中尾 睦宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/03 14:57
 
アバター
研究者氏名
中尾 睦宏
 
ナカオ ムツヒロ
eメール
m-nakaoiuhw.ac.jp
所属
国際医療福祉大学
部署
医学部心療内科学
職名
教授
学位
博士(東京大学), 修士(ハーバード大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
1998年
東京大学医学部助手
 
1998年
 - 
2000年
ハーバード大学医学部研究員・心身医学研究所
 
2000年
 - 
2001年
ハーバード大学医学部講師・心身医学研究所
 
2001年
 - 
2003年
帝京大学国際教育研究所講師・医学部附属病院心療内科
 
2002年
 - 
2008年
東京大学医学部心療内科 非常勤講師
 
2003年
 - 
2008年
帝京大学国際教育研究所助教授・医学部附属病院心療内科
 
2008年
 - 
2011年
帝京大学国際教育研究所教授・医学部附属病院心療内科
 
2011年
 - 
2018年
帝京大学大学院公衆衛生学研究科教授・医学部附属病院心療内科
 
2018年
 - 
現在
国際医療福祉大学医学部教授・山王病院心療内科
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1996年
東京大学大学院 医学系研究科 心身医学
 
 
 - 
2000年
ハーバード大学公衆衛生大学院 臨床疫学コース(Clinical Effectiveness) 
 

委員歴

 
 
   
 
日本行動医学会(理事、教育研修委員長、編集副委員長、倫理委員会副委員長)
 
 
   
 
日本バイオフィードバック学会(副理事長、企画広報委員長)
 
 
   
 
日本うつ病学会(理事、事務局長、広報委員、自殺予防対策委員)
 
 
   
 
日本女性心身医学会(理事、認定専門医)
 
 
   
 
日本心療内科学会(監事、編集委員、認定登録医)
 
 
   
 
日本心身医学会(評議員、英文誌編集委員長、関東地方会幹事、認定指導医・専門医)
 
 
   
 
日本公衆衛生学会(認定専門家、社会医学系専門医協会 認定指導医・専門医)
 
 
   
 
日本医学教育学会  (認定医学教育専門家)
 
 
   
 
日本Men's Health医学会(評議員)
 
 
   
 
日本不安障害学会(評議員)
 
 
   
 
日本衛生学会(評議員)
 

受賞

 
2002年
石川記念賞(日本心身医学会)
 
2003年
冲永賞(帝京大学)
 
2005年
高血圧・高脂血症と血管代謝研究優秀賞(日本心臓財団・ファイザー)
 
2006年
Teikyo-Harvard Prize (Harvard University)
 
2015年
武見奨励賞(武見記念生存科学研究基金)
 

