裁判所調査官自庁研修「面接技法」講師
【講師】  東京家庭裁判所家事部  2016年11月 - 現在
東京都北区教育委員会 教育相談研修 講師
【講師】  東京都北区教育委員会  2012年7月 - 2016年7月
日本支援助言士協会 研修会 講師
【講師】  日本支援助言士協会  2012年6月 - 現在
東京都江戸川区教育研究所 学校サポート研修会
【講師】  東京都江戸川区教育研究所  2011年11月 - 現在
東京都北区発達障害児のための連絡協議会スーパーバイザー
【助言・指導】  東京都北区発達障害児のための連絡協議会  2011年11月 - 現在
立川市教育委員会 教育支援課 講演会 講師
【講師】  立川市教育委員会 教育支援課  2011年10月 - 2016年7月
家庭裁判所調査官 専門課程・養成課程研修 講師
【講師】  裁判所職員総合研修所  2009年10月 - 現在
青山学院大学心理相談室 面接指導員
【助言・指導】  青山学院大学心理相談室  2008年4月 - 2017年3月
秋田県総合教育センター学校教育相談・生徒指導研修講座
【講師】  秋田県総合教育センター  2002年8月 - 2016年6月
NHK あさイチ「特集:心理学」
【出演, コメンテーター】  NHK  あさイチ  2016年5月23日 - 2016年5月23日
東京保護観察所(立川支部)保護観察官 自庁研修
【講師】  東京保護観察所(立川支部)  2009年9月 - 2012年3月
東京家庭裁判所 自庁研修
【講師】  東京家庭裁判所  2007年7月 - 2009年3月
東京保護観察所(八王子支部)保護観察官 自庁研修
【講師】  東京保護観察所(八王子支部)  2007年5月 - 2009年3月
秋田県中央児童相談所カウンセリングアドバイザー事業
【講師】  秋田県中央児童相談所  2001年4月 - 2008年3月
秋田大学自殺予防プロジェクト
【講師】  秋田大学自殺予防プロジェクト  2004年4月 - 2006年3月
新潟県中越地震こころのケアチーム
【その他】  秋田大学医学部  2004年11月17日 - 2004年11月24日