甲斐田 幸佐

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 11:35
 
アバター
研究者氏名
甲斐田 幸佐
 
カイダ コウスケ
URL
http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=K22590720
所属
独立行政法人産業技術総合研究所
部署
情報・人間工学領域
職名
主任研究員
学位
博士(学術)(広島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2011年9月
 - 
2011年12月
リューベック大学(ドイツ) 客員研究員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
トヨタ自動車株式会社 主任
 
2005年5月
 - 
2006年10月
カロリンスカ研究所・ストックホルム大学ストレス研究所(スウェーデン) 客員研究員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 日本学術振興会特別研究員PD
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2004年3月
広島大学 生物圏科学研究科 環境計画科学専攻
 
1995年4月
 - 
1999年3月
島根大学 理学部 生物学科
 

受賞

 
2014年6月
日本睡眠学会 日本睡眠学会睡眠研究奨励賞
 
2011年6月
日本睡眠学会優秀ポスター賞
 
2003年9月
World Congress of Chronobiology Travel grant
 
2002年
日本生理心理学会優秀論文賞 自己覚醒法による短時間仮眠効果後の睡眠慣性抑制効果
 

論文

 
Kaida Kosuke, Iwaki Sunao
PLOS ONE   13(9) e0203966   2018年9月   [査読有り]
Kaida Kosuke, Kaida Naoko
PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   104 12-17   2017年1月   [査読有り]
Kaida Kosuke, Abe Takashi
PLOS ONE   13(3) e0194065   2018年3月   [査読有り]
甲斐田 幸佐
Environment, Development and Sustainability   18 111-127   2016年2月   [査読有り]
甲斐田 幸佐
Social Indicators Research   126 1243-1260   2016年   [査読有り]
甲斐田 幸佐
Environment, Development and Sustainability   17 409-421   2015年   [査読有り]
甲斐田 幸佐
睡眠医療   8(1) 23-27   2014年
甲斐田 幸佐
広島大学心理学研究   (11) 225-240   2011年
Kosuke Kaida, Torbjörn Åkerstedt, Masaya Takahashi, Peter Vestergren, Mats Gillberg, Arne Lowden, Göran Kecklund, and Christian Portin
Sleep and Biological Rhythms   6(4) 234-241   2008年10月   [査読有り]
The correlations between sleepiness, subjective well-being and pro-environmental behavior.
Kaida Kosuke, Kaida Naoko
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 566   2016年7月   [査読有り]
Kaida Kosuke, Itaguchi Yoshihiro, Iwaki Sunao
PLOS ONE   12(2)    2017年2月   [査読有り]
Kaida Kosuke, Takeda Yuji, Tsuzuki Kazuyo
ERGONOMICS   55(11) 1340-1349   2012年   [査読有り]
Kaida Kosuke, Niki Kazuhisa
NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT   10 19-25   2014年   [査読有り]
Kaida Kosuke, Niki Kazuhisa, Born Jan
NEUROBIOLOGY OF LEARNING AND MEMORY   121 72-89   2015年5月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Yuji Takeda, Kazuyo Tsuzuki
Industrial Health   50(3) in press-196   2012年5月   [査読有り]
Kaida Kosuke, Takeda Yuji, Tsuzuki Kazuyo
SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS   11(2) 125-134   2013年4月   [査読有り]
Feld Gordon B., Besedovsky Luciana, Kaida Kosuke, Muente Thomas F., Born Jan
JOURNAL OF COGNITIVE NEUROSCIENCE   26(10) 2310-2320   2014年10月   [査読有り]
甲斐田 幸佐
産業ストレス研究   16(3) 139-150   2009年7月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Torbjörn Åkerstedt, Göran Kecklund, Jens P. Nilsson and John Axelsson
Industrial Health   45(4) 520-526   2007年8月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Torbjörn Åkerstedt, Göran Kecklund, Jens P. Nilsson and John Axelsson
Clinical Neurophysiology   118(6) 1324-1331   2007年6月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Masaya Takahashi and Yasumasa Otsuka
Industrial Health   45(2) 301-308   2007年4月   [査読有り]
甲斐田 幸佐
Industrial Health   45(2) 224-231   2007年   [査読有り]
Fukasawa Kenji, Aikawa Hiroyuki, Okazaki Isao, Haratani Takashi, Takahashi Masaya, Nakata Akinori, Otsuka Yasumasa, Kaida Kosuke, Hanada Takanobu
JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH   48(4) 230-238   2006年7月   [査読有り]
甲斐田 幸佐
Journal of Occupational Health and Safety   22(1) 45-49   2006年   [査読有り]
Takahashi Masaya, Nakata Akinori, Haratani Takashi, Otsuka Yasumasa, Kaida Kosuke, Fukasawa Kenji
CHRONOBIOLOGY INTERNATIONAL   23(6) 1409-1422   2006年   [査読有り]
甲斐田 幸佐・小川 景子・松浦 倫子・高橋 正也・堀 忠雄
健康心理学研究   19(1) 1-9   2006年   [査読有り]
Kosuke Kaida, Masaya Takahashi, Torbjörn Åkerstedt, Akinori Nakata, Yasumasa Otsuka, Takashi Haratani and Kenji Fukasawa
Clinical Neurophysiology   117(7) 1574-1581   2006年7月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Keiko Ogawa, Hiroshi Nittono, Mitsuo Hayashi, Masaya Takahashi and Tadao Hori
Perceptual and Motor Skills   102(2) 339-351   2006年4月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Masaya Takahashi, Yasumasa Otsuka, Takashi Haratani, Akinori Nakata and Kenji Fukasawa
SLEEP   29(4) 462-469   2006年4月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Keiko Ogawa, Mitsuo Hayashi and Tadao Hori
Industrial Health   43(1) 179-185   2005年   [査読有り]
Kosuke Kaida, Eriko Nakano, Hiroshi Nittono, Mitsuo Hayashi and Tadao Hori
Clinical Neurophysiology   114(10) 1896-1901   2003年10月   [査読有り]
Kosuke Kaida, Hiroshi Nittono, Mitsuo Hayashi and Tadao Hori
Perceptual and Motor Skills   97(3 Pt 2) 1073-1084   2003年12月   [査読有り]
甲斐田 幸佐・入戸野 宏・林 光緒・堀 忠雄
生理心理学と精神生理学   19(1) 7-14   2001年   [査読有り]