Misc

 
身体症状症とうつ病.
中尾 睦宏
Depression Journal   7(2) 22-23   2019年   [査読有り][依頼有り]
Board games as a promising tool for health promotion: a review of recent literature.
Nakao M
BioPsychoSocial Medicine 2019 Feb 19;13:5.      2019年   [査読有り]
ICTやAIの時代にバイオフィードバックはどう活用できるか:産・学・官の連携.
中尾 睦宏
バイオフィードバック研究   45(2) 87-92   2018年   [査読有り][依頼有り]
Alexithymia and somatosensory amplification link perceived psychosocial stress and somatic symptoms in outpatients with psychosomatic illness.
Nakao M, Takeuchi T.
Journal of Clinical Medicine 2018 May 10;7(5). pii: E112.      2018年   [査読有り]
Cost-effectiveness analysis of suvorexant for the treatment of Japanese elderly patients with chronic insnomnia in a virtual cohort.
Nishimura S, Nakao M.
Journal of Medical Economics   21(7) 698-703   2018年   [査読有り]
中尾 睦宏
心身医学   57(10) 1032-1039   2017年   [査読有り][依頼有り]
日本行動医学会における教育研修の総括と今後の展望:「問題解決アプローチ」の紹介.
中尾 睦宏
行動医学研究   23(1) 2-8   2017年   [査読有り]
医療におけるアンガーマネジメントとストレスコントロール.
中尾 睦宏
東京都医学検査   45(2) 134-136   2017年   [依頼有り]
問題解決アプローチの実践:ポジティブ・サイコロジーと問題解決アプローチ.
喜多島知穂, 中尾睦宏.
行動医学研究   23(1) 9-15   2017年   [査読有り]
失感情症と両親の養育態度が疼痛に与える影響―大学生のアンケートから―. .
荒木誠一, 中尾睦宏, 岩瀬泰介, 玉井清志, 樽本修和, 安田秀喜, 安西信雄.
日本柔道整復接骨医学会誌   26(1) 1-6   2017年   [査読有り]
Somatic manifestation of distress: Clinical medicine, psychological, and public health perspectives.
Nakao M.
BioPsychoSocial Medicine 2017 Dec 18;11:33      2017年   [査読有り]
Relationships between catastrophic thought, bodily sensations and physical symptoms.
Seto H, Nakao M.
BioPsychoSocial Medicine 2017 Nov 8;11:28      2017年   [査読有り]
Relationship between menstruation status and work conditions in Japan.
Nishikitani M, Nakao M, Tsurugano S, Inoure M, Yano E.
BioPsychoSocial Medicine 2017 Oct 4;11:26      2017年   [査読有り]
Brief internet-based cognitive behavior therapy program with a supplement drink improved anxiety and somatic symptoms in Japanese workers.
Shirotsuki K, Nonaka Y, Takano J, Abe K, Adachi So, Adachi Sh, Nakao M.
BioPsychoSocial Medicine 2017 Sep 1;11:25      2017年   [査読有り]
The effect for Japanese workers of a self-help computerized cognitive behavior therapy program with a supplement soft drink.
Shirotsuki K, Nonaka Y, Abe K, Adachi So, Adachi Sh, Kuboki T, Nakao M.
BioPsychoSocial Medicine 2017 Sep 19;11:23      2017年   [査読有り]
The relationship between psychotropic drug use and suicidal behavior in Japan: Japanese Adverse Drug Event Report
Takeuchi T, Takenoshita S, Taka F, Nakao M, Nomura K
Pharmacopsychiatry   50(2) 69-73   2017年   [査読有り]
被災と心の保ち方の対策~最近の傾向から
中尾 睦宏
心とからだのオアシス   10(3) 10-11   2016年   [依頼有り]
五島史行, 野村 恭子, 中尾 睦宏, 瀬戸 泰.
心身医学   56(2) 148-156   2016年   [査読有り]
Nakao M, Takeuhci T.
International Journal of Behavioral Medicine   23(5) 580-588   2016年   [査読有り]
Nakao M
BioPsychoSocial Medicine 2016 Feb 24;10:3      2016年   [査読有り][依頼有り]
Shimazu A, Nakao M.
BioPsychoSocial Medicine, 2016 Mar 2;10:6 [e-Pub]      2016年   [査読有り][依頼有り]
心身症概念の変遷:「身体症状症および関連症群(身体表現性障害)」から「機能性身体症候群」まで
中尾 睦宏
臨床精神薬理   18(4) 371-379   2015年   [依頼有り]
心療内科に寄与する行動医学:公衆衛生学の視点
中尾 睦宏
日本心療内科学会誌 19(2):87-93   19(2) 87-93   2015年   [査読有り][依頼有り]
中尾 睦宏
女性心身医学   20(2) 155-160   2015年   [査読有り]
医学部教育における行動科学カリキュラムの提案
網谷真理恵, 石川善樹, 乾明夫, 井上茂, 島津明人, 諏訪茂樹, 津田彰, 堤明純, 坪井康次, 中尾睦宏, 中山健夫, 端詰勝敬, 吉内一浩
医学教育   46(1) 37-40   2015年   [査読有り]
内科医のためのうつ病診療トライアル:専門医が勧める診断・処方のコツ
三村將, 中尾睦宏, 前野哲博, 秋山剛
内科   115(2) 281-291   2015年   [依頼有り]
機能性身体症候群と心身相関:身体感覚増幅と身体感覚に対する破局的思考
瀬戸泰, 中尾睦宏
日本心療内科学会誌   19(3) 170-177   2015年   [査読有り][依頼有り]
Nakao M, Takeuchi T, Fricchione GL
Psychotherapy and Psychosomatics   83(2) 120-121   2014年   [査読有り]
Nakao M, Ohara C.
Journal of Religion and Health   53(1) 46-55   2014年   [査読有り]
Relationship between active information exchange and the quality of life (QOL) of women living in Lao People’s Democratic Republic.
Sone K, Nakao M, Lamaningao P, Sugiura Y, Yamamoto H, Yamaoka K.
Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health   45(4) 956-966   2014年   [査読有り]
Horie S, Hisasue SI, Nakao M, Ide H, China T, Nagae M, Saito K, Isotani S, Yamaguchi R, Muto S, Kumamoto Y.
Aging Male   17(1) 35-41   2014年   [査読有り]
バイオフィードバックの発展に向けての提言:日本バイオフィードバック学会企画委員会からのアンケート結果報告
中尾睦宏, 大須賀美恵子, 廣田昭久, 佐久間春夫, 志和資朗, 竹林直紀, 辻下守弘
バイオフィードバック研究   41(2) 83-90   2014年   [査読有り]
メタボリック症候群と非定型うつ病の関連
竹内武昭、中尾睦宏、矢野栄二
精神神経学雑誌   116(9) 727-734   2014年   [査読有り]
堤明純, 石川善樹, 乾明夫, 井上茂, 島津明人, 諏訪茂樹, 津田彰,坪井康次, 中尾睦宏, 中山健夫, 端詰勝敬, 吉内一浩
行動医学研究   20(2) 63-68   2014年   [査読有り]

