NAKASHIRO Koh-ichi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 19, 2019 at 14:25
 
Avatar
Name
NAKASHIRO Koh-ichi
Affiliation
Ehime University
Section
Graduate School of Medicine
Job title
Associate Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jun 2006
 - 
Today
Associate Professor, Graduate Scool of Medicine, Ehime University
 
Apr 2001
 - 
May 2006
Lecturer, Hospital, Ehime University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2001
Assistant Professor, School of Dentistry, Tokushima University
 
Jul 1999
 - 
Mar 2000
Assistant Professor, Dental Hospital, Tokushima University
 
Apr 1997
 - 
Jun 1999
Research Associate, Medical School, NorthWestern University
 

Education

 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
Graduate School of Dentistry, Tokushima University
 
 
 - 
1997
Graduate School, Division of Dental Research, The University of Tokushima
 
Apr 1987
 - 
Mar 1993
Department of Dentistry, School of Dentistry, Tokushima University
 
 
 - 
1993
Faculty of Dentistry, The University of Tokushima
 

Awards & Honors

 
2006
Medartis Award The 51th Congress of the Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons
 
2008
Medartis Award The 53th Congress of the Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons
 
2009
Medartis Award The 54th Congress of the Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons
 

Published Papers

 
予防的頸部郭清術はどのような症例で有用か? 口腔癌N0症例の治療戦略について センチネルリンパ節生検症例から考える予防的頸部郭清術の適応と今後の課題
合田 啓之, 中城 公一, 日野 聡史, 栗林 伸行, 徳善 紀彦, 内田 大亮
日本口腔腫瘍学会誌   31(3) 137-142   Sep 2019
近年の治療法の向上にもかかわらず、約30年の間、早期口腔癌の治療成績は改善を認めていない。早期口腔癌における頸部リンパ節転移の有無は最も重要な予後因子である。それゆえに、頸部リンパ節転移の早期発見は予後の改善につながると考えられる。cN0症例における頸部マネージメントについては、経過観察もしくは予防的頸部郭清術のいずれかが選択されてきており、長年の論点となってきた。センチネルリンパ節生検は多くの領域で受け入れられている方法であり、口腔癌においては頸部郭清術の適否を判断する検査法である。本研...
Tokuzen N, Goda H, Nakashiro K
International journal of oral and maxillofacial surgery   48(7) 865-868   Jul 2019   [Refereed]
Goda H, Hamakawa T, Nakashiro KI
Experimental and therapeutic medicine   16(6) 5315-5317   Dec 2018   [Refereed]
Kinouchi M, Izumi S, Nakashiro KI, Haruyama Y, Kobashi G, Uchida D, Hasegawa T, Kawamata H
International journal of cancer   143(10) 2551-2560   Nov 2018   [Refereed]
Aota K, Kani K, Yamanoi T, Nakashiro KI, Ishimaru N, Azuma M
Inflammation   41(4) 1172-1181   Aug 2018   [Refereed]
Aota K, Yamanoi T, Kani K, Nakashiro KI, Ishimaru N, Azuma M
Journal of oral pathology & medicine : official publication of the International Association of Oral Pathologists and the American Academy of Oral Pathology   47(7) 710-718   Aug 2018   [Refereed]
Sento S, Kitamura N, Yamamoto T, Nakashiro K, Hamakawa H, Ibaragi S, Sasaki A, Takamaru N, Miyamoto Y, Kodani I, Ryoke K, Mishima K, Ueyama Y, ORAL CANCER STUDY GROUP OF CHUGOKU-SHIKOKU.
Anticancer research   37(12) 6977-6981   Dec 2017   [Refereed]
Sakaue T, Sakakibara I, Uesugi T, Fujisaki A, Nakashiro KI, Hamakawa H, Kubota E, Joh T, Imai Y, Izutani H, Higashiyama S
Scientific reports   7 46915   Dec 2017   [Refereed]
Goda H, Okamoto M, Nakashiro KI, Hino S, Murase R, Hamakawa H
Oncology letters   14(6) 7965-7969   Dec 2017   [Refereed]
Sakaue T, Sakakibara I, Uesugi T, Fujisaki A, Nakashiro KI, Hamakawa H, Kubota E, Joh T, Imai Y, Izutani H, Higashiyama S
Scientific reports   7 42845   Feb 2017   [Refereed]
口腔癌N0症例の頸部マネージメント 口腔癌におけるセンチネルリンパ節生検の現状と課題
合田 啓之, 中城 公一, 日野 聡史, 村瀬 隆一, 浜川 知大, 浜川 裕之
日本口腔腫瘍学会誌   28(3) 71-75   Sep 2016
頸部リンパ節転移の有無は口腔癌の重要な予後因子である。cN0症例に対する治療方針としての、予防的頸部郭清術や経過観察についてはいまだ議論の余地があるのが現状である。センチネルリンパ節生検(SNB)は、様々な癌種において臨床応用がなされてきた。口腔癌におけるSNBの目的は、cN0症例に対し、頸部郭清術を行うか否かを決定することにある。しかしながら、口腔癌のSNBにおいては、以下の4つの問題点がある。すなわち、RIの使用、shine-through現象、潜在転移診断法とEBMの不足である。本稿...
