土屋 正史

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 15:30
 
アバター
研究者氏名
土屋 正史
 
ツチヤ マサシ
eメール
tsuchiyamjamstec.go.jp
所属
独立行政法人海洋研究開発機構
部署
海洋生物多様性研究分野
職名
技術研究員
学位
博士(理学)(静岡大学)
その他の所属
東北大学大学院農学研究科 縁辺深海生態系動態学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北大学 農学研究科縁辺深海生態系動態学分野 客員准教授
 
2014年4月
 - 
現在
独立行政法人海洋研究開発機構 海洋生物多様性分野 技術研究員
 
2009年4月
 - 
2014年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 海洋・極限環境生物圏領域 海洋環境・生物圏変遷過程研究プログラム 同位体生態学研究チーム(チームリーダー)/地球生物学研究チーム(兼務)/化学合成共生ゲノム情報研究チーム(兼務)/東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム(兼務) チームリーダー(同位体生態学研究チーム)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 地球内部変動研究センター 地球古環境変動研究プログラム 技術研究副主任
 
2003年4月
 - 
2006年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 極限環境生物圏研究センター 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2003年2月
 - 
2003年3月
海洋科学技術センター 固体地球統合フロンティア研究システム 地球システム変動領域 研究推進スタッフ 研究推進スタッフ
 
2001年4月
 - 
2003年1月
千葉大学海洋バイオシステム研究センター 講師(研究機関研究員)
 
1997年4月
 - 
1999年3月
静岡大学大学院理工学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
東北大学大学院 理学研究科 生物学専攻 動物生態学講座 大学院研究生
 