Misc

 
甲斐田幸佐
睡眠医療   8(1) 23-27   2014年3月
甲斐田 幸佐
Posture (姿勢と生活)   40 28-33   2013年
飯塚尚司, 甲斐田幸佐
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   15th ROMBUNNO.P21   2013年
甲斐田幸佐
日本心理学会大会発表論文集   76th 807   2012年8月
川崎真弘, 甲斐田幸佐, 岸浩司, 渡部生聖, 山田整, 山口陽子
人間工学   46(5) 307-316   2010年10月   [査読有り]
甲斐田幸佐
日本健康心理学会大会発表論文集   23rd S10   2010年9月
川崎真弘, 甲斐田幸佐, 岸浩司, 渡部生聖, 山田整, 山口陽子
人間工学   46 188-189   2010年6月
川人潤子, 大塚泰正, 甲斐田幸佐, スミス デレク
産業ストレス研究   17(1) 40-41   2009年11月
甲斐田幸佐
生理心理学と精神生理学   26(2) 72-73   2008年8月
甲斐田幸佐
日本心理学会大会発表論文集   72nd 487   2008年7月
高橋正也, 中田光紀, 原谷隆史, 大塚泰正, 甲斐田幸佐, 深沢健二, 花田貴信
産業衛生学雑誌   48((CD-ROM)) F311   2006年
深沢健二, 相川浩幸, 岡崎勲, 原谷隆史, 高橋正也, 中田光紀, 大塚泰正, 甲斐田幸佐
産業衛生学雑誌   48((CD-ROM)) B109   2006年
大塚泰正, 甲斐田幸佐, 原谷隆史, 中田光紀
日本心理学会大会発表論文集   69th 1321   2005年8月
高橋正也, 中田光紀, 原谷隆史, 大塚泰正, 甲斐田幸佐, 深沢健二, 花田貴信
産業衛生学雑誌   47 446   2005年3月
甲斐田幸佐, 小川景子, 林光緒, 堀忠雄
生理心理学と精神生理学   22(2) 208   2004年8月
河野寿美代, 城田愛, 甲斐田幸佐, 林光緒, 堀忠雄
広島大学総合科学部紀要 4 理系編   29 53-62   2003年12月
松浦倫子, 田中秀樹, 林光緒, 甲斐田幸佐, 堀忠雄
生理心理学と精神生理学   21(2) 180   2003年8月
甲斐田幸佐, 小川景子, 入戸野宏, 林光緒, 堀忠雄
生理心理学と精神生理学   21(2) 189   2003年8月
高原円, 甲斐田幸佐, 入戸野宏, 堀忠雄
日本心理学会大会発表論文集   66th 368   2002年8月
林光緒, 渡辺真規子, 井藤早苗, 福島宏和, 増田亜紀子, 甲斐田幸佐, 玉木宗久, 堀忠雄
Prog Med   22(6) 1395-1398   2002年6月
甲斐田幸佐, 城田愛, 入戸野宏, 堀忠雄
生理心理学と精神生理学   19(3) 197   2001年12月
甲斐田幸佐, 城田愛, 入戸野宏, 堀忠雄
日本心理学会大会発表論文集   65th 72   2001年10月
甲斐田幸佐, 入戸野宏, 林光緒, 堀忠雄
広島大学総合科学部紀要 4 理系編   27 1-11   2001年
甲斐田幸佐, 林光緒, 堀忠雄
日本時間生物学会会誌   6(2) 71   2000年10月