Murase R, Ishikawa A, Sumida T, Shinohara K, Nakashiro K, Hamakawa H
The British journal of oral & maxillofacial surgery   54(2) e21-5   Feb 2016   [Refereed]
Fukuda S, Nishida-Fukuda H, Nanba D, Nakashiro K, Nakayama H, Kubota H, Higashiyama S
Scientific reports   6 20209   Feb 2016   [Refereed]
Tokuzen N, Nakashiro K, Tanaka H, Iwamoto K, Hamakawa H
Oncotarget   7(3) 2343-2353   Jan 2016   [Refereed]
Oka R, Nakashiro K, Goda H, Iwamoto K, Tokuzen N, Hamakawa H
Oncotarget   7(4) 4882-4889   Jan 2016   [Refereed]
Takakura K, Ito Z, Suka M, Kanai T, Matsumoto Y, Odahara S, Matsudaira H, Haruki K, Fujiwara Y, Saito R, Gocho T, Nakashiro K, Hamakawa H, Okamoto M, Kajihara M, Misawa T, Ohkusa T, Koido S
Scandinavian journal of gastroenterology   51(5) 610-617   2016   [Refereed]
Murase R, Tanaka H, Hamakawa T, Goda H, Tano T, Ishikawa A, Hino S, Sumida T, Nakashiro K, Hamakawa H
International journal of oral and maxillofacial surgery   44(10) 1212-1217   Oct 2015   [Refereed]
Nakashiro K, Tanaka H, Goda H, Iwamoto K, Tokuzen N, Hara S, Onodera J, Fujimoto I, Hino S, Hamakawa H
International journal of oncology   47(4) 1273-1281   Oct 2015   [Refereed]
Iwamoto K, Nakashiro K, Tanaka H, Tokuzen N, Hamakawa H
International journal of oncology   46(5) 1971-1977   May 2015   [Refereed]
Peripheral ameloblastoma with histologically low-grade malignant features of the buccal mucosa: a case report with immunohistochemical study and genetic analysis.
Goda H, Nakashiro K, Ogawa I, Takata T, Hamakawa H
International journal of clinical and experimental pathology   8(2) 2085-2089   2015   [Refereed]
Shikata F, Sakaue T, Nakashiro K, Okazaki M, Kurata M, Okamura T, Okura M, Ryugo M, Nakamura Y, Yasugi T, Higashiyama S, Izutani H
PloS one   9(4) e94550   2014   [Refereed]
Fujita Y, Okamoto M, Goda H, Tano T, Nakashiro K, Sugita A, Fujita T, Koido S, Homma S, Kawakami Y, Hamakawa H
PloS one   9(12) e110378   2014   [Refereed]
Tano T, Okamoto M, Kan S, Bando T, Goda H, Nakashiro K, Shimodaira S, Koido S, Homma S, Fujita T, Sato M, Yamashita N, Hamakawa H, Kawakami Y
Neoplasia (New York, N.Y.)   15(7) 805-814   Jul 2013   [Refereed]
Tanaka H, Nakashiro K, Iwamoto K, Tokuzen N, Fujita Y, Shirakawa R, Oka R, Goda H, Hamakawa H
Oral oncology   49(6) 551-559   Jun 2013   [Refereed]
メトトレキサート関連リンパ増殖症患者に生じたビスフォスフォネート関連顎骨壊死の悪化にトシリズマブが関与したと思われる1例
合田 啓之, 中城 公一, 日野 聡史, 田中 宏史, 浜川 知大, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   59(5) 346-351   May 2013
61歳女。ビスホスホネート関連顎骨壊死(BRONJ)の悪化にトシリズマブ(TCZ)が関与した機序として次のようなことが考えられた。1)メトトレキサート服用などにより免疫抑制下にある状態で、TCZの投与により骨代謝回転と血管新生が抑制された。2)TCZ投与により発熱やCRP産生が抑制され感染症の重症度が不顕化される"マスキング"によってBRONJの重篤化が引き起こされた。本症例への治療は、MTXおよびトシリズマブの投与を中止し、RAに対してはプレドニゾロン5mg/日およびセレコキシブ200m...
Tano T, Okamoto M, Kan S, Nakashiro K, Shimodaira S, Koido S, Homma S, Sato M, Fujita T, Kawakami Y, Hamakawa H
Neoplasia (New York, N.Y.)   15(3) 305-314   Mar 2013   [Refereed]
Goda H, Nakashiro KI, Oka R, Tanaka H, Wakisaka H, Hato N, Hyodo M, Hamakawa H
Oral oncology   48(10) 958-963   Oct 2012   [Refereed]
Tano T, Okamoto M, Kan S, Nakashiro K, Shimodaira S, Yamashita N, Kawakami Y, Hamakawa H
Oral oncology   48(8) 678-685   Aug 2012   [Refereed]
Mayorca-Guiliani AE, Yano H, Nakashiro K, Hamakawa H, Tanaka J
Oral oncology   48(8) 663-670   Aug 2012   [Refereed]
Zhang T, Hamada K, Hyodo M, Itoh H, Tani K, Goda H, Nakashiro K, Hamakawa H
Oncology reports   25(3) 795-802   Mar 2011   [Refereed]
Shintani S, Hamakawa H, Nakashiro K, Shirota T, Hatori M, Tanaka M, Kuroshita Y, Kurokawa Y
