冨田 哲治

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/06 15:20
 
アバター
研究者氏名
冨田 哲治
 
トンダ テツジ
URL
http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~ttetsuji/
所属
県立広島大学
部署
経営情報学部 経営情報学科
職名
准教授
学位
修士(理学)(広島大学), 博士(理学)(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
県立広島大学 経営情報学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
広島大学 原爆放射線医科学研究所 助教
 
2002年6月
 - 
2007年3月
広島大学 原爆放射線医科学研究所 助手
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2001年3月
広島大学大学院 理学研究科(博士課程前期) 数学専攻
 

委員歴

 
2015年
 - 
2017年
江田島市協働のまちづくり地域提案型活動支援補助金審査会委員
 
2014年10月
 - 
2017年3月
広島県立図書館資料選定委員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
広島大学インキュベーション研究拠点  統計科学研究拠点(Statistical Science Research Core) 計量生物学グループ・メンバー
 
2008年
 - 
2009年
統計関連学会連合Web検討管理委員
 
2008年
 - 
2009年
統計関連学会連合大会Web委員
 

受賞

 
2015年5月
応用統計学会 優秀論文賞
 
2011年5月
応用統計学会 優秀ポスター発表賞
 

論文

 
T. Tonda and K. Satoh
Journal of The Japan Statistical Society   47(1) 1-12   2017年6月   [査読有り]
K. Kamo, T. Tonda and K. Satoh
FORMATH   16 16.003   2017年4月   [査読有り]
T. Tonda, T. Nakagawa, H. Wakaki
Hiroshima Mathematical Journal   47(1) 43-62   2017年3月   [査読有り]
広島平和宣言における単語出現頻度に基づく広島の平和観の経時変化について
冨田哲治, 佐藤健一, 和泉志津恵
長崎医学会雑誌   91 176-179   2016年9月   [査読有り]
広島大学におけるDS02準拠の原爆線量評価体系(ABS16D)の実装について
佐藤健一, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
長崎医学会雑誌   91 197-201   2016年9月   [査読有り]
広島原爆被爆者位置情報の拡張の試み
佐藤裕哉, 佐藤健一, 冨田哲治, 原憲行, 布施博之, 大谷敬子, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
長崎医学会雑誌   91 206-209   2016年9月   [査読有り]
広島原爆被爆者における後障害の主要因は放射性微粒子被曝である
大瀧慈, 大谷敬子, 冨田哲治, 原憲行, 佐藤裕哉, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 佐藤健一
長崎医学会雑誌   91 216-223   2016年9月   [査読有り]
K. Satoh, T. Tonda and S. Izumi
American Journal of Mathematical and Management Sciences   35(4) 353-360   2016年8月   [査読有り]
広島原爆被爆者における性別・被爆時年齢階級別固形がん死亡危険度の被爆時所在地に関する空間分布の特徴
冨田哲治, 佐藤健一, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
広島医学   69(4) 342-345   2016年4月   [査読有り]
広島原爆入市被爆者の移動経路からみた健康影響評価の誌み
佐藤裕哉, 佐藤健一, 原憲行,布施博之, 冨田哲治,原田結花, 大瀧慈
広島医学   69(4) 351-353   2016年4月   [査読有り]
広島原爆被爆者における固形がん死亡超過の主要因は初期被爆線量ではない-性別・被爆時年齢階級別の初期線量・被爆距離の説明力の比較解析-
大瀧 慈,大谷敬子,冨田哲治, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 佐藤健一
広島医学   69(4) 369-373   2016年4月   [査読有り]
広島原爆被爆者における固形がん死亡危険度に対する非初期放射線の影響とその被爆時年齢依存性について
佐藤健一,冨田哲治,大谷敬子,佐藤裕哉,原憲行,川上秀史,瀧原義宏,星正治, 大瀧慈
広島医学   69(4) 380-384   2016年4月   [査読有り]
K. Satoh and T. Tonda
American Journal of Mathematical and Management Sciences   35(3) 183-193   2016年3月   [査読有り]
(分担執筆者)
Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh, Ken-ichi Kamo
Journal of Epidemiology   25(10) 639-646   2015年11月   [査読有り]
Megu Ohtaki, Tetsuji Tonda, Kazuyuki Aihara
Mathematical Biosciences   268 31-37   2015年10月   [査読有り]
(分担執筆者)
広島原爆被爆者における死亡危険度地図の推定範囲拡大の試み
冨田哲治, 佐藤健一, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 大瀧慈
長崎医学会雑誌   89 222-226   2014年9月   [査読有り]
広島原爆被爆者における原爆投下直後から5年間での死亡危険度の解明
大谷敬子, 大瀧慈, 冨田哲治, 原憲行, 佐藤裕哉, 星正治, 佐藤健一
長崎医学会雑誌   89 227-233   2014年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
広島原爆被爆者コホートデータにおける壮年期近距離被爆者の死亡危険度について
佐藤健一, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 大瀧慈
長崎医学会雑誌   89 234-238   2014年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
発がん死亡危険度に対する初期放射線被曝による線量反応関係は過大評価されている-初期放射線の影響強度に被爆時年齢依存性は検出されず-
大瀧慈, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 伊森晋平, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 合原一幸, 佐藤健一
長崎医学会雑誌   89 244-248   2014年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
K. Satoh and T. Tonda
Journal of The Japan Statistical Society   44(1) 25-41   2014年6月   [査読有り]
(分担執筆者)
広島大学原爆被爆者コホートデータにおける固形がん死亡危険度の初期放射線量依存性および特異的な被爆時年齢・被爆距離依存性について-放射性PM2.5の影響か?
大瀧慈, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 合原一幸, 佐藤健一
広島医学   67(4) 311-315   2014年4月   [査読有り]
(分担執筆者)
LSSデータにおける初期線量で説明できない固形がん死亡危険度の特異的な被爆時年齢・被爆距離依存性について
冨田哲治, 佐藤健一, 大谷敬子, 大瀧慈
広島医学   67(4) 298-301   2014年4月   [査読有り]
冨田哲治, 佐藤健一
応用統計学   42(1) 11-21   2013年4月   [査読有り]
佐藤健一, 冨田哲治
応用統計学   42(1) 1-10   2013年4月   [査読有り]
GD. Kerr, SD. Egbert, I. Al-Nabulsi, HL. Beck, HM. Cullings, S. Endo, M. Hoshi, T. Imanaka, DC. Kaul, S. Maruyama, GI. Reeves, W. Ruehm, A. Sakaguchi, SL. Simon, GD. Spriggs, DO. Stram, T. Tonda, JF. Weiss, RL.Weitz, RW