書籍等出版物

 
睡眠学
甲斐田 幸佐
朝倉書店   2018年   
改訂 新生理心理学 第Ⅱ巻
甲斐田 幸佐
北大路書房   2017年   
The world book of hope
甲斐田 幸佐
Lannoo Publishers   2016年   
自動車技術ハンドブック
甲斐田 幸佐
日本自動車技術会   2016年   
睡眠マネジメント
甲斐田 幸佐
株式会社エヌ・ティー・エス   2014年   
睡眠心理学
甲斐田 幸佐
北大路書房   2008年   ISBN:978-4-7628-2589-7
人間福祉医工学ハンドブック
赤松幹之・井野秀一・高橋昭彦・永田可彦・横井孝志・吉岡松太郎(編著)
朝倉書店   2013年   
Sleep: A Comprehensive Handbook
甲斐田 幸佐
2006年   

講演・口頭発表等

 
REM sleep deprivation alters functional brain connectivity related to amygdala and hippocampus.
甲斐田 幸佐
Society for Neuroscience Annual Convention.   2018年11月3日   
マインドワンダリングと眠気は注意の瞬きに影響しない
甲斐田 幸佐
第16回日本認知心理学会   2018年9月1日   
Self-relevance effects on attentional lapses and EEG arousal during a monotonous task.
甲斐田 幸佐
the 2018 American Psychological Association Annual Convention.   2018年8月9日   
REM sleep deprivation alters volume of primary visual cortex and superior semilunar lobule of cerebellum.
甲斐田 幸佐
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   
Urban green landscape enhances connectedness to nature and pro-environmental behavior and moderates negative moods: Comparative visual experiment on urban nature,built environments and mixed environments.
甲斐田 幸佐
29th International Congress of Applied Psychology   2018年6月26日   
睡眠・眠気と脳情報
甲斐田 幸佐
日本生体医工学会・第20回マルチモーダル 脳情報応用研究会   2017年10月11日   
睡眠中の生体情報
甲斐田 幸佐
日本建築学会   2017年10月5日   
睡眠と心理的健康
甲斐田 幸佐
第81回日本心理学会,企画シンポジウム「心身の状態と向 社会行動:睡眠・疲労・利他・環境」   2017年9月20日   
Low performance of repayment and kindness enhances altruistic behaviors in Japanese worker.
甲斐田 幸佐
6th Conference Work Organization & Psychosocial Factors   2017年8月28日   
Feel positive,and go for the next round of pro-environmental Behavior: Testing the positive spiral associations using Japanese panel data.
甲斐田 幸佐
5th World Congress on Positive Psychology   2017年7月13日   
Sleepiness correlates with subjective well-being and pro-environmental behavior.
甲斐田 幸佐
the 2016 American Psychological Association Annual Convention   2016年8月4日   
The correlations between sleepiness, subjective well-being and pro-environmental behavior.
甲斐田 幸佐
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
Flow experience and visuo-moter skill acquisitio
甲斐田 幸佐
8th European conference of positive psychology   2016年6月27日   
感情記憶の銘記に及ぼす睡眠の役割
甲斐田 幸佐
第40回日本睡眠学会   2015年7月2日   
REM deprivation is related to forgetting emotional memory.
甲斐田 幸佐
4th World Congress on Positive Psychology   2015年6月25日   
Emotional memory encoded after REM sleep deprivation is less retained in a week time.
甲斐田 幸佐
the 2015 American Psychological Association Annual Convention   2015年8月6日   
Non REM Sleep plays a substantial role in memory encoding independent of emotionality.
甲斐田 幸佐
29th congress Associated Professional Sleep Societies   2015年6月6日   
Sleepiness has an impact on the maintenance of flow experience.
甲斐田 幸佐
7th European conference of positive psychology   2014年7月1日   
睡眠覚醒の生理心理
甲斐田 幸佐
第19回精神神経内分泌免疫学(PNEI)研究集会   2014年6月28日   
指触覚刺激による系列学習効果
甲斐田 幸佐
第77回日本心理学会   2013年9月19日   
日中の仮眠における徐波睡眠が眠気と記憶の定着に及ぼす効果
甲斐田 幸佐
第15回日本感性工学会   2013年9月5日   
36時間断眠が感情記憶に及ぼす長期的効果
甲斐田 幸佐
第76回日本心理学会   2012年9月11日   
A short afternoon nap reduces switch cost and fatigue and enlarged error-related negativity.
甲斐田 幸佐
8th FENS Forum of Neuroscience   2012年7月14日   
日中の仮眠および光照射とパフォーマンス
甲斐田 幸佐
第34回日本睡眠学会シンポジウム「眠気とパフォーマンス」   2012年6月28日   
The effect of a short nap on task switching performance
甲斐田 幸佐
26th Congress of Associated Professional Sleep Societies   2012年6月8日   
短時間仮眠と高照度光が課題成績に及ぼす効果検証
甲斐田 幸佐