International journal of oral and maxillofacial surgery   39(11) 1115-1119   Nov 2010   [Refereed]
口腔乾燥症、舌痛症、味覚異常に対するエコルデンタルハービィの使用経験
西川 英知, 中城 公一, 浜川 裕之
歯科薬物療法   29(2) 83-90   Aug 2010
口腔乾燥症、舌痛症、味覚異常に対してエコルデンタルハービィを臨床応用し、その有用性および使用時の副作用について検討した。口腔乾燥、舌の疼痛、味覚異常などを主訴に受診し、エコルデンタルハービィの継続的使用が可能な80例を対象とした。歯ブラシは水で濡らさずエコルデンタルハービィを適量とり毎食後3分以上使用させ、その間は他の歯磨剤の使用を控えるよう指示した。口腔乾燥症症例では、唾液分泌量の増加は認めず、口腔乾燥感など自覚症状や他覚症状の改善は認めなかった。舌痛症症例では、使用後2ヵ月目以降、有意...
Hamada K, Zhang T, Desaki J, Nakashiro K, Itoh H, Tani K, Koyama Y, Hamakawa H
The journal of gene medicine   12(6) 545-554   Jun 2010   [Refereed]
Cao F, Hata R, Zhu P, Nakashiro K, Sakanaka M
Biochemical and biophysical research communications   394(3) 843-847   Apr 2010   [Refereed]
急速に増大する口腔内腫瘤を契機として発見された腎細胞癌全身転移の1例
西川 由希子, 住田 知樹, 村瀬 隆一, 石川 詔子, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   23(1) 37-42   Mar 2010
68歳男。当科受診の約1年前から左側上顎歯肉の腫瘤を自覚していたが、増大するたびに患者自身が手指にて除去しながら経過観察していた。1ヵ月前、同部から出血があり近医受診した。同院での生検で腎細胞癌からの転移性腫瘍が疑われ、全身検索の結果、左腎に原発腫瘍が確認され、頸部リンパ節・肺・脳に転移が認められた。このため口腔内腫瘍の精査を含めた加療目的で当科に紹介された。口腔内所見として左側上顎小臼歯部を中心に42×53mm大で表面が壊死層に覆われた外向性・弾性軟・易出血性の腫瘤を認め、免疫組織化学検...
Nishikawa H, Nakashiro K, Sumida T, Sugita A, Hamakawa H
International journal of oral and maxillofacial surgery   39(3) 301-304   Mar 2010   [Refereed]
関節リウマチ患者の上顎に発症したメソトレキセート誘発悪性リンパ腫が疑われた1例
住田 知樹, 加藤 友美, 吉村 友秀, 村瀬 隆一, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   55(9) 463-466   Sep 2009
71歳男。関節リウマチで60歳時より治療開始し、メソトレキセート(MTX)の土、日毎週投与を11年間継続中である。右側上顎歯肉部の疼痛と歯肉退縮を認めていたが経過をみていた。その後、疼痛が増強し、内服加療を行っていたが症状が改善しないため、精査、加療目的に紹介にて初診となった。パノラマX線写真では歯の残存部では歯周病によると思われる歯槽骨の軽度吸収を認めた。臨床診断は右側上顎歯肉悪性腫瘍であった。右側上顎の潰瘍性病変部より生検を行った。MTXの服用は中止を指示し、1週の休薬により腫瘍周囲硬...
オトガイ形成に用いたシリコンプロテーゼが顎下部に迷入した1例
村瀬 隆一, 住田 知樹, 平井 聡, 吉村 友秀, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   22(1) 29-32   Mar 2009
27歳女。左側顎下部の腫脹を主訴とした。オトガイ部の後退感に対してシリコンプロテーゼを用いたオトガイ形成術を受けており、受診時には左側顎下部皮膚に軽度圧痛を伴う比較的境界明瞭な発赤、腫脹を認めたが、排膿はみられなかった。CTにて同部位の皮下に内部均一な構造物(最大径30mm)が確認され、左側顎下部プロテーゼ迷入としてシリコンプロテーゼ除去術を行った。術後1年経過現在、経過は良好で目立った後遺障害はなく、オトガイ部の後退感については矯正専門医との共診にて外科的矯正治療を計画中である。本症例で...
Hypoxia enhances CXCR4 expression by activating HIF-1 in oral squamous cell carcinoma.
Ishikawa T, Nakashiro K, Klosek SK, Goda H, Hara S, Uchida D, Hamakawa H
Oncology reports   21(3) 707-712   Mar 2009   [Refereed]
口腔扁平上皮癌cN0症例におけるFDG PET-CTとセンチネルリンパ節生検の意義
荒本 孝良, 中城 公一, 西川 英知, 住田 知樹, 宮川 正男, 浜川 裕之
頭頸部癌   34(4) 513-517   Dec 2008
近年、FDG PET-CTは悪性腫瘍の原発、所属リンパ節および遠隔転移の精査に広く用いられている。今回、われわれは口腔扁平上皮癌cN0症例におけるFDG PET-CTおよびセンチネルリンパ節生検の意義について検討した。対象は、従来の画像診断にて頸部リンパ節転移を認めず、同時にFDG PET-CTによる精査を行った口腔扁平上皮癌23症例、計43個のセンチネルリンパ節とした。センチネルリンパ節を同定、摘出したのちに病理組織学的に転移の有無を評価した。その結果、43個のリンパ節のうち転移陽性リン...
Isokane M, Hieda M, Hirakawa S, Shudou M, Nakashiro K, Hashimoto K, Hamakawa H, Higashiyama S
Journal of cell science   121(Pt 21) 3608-3618   Nov 2008   [Refereed]
Ferlito A, Rinaldo A, Devaney KO, Nakashiro K, Hamakawa H
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery   265(10) 1147-1153   Oct 2008   [Refereed]
Stat3 as a molecular target in RNA interference-based treatment of oral squamous cell carcinoma.
Klosek SK, Nakashiro K, Hara S, Goda H, Hamakawa H
Oncology reports   20(4) 873-878   Oct 2008   [Refereed]
Hamakawa H, Nakashiro K, Sumida T, Shintani S, Myers JN, Takes RP, Rinaldo A, Ferlito A
Head & neck   30(6) 800-809   Jun 2008   [Refereed]
Hara S, Nakashiro K, Goda H, Hamakawa H
Biochemical and biophysical research communications   370(1) 123-128   May 2008   [Refereed]
口底に迷入した部分床義歯を全身麻酔下に摘出した1例
藤田 敬一郎, 住田 知樹, 西川 英知, 大西 詔子, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   21(1) 69-71   Mar 2008