Health Phys   105(2) 140-149   2013年8月   [査読有り]
(分担執筆者)
大谷敬子, 冨田哲治, 佐藤健一, 佐藤裕哉, 原憲行, 丸山博文, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 大瀧慈
長崎醫學會雜誌   87(特集号) 170-175   2012年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
佐藤 健一, 冨田 哲治, 大谷 敬子, 佐藤 裕哉, 原 憲行, 丸山 博文, 川上 秀史, 田代 聡, 星 正治, 大瀧 慈
長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi   87(特集号) 186-190   2012年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
冨田 哲治, 佐藤 健一, 大谷 敬子, 佐藤 裕哉, 原 憲行, 丸山 博文 /川上 秀史, 田代 聡, 星 正治, 大瀧 慈
長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi   87(特集号) 176-180   2012年9月   [査読有り]
放射線被曝はがん等の罹患・死亡リスクを高める要因であり,そのリスク評価は重要な問題である.放射線被曝の健康被害への影響は,放射線被曝量に基づき評価(例えば,放医研 2012)されているが,原爆被爆者が被曝した放射線被曝量の計測は実測ではなく物理学的な線量評価方式に基づく推定値である(Hoshi et al. 1996; Young and Kerr 2005).物理学的な線量評価方式は,「放射線の影響が爆心からの距離とともに同心円状に減少する」という放射線の性質に基づき,爆心からの距離と遮...
大瀧 慈, 冨田 哲治, 大谷 敬子, 原 憲行, 松葉 潤治, 佐藤 裕哉, 合原 一幸, 佐藤 健一
長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi   87(0) 170-175   2012年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
大瀧慈, 大谷敬子, 冨田哲治, 佐藤健一
日本統計学会誌   42(1) 91-101   2012年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, Y. Sato, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi and M. Ohtaki
Radiation and Environmental Biophysics   51(2) 133-141   2012年5月   [査読有り]
被爆者健康手帳の取得期間と死亡リスクの関係
大谷敬子, 大瀧慈, 佐藤健一, 冨田哲治
広島医学   65(4) 259-261   2012年4月   [査読有り]
(分担執筆者)
冨田 哲治, 佐藤 健一, 大谷 敬子
広島医学   65(4) 255-258   2012年4月
加茂 憲一, 冨田 哲治, 佐藤 健一
統計数理   59(2) 217-237   2011年12月
(分担執筆者)
冨田 哲治, 佐藤 健一, 中山 晃志
統計数理   59(2) 205-215   2011年12月
T. Tonda, K. Satoh, T. Nakayama, K. Katanoda, T. Sobue, M. Ohtaki
Aust. N. Z. J. Stat.   53(2) 247-259   2011年7月   [査読有り]
M. Doi, N. Hattori, A. Yokoyama, Y. Onari, M. Kanehara, K. Masuda, T. Tonda, M. Ohtaki and N. Kohno
Am J Epidemiol   173(6) 659-666   2011年2月   [査読有り]
(分担執筆者)
H. Yanagihara, K. Kamo and T. Tonda
Canad. J. Statist.   39(1) 126-146   2011年2月   [査読有り]
(分担執筆者)
冨田 哲治, 佐藤 健一, 柳原 宏和
応用統計学   39(2) 59-70   2010年12月   [査読有り]
経時測定データにおける回帰モデルにおいて,時間とともに変化する説明変数の効果は変化係数として評価される.一方,空間データに対しては,説明変数の効果は空間上の位置に依存した曲面として評価され,地理分布を視覚的に理解するのに有用である.このような曲面としての回帰係数(以下,変化係数曲面)は,固定された位置周辺の近傍データに対してカーネル平滑化の要領で局所的な回帰を繰り返すことで推定される.しかしながら,空間上の位置についての連続性がないために空間全体を通した曲面としての信頼区間の構成および有意...
冨田 哲治, 佐藤 裕哉, 丸山 博文, 星 正治[他]
長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi   85(特集号) 185-188   2010年9月   [査読有り]
原爆被爆者の不安度における被爆状況依存性について-朝日新聞社アンケート調査に基づく解析-
川野徳幸, 大谷敬子, 佐藤健一, 冨田哲治, 大瀧慈
広島医学   63(4) 270-274   2010年4月   [査読有り]
(分担執筆者)
早期入市被爆の白血病罹患危険度への影響に関する統計解析
冨田哲治, 鎌田七男, 大瀧慈
長崎医学会雑誌   83(特集号) 331-334   2008年9月   [査読有り]
N. Matsuura, J. Horiguchi, H. Yamamoto, N. Hirai, T. Tonda, N. Kohno and K.Ito
American Journal of Roentgenology   190(6) 1561-1568   2008年6月   [査読有り]
(分担執筆者)
大瀧慈, 佐藤健一, 中山晃志, 川崎裕美, 島本武嗣, 冨田哲治, 大谷敬子, 片野田耕太, 祖父江友孝
応用統計学   37(3) 109-123   2008年   [査読有り]
A mathematical model for affymetrix genechip probe level data
K. Otani, K. Hiyama, K. Satoh, T. Shimamoto, D. Mohamad, M. Ando, T. Tonda, M. Kohda, Y. Okazaki, M. nishiyama, E. Hiyama, M. ohtaki
JP journal of Biostatistics   1-3 283-306   2007年10月   [査読有り]
(分担執筆者)
H. Yanagihara, T. Tonda and C. Matsumoto
Journal of Multivariate Analysis   97(9) 1965-1975   2006年10月   [査読有り]
(分担執筆者)
8月6日入市被爆者白血病の発生増加について
鎌田七男, 大北威, 蔵本淳, 川上秀史, 島本武嗣, 冨田哲治, 大瀧慈
長崎医学会雑誌   81(特集号) 245-249   2006年9月   [査読有り]
(分担執筆者)
T. Hiyama, M. Kasseri, T. Yoshihara, M. Ishida, A. Kinomura, T. Tonda, T. Asahara and K. Miyagawa
NUCLEIC ACIDS RESEARCH   34(3) 880-892   2006年2月   [査読有り]
(分担執筆者)
H. Yanagihara, T. Tonda and C. Matsumoto
J. Multivariate Anal   96 237-264   2005年10月   [査読有り]
(分担執筆者)
A class of multivariate discrete distributions based on an approximate density in GLMM
T. Tonda
Hiroshima Math. J.   35(2) 327-349   2005年7月   [査読有り]
It is well known that the generalized linear mixed model is useful
for analyzing the overdispersion and correlation structure for multivariate discrete
data. In this paper, we derive an approximation of the density function for the
generalized lin...