第l回計測自動制御学会 福祉工学部会   2012年3月22日   
Implicit learning is persistent even in a drowsy condition.
甲斐田 幸佐
6th Congress of World Federation of Sleep Research Societies   2011年10月17日   
Short nap improves target search performance and induces “flow" experience.
甲斐田 幸佐
第33回日本睡眠学会   2011年10月14日   
刺激提示による短時間仮眠中の徐波睡眠剥奪が課題成績に与える効果
甲斐田 幸佐
第33回日本睡眠学会   2011年10月14日   
SHORT NAP IMPROVES COGNITIVE PERFORMANCE FOR SEARCHING A TARGET FROM DISTRACTIVE STIMULI
甲斐田 幸佐
25th Anniversary Meeting of the Associated-Professional-Sleep-Societies (APSS)   2011年6月11日   
高齢者の眠りと健康
甲斐田 幸佐
第23回日本健康心理学会シンポジウム「睡眠の健康」   2010年9月11日   
眠気の定量化手法および低減法の開発
甲斐田 幸佐
第1回仮想ラボラトリ(感性工学会若手研究者部会「而立の会」)   2010年9月10日   
甲斐田 幸佐
第51回日本人間工学会   2010年6月19日   
甲斐田 幸佐
第72回日本心理学会   2008年9月19日   
高齢者の社会的自身と自己効力感を高める短時間仮眠法
甲斐田 幸佐
第26回日本生理心理学会シンポジウム「高齢者のライフスタイルと睡眠保健」   2008年7月5日   
The act of rating sleepiness affects subjective and objective sleepiness in a monotonous performance situation.
甲斐田 幸佐
18th Congress of the European Sleep Research Society   2006年8月12日   
The relationship between nap habit and generalized self-efficacy.
甲斐田 幸佐
3rd European conference of positive psychology   2006年7月3日   
Relationship between sleepiness indices and performance.
甲斐田 幸佐
The SENSATION Conference “Monitoring Sleep and Sleepiness -from physiology to new sensors   2006年5月29日   
職場内外のライフイベントの頻度と主観的負担度
甲斐田 幸佐
第69回日本心理学会   2005年9月10日   
甲斐田 幸佐
19th Congress of Associated Professional Sleep Societies   2005年6月19日   
高負荷ライフイベ ントの性差の検討
甲斐田 幸佐
第12回日本産業精神保健学会   2005年6月17日   
甲斐田 幸佐
第78回日本産業衛生学会   2005年4月21日   
甲斐田 幸佐
第12回日本産業ストレス学会   2004年11月26日   
正午頃の短時間の 自然光受容は午後の主観的眠気・活力を向上させる
甲斐田 幸佐
第11回日本時間生物学会   2004年11月11日   
最小二乗スぺクトル法による新生児と母親の活動一休止リズムの検討
甲斐田 幸佐
第29回日本睡眠学会   2004年7月1日   
交替勤務者における仕事中の眠気と職業性ストレス
甲斐田 幸佐
第30回日本睡眠学会   2004年6月29日   
自己覚醒が短時間仮眠後の血圧上昇を抑制する効果
甲斐田 幸佐
第22回日本生理心理学会   2004年5月30日   
The effects of self-awakening on blood pressure and sleep inertia in elderly people.
甲斐田 幸佐
1st World Congress of Chronobiology   2003年9月9日   
小学校児童の呼吸障害および睡眠障害に関する意識調査
甲斐田 幸佐
第46回中・四国矯正歯科学会   2003年7月5日   
自己覚醒の企図が短時間仮眠中の血圧・心拍数に及ぼす影響一高齢者における検討
甲斐田 幸佐
第28回日本睡眠学会   2003年6月13日   
Waking up comfortably from an afternoon short nap: the application of the self-awakening method to the elderly people.
甲斐田 幸佐
17th Congress of American Professional Sleep Societies   2003年6月3日   
高齢者の短時間仮眠における自己覚醒法が仮眠後のP300振幅に及ぼす効果
甲斐田 幸佐
第21回日本生理心理学会   2003年5月26日   
習慣的自己覚醒が睡眠経過に及ぼす影響
甲斐田 幸佐
第21回日本生理心理学会   2003年5月26日   
高齢者における自己覚醒を用いた短時間仮眠中の血圧変動
甲斐田 幸佐
第15回 日本健康心理学会   2002年10月27日   
喫煙行動が単語の意味情報処理に及ぼす促進効果
甲斐田 幸佐
第66回日本心理学会   2002年9月25日   
自己覚醒が短時間仮眠中の心拍数と睡眠慣性に及ぼす効果
甲斐田 幸佐
第27回日本睡眠学会学術大会   2002年7月5日   
習慣的自己覚醒の精神生理学的研究(2)
甲斐田 幸佐
第20 回日本生理心理学会   2002年5月23日   
喫煙行動がN400に及ぼす効果
甲斐田 幸佐
第20回日本生理心理学会   2002年5月22日   
自己覚醒法による短時間仮眠後の睡眠慣性抑制効果
甲斐田 幸佐
第20回日本生理心理学会   2002年5月   
断煙とその後の喫煙が単語の心像性評定と血圧に与える効果
甲斐田 幸佐
第65回日本心理学会学術大会   2001年11月9日   
Effect of self-awakening on EEG during a short nap.
甲斐田 幸佐
3rd Congress of World Federation of Sleep Research Societies   2001年10月21日   
断煙行動がN400に及ぼす効果
甲斐田 幸佐
第19回日本生理心理学会学術大会   2001年7月6日   
自己覚醒を利用した短時間仮眠がP300振幅に及ぼす効果
甲斐田 幸佐
第30回日本臨床神経生理学会学術大会   2000年12月14日   
Self-awakening from short nap can reduce sleep inertia.
甲斐田 幸佐
3rd ASRS Congress.   2000年12月3日   
午後2時の眠気と短時間仮眠の効果一自己覚醒による睡眠慣性抑制効果
甲斐田 幸佐
第7回日本時間生物学会学術大会   2000年11月9日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
「睡眠心理学」(北大路書房)17章,20章
甲斐田 幸佐   教材   
「改訂版新生理心理学」(北大路書房)18章
甲斐田 幸佐   教材   
睡眠学(朝倉書店)
甲斐田 幸佐   教材   
福祉技術ハンドブック
甲斐田 幸佐   教材   
自動車技術ハンドブック
甲斐田 幸佐   教材   