症例は認知症で他院精神科に入院中の77歳男性で、義歯の一部が口底部に迷入しているのを看護師に発見された。同院歯科で除去を試みたが、維持装置部が深く迷入しており、意識下での除去は危険と判断され当院に救急搬送された。下顎左4〜7部に部分床義歯を使用しており、左側口底部に義歯の双子鉤部とリンガルバー部が迷入していた。X線検査により義歯が下顎骨縁を超えて深部に迷入していることが明らかになり、CT検査で左側傍咽頭部に義歯の金属部分が迷入していることが判明した。このことから、局所麻酔下の摘出では体動の...
センチネルリンパ節生検術により早期転移を検出し得た口腔悪性黒色腫の2例
合田 啓之, 新谷 悟, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   21(1) 55-58   Mar 2008
症例は85歳と55歳の男性で、いずれもTNM分類N0の上顎悪性黒色腫で、センチネルリンパ節生検での迅速病理検査で転移陽性と診断されたため患側全頸部郭清術を施行した。2例とも術後の最終的な病理組織検査でセンチネルリンパ節以外のリンパ節に1個の転移巣を認めた。
Nakaya K, Yamagata HD, Arita N, Nakashiro KI, Nose M, Miki T, Hamakawa H
Oncogene   26(36) 5300-5308   Aug 2007   [Refereed]
Oncogenic mutation of the p53 gene derived from head and neck cancer prevents cells from undergoing apoptosis after DNA damage.
Kawamata H, Omotehara F, Nakashiro K, Uchida D, Shinagawa Y, Tachibana M, Imai Y, Fujimori T
International journal of oncology   30(5) 1089-1097   May 2007   [Refereed]
超選択的動注化学療法、放射線同時併用療法を施行した超高齢者舌癌の1例
大西 雅司, 中城 公一, 奥平 孝史, 大西 詔子, 住田 知樹, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   20(1) 169-173   Mar 2007
91歳男。患者は右側舌縁部の疼痛を主訴とした。所見では表面粗造で45×35mmの周囲に硬結を伴う腫瘤が認められ、MRIのT1強調画像では境界明瞭な低信号領域がみられた。また、病理組織像ではクロマチンが粗大顆粒状に増加しており、好酸性の核小体明瞭な紡錘形の腫瘍細胞がシート状に増殖していた。以上より、本症例は右側舌癌と診断されたが、患者が手術療法を強く拒否したため、浅側頭動脈から逆行性に腫瘍栄養動脈にカテーテルを留置する超選択的動注化学療法と、放射線療法の同時併用が施行された。副作用軽減は放射...
根尖性歯周炎を起因とする翼突下顎隙膿瘍に合併した敗血症性肺塞栓症の一例
荒本 孝良, 中城 公一, 合田 啓之, 村瀬 隆一, 大西 詔子, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   20(1) 130-133   Mar 2007
70歳女。患者は開口障害を主訴とした。パノラマX線では右側上顎第二大臼歯根尖部に境界明瞭な透過像が認められ、CTでは右側側咽頭隙から翼突下顎隙にかけて、右側上顎第二大臼歯根尖部と連続する内部不均一な径40mmの腫瘤性病変を認めた。根尖性歯周炎、右側翼突下顎隙膿瘍と診断し、抗菌薬による治療を開始したが、微熱が継続し、白血球数、CRPの上昇を認めた。初診時に軽度胸痛があったことからX線撮影を行なったところ、両側肺野に結節性陰影が数個確認された。またCTでは一部結節の空洞化を認め、結節に肺動脈が...
Genome microarray(アレイCGH法)を用いた口腔癌抑制遺伝子のスクリーニング法の検討
中谷 輝一郎, 山縣 英久, 中城 公一, 三木 哲郎, 浜川 裕之
愛媛医学   26(1) 12-16   Mar 2007
口腔癌の新規癌抑制遺伝子の同定のためのより効率的なスクリーニング法の探索を目的に、2種類のgenome microarrayを用いてヒト口腔扁平上皮癌由来細胞株HSC3の全ゲノム遺伝子解析を行った。BACアレイ解析とSNPアレイ解析を行った結果、前者では欠失領域上にいくつか既知の癌抑制遺伝子があり、1p36には非遺伝性腫瘍で不活化されるp73が、18q21.1には大腸癌で不活化するSMAD2、SMAD4があった。SNPアレイではBACアレイより多くの欠失領域を検出し、9ヶ所に両者一致した欠...
Maeda A, Nakashiro K, Hara S, Sasaki T, Miwa Y, Tanji N, Yokoyama M, Hamakawa H, Oyasu R
Biochemical and biophysical research communications   347(4) 1158-1165   Sep 2006   [Refereed]
Kikugawa T, Kinugasa Y, Shiraishi K, Nanba D, Nakashiro K, Tanji N, Yokoyama M, Higashiyama S
The Prostate   66(10) 1092-1099   Jul 2006   [Refereed]
口腔癌切除不能再発症例に対する抗癌剤感受性試験による個別化化学療法の試み
新谷 悟, 日野 聡史, 中城 公一, 浜川 裕之
癌と化学療法   33(3) 357-360   Mar 2006
口腔癌再発例では,しばしば切除不能となり治療法の選択に苦慮することがある.特に放射線照射後の再発において,どのような抗癌剤を選択するかは難しい問題である.われわれは口腔癌切除不能再発例に対し,collagen gel droplet embedded culture sensitivity test(CD-DST)法を用いた抗癌剤感受性試験による化学療法選択を試みた.6例の局所再発ならびに遠隔転移巣をもつ口腔癌患者に対して,CD-DST法による感受性試験の結果を踏まえた化学療法を行った.感...
中城 公一, 礒兼 真由美, 原 慎吾, 合田 啓之, 新谷 悟, 浜川 裕之
頭頸部癌   31(4) 493-497   Dec 2005
ヒト全遺伝子型マイクロアレイを用いて,ヒト全遺伝子のうち最も有用性の高い腫瘍マーカーの同定を試みた.初回治療を行った口腔癌2例を対象とした.口腔癌患者由来の血液RNAより全遺伝子発現量を定量化した.比較対照として健常者血液を用いた.口腔扁平上皮癌症例では対照と比較して3倍以上の発現亢進を認めた遺伝子を197種類,唾液腺癌症例では152種類同定した.最も発現亢進を認めた遺伝子を各症例の個別腫瘍マーカーとした.術後,画像検査にて再発および転移が認められないことを確認したのち,再び血液RNAを用...
口腔癌遺伝子診断の現況と将来
浜川 裕之, 中城 公一
口腔組織培養学会誌   14(2) 1-15   Dec 2005
人工血管による総頸動脈置換を施行した舌癌頸部後発転移の1例
新谷 悟, 石川 徹, 吉村 友秀, 中城 公一, 日野 聡史, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   51(7) 368-371   Jul 2005
49歳男.46歳時,右側甲状腺癌にて甲状腺右葉切除術を施行された.左側舌縁部に接触痛を認め,左側舌縁部の潰瘍で受診した.難治性口内炎の診断で,ステロイド軟膏の塗布などを行って,経過観察した.紅斑の一部に硬結を触知したため,癌化を疑い,摘除生検を行った.病理組織診断は中分化型扁平上皮癌であった.1年6ヵ月後,左側頸部に腫脹を認め,穿刺細胞診でClass V,扁平上皮癌と診断した.舌扁平上皮癌術後,左側頸部後発転移と診断した.術後は,抗凝血療法を行った.全身への微小転移を考慮し,多剤併用による...
前立腺癌に対する内分泌療法とHepatocyte growth factorの発現