書籍等出版物

 
藤井良宜, 佐藤健一, 冨田哲治, 和泉志津恵 (担当:共著, 範囲:3~5章)
実教出版   2015年11月   ISBN:4407337133
Revisit The Hiroshima A-bomb with a Database Volume 2 (edited by M. Aoyama and Y. Oochi
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, Y. Sato, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi and M. Ohtaki (担当:分担執筆, 範囲:Investigation on circular asymmetry of geographical distribution in cancer mortality of Hiroshima atomic bomb survivors based on risk maps: analysis of spatial survival data)
Hiroshima City   2013年3月   ISBN:978-4-9905935-1-3

講演・口頭発表等

 
変化係数を利用したロジスティックモデルによる生存時間解析の試み
佐藤健一, 冨田哲治, 和泉志津恵
2017年度統計関連学会連合大会   2017年9月6日   
経時離散データに対するベースラインを特定しない変化係数の推測について
冨田哲治, 加茂憲一, 佐藤健一
2017年度統計関連学会連合大会   2017年9月5日   
Gamma regression model with nuisance baseline for forest growth data
Tetsuji Tonda, Ken-ichi Kamo and Kenichi Satoh
The International Symposium on Sustainable Forest Ecosystem Management (SFEM2017)   2017年8月30日   
Statistical method estimating varying coefficients for longitudinal data without specifying spatial-temporal baseline trend and its application to cancer mortality data
Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh, Ken-ichi Kamo
The 21st International Epidemiological Association (IEA) World Congress of Epidemiology (WCE2017)   2017年8月20日   
Logistic Regression Model for Survival Time Analysis Using Time-Varying Coefficients
Kenichi Satoh, Tetsuji Tonda, Shizue Izumi
The 21st International Epidemiological Association (IEA) World Congress of Epidemiology (WCE2017)   2017年8月20日   
広島大学原爆被者コホートデータにおける要約活用の試み
佐藤健一, 冨田哲治, 田代聡
第42回中国地区放射線影響研究会   2017年7月27日   
Visualize the longitudinal big text data with a binary covariate: An approach based on keyword's frequency
Izumi S., Tonda T., Kawano N., Satoh K.
2nd International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science   2017年7月10日   
広島・長崎平和宣言における平和観の経時変化の違いについて~単語出現頻度に基づく考察
冨田哲治,佐藤健一,和泉志津恵
第58回原子爆弾後障害研究会   2017年6月4日   
LSSコホートにおける広島と長崎の固形がん超過相対危険度の比較について
冨田哲治, 大谷敬子, 星正治, 大瀧慈
第58回原子爆弾後障害研究会   2017年6月4日   
広島原爆被爆者コホートデータにおける固形がん死亡危険度に対する中性子線の生物学的効果比について
佐藤健一,冨田哲治,保田浩志,川上秀史,田代 聡
第58回原子爆弾後障害研究会   2017年6月4日   
Nonparametric estimation of spatial-temporal trend with adjusting effects of risk factors for longitudinal data
Tetsuji Tonda and Kenichi Satoh
The 1st International Symposium of the network-type Joint Usage/ Research Center for Radiation Disaster Medical Science   2017年2月22日   
局外時空間変動のある回帰モデルにおける変化係数の推測について
冨田哲治,佐藤健一
2016年度統計関連学会連合   2016年9月5日   
ベースラインを特定しないバランス型成長曲線モデルの推測について
佐藤健一,冨田哲治
2016年度統計関連学会連合   2016年9月5日   
局外トレンドのある回帰モデルの推測
藤原滉, 丸川真友子, 冨田哲治
SASユーザー総会2016   2016年7月21日   
Birth Cohort Effect in Japan - Automatic Detection and Statistical Evaluation
Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh, Ken-ichi Kamo
The 4th Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting (IMS-APRM 2016)   2016年6月28日   
Growth Curve Model with Nonparametric Baselines and Its Statistical Inference
Kenichi Satoh, Tetsuji Tonda, Ken-ichi Kamo
The 4th Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting (IMS-APRM 2016)   2016年6月28日   
Estimating Regression Coefficients Including Nuisance Baseline and Its Applications
Ken-ichi Kamo, Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh
The 4th Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting (IMS-APRM 2016)   2016年6月28日   
広島平和宣言における単語出現頻度に基づく広島の平和観の経時変化について
冨田哲治, 佐藤健一, 和泉志津恵
第57回原子爆弾後障害研究会   2016年6月5日   
広島原爆被爆者位置情報の拡張の試み
佐藤裕哉, 佐藤健一, 冨田哲治, 原憲行, 布施博之, 大谷敬子, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
第57回原子爆弾後障害研究会   2016年6月5日   
広島大学におけるDS02準拠の原爆線量評価体系(ABS16D)の実装について
佐藤健一, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
第57回原子爆弾後障害研究会   2016年6月5日   