Works

 
文部科学省科学研究費(基盤A)「ワーク・ライフ・バランスの向上を通じた労働者・夫婦・親子の健康支援に関する研究」(研究分担者)
2017年 - 現在
文部科学省科学研究費(基盤C)「社交不安症におけるビデオフィードバックの妨害要因と効果向上に関する研究」(研究分担者)
2017年 - 現在
文部科学省科学研究費(基盤C)「職域における非定型うつ病同定の研究」(研究分担者)
2016年 - 現在
文部科学省科学研究費(基盤C)「身体感覚増幅現象から捉えた精神・心理的疼痛の診断と治療」(研究代表者)
2015年 - 現在
文部科学省科学研究費(基盤C)「産業衛生の現場における認知行動療法プログラムを活用したうつ病の予防・改善の研究」(研究代表者)
2012年 - 2015年
文部科学省科学研究費(基盤C)「非正規雇用により生じる社会経済格差が家族の健康に及ぼす影響」(研究分担者)
2011年 - 2014年
厚生労働省労働安全衛生総合研究事業 「職場におけるメンタルヘルス対策の有効性と費用対効果等に関する調査研究」(研究分担者)
2011年 - 2014年
文部科学省科学研究費(基盤C)「産業衛生の現場におけるうつ病の遷延化因子の解明と職場復帰プログラムの有用性の検討」(研究代表者)
2009年 - 2012年
文部科学省科学研究費(基盤C)「健康診断を利用した自殺予防のためのうつ病(研究分担者)
2008年 - 2011年
文部科学省科学研究費(基盤C)「身体不定愁訴とストレスマネージメントに関する日米共同研究の企画」(研究代表者)
2006年 - 2007年
日本衛生学会若手プロジェクト研究「身体症状から見た自殺予防のアプローチ」
中尾睦宏   2005年 - 2007年
臨床薬理研究振興財団「ベンゾジアゼピン系抗不安薬の適性使用と離脱方法に関する研究」
中尾睦宏   2007年
財団法人 医療科学研究所「処方オーダリングシステムを用いたベンゾジアゼピン系薬剤の適正処方に関する研究」
中尾睦宏   2007年
心臓財団・ファイザー「高血圧・高脂血症と血管代謝」研究助成「血圧、血清コレステロール、ならびに自律神経機能が脈波伝播速度に及ぼす影響の定量的評価」
中尾睦宏   2005年 - 2006年
中央労働災害防止協会「平成17年度労働安全衛生に関する調査研究」
中尾睦宏   2005年 - 2006年
文部科学省科学研究費(基盤C)「うつと身体不定愁訴の関連における日米共同研究の企画」(研究代表者)
2005年 - 2006年
文部科学省科学研究費(基盤C)「鉛曝露による自覚症状と自律神経障害のベンチマークドースを用いた影響評価」(研究分担者)
2004年 - 2005年
総合健康推進財団「自然療法によるリラクセーション反応の定量的評価」
中尾睦宏   2004年
文部科学省科学研究費(B)「過重労働と多様化する雇用形態が労働者の健康に及ぼす影響に関する研究」(研究分担者)
2004年 - 2006年
文部科学省科学研究費(若手B)「身体症状の問診調査によるうつのスクリーニングの有用性に関する検討」(研究代表者)
2002年 - 2003年
厚生労働科学研究費「産業保健活動の健康影響指標に関する研究-EBM健康診断-」(研究分担者)
2002年 - 2003年
私立大学学術研究高度化推進事業「保健医療活動の評価に基づくエビデンス医療の実践研究」(研究分担者)
1999年 - 2003年
ソルト・サイエンス研究財団「心血管系の食塩感受性が生体のストレス反応とリラクセーション反応に及ぼす影響」
中尾睦宏   2003年
笹川医学医療研究財団「ホスピスケアに関する研究助成:死別による遺族の悲哀反応と失感情症の関係」
中尾睦宏   2003年
産業医学振興財団「過重労働と職業性ストレスが動脈硬化度に与える影響の定量評価」
中尾睦宏   2003年
コンパニオンアニマルリサーチⓇ「心身症患者におけるコンパニオンアニマルによる「リラクセーション反応」の研究」
中尾睦宏   2002年
帝京・ハーバード大学研究交換プログラム「冲永フェローシップ」(派遣研究員)
1998年 - 2001年
厚生省脳科学研究推進事業研究費「外国への日本人研究者派遣事業」(派遣研究員)
1998年
文部科学省科学研究費(基盤C)「本態性高血圧症に対する血圧バイオフィードバックの降圧効果の検証(研究分担者)
1997年 - 1999年