 
 - 
2000年
静岡大学 理工学研究科 環境科学専攻
 
1997年11月
 - 
1997年12月
ジュネーブ大学 理学部 Molecular Systematics Group
 
 
 - 
1996年
静岡大学 理学研究科 地球科学
 
1995年10月
 - 
1995年11月
ジュネーブ大学 理学部 Molecular Systematics Group
 

受賞

 
2017年6月
日本古生物学会 日本古生物学会2016年度学術賞 有孔虫類の分子生物学的研究
 
2001年
2000年度 日本古生物学会論文賞
 
2006年
FORAMS 2006 (International Symposium on Fortaminifera)ポスター賞
 

論文

 
A new analytical method for determination of the nitrogen isotopic composition of methionine: Its application to aquatic ecosystems with mixed resources
Kitahashi T, Watanabe H, Tsuchiya M, Yamamoto Hideyuki, Yamamoto Hiroyuki
Method X   5 1330-1335   2018年10月   [査読有り]
A new analytical method for determination of the nitrogen isotopic composition of methionine: Its application to aquatic ecosystems with mixed resources
Ishikawa NF, Chikaraishi Y, Takano Y, Sasaki Y, Takizawa Y, Tsuchiya M, Tayasu I, Nagata T, Ohkouchi N
Limnology & Oceanography: Methods      2018年9月   [査読有り]
Morphological and genetic description of Syringammina limosa sp. nov., the first xenophyophore (Foraminifera) from the deep Sea of Okhotsk
Voltski I, Weiner AKM, Tsuchiya M, Kitazato H
Deep-Sea Research Part II   154 32-46   2018年8月   [査読有り]
Compound-specific isotope analysis of benthic foraminifer amino acids suggests microhabitat variability in rocky-shore environments
Tsuchiya M, Chikaraishi Y, Nomaki H, Sasaki Y, Tame A, Uematsu K, Ohkouchi N
Ecology and Evolution   00 1-16   2018年7月   [査読有り]
Jauffrais T, LeKieffre C, Koho K, Tsuchiya M, Schweizer M, Bernhard JM, Meibom A, Geslin E
Marine Micropaleontology   138 46-62   2018年   [査読有り]
Bernhard JM, Tsuchiya M, Nomaki H
Marine Micropaleontology   138 33-45   2018年   [査読有り]
Proton pumping accompanies calcification in foraminifera
Toyofuku, T., Matsuo, M. Y., de Nooijer, L. J., Nagai, Y., Kawada, S., Fujita, K., Reichart, G-J., Nomaki, H., Tsuchiya, M., Sakaguchi, H., Kitazato, H.
Nature Communications   8(14145)    2017年1月   [査読有り]
有孔虫の生物学的プロセス研究の進展―微化石生物の古生態を理解するための現生有孔虫生態学―
土屋 正史,豊福 高志,野牧 秀隆
化石   100 81-108   2016年9月   [査読有り]
Nomaki, H., Toyofuku, T., Tsuchiya, M., Matsuzaki, T., Uematsu, K., Tame, A.
Marine Micropaleontology   121 32-40   2015年9月   [査読有り]
Nomaki, H., Chikaraishi, Y., Tsuchiya, M., Toyofuku, T., Suga, H., Sasaki, Y., Uematsu, K., Tame, A., Ohkouchi, N.
Limnology and Oceanography   60 1906-1916   2015年6月   [査読有り]
Tsuchiya, M., Toyofuku, T., Uematsu, K., Brüchert, V., Collen, J., Yamamoto, H., Kitazato, H.
Journal of Eukaryotic Microbiology   62 454-469   2015年1月   [査読有り]
Nomaki, H., Chikaraishi, Y., Tsuchiya, M., Toyofuku, T., Ohkouchi, N., Uematsu, K., Tame, A., Kitazato, H.
Limnology & Oceanography   59 1897-1888   2014年7月   [査読有り]
Chikaraishi, Y., Steffan, S.A., Ogawa, O.N., Ishikawa, N.F., Sasaki, Y., Tsuchiya, M., Ohkouchi, N.
Ecology and Evolution   4 2423-2449   2014年4月   [査読有り]
Does the symbiotic scale—worm feed on the host mussel in deep-sea vent field?
Takahashi, Y., Sasaki, Y., Chikaraishi, Y., Tsuchiya, M., Watanabe, H., Asahida, T., Maruyama, T., Fujikura, K.
Research in Organic Geochamistry   28 23-26   2012年12月   [査読有り]
Hori, S., Tsuchiya, M., Nishi, S., Arai, W., Yoshida, T., Takami, H.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77(2) 381-384   2013年2月   [査読有り]
Tsuchiya, M., Gooday, A. J., Nomaki, H., Oguri, K., Kitazato, H.
Journal of Foraminiferal Research   43(1) 3-13   2013年   [査読有り]
Maeda, T., Hirose, E., Chikaraishi, Y., Kawato, M., Takishita, K., Yoshida, T., Verbruggen, H., Tanaka, J., Shimamura, S., Takaki, Y., Tsuchiya, M., Iwai, K., Maruyama, T.
PLosOne   7 e42024   2012年   [査読有り]
Ishitani, Y., Kamikawa, R., Yabuki, A., Tsuchiya, M., Inagaki, Y., Takishita, K.
Journal of Eukaryotic Microbiology   59(4) 367-373   2012年   [査読有り]
アミノ酸の窒素同位体比を用いた生物の栄養段階の解析:陸上環境を含めた生物生態系の解明に向けて
力石嘉人,高野淑識,小川奈々子,佐々木瑶子,土屋正史,大河内直彦
日本地球化学会   27 3-11   2011年   [査読有り]
Ishitani, Y., Ishikawa, S.A., Inagaki, Y., Tsuchiya, M., Takahashi, K., Takishita, K.
Marine Micropaleontology   81(1-2) 32-42   2011年   [査読有り]