広島原爆の直爆者における固形がん死亡危険度の被爆時所在地依存性に基づく曝露要因の検討
大瀧慈, 大谷敬子, 冨田哲治, 原憲行, 佐藤裕哉, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 佐藤健一
第57回原子爆弾後障害研究会   2016年6月5日   
ABSデータにおいてDS02準拠の原爆線量評価体系を用いた場合の固形がん死亡リスクについて
佐藤健一, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
第1回放射線災害・医科学研究拠点カンファランス   2016年6月4日   
ベースラインを持つバランス型成長曲線モデルの推測について
佐藤健一,冨田哲治
2016 年度日本計量生物学会年会   2016年3月19日   
Growth analysis by using the idea for nuisance baseline
Ken-ichi Kamo, Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh
Forest Resource Management and Mathematical Modeling - FORMATH SHIGA 2016 -   2016年3月16日   
変化係数モデルを用いた大阪府におけるがん罹患・死亡の年齢・時代・ 出生コホート効果分析
福井敬祐, 伊藤ゆり, 中山富雄, 冨田哲治, 佐藤健一, 加茂憲一
第26回日本疫学会学術総会   2016年1月22日   
Re-analysis of solid cancer mortality among Hiroshima A-bomb survivors being exposed at region with the distance between 1.2km and 2.0km from the hypocenter
Otani K, Tonda T, Satoh K, Hara N, Kawakami H, Takihara Y, Hoshi M, Ohtaki M
The 20th Hiroshima International Symposium - Challenges to Estimation of Health Risks Due to Exposure to Radioactive Fallout   2016年1月10日   
Major factor of excess mortality risk of solid cancer among Hiroshima atomic bomb survivors is radio-active particle matters: a cohort study, 1970 to 2010
Ohtaki M, Otani K, Tonda T, Sato Y, Hara N, Kawakami H, Takihara Y, Hoshi M, Satoh K
The 20th Hiroshima International Symposium - Challenges to Estimation of Health Risks Due to Exposure to Radioactive Fallout   2016年1月10日   
ABS16D: Implementation of DS02 based dosimetry system for ABS cohort data at RIRBM, Hiroshima University
Satoh K, Tonda T, Otani K, Sato Y, Hara N, Kawakami H, Takihara Y, Hoshi M, Ohtaki M
The 20th Hiroshima International Symposium - Challenges to Estimation of Health Risks Due to Exposure to Radioactive Fallout   2016年1月10日   
Estimating Regression Coefficients for Balanced Growth Curve Model When Time Trend of Baseline is not Specified
Kenichi Satoh, Tetsuji Tonda
East Asia Regional Biometric Conference 2015 (EAR-BC2015)   2015年12月21日   
Statistical Method to Detect a Local Birth Cohort Effect in Cancer Mortality
Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh, Ken-ichi Kamo
East Asia Regions of the International Biometric Society 2015 (EAR-BC2015)   2015年12月21日   
混合効果モデルを用いたセミパラメトリックな変化係数の推測について
佐藤健一, 冨田哲治
2015年度統計関連学会連合大会   2015年9月8日   
Construct a simultaneous confidence interval for linear time varying coefficients in Cox proportional hazard model
Sizue Izumi, Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh
The 2015 Joint Statistical Meetings   2015年8月13日   
広島原爆被爆者における性別・被爆時年齢階級別固形がん死亡危険度の被爆時所在地に関する空間分布の特徴
冨田哲治, 佐藤健一, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
第56回原子爆弾後障害研究会   2015年6月7日   
広島原爆被爆者における固形がん死亡危険度に対する非初期放射線の影響とその被爆時年齢依存性について
佐藤健一, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 大瀧慈
第56回原子爆弾後障害研究会   2015年6月7日   
広島原爆被爆者における固形がん死亡超過の主要因は初期被爆線量ではない-性別・被爆時年齢階級別の初期線量・被爆距離の説明力の比較解析-
大瀧慈, 大谷敬子, 冨田哲治, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 瀧原義宏, 星正治, 佐藤健一
第56回原子爆弾後障害研究会   2015年6月7日   
広島原爆入市被爆者の移動経路からみた健康影響評価の試み
佐藤裕哉, 佐藤健一, 原憲行, 布施博之, 冨田哲治, 原田結花, 大瀧慈
第56回原子爆弾後障害研究会   2015年6月7日   
広島原爆による胎内被爆者と幼児期被爆者における悪性腫瘍死亡危険度の比較-ABSコホートデータに基づく統計解析-
佐藤健一,冨田哲治,大谷敬子,佐藤裕哉,原憲行,川上秀史,瀧原義宏,星 正治,大瀧 慈
平成27年度広島大学・長崎大学連携研究カンファレンス   2015年6月6日   
Increase of mortality risk from solid cancers due to residual radiation using Hiroshima entrants cohort data
Keiko Otani, Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh, Noriyuki Hara, Hideshi Kawakami, Toshihiro Takihara, Masaharu Hoshi, Megu Ohtaki
The 15th International Congress of Radiation Research (ICRR 2015)   2015年5月27日   
Evaluation of non-initial radiation exposure effect on solid cancer mortality among Hirorshima atomic bomb survivors