前田 明信, 中城 公一, 丹司 望, 青木 克徳, 山師 定, 横山 雅好
愛媛医学   24(2) 120-124   Jun 2005
前立腺癌に対する内分泌療法の治療効果や再発・転移を予測するため,肝細胞増殖因子(HGF)の発現を解析した.生検により前立腺癌と診断した28例を対象とし,去勢術もしくは黄体形成ホルモン放出ホルモン製剤を含む内分泌療法を行った.内分泌療法開始後3ヵ月において血清HGF中央値の下降(0.40→0.36ng/ml)を認めたが,血清HGF値が上昇した症例が35.7%(10例)あった.HGF蛋白は間質細胞,癌細胞細胞質,および核に発現し,c-met蛋白は癌細胞細胞質に発現した.内分泌療法に伴う血清HG...
新谷 悟, 中城 公一, 日野 聡史, 寺門 永顕, 浜川 裕之
頭頸部癌   31(1) 79-83   Apr 2005
口腔癌20例に対し,RI法と色素法によるセンチネルリンパ節(SN)同定と,準連続切片および定量化PCR法による術中診断を応用したSN生検を試みた.癌発生部位は舌10例,下顎歯肉5例,上顎歯肉2例,口底2例,頬粘膜1例であった.全例SNを同定でき,検出個数は1例当たり平均2.1個であった.リンパ節転移を同定できたのは7例で,陰性と判定し術後後発転移を来たしたのは1例であった.すなわちSN生検の感度は87.5%,特異度100%,精度95.0%,陽性的中率100%,陰性的中率92.3%であった....
原発不明頸部リンパ節転移巣を有する癌患者に認められたUFT誘発remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema(RS3PE)の1例
石川 徹, 中城 公一, 日野 聡史, 住田 知樹, 新谷 悟, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   51(3) 148-151   Mar 2005
64歳男.原発不明頸部リンパ節・肺転移巣に対してUFT内服治療を開始後,約3週で両側足・手背部に圧痕浮腫が出現した.圧痕浮腫はUFT内服を中止しても変化なく,UFT治療を再開すると増悪した.免疫学的検査でリウマチ因子が陰性を示したこと,足関節のMRI検査で滑膜の肥厚や滑膜炎の所見を認めたことなどからRS3PEと診断した.ステロイド療法を行い,浮腫は消失した
Terakado N, Shintani S, Nakashiro K, Hamakawa H
International journal of oral and maxillofacial surgery   33(8) 798-800   Dec 2004   [Refereed]
顎骨切除例に対する歯科用インプラントを用いた咬合再建の経験
杉森 英一郎, 新谷 悟, 日野 聡史, 中城 公一, 浜川 裕之
愛媛医学   23(3) 258-261   Sep 2004
症例1(17歳男性).患者は下顎左側中切歯部から右側第1大臼歯部の歯原性角化嚢胞に対する嚢胞摘出,開窓療法後であった.症例2(41歳男性).患者は左下顎第2大臼歯部の顎骨中心性癌に対する下顎骨区域切除術,右上頸部郭清術,血管柄付き腓骨皮弁移植による再建術後であった.症例3(25歳女性).患者は右下顎犬歯部から下顎枝部のエナメル上皮腫に対する下顎骨区域切除,遊離腸骨移植による再建術後であった.症例4(48歳男性).上顎左側埋伏犬歯部の上顎癌に対する上顎骨部分切除,左上頸部郭清,血管柄付き前腕...
味覚障害患者の臨床的検討
寺門 永顕, 新谷 悟, 矢野 淳也, 日野 聡史, 中城 公一, 浜川 裕之
愛媛医学   23(3) 228-232   Sep 2004
味覚障害患者24例(男性14例,女性10例)について臨床的検討を行った.その結果,年齢は12〜85歳(平均62.1歳)であった.全身合併症は17例で認め,うち循環器系疾患が8例と最も多かった.味覚異常と共に他の愁訴を併せ持つ患者は約7割で,その症状の殆どは口腔乾燥と舌痛であった.味覚低下を訴えた85.7%では電気味覚検査で味覚閾値の上昇が確認された.全口腔法による味質認知検査では,認知閾値の異常は39.1%で認めたが,患者の自覚的な訴えと検査結果が一致したものは味覚過敏を訴えた2例のみであ...
舌・口腔底切除後の嚥下機能改善における舌接触補助床の有用性
石川 徹, 新谷 悟, 中城 公一, 日野 聡史, 浜川 裕之
愛媛医学   23(3) 253-257   Sep 2004
症例1(57歳男性),症例2(73歳女性).いずれも両側下顎歯肉・口腔底癌に対する腫瘍切除術,両側全頸部郭清術,大胸筋皮弁・金属プレートによる再建術,喉頭挙上術後に嚥下機能障害が出現した.反復唾液嚥下テストではいずれも30秒間に1回の嚥下運動が観察されたが,水飲みテストでは飲水が不可能であった.嚥下造影検査では,舌運動性の低下による口腔機能障害と喉頭挙上不良が観察され,誤嚥が認められた.そこで,それぞれ術後2ヵ月,3ヵ月にPAPを装着し,実際に食物を用いた直接訓練を行った結果,嚥下機能の改...
センチネルリンパ節生検によって対側頸部リンパ節転移を発見しえた硬口蓋癌の1例
日野 聡史, 新谷 悟, 石川 徹, 中城 公一, 浜川 裕之
愛媛医学   23(2) 192-196   Jun 2004
86歳女.T2N0M0の硬口蓋癌と診断された.術前の触診,ならびに画像診断では,上顎洞内への腫瘍の浸潤,両側所属リンパ節転移,遠隔転移を思わせる所見は認められなかった.しかし,センチネルリンパ節(SLN)生検術を施行したところ,対側の頸部リンパ節転移を検出した.SLN生検はN0口腔癌患者の極小転移や治療に大変有用であると思われた
高齢者に発生した線維形成性エナメル上皮腫の一例
小屋 恵理子, 三原 眞理子, 中城 公一, 新谷 悟, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   17(1) 58-61   Mar 2004
81歳男.歯科医院で右側下顎切歯抜歯処置が行われたあと同部に無痛性腫脹を生じ,生検で基底細胞癌と診断され紹介受診した.パノラマX線検査および咬合法X線検査で右側下顎小臼歯〜左側下顎切歯の歯槽部に不均一なX線透過像と不透過像の混在を認めた.生検の病理所見は線維形成がほとんどみられず,腫瘍実質が密に増生し,一部では基底細胞と連続性をもって増殖していると思われる部分もみられたことから基底細胞癌が疑われた.しかし,手術標本で腫瘍全体をみると大部分が著明な間質の線維形成を主とする線維形成性エナメル上...
Shintani S, Li C, Ishikawa T, Mihara M, Nakashiro K, Hamakawa H
Oral oncology   40(1) 13-20   Jan 2004   [Refereed]
Shintani S, Li C, Mihara M, Yano J, Terakado N, Nakashiro K, Hamakawa H
Oral oncology   40(1) 43-51   Jan 2004   [Refereed]
口腔癌のDocetaxel,Cisplatin併用術前化学放射線治療の経験
寺門 永顕, 新谷 悟, 中城 公一, 日野 聡史, 浜川 裕之
癌と化学療法   30(13) 2091-2095   Dec 2003
術前化学療法を行った口腔扁平上皮癌一次症例6例を対象に,術前治療にTXT,CDDP同時併用療法を行い,成績について報告した.臨床的効果はCR0例,PR5例,NC1例で,奏効率は83.3%であった.組織学的効果はグレードIIAが2例,グレードIIBが2例,グレードIIIが2例で奏効率は66.7%であった.最も多かった副作用は口内炎で6例すべてに認め白血球減少と脱毛を4例に,悪心・嘔吐を3例に認めた.また,食事摂取が困難となるグレード3以上の重篤な副作用は4例で認めた
Nakashiro K, Begum NM, Uchida D, Kawamata H, Shintani S, Sato M, Hamakawa H
Oral oncology   39(8) 855-861   Dec 2003   [Refereed]