貧酸素環境の小さな生物:細胞内の小さな生物との相互作用
土屋 正史
生物科学   62 143-150   2011年   [査読有り]
力石嘉人,小川奈々子,高野淑識,土屋正史,大河内直彦
地球化学 特集号「有機物・微生物・生態系の地球化学」   44 233-241   2010年   [査読有り]
地球深部探査船「ちきゅう」の下北半島沖慣熟航海コア試料―物性変動から予測される古環境変動―
青池 寛,西 弘嗣,坂本竜彦,飯島耕一,土屋正史,平 朝彦,倉本真一,眞砂英樹,下北コア微化石研究グループ
化石   87 65-81   2010年   [査読有り]
地球化学・地球生物学分野への分子イメージング手法の応用
豊福高志, 小栗一将, de Nooijer LJ, 野牧秀隆, 土屋正史, 北里洋
第四回学際領域における分子イメージングフォーラム. JAXA Special Publication: CD-ROM      2009年
Lecroq, B., Gooday, A.J., Tsuchiya, M., Pawlowski, J.
The Zoological Journal of the Linnean Society   156 455-464   2009年   [査読有り]
浮遊性有孔虫の分子系統解析からみた両極性分布の成立過程
土屋正史
化石   (85) 14-24   2009年   [査読有り]
Tsuchiya, M., Grimm, G.W., Heinz, P., Stögerer, K., Ertan, K.T., Collen, J., Brüchert, V., Hemleben, C., Hemleben, V., and Kitazato, H.
Marine Micropaleontology   70(1-2) 8-19   2009年   [査読有り]
有孔虫細胞内の環境可視化手法の開発と応用-バイオミネラリゼーションの解明を目指して-
豊福高志,Lennart de Nooijer,野牧秀隆,小栗一将,土屋正史,北里 洋
月刊海洋   30 346-351   2008年
Tsuchiya, M., Tazume, M., and Kitazato, H.
Marine Micropaleontology   (69) 212-224   2008年   [査読有り]
Kuroyanagi, A., Tsuchiya, M., Kawahata, H., and Kitazato, H.
Marine Micropaleontology   (68) 236-243   2008年   [査読有り]
Takishita, K., Tsuchiya, M., Kawato, M., Oguri, K., Kitazato, H., Maruyama, T.
Protist   158(1) 51-64   2007年   [査読有り]
Nozawa, F., Kitazato, H., Tsuchiya, M., Gooday, A. J.,
Deep-Sea Research I   53 1406-1422   2006年   [査読有り]
Takishita K., Tsuchiya, M., Reimer, J. D., Maruyama, T.
Extremophiles   10(2) 165-169   2006年   [査読有り]
Phylogenetic relationships among genus Ammonia (Foraminifera) based on ribosomal DNA sequences, which are distributed in the vicinity of the Japanese Islands.
Toyofuku-Suzuki, M., Kitazato, H., Tsuchiya M.
Frontier Research on Earth Evolution   2    2005年   [査読有り]
Tsuchiya, M., Kitazato, H., Pawlowski, J.
Journal of Foraminiferal Research   33(4) 285-293   2003年   [査読有り]
Phylogenetic relationships among the species of genus Bulimina (Foraminifera) inferred from ribosomal DNA sequences.
Kitazato, H., Tazume, M., Tsuchiya, M.
Frontier Research on Earth Evolution   1 233-238   2003年   [査読有り]
東アジアの内湾性有孔虫Trochammina hadai uchioはどうのようにして太平洋を渡ったのか?
北里 洋,土屋正史,McGann, Mary
月刊海洋   33(6) 399-405   2001年
有孔虫における分子系統解析ー底生有孔虫Glabratellidaeを例としてー
土屋正史,北里 洋
月刊海洋   32(4) 264-269   2000年
Toyofuku, T., Kitazato, H., Kawahata, H., Tsuchiya, M., Nohara, M.
Paleoceanography   15(4) 456-464   2000年   [査読有り]
Kitazato, H., Tsuchiya, M., Takahara, K.
Paleontological Research   4(1) 1-15   2000年   [査読有り]
Phylogenetic relationships among species of Glabratellidae (Foraminifera) inferred from ribosomal DNA sequences: Comparison with morphological and reproductive data. In Lee, J.J. and Hallock, P. (eds.), Advances in the Biology of Foraminifera.
Tsuchiya, M., Kitazato, H., Pawlowski, J.
Micropaleontology   46(1) 13-20   2000年   [査読有り]
形態と分子から見た有孔虫の種
土屋正史,北里 洋
日本プランクトン学会誌   47(1) 66-70   2000年   [査読有り]
有孔虫はなぜ環境や古環境の指標として使えるのか?---内湾の指標種,Anmonia beccarii (Linne)を例として---
北里 洋,土屋正史
鹿児島大学南太平洋海域調査研究報告   32 3-17   1999年
Nomaki, H., Bernhard, J. M., Ishida, A., Tsuchiya, M., Uematsu, K., Tame, A., Kitahashi, T., Takahata, N., Sano, Y., Toyofuku, T.
Frontiers in Microbiology   7(163)    2016年2月   [査読有り]
A new method for acquiring images of meiobenthic images using the FlowCAM
Kitahashi T, Watanabe H, Tsuchiya M, Yamamoto Hideyuki, Yamamoto Hiroyuki
Method X   5 1330-1335   2018年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
古生物学辞典 第二版
土屋 正史 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2010年   
How has foraminiferal genetic diversity developed? A case study of Planoglabratella opercularis and the species concept inferred from its ecology, distribution, genetics, and breeding behavior.
Tsuchiya, M., Takahara, K., Aizawa, M., Suzuki-Kanesaki, H., Toyofuku, T., Kitazato, H. (担当:分担執筆)
Experimental Approaches in Foraminifera: Collection, Maintenance and Experiments. Kitazato H. & Bernhard J. (eds). Springer book, Environmental Science Series   2014年2月   