Kenichi Satoh, Tetsuji Tonda, Keiko Otani, Yuya Sato, Noriyuki Hara, Hideshi Kawakami, Yoshihiro Takihara, Masaharu Hoshi, Megu Ohtaki
The 15th International Congress of Radiation Research (ICRR 2015)   2015年5月27日   
Evaluation of non-initial radiation exposure effect on solid cancer mortality among Hiroshima atomic bomb survivors: Poisson regression analysis using distance from the hypocenter and age at exposure as explanatory variables
Kenichi Satoh, Tetsuji Tonda, Keiko Otani, Yuya Sato, Noriyuki Hara, Hideshi Kawakami, Yoshihiro Takihara, Masaharu Hoshi, Megu Ohtaki
The 5th International Symposium of RIRBM, Hiroshima University -Biological Effects of Low Dose Radiation-   2015年3月3日   
間接被爆による固形がん死亡リスクの上昇の実態およびその背景-広島原爆入市者データを用いて-
大谷敬子,大瀧慈,冨田哲治,原憲行,星正治,佐藤健一
シンポジウム「バイオ統計学の挑戦と貢献」   2015年2月2日   
Source and effects of residual radiation: excess mortality risk from solid cancers based on Hiroshima A-bomb early entrants cohort data, 1970-2010
K. Otani, T. Tonda, K. Satoh, N. Hara, H. Kawakami, T. Takihara, M. Hoshi, M. Ohtaki
International Workshop for the Residual Radiation from the Hiroshima and Nagasaki A-bombs   2015年1月26日   
Evaluating non-initial radiation exposure on solid cancer mortality among Hiroshima A-bomb survivors using Poisson regression analysis.
K. Satoh, T. Tonda, K. Otani, Y. Sato, N. Hara, H. Kawakami, Y. Takihara, M. Hoshi, M. Ohtaki
International Workshop for the Residual Radiation from the Hiroshima and Nagasaki A-bombs   2015年1月26日   
Estimation of effect of non-initial radiation exposure on solid cancer mortality among Hiroshima atomic bomb survivors with Cox regression
N. Hara, K. Otani, T. Tonda, Y. Sato, H. Kawakami, M. Hoshi, K. Satoh, M. Ohtaki
International Workshop for the Residual Radiation from the Hiroshima and Nagasaki A-bombs   2015年1月26日   
Mortality risk of Hiroshima-atomic bomb victims within five years after the bombing
K. Otani, M. Ohtaki, T. Tonda, N. Hara, M. Hoshi, K. Satoh
第25回日本疫学会学術総会   2015年1月23日   
Statistical models for detecting a cohort effect of cancer mortality
Ken-ichi Kamo, Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh
第25回日本疫学会学術総会   2015年1月23日   
Statistical Inference for Linear Varying Coefficients in Cox Proportional Hazard Model
Shizue Izumi, Tetsuji Tonda, Kenichi Satoh
Kyoto International Conference on Modern Statistics in the 21st Century   2014年11月17日   
冨田哲治,加茂憲一,佐藤健一
2014年度統計関連学会連合大会   2014年9月15日   
佐藤健一,冨田哲治
2014年度統計関連学会連合大会   2014年9月15日   
大瀧慈,大谷敬子,冨田哲治,原憲行,佐藤裕哉,伊森晋平,川上秀史,星正治,佐藤健一
2014年度統計関連学会連合大会   2014年9月15日   
混合効果モデルを用いたセミパラメトリックな変化係数の推測
佐藤健一,冨田哲治
第1回広島大学統計科学拠点研究会   2014年9月1日   
がん死亡データに対する変化係数モデルを用いたコホート効果の検出について
冨田哲治,加茂憲一,佐藤健一
第1回広島大学統計科学研究拠点研究会   2014年9月1日   
Detecting a cohort effect for cancer mortality data using varying coefficient model
T Tonda, K Satoh, K Kamo
The 20th IEA World Congress of Epidemiology (WCE2014)   2014年8月21日   
Effect of Distance from Hypocenter at Exposure on Solid Cancer Mortality among Hiroshima Atomic-Bomb Survivors with Very Low Initial Radiation Dose in the Dosimetry System 1986 (DS86)
M Ohtaki, K Otani, T Tonda, Y Sato, N Hara, S Imori, C Matsui, H Kawakami, S Tashiro, K Aihara
The 59th Annual Meeting of the Health Physics Society   2014年7月15日   
Studies of cancer mortality risk among early entrants after the Hiroshima bombing: 1970-2010
Keiko Otani, Megu Ohtaki, Tetsuji Tonda, Yuya Sato, Noriyuki Hara, Hideshi Kawakami, Satoshi Tashiro, Masaharu Hoshi, Kenichi Satoh
27th International Biomeric Conference   2014年7月10日   
Multistage carcinogenesis model and its application to analysis of solid cancer mortality risk among atomic bomb survivors in Hiroshima