Shintani S, Li C, Mihara M, Terakado N, Yano J, Nakashiro K, Hamakawa H
International journal of cancer   107(6) 1030-1037   Dec 2003   [Refereed]
センチネルリンパ節の術中微小転移診断が有用であった上顎歯肉癌の1例
新谷 悟, 中城 公一, 三原 真理子, 小屋 恵理子, 寺門 永顕, 浜川 裕之
日本口腔科学会雑誌   52(6) 265-269   Nov 2003
73歳男.右側上顎歯肉部の接触痛を主訴とした.右側上顎歯肉臼歯相当部に22×23mm大の一部潰瘍を伴う腫瘍を認めた.生検により扁平上皮癌と診断し,手術前日に99mTcスズコロイドを用いたRI法で,センチネルリンパ節の同定を行った結果,顎下,上内深頸部に各1個のセンチネルリンパ節が検出された.色素法を併用したセンチネルリンパ節生検術と上顎骨部分切除術を施行し,センチネルリンパ節を摘出した.これらのセンチネルリンパ節は通常の最大割面での術中迅速病理組織診断では転移陰性であったが,上内深頸リンパ...
Uchida D, Begum NM, Almofti A, Nakashiro K, Kawamata H, Tateishi Y, Hamakawa H, Yoshida H, Sato M
Experimental cell research   290(2) 289-302   Nov 2003   [Refereed]
Shintani S, Li C, Mihara M, Nakashiro K, Hamakawa H
Cancer letters   201(2) 149-155   Nov 2003   [Refereed]
Shintani S, Kiyota A, Mihara M, Sumida T, Kayahara H, Nakashiro K, Hamakawa H
American journal of clinical oncology   26(5) e150-6   Oct 2003   [Refereed]
Shintani S, Mihara M, Li C, Nakahara Y, Hino S, Nakashiro K, Hamakawa H
Cancer science   94(10) 894-900   Oct 2003   [Refereed]
中城 公一, 新谷 悟, 大西 詔子, 三原 真理子, 石川 徹, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   49(9) 544-547   Sep 2003
精神障害或いは脳循環障害を有し,著しく意思疎通の困難な習慣性顎関節脱臼患者に対し,T字型チタンミニプレートを用いたBuckley-Terry法よる手術療法を施行した.症例1は47歳男.うつ病で入院加療中である.ほぼ毎日頻回に左側顎関節脱臼を認めるようになり,自己整復も不可能となった.左側習慣性顎関節前方脱臼と診断し,全身麻酔下にT字型チタンミニプレートを用いた下顎頭の前方運動抑制術を左側に施行した.術後2週間,弾性包帯による開口制限を行った.以後,脱臼は認められず経過良好である.症例2は5...
TS-1内服と放射線照射併用療法が奏効したT4下顎歯肉癌の1例
中城 公一, 新谷 悟, 矢野 淳也, 篠原 裕二, 寺門 永顕, 浜川 裕之
癌と化学療法   30(9) 1309-1312   Sep 2003
82歳男.左側下顎歯肉の疼痛を主訴に他院歯科を受診,単純X線・CT所見から悪性病変を疑われ加療目的で来院した.初診時口腔内所見では左側下顎臼歯相当部歯肉に潰瘍形成を伴う表面カリフラワー様の41×22mm大の腫瘍を認め,パノラマX線写真では左側下顎前歯から臼歯部にかけて下顎管におよぶ辺縁不整の骨吸収像を認めた.入院後の生検にて高分化型扁平上皮癌と診断され,術前治療としてX線外照射1日1回2Gy・週5日とTS-1(120mg/日)の連日内服投与を開始した.投与3週目より副作用としてgrade ...
Immunohistochemical expression of hepatocyte growth factor and c-Met/HGF receptor in benign and malignant human prostate tissue.
Nakashiro K, Hayashi Y, Oyasu R
Oncology reports   10(5) 1149-1153   Sep 2003   [Refereed]
Detection of circulating cancer cells in human oral squamous cell carcinoma.
Zen H, Nakashiro K, Shintani S, Sumida T, Aramoto T, Hamakawa H
International journal of oncology   23(3) 605-610   Sep 2003   [Refereed]
急性歯性感染症におけるアジスロマイシンの有効性と内服に関するアンケート調査
寺門 永顕, 新谷 悟, 原 慎吾, 篠原 裕志, 矢野 淳也, 栢原 浩彰, 中城 公一, 日野 聡史, 浜川 裕之
歯科薬物療法   22(2) 76-82   Aug 2003
急性歯性感染症(歯周組織炎群,歯冠周囲炎群,顎炎群)83例(男35例・女48例,19〜87歳)を対象に,アジスロマイシン(AZM)の有効性について検討し,アンケート調査により,患者の使用感について調査した.対象症例83例(男35例・女48例,19〜87歳)における臨床効果は著効34例(41%),有効40例(48.2%),無効9例(10.8%)で,有効率は89.2%であった.薬を飲んだ効果は,はい72例(86.7%)で,症状の軽快を自覚した時期は内服2〜4日目で79.1%を占めた.1日1回3...
咬筋の瘢痕性変化による重度開口障害の1例
原 慎吾, 新谷 悟, 寺門 永顕, 三原 真理子, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   49(7) 466-469   Jul 2003
54歳男.開口障害を契機に筋電図検査を施行したが神経原性の筋障害は認められなかった.パノラマX線写真及びCTでは異常所見はなく,MRIではT2強調画像にて両側咬筋内に低信号領域を認め,同部にエコー検査で信号強度の亢進が認められた.約2ヵ月前に顔面を殴打される等の暴行を受けていたことから,咬筋瘢痕性開口障害との臨床診断を行い,開口器による開口訓練,筋弛緩剤と消炎鎮痛剤による保存的治療を行ったが奏効せず,咬筋筋膜剥離,咬筋筋膜減張切開を目的とした手術を行った.術後の自力開口訓練を行い,赤外線温...
Kawamata H, Omotehara F, Nakashiro K, Uchida D, Hino S, Fujimori T
Anti-cancer drugs   14(6) 391-395   Jul 2003   [Refereed]
唇顎口蓋裂例の上顎後退症に対する,仮骨延長法を併用した二期的上下顎骨骨切り術の1例
篠原 裕志, 中城 公一, 新谷 悟, 浜川 裕之
愛媛医学   22(2) 201-204   Jun 2003
18歳男.出生時に左側唇顎口蓋裂を認め,生後3ヵ月に口唇形成術,1歳時に口蓋形成術,5歳時に口唇・口蓋垂修正術を施行していた.しかし,その後も中顔面の陥凹感が持続し,上顎骨発育不全による上顎後退症と診断し,二期的上下顎骨骨切り術にRED systemによる仮骨延長法を併用し,良好な治療結果が得られた
【消化器癌とリンパ節微小転移】口腔癌における頸部リンパ節微小転移の検出と臨床的意義 sentinel node navigation surgeryの確立に向けて
浜川 裕之, 中城 公一, 新谷 悟
G.I.Research   11(3) 225-230   Jun 2003