講演・口頭発表等

 
Detecting the effect of scientific drilling on meiofauna with the traditional, metagenomic and image-based methods
Tomo Kitahashi, Sachie Sugime, Masatoshi Nakamura, Miyuki Nishijima, Kentaro Inomata, Masashi Tsuchiya, Hiromi Kayama Watanabe, Hiroyuki Yamamoto
15th Deep Sea Biology Symposium 2018   2018年9月12日   
Abyssal ecosystems and biogeochemical cycles revealed by in-situ experiments
Hidetaka Nomaki, Eugenio Rastelli, Teresa Amaro, Masashi Tsuchiya, Koji Seike, Tomo Kitahashi, Hisami Suga, Norio Miyamoto, Nanako O Ogawa, Roberto Danovaro, Takuro Nunoura, Naohiko Ohkouchi
15th Deep-Sea Biology Symposium   2018年9月11日   
有孔虫類の分子生物学的研究 [招待有り]
土屋 正史
日本古生物学会2018年年会   2018年6月23日   
生態的要因による岩礁地性底生有孔虫の遺伝的集団の遷移と形成
土屋正史,石渡祐一,吉田尊雄,藤倉克則
日本古生物学会2018年年会   2018年6月23日   
Variation in foraminiferal cytoplasm structures and its possible relationships between environmental conditions
Hidetaka Nomaki, Masashi Tsuchiya, Akihiro Tame and Takuya Matsuzaki
International Symposium on Foraminifera (FORAMS2018)   2018年6月21日   

Works

 
深海平原生態系の3つの有機物ソースを定量的に評価する現場培養実験,現場観測(YK14-06調査航海)共同研究者として乗船
その他   2014年
深海平原は沈降有機物フラックスが支配する世界なのかを検証する西太平洋縦断調査&実験(よこすかYK13-09航海)共同研究者として乗船
その他   2013年
深海化学合成生態系の出現に有機物基質が果たす役割の解明(かいれいKR12-01次航海)共同研究者として乗船
その他   2012年
黒潮域および亜熱帯還流域における浮遊性真核微生物の遺伝型の分布と環境への適応様式:餌資源利用による同所的・生態的種分化の検証(淡青丸KT12-04次航海)研究課題代表者・首席研究員として乗船
その他   2012年
熱水活動域における微生物ループと動物プランクトンの捕食連鎖の構造解析(淡青丸KT12-13次航海)共同研究者として乗船
その他   2012年

競争的資金等の研究課題

 
底生有孔虫類の遺伝的分化機構の解明:生態的な要因が遺伝的集団の分化に与える影 響
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 土屋 正史
共生が促す有孔虫の多様化メカニズム
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 土屋 正史
嫌気環境で促進される生命史ー現場観測・培養・遺伝子から解く有孔虫進化のパラドクス
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究A)分担
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 北里 洋
深海底生物群集における有孔虫ゼノフィオフォアの生態的な役割と有孔虫初期進化の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 土屋 正史
「生きた化石」Gromiaを用いた真核単細胞生物初期進化の解明
日本学術振興会: 科学研究補助金(萌芽研究)分担
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 山本 啓之

特許

 
特願2016-232868 : 生物粒子を含む試料の前処理方法、生物粒子の画像取得方法、 生物粒子を含む試料の前処理装置、及び生物粒子画像取得装置
北橋 倫,渡部裕美,土屋正史,山本啓之