Megu Ohtaki, Keiko Otani, Tetsuji Tonda, Yuya Sato, Noriyuki Hara, Shinpei Imori, Chiyoko Matsui, Hideshi Kawakami, Satoshi Tashiro, Kazuyuki Aihara, Masaharu Hoshi, Kenichi Satoh
27th International Biomeric Conference   2014年7月10日   
Statistical analysis on excess mortality risk due to cerebrovascular disease among atomic bomb survivors in Hiroshima
Junji Matsuba, Keiko Otani, Kenichi Satoh, Yuya Sato, Noriyuki Hara, Tetsuji Tonda, Hideshi Kawakami, Satoshi Tashiro, Masaharu Hoshi, Megu Ohtaki
27th International Biomeric Conference   2014年7月10日   
広島原爆被爆者における死亡危険度地図の推定範囲拡大の試み
冨田哲治, 佐藤健一, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 大瀧慈
第55回原子爆弾後障害研究会   2014年6月1日   
広島大学原爆被爆者コホートデータにおける壮年期近距離被爆者の死亡危険度について
佐藤健一,冨田哲治,大谷敬子,佐藤裕哉,原憲行,川上秀史,田代聡,星正治,大瀧慈
第55回原子爆弾後障害研究会   2014年6月1日   
がん死亡危険度に対する初期放射線被曝による線量反応関係は過大評価されている-初期放射線の影響強度に被曝時年齢依存性は無い-
大瀧慈, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 田代聡, 合原一幸, 星正治, 佐藤健一
第55回原子爆弾後障害研究会   2014年6月1日   
広島原爆被爆者における原爆投下直後から5年間での死亡危険度の解明
大谷敬子, 大瀧慈, 冨田哲治, 原憲行, 佐藤裕哉, 星正治, 佐藤健一
第55回原子爆弾後障害研究会   2014年6月1日   
広島原爆被爆者における発がん死亡危険度に対する被爆時年齢依存性について
大瀧慈, 大谷敬子, 冨田哲治, 佐藤裕哉, 原憲行, 伊森晋平, 川上秀史, 田代聡, 合原一幸, 星正治, 佐藤健一
2014年度日本計量生物学会年会   2014年5月23日   
Short-term prediction of cancer incidence in Japan by using predictive AIC
K. Kamo, S. Imori, K. Satoh, T. Tonda, M. Ohtaki
The 4th International Symposium -Hiroshima-Nagasaki Collaborative Research on Radiation Disaster Medicine-   2014年2月13日   
時間や変数空間上で変化する回帰係数について
佐藤健一・冨田哲治
シンポジウム「統計科学の新展開」   2013年11月28日   
有限区間における変化係数の同時信頼区間の構築について
冨田哲治・佐藤健一
シンポジウム「統計科学の新展開」   2013年11月28日   
広島原爆被爆者における固形がん超過相対死亡危険度の初期放射線量依存性および非初期依存性の解析
大瀧慈・冨田哲治・大谷敬子・佐藤裕哉・原憲行・川上秀史・田代聡・星正治・合原一幸・佐藤健一
2013年度統計関連学会連合大会   2013年9月11日   
線形な変化係数における信頼区間の精密化
冨田哲治・佐藤健一
2013年統計関連​学会連合大会   2013年9月10日   
がん罹患数の予測を目的とした変量選択の試み
加茂憲一・佐藤健一・冨田哲治・伊森晋平
2013年度統計関連学会連合大会   2013年9月9日   
多段階発がん数理モデルを用いたLSSデータの解析
冨田哲治・佐藤健一・大谷敬子・大瀧慈
第38回中国地区放射線影響研究会   2013年7月26日   
原爆被爆者の固形がん死亡危険度の線量反応関係に対する線形近似と年齢依存性-多段階発がん仮説に基づく数理的考察-
大瀧慈・冨田哲治・合原一幸
第38回中国地区放射線影響研究会   2013年7月26日   
広島原爆入市被爆者の固形がん死亡危険度解析―主要因としての残留放射能核種の探索
大谷敬子・大瀧慈・冨田哲治・佐藤裕哉・原憲行・川上秀史・田代聡・星正治・佐藤健一
第38回中国地区放射線影響研究会   2013年7月26日   
LSSデータにおける初期線量で説明できない固形がん死亡危険度の特異的な被爆時年齢・被爆距離依存性について
冨田哲治・佐藤健一・大谷敬子・大瀧慈
第54回原子爆弾後障害研究会   2013年6月2日   
広島大学原爆被爆者コホートデータにおける固形がん死亡危険度の初期放射線量依存性および特異的な被爆時年齢・被爆距離依存性について-放射性PM2.5の影響か?
大瀧慈・冨田哲治・大谷敬子・佐藤裕哉・原憲行・川上秀史・田代聡・星正治・合原一幸・佐藤健一
第54回原子爆弾後障害研究会   2013年6月2日   
Spatial trend of risk unexplained by initial dose in solid cancer mortality among atomic bomb survivors in Hiroshima
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, Y. Sato, N. Hara, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi, M. Ohtaki
The 18th Hiroshima International Symposium "Additional factors in Hiroshima radiation effects due to atomic bomb -Biophysical and biometrical challenges to assessing health hazard-"   2013年1月31日   
Spatial-time trend of cancer mortality among direct exposed A-bomb survivors in Hiroshima
M. Ohtaki, T. Tonda, K. Otani, N. Hara, Y. Sato, H. Maruyama, H. Kawakami, M. Hoshi, K. Satoh
The 18th Hiroshima International Symposium "Additional factors in Hiroshima radiation effects due to atomic bomb -Biophysical and biometrical challenges to assessing health hazard-"   2013年1月31日   
Analysis of cancer mortality among early entrants A-bomb survivors in Hiroshima
K. Otani, T. Tonda, K. Satoh, Y. Sato, N. Hara, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi, M. Ohtaki
The 18th Hiroshima International Symposium "Additional factors in Hiroshima radiation effects due to atomic bomb -Biophysical and biometrical challenges to assessing health hazard-"   2013年1月31日   
広島原爆被爆者における癌死亡危険度の時空間分布の推定
大瀧慈・冨田哲治・大谷敬子・原憲行・佐藤裕哉・丸山博文・川上秀史・田代聡・星正治・佐藤健一
第23回日本疫学会総会   2013年1月25日   
広島入市被爆者を対象とした悪性新生物による死亡リスクの解析