競争的資金等の研究課題

 
「学びの「楽しさ」は睡眠中の記憶定着を促進するか
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 甲斐田 幸佐
レム断眠が感情記憶に及ぼす効果検証
日本学術振興会: 若手A
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 甲斐田 幸佐
睡眠中の潜在記憶学習の可能性
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 甲斐田 幸佐
睡眠不足が情動記憶の偏向および脳活動に及ぼす効果検証
財団法人中山科学振興財団: 
研究期間: 2011年10月 - 2012年9月    代表者: 甲斐田 幸佐
労働者の覚醒水準を高める睡眠健康対策とその効果判定に関する研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2004年4月 - 2006年12月    代表者: 甲斐田 幸佐

特許

 
特願2018-017491 : 睡眠充足度推定装置及び睡眠充足度推定方法
特開2011-245060 : 運転者心理状態推定装置
特許公開 2009-241717
特開2011-143820 : 操舵装置
特開2010-155594 : シートサポート性制御装置
特開2010-142410 : 覚醒度判定装置
特開2009-293996 : 運転者疲労度推定装置、運転者疲労度推定方法
特許公開 2009-293996
特開2009-241717 : 運転者疲労度情報出力装置
特願2009-502009 : ドライビングポジション自動変更装置
公技番号 2009-502009

社会貢献活動

 
「月刊事業構想」6月号72頁
【寄稿】  事業構想大学院大学出版部  「月刊事業構想」  2013年6月
日本経済新聞への取材対応
【取材協力】  日本経済新聞社  日本経済新聞朝刊  2013年3月17日
「Posture(しせいと生活)」vol.40,May,2013,28-33頁
【寄稿】  一般財団法人第一生命財団  「Posture(しせいと生活)」  2013年 - 2013年
「ニハソノ」へのゲスト出演
【出演】  つくばラジオ  つくばラジオ「ニハソノ」  2012年12月