放射線同位元素によるセンチネルリンパ節検出は概ね安定してきたが,問題はその微小転移の診断方法である.微小転移の確実な診断方法を開発することがsentinel node navigation surgery(SNNS)を普及させる上で大変重要と考えられる.著者等は扁平上皮癌である日腔癌微小転移の形態学的診断及び遺伝子診断法について研究を続けてきた.遺伝子診断法の口腔癌特異的マーカーは見い出されていないが,SCC抗原mRNAを利用している.その結果,術中遺伝子診断法開発のため,ミニカラムやLi...
Uchida D, Omotehara F, Nakashiro K, Tateishi Y, Hino S, Begum NM, Fujimori T, Kawamata H
Biochemical and biophysical research communications   305(4) 846-854   Jun 2003   [Refereed]
大理石骨病に併発した顎骨骨髄炎の4例
矢野 淳也, 新谷 悟, 杉森 英一郎, 栢原 浩彰, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   49(5) 363-366   May 2003
標題の4例を報告した.顎骨骨髄炎発症の契機は全例が抜歯後感染であった.3例は下顎だけでなく,骨髄炎に罹患しにくいとされている上顎にも発症しており,大理石骨病の易感染性が示された.治療は,掻爬や腐骨除去のみの処置では再発を繰り返し,顎骨の区域切除,部分切除によって良好な経過が得られた
核医学的検出法によるセンチネルリンパ節生検実施までの経緯と現状
新谷 悟, 矢野 淳也, 中城 公一, 栢原 浩彰, 寺門 永顕, 中原 裕二, 大西 詔子, 三原 真理子, 日野 聡史, 浜川 裕之
日本口腔外科学会雑誌   49(4) 257-263   Apr 2003
口腔扁平上皮癌におけるp27KIP1,Skp2,Jab1の発現とその意義
新谷 悟, 李 春男, 三原 真理子, 中城 公一, 浜川 裕之
頭頸部腫瘍   29(1) 210-216   Mar 2003
1991〜2000年に加療した口腔扁平上皮癌患者の内,十分な臨床病理組織学的検討が行えた75例を対象に,Skp2,Jab1とp27KIP1の発現ならびに臨床病理学的因子との関連を検討した.口腔癌におけるp27KIP1の発現はSkp2及びJab1の発現と逆相関を示し,p27KIP1の発現がこれらの蛋白分解機構によって制御されていることが示唆された.また,これらの蛋白の発現が,頸部リンパ節転移ならびに予後と関連したことから,p27KIP1とその制御因子であるSkp2及びJab1が,口腔癌の細胞...
中城 公一, 新谷 悟, 大西 詔子, 寺門 永顕, 浜川 裕之
頭頸部腫瘍   29(1) 64-69   Mar 2003
2002年3月〜9月に初回治療を行った口腔悪性腫瘍10症例を対象に,核医学的検出(RI)によるセンチネルリンパ節生検を行い,微小転移診断を術中迅速診断として応用することを試みた.センチネルリンパ節の同定はRI法と色素法の併用で行ったが,その一致率は80%で,各症例1個或いは2個のセンチネルリンパ節を同定し得た.10症例のうち3症例5個のセンチネルリンパ節において転移巣が検出された.転移陽性センチネルリンパ節5個のうち,4個は病理部による術中迅速病理組織検査にて診断し得た.遺伝子診断では,い...
確定診断に至らなかった難治性口内炎の1例
野中 朋子, 新谷 悟, 寺門 永顕, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔診断学会雑誌   16(1) 114-117   Mar 2003
79歳男で,口腔内の白斑・潰瘍形成を主訴とした.自己抗体の推移と臨床症状との関連が認められ,ステロイドの全身投与により症状の軽減をみたことから,原因疾患として自己免疫疾患(ベーチェット病,全身性エリテマトーデス,進行性全身性硬化症など)を疑った.しかし,高齢者のため発熱や関節痛等の症状がなく,いずれの疾患も診断基準を満たさなかった.そのため確定診断には至らなかったものの,これら疾患の不全型と考えステロイド剤の全身投与を行ったところ口内炎はほぼ消退した
Transcriptional activation of cyclin-dependent kinase inhibitor, p21waf1 gene by treatment with a differentiation inducing agent, vesnarinone in a human salivary gland cancer cell line.
Omotehara F, Nakashiro K, Uchida D, Hino S, Fujimori T, Kawamata H
Journal of experimental & clinical cancer research : CR   22(1) 57-60   Mar 2003   [Refereed]
Evaluation of the chemosensitivity of head and neck cancer cells based on the diverse function of mutated-p53.
Shinagawa Y, Kawamata H, Omotehara F, Nakashiro K, Hoque MO, Furihata T, Horiuchi H, Imai Y, Fujimori T, Fujibayashi T
International journal of oncology   22(2) 383-389   Feb 2003   [Refereed]
Mihara M, Shintani S, Nakashiro K, Hamakawa H
Oral oncology   39(1) 49-55   Jan 2003   [Refereed]
当科における骨格性顎変形症の臨床的統計
藤原 和久, 中城 公一, 栢原 浩彰, 新谷 悟, 浜川 裕之
愛媛医学   21(4) 385-391   Dec 2002
1977年〜2001年までに骨格性顎変形症の診断で顎矯正手術を施行した212症例に臨床統計的検討を行った.男性62例,女性150例であり,男女比は1:2.4であった.年齢は15歳以上20歳未満が半数以上を占めていた.主訴は機能性要因の咬合不全(127例),口唇閉鎖不全(4例),発音障害(3例)が多く,審美性要因ではオトガイ突出(63例),下顎非対称(8例),上顎突出(2例)であった.診断は下顎前突出の161例が最大であり,全体の76%を占めていた.術式は下顎後退術(SSRO)が169例と最...
正中部に発生した口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移部位に関する検討
寺門 永顕, 新谷 悟, 栢原 浩彰, 中城 公一, 大西 詔子, 浜川 裕之
癌の臨床   48(12) 783-787   Dec 2002
正中部に発生した口腔扁平上皮癌20例(男16,女4,平均61.1歳)について,リンパ節転移様式,原発巣の進展範囲とリンパ節転移部位との関係について検討を行った.リンパ節転移は6例(口底3例,上顎歯肉2例,下顎歯肉1例)にみられた.この6例の転移部位は片側が4例で両側が2例であった.又,1例は上内深頸領域のリンパ節に直接転移していた.正中線から左右への腫瘍進展範囲とリンパ節転移部位との間に明らかな相関はみられなかった.以上より正中部口腔扁平上皮癌では大きさ,進展形態に拘わらず両側かつ上内深頸...
Infiltration of tumor-associated macrophages in human oral squamous cell carcinoma.
Li C, Shintani S, Terakado N, Nakashiro K, Hamakawa H
Oncology reports   9(6) 1219-1223   Nov 2002   [Refereed]
Omotehara F, Kawamata H, Uchida D, Hino S, Nakashiro K, Fujimori T
British journal of cancer   87(9) 1042-1046   Oct 2002   [Refereed]