大谷敬子・冨田哲治・佐藤健一・佐藤裕哉・原憲行・丸山博文・川上秀史・田代聡・星正治・大瀧慈
第23回日本疫学会総会   2013年1月25日   
Estimation of spatial-time distribution of cancer morality among atomic bomb survivors in Hiroshima
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, Y. Sato, N. Hara, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi, M. Ohtaki
XXVIth International Biomeric Conference   2012年9月30日   
An age-shift failure time model for analyzing dose-response relationship and its application to analyses of Atomic bomb survivors’ cohort data
J. Matsuba, K. Satoh, T. Tonda, K. Otani, Y. Sato, N. Hara, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi, M. Ohtaki
XXVIth International Biomeric Conference   2012年9月28日   
生存時間解析データに対する変化係数曲面の推測について
冨田哲治
2012年度統計関連学会連合大会   2012年9月12日   
癌リスクの視覚化と将来予測について
加茂憲一・佐藤健一・冨田哲治
2012年度統計関連学会連合大会   2012年9月12日   
広島入市被爆者の死亡リスクに関する生存解析
大谷敬子・大瀧慈・冨田哲治・佐藤健一
2012年度統計関連学会連合大会   2012年9月11日   
多段階発がん仮説に基づく発がん数理モデルによる原爆被爆者のがん死亡危険度解析への応用
大瀧慈・冨田哲治・大谷敬子・原憲行・佐藤健一
2012年度統計関連学会連合大会   2012年9月10日   
Statistical Inference for Linear Varying Coefficients and Its Applications
K. Satoh, T. Tonda
XXVIth International Biomeric Conference   2012年8月30日   
Health Anxieties in Atomic-Bomb Survivors in Hiroshima and Nagasaki Six Decades after the Explosions
M. Otani, K. Ohtaki, K. Satoh, T. Tonda, M. Hoshi, N. Kawano
XXVIth International Biomeric Conference   2012年8月28日   
Investigation on circular asymmetry of geographical distribution of mortality risk in Hiroshima atomic bomb survivors
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, K. Satoh, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi, M. Ohtaki
The 57th Annual Meeting of the Health Physics Society   2012年7月25日   
Statistical inference on varying coefficient surface and its application to spatial survival data
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, M. Ohtaki
2nd Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting   2012年7月2日   
広島原爆被爆者における直接被爆線量では説明できないリスクの地理分布について
冨田哲治・佐藤健一・大谷敬子・佐藤裕哉・原憲行・丸山博文・川上秀史・田代聡・星正治・大瀧慈
第53回原子爆弾後障害研究会   2012年6月3日   
広島原爆被爆者における黒い雨降雨地域の死亡危険度評価について
佐藤健一・冨田哲治・大谷敬子・佐藤裕哉・原憲行・丸山博文・川上秀史・田代聡・星正治・大瀧慈
第53回原子爆弾後障害研究会   2012年6月3日   
多段発がん仮設に基づく発がん危険度の曝露・時間依存性に関する数理的考察
大瀧慈・冨田哲治・大谷敬子・原憲行・松葉潤治・佐藤裕哉・合原一幸・佐藤健一
第53回原子爆弾後障害研究会   2012年6月3日   
広島入市被爆者の死亡リスクに関する統計解析
大谷敬子・冨田哲治・佐藤健一・佐藤裕哉・原憲行・丸山博文・川上秀史・田代聡・星正治・大瀧慈
第53回原子爆弾後障害研究会   2012年6月3日   
福島第一原子力発電所事故後の東日本における空間放射線量率の時空間分布
大谷敬子・大瀧慈・冨田哲治・佐藤健一
2012年度日本計量生物学会年会   2012年5月25日   
Time trend of air dose rate of radiation in eastern Japan fromthe Fukushima Diichi Nuclear Power Plants accident
K. Otani, M. Ohtaki, K. Satoh, T. Tonda
17th Hiroshima International Symposium -Lessens from unhappy events in the history of nuclear power development-   2012年1月25日   
Outline of database of atomic bomb survivors in Hiroshima prefecture (ABS) and toward practice
Y. Sato, N. Hara, Hiraoka, T. Tonda, H. Maruyama, H. Kawakami, M. Hoshi, S. Tashiro, M. Ohtaki
International Symposium 50th Anniversary of RIRBM, Hiroshima University   2012年2月21日   
Statistical analysis for spatial survival data and its application to cohort study of Hiroshima atomic bomb survivors
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, Y. Satoh, H. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi, M. Ohtaki
International Symposium 50th Anniversary of RIRBM, Hiroshima University   2012年2月21日   
Investigation on circular asymmetry of geographical distribution of mortality risk in Hiroshima atomic bomb survivors
T. Tonda, K. Satoh, K. Otani, Y. Satoh, M. Maruyama, H. Kawakami, S. Tashiro, M. Hoshi, M. Ohtaki
17th Hiroshima International Symposium -Lessens from unhappy events in the history of nuclear power development-   2012年1月25日   

