谷口 一美

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/28 19:44
 
アバター
研究者氏名
谷口 一美
 
タニグチ カズミ
所属
京都大学
学位
修士(文学)(大阪大学), 博士(文学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
大阪教育大学 教育学部 欧米言語文化講座 教育学部教養学科 教養学科 欧米言語文化講座 准教授
 
1996年
 - 
1997年
 大阪大学・助手
 
1997年
 - 
2000年
 大阪教育大学・講師
 
2000年
 - 
2007年
 大阪教育大学・助教授
 
2007年
   
 
- 大阪教育大学・准教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
大阪大学 文学研究科 英語学
 

論文

 
A Usage-based Account of the Acquisition of English Get-passives
谷口 一美
Papers in Linguistic Science   20 101-114   2014年12月
英語の中間態再考:事態概念と言語習得の観点から
谷口 一美
JELS(日本英語学会大会論文集)   31 200-206   2014年3月   [査読有り][招待有り]
英語における自他交替の習得―open, move を例に―
谷口一美
『阪大英文学会叢書6 : 意味と形式のはざま』((大庭幸男・岡田禎之 編著)pp. 5-16, 英宝社.      2011年4月
構文文法の理論的展開とその適用:英語の中間構文を例に
谷口一美
日本認知言語学会論文集      2012年6月
応用認知言語学と語彙学習―文法理論を英語教育に活用する (2)―
大阪教育大学紀要第Ⅰ部門(人文科学)   59(2) 63-74   2011年

Misc

 
中間構文の習得からみた構文文法的再考
日本認知言語学会論文集   9 309-319   2009年
(Review) Adele E. Goldberg, Constructions at Work: The Nature of Generalization in Language.
Studies in English Literature (English number)   49 193-199   2008年
"On Aspects of Metaphorical Mapping.” (Review Article: Z. Kövecses, Metaphor: A Practical Introduction)
English Linguistics   22(1) 205-231   2005年
類似性と共起性―メタファー写像、アナロジー、プライマリーメタファーをめぐって―
日本認知言語学会論文集   3 23-33   2003年
アイロニーという名のカテゴリー:反対関係とエコーをつなぐもの
大阪教育大学紀要(第Ⅰ部門人文科学)   50(1) 43-56   2001年

競争的資金等の研究課題

 
認知言語学的アプローチによる日英語の文法構文分析
認知意味論におけるメタファー理論