財津 理

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/12 02:57
 
アバター
研究者氏名
財津 理
 
ザイツ オサム
eメール
za10hosei.ac.jp
URL
http://zaitsu.blog137.fc2.com/
所属
法政大学
部署
経済学部経済学科
職名
教授
学位
文学修士
その他の所属
法政大学
科研費研究者番号
20339500

研究分野

 
 

経歴

 
1973年4月
 - 
1976年3月
早稲田大学第一文学部 副手
 
1981年10月
 - 
1993年3月
中央大学文学部 非常勤講師
 
1988年4月
 - 
1995年3月
東邦大学医学部 非常勤講師
 
1988年4月
 - 
2001年3月
関東学院大学経済学部 非常勤講師
 
1993年4月
 - 
2002年3月
中央大学法学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1972年
早稲田大学 文学部 人文
 
 
 - 
1981年
中央大学 文学研究科 哲学
 

論文

 
志賀直哉と夏目漱石は西洋思想をどのように内化したのか―序論―
法政大学『経済志林』   80(3) 261-287   2013年3月
志賀直哉と夏目漱石は西洋思想を内化しようとしたとき、この二人はかえって西洋思想を対象化せざるをえなかった。志賀は西洋の超克として、夏目は偶然性の問題の反復として、西洋思想を対象化した。
ドゥルーズと哲学
早稲田大学哲学会   87 154-156   2000年3月
ドゥルーズとヒュームとカント
差異の観点によるドゥルーズのベルクソン解釈
『武蔵大学人文学会雑誌』 第31巻第1号   31(1) 87-113   1999年11月
ドゥルーズのベルクソン解釈
ドゥルーズとニーチェ
岩波書店 『思想』   855 26-49   1995年9月
ドゥルーズのニーチェ解釈
落体の運動に関するデカルト的理解の動揺―デカルトの初期草稿における思想(2)
中央大学哲学科 『紀要』   141(37) 37-56   1990年4月
デカルトにおける落体法則の導出の成功について

Misc

 
(書評)TAKASHI SHIRANI(白仁高志著) Deleuze et une philosophie de l'immanence L'Harmattan, 2006
日仏哲学会『フランス哲学・思想研究』   16号 167-171   2011年9月
ジャック・ラカン「《盗まれた手紙》についてのセミナー」の翻訳と注釈(1)
法政大学『経済志林』   78(4) 341-363   2011年3月
ラカン「《盗まれた手紙》についてのセミナー」の翻訳と注釈
謡曲『隅田川』における言葉遣いの諸特徴(1)
法政大学『経済志林』   78(2) 341-363   2010年10月
謡曲『隅田川』の言葉遣いの分析
(対談)「時間の総合か、時間イメージか」
江川隆男
現代思想   VOL.36-15 57-74   2008年12月
ドゥルーズ『シネマ1』と『シネマ2』の関係
ドゥルーズ固有の哲学とは何か?(四)
情況   第3期第五巻(11) 114-129   2004年6月
ドゥルーズ『差異と反復』における「時間の第三の総合」

書籍等出版物

 
モニク ダヴィド=メナール『ドゥルーズと精神分析』
河出書房新社   2014年9月   
ドゥルーズ哲学における精神分析の位置
(翻訳)ドゥルーズ『シネマ1*運動イメージ』
齋藤範 (担当:共著)
法政大学出版局   2008年10月   
GILLES DELEUZE 《CINEMA1 L'IMAGE-MOUVEMENT》LES EDITIONS DE MINUIT,p298.
ドゥルーズ 没後10年、入門のために
河出書房新社   2005年10月   
(翻訳)ジル・ドゥルーズ『狂人の二つの体制1983-1995』、「『差異と反復』アメリカ版への序文」、「装置とは何か」、「『経験論と主体性』アメリカ版への序文」
河出書房新社   2004年6月   
(翻訳)ジル・ドゥルーズ『無人島1953-1968』、「14、ドラマ化の方法」
河出書房新社   2003年8月   

講演・口頭発表等

 
Le rapport de l’image-temps avec la synthèse du temps chez Deleuze
Bergson,extrême-orientable,Lire l’Evolution créatrice en Asie de l’Est   2008年10月10日   Ambassade de France au Japon, Société japonaise d’études bergsoniennes, Université Hoseï et Université Meiji
ドゥルーズ『差異と反復』と『シネマ2』における時間論の差異
映画的イメージの世界でドゥルーズは哲学する
早稲田大学交域哲学研究所講演会   2006年11月30日   早稲田大学
ドゥルーズ『シネマ1』におけるイメージの概念
ドゥルーズと哲学
早稲田大学哲学会研究発表会   1996年6月19日   早稲田大学
ドゥルーズとヒュームとカントの関係
ドゥルーズの差異哲学―フランス現代思想の最先端―
第27回武蔵大学公開講座   1996年3月7日   武蔵大学
ドゥルーズ哲学解説
フーコーとドゥルーズ
法政大学文学部学術団体哲学会 現代思想研究会 講演会   1995年11月20日   法政大学文学部学術団体哲学会 現代思想研究会
ドゥルーズとフーコーの関係