競争的資金等の研究課題

 
原爆被爆者における間接被曝の影響を明らかにするための時空間疫学研究
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 冨田 哲治
汎用型離散最適化システムの構築による拡散移動を伴う森林生態系サービスの経済評価
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(A)
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 吉本敦
変化係数を用いた時空間データにおける地域集積性の検出と生存時間データへの応用
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 佐藤健一
医療ビッグデータにおける統計モデルに基づくテキスト解析方法の開発と応用
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 和泉志津恵
がんリスク評価における「生まれ年効果」の検出
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 加茂憲一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 冨田 哲治
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 大谷敬子
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 佐藤健一
アストラゼネカ: アストラゼネカ・R&D・グラント
研究期間: 2013年       代表者: 冨田 哲治
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 冨田 哲治
 放射線被曝はがん等の罹患・死亡のリスクを高める要因であり、その影響を定量的に評価することは重要な課題である。広島原爆被爆者における、放射線を被曝したことに起因するがん罹患および死亡のリスク評価は、主に原子爆弾が炸裂時に放出された放射線による直接的な外部被曝の影響評価がほとんどであり、残留放射線による外部被曝や、放射性物質で汚染された塵や水などを体内に取り込んだことによる内部被曝など、直接被曝以外の付加的な放射線曝露の影響は評価されていないのが現状である.間接被曝に関するリスク評価がほとん...
癌の時間依存性の視覚化に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 加茂憲一
若齢期放射線被曝による晩発障害に関する社会医学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 大瀧慈
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大瀧 慈
広島原爆被爆者を対象として,固形がん死亡リスクに関する地理分布の推定を行った。死亡リスクが北西方向の地域で他より高い円形非対称性が認められ,黒い雨などの付加的曝露の影響が示唆された。原爆被爆者本人の健康に関する不安や子や孫の健康に関する不安における被爆状況依存性について,アンケートデータを基にして統計解析を行った。原爆被爆者やセミパラチンスク核実験場周辺住民での骨髄異形成症候群に高頻度で観られる遺伝子変異を特定した。直接被爆以外の要因による放射線被曝の影響を評価するために,β線スペクトルを...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 冨田 哲治
医・生物学の分野では,カウントや二値といった離散型応答データがよく扱われる.このような離散応答変数に対するモデルとして,1次元の場合はポアソン分布やベルヌーイ分布を仮定したもの,または個体差を考慮したポアソン・ガンマモデルが使われている.さらに"繰り返し測定データ"など複数個の応答データを同時に扱う場合には,相関構造を考慮した多変量的な解析が重要となる.このような相関を伴う多変量離散型応答データに対しては,多変量ポアソン対数正規モデルや多変量ベルヌーイロジット正規モデルなどがこれまで提案さ...