小林 達明

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/19 15:47
 
アバター
研究者氏名
小林 達明
 
コバヤシ タツアキ
URL
http://www.h.chiba-u.ac.jp/helloeps/
所属
千葉大学
部署
園芸学部 緑地・環境学科 園芸学部緑地・環境学科
職名
千葉大学
学位
京都大学博士(農学)(京都大学), (BLANK)(京都大学)

研究分野

 

経歴

 
2010年
 - 
2015年
千葉大学 大学院・園芸学研究科 教授
 

受賞

 
 
なし
 

論文

 
山本 理恵, 小林 達明, 江幡 知紗
日本緑化工学会誌   40(1) 130-135   2014年8月
Terumasa Takahashi, Yoshiaki Kanzawa, Tatsuaki Kobayashi, Darlene Zabowski, Robert Harrison
Landscape and Ecological Engineering   1-7   2014年3月
In order to clarify the effects of urbanization on the chemical characteristics of forest soils, we investigated several surface soil chemical characteristics, including (1) carbon (C) concentration, (2) concentrations of exchangeable bases, (3) c...
Akira Kato, Koji Kajiwara, Yoshiaki Honda, Manabu Watanabe, Tsutomu Enoki, Yoshio Yamaguchi, Tatsuaki Kobayashi
International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS)   816-819   2014年1月
© 2014 IEEE. Various remote sensing technologies are utilized to monitor tropical forest for REDD project. In developing countries, the accuracy of field measurement does not satisfy the quality required for the validation of satellite remotely se...
加藤 顕, 石井 弘明, 榎木 勉, 大澤 晃, 小林 達明, 梅木 清, 佐々木 剛, 松英 恵吾
日本森林学会誌   96(3) 168-181   2014年
近年のレーザーリモートセンシング技術(LiDAR)の発展により,近距離レーザーを用いた森林構造の詳細なデータを迅速かつ正確に取得できるようになった。これまでは航空機レーザーによる研究が圧倒的に多かったが,地上・車載型の近距離レーザーセンサーが身近に利用可能となり,森林構造計測に利用され始めている。航空機レーザーデータから林分レベルでの平均樹高,単木の梢端,樹冠範囲,樹冠単位での単木判別,成層構造,経年的樹高成長を把握できる。一方,地上レーザーを用いることで,幹を主体とした現存量や正確な立木...
加藤 顕, 戸倉 千明, 小林 達明, 野田 佳慶, 有村 恒夫, 福田 聖一
日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology   39(1) 194-197   2013年8月
高速道路法面緑化地での植栽管理は多大な労力と費用がかかる。本研究では,高密度でレーザー照射する車載レーザーシステムを用いて高密度レーザーデータを取得し,取得された点群データから高速道路法面の樹木の葉面積指数を推定した。結果検証のために,高密度レーザーによる葉面積指数と現地調査で取得した魚眼レンズによるLAI 推定値を比較して整合性を検討した。また同じ場所で,地上レーザーからのLAI 推定値とも比較を行った。車載レーザーは照射場所からの距離が離れるに従って解像度を調整してLAI 推定する必要...

講演・口頭発表等

 
小林 達明
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   2015年7月   
小林 達明
グリーン・エージ   2015年4月   
小林 達明
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   2014年7月   

Works

 
中国内蒙古・黄土高原における砂漠化とその防止に関する研究
1990年
砂漠化地図の作製に関する研究
里山資源の保全に関する社会生態学的研究
東京湾の渚の再生に関する研究
Study on Processing Desertification Map