Misc

 
去勢抵抗性前立腺癌の治療戦略
中城 公一, 浜川 裕之
愛媛医学   35(1) 15-17   Mar 2016
口腔癌診療へのmicroRNAの応用
中城 公一, 浜川 裕之
愛媛医学   34(3) 160-165   Sep 2015
MicroRNA(miRNA)は約22塩基からなる小分子RNAで、標的mRNAに結合することでその蛋白質発現を阻害する。近年、種々の悪性腫瘍において癌遺伝子的な性質を有するoncogenic miRNA(OncomiR)と癌抑制遺伝子様の機能を発揮するtumor suppressive miRNA(TS-miR)の存在が報告されている。さらに、ヒト体液中からmiRNAが検出できることから有用なバイオマーカー候補としても注目されている。そこで、われわれは口腔癌の診断および治療に有用となるmi...
Characteristics of antitumor activity of 3,4-dihydro-6-[4-(3,4-dimethoxybenzoyl)-1-piperazinyl]-2(1H)-quinolinone(vesnarinone)against a human adenoid squamous carcinoma-forming cell line grown in athymic nude mice.(共著)
Cancer Lett   91(1) 1-9   1995
Induction of TSC-22 by treatment with a new anti-cancer drug vesnarinone in a human salivary gland cancer cell.(共著)
Br J Cancer   77(1) 71-78   1998
Down-regulation of TSC-22(transforming growth factor β-stimulated colne 22)markedly enhances the growth of a human salivary gland cancer cell line in vitro and in vivo.(共著)
Cancer Res   58(3) 549-555   1998
Active-MMP2 in cancer cell nests of oral cancer patients : Correlation with lymph node metastasis.(共著)
Int J Oncol   13 699-704   1998
Neoplastic conversion of human urothelial cells in vitro by overexpression of H2O2-generating peroxisomal fatty acyl CoA oxidase.(共著)
Int J Oncol   15(4) 743-9   1999
Invasion and metastasis of oral cancer.
Recent Res Devel Cancer   1 37-46   1999
Hepatocyte growth factor secreted by prostate-derived stromal cells stimulates growth of androgen-independent human prostatic carcinoma cells.(共著)
Am J Pathol   157(3) 795-803   2000
Role of peroxisome proliferator-activated receptor γ and its ligands in non-neoplastic and neoplastic human urothelial cells.(共著)
Am J Pathol   159(2) 591-597   2001
Dihydropyrimidine dehydrogenase mRNA level correlates with the response to s-flurouracil-based chemo-immuno-radiation hterapy in human oral squamous cell cancer(共著)
Int. J. Oncol.   (19(5)) 953-958   2001
Expression of peroxisome proliferator-activated receptor γ and the growth inhibitory effect of its synthetic ligands in human salivary gland cancer cell lines(共著)
Int. J. Oncol.   (20(3)) 599-605   2002
Dysfunction of the p53 tumor suppressor pathway in head and neck cancer(共著)
Int. J. Oncol.   (21(1)) 119-126   2002
Immunohistochemical expression of hepatocyte growth factor and c-Met/HGF receptor in behigh and malignant human prostate tissue
Oncol. Rep.   10(5) 1149-1153   2003
Phenotypic switch from paracrine to autocrine role of hepatocyte growth factor in an androgen-independent human prostatic carcinoma cell line, CWR22R
American Society for Investigative PathologyAmerican Journal of Pathology   165(2) 533-540   2004
ELSEVIERBiochem Biophys Res Commun   336(2) 408-416   2005
CXCR4 expression is associated with lymph-node metastasis of oral squamous cell carcinoma
ISI(Institute for Scientific Infofmation)Int J Oncol   28(1) 61-66   2006
Basic and clinical studies on quantitative analysis of lymph node micrometastasis in oral cancer
Oncology Report   11(1) 33-39   2004
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   33(7) 670-675   2004
HER2/neu expression in oral squamous cell carcinoma
Asian Journal of Oral & Macillofacial Surgery   16(3) 172-176   2004
Constitutive activation of Stat3 correlates with increased expression of the c-Met/HGF receptor in oral squamous cell carcinoma
Oncology Report   12(2) 293-296   2004
ElsevierBiochem Biophys Res Commun   379(4) 1097-1100   2009
18F-Fluorodeoxyglucose positron emission tomography-computed tomography for diagnosis of cervical lymph node metastasis of oral squamous cell carcinoma
Asian J Oral Maxillofac Surg   21 88-95   2010

Books etc

 
Development of Technologies and Seeds for Biological Medicine
2009   

Conference Activities & Talks

 
上顎歯肉に発症した悪性神経鞘腫瘍の1例
合田 啓之, 浜川 知大, 徳善 紀彦, 大膳 力也, 中城 公一
日本口腔科学会雑誌   Mar 2019   
ヒト口腔扁平上皮癌細胞における癌遺伝子様microRNAの同定
徳善 紀彦, 中城 公一, 小川 妃弥呼, 合田 啓之
口腔組織培養学会誌   Mar 2019   
癌関連線維芽細胞からのIL-6は口腔扁平上皮癌における血管新生の重要な因子である(Interleukin-6 released by cancer-associated fibroblasts is critical for angiogenesis in oral squamous cell carcinoma)
合田 啓之, 岡本 正人, 徳善 紀彦, 中城 公一
日本癌学会総会記事   Sep 2018   
口腔扁平上皮癌におけるmicroRNA-375の発現抑制はリンパ節転移と関連する
徳善 紀彦, 中城 公一
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
大動脈瘤による慢性DICのため止血に難渋した抜歯後出血の1例
竹本 和香, 浜川 知大, 合田 啓之, 日野 聡史, 中城 公一, 浜川 裕之
日本口腔科学会雑誌   Jul 2017   

Research Grants & Projects

 
Expression and Function of PPARγ in human Salivary gland Cancer
Project Year: 2000 - 2002
Differentiation induction therapy of Oral cancer by modulationg differentiation-related genes
Project Year: 2002 - 2005

Patents

 
特許US 8,889,649 B2 : Composition containing antisense oligonucleotide to microRNA
NAKASHIRO Koh-ichi