Ikeda Kayoko

J-GLOBAL         Last updated: Jul 20, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
Ikeda Kayoko
E-mail
ikedan-seiryo.ac.jp
Affiliation
Niigata Seiryo University
Section
Faculty of Nursing, Department of Nursing
Research funding number
60339942

Research Areas

 
 

Published Papers

 
高校生における「いのちの教育」講座実施前後の自尊感情の変化
池田 かよ子, 河内 浩美
日本看護研究学会雑誌   38(3) 215-215   Jul 2015
臨床助産師によるコミュニケーション・スキルの自己評価 ENDCOREsを用いた検討
河内 浩美, 池田 かよ子
日本助産学会誌   28(3) 459-459   Feb 2015
看護学生におけるSOC(Sense of Coherence)とコミュニケーション・スキルの実態 実習の経験別による比較
河内 浩美, 池田 かよ子
新潟青陵学会誌   7(1) 57-62   Sep 2014
看護系A大学の基礎看護学実習を終了した2年生79名と、領域別実習および資格選択別の関連実習を終了した4年生37名を対象に、SOC尺度(SOC-13)とコミュニケーション・スキル尺度(ENDCOREs)による測定を行い、学年別で比較検討した。結果、SOC-13の合計得点は2年生のほうが高く、下位尺度別にみると[処理可能感]の得点が2年生で有意に高かった。ENDCOREsにおける基本スキルの3因子はいずれも2年生の得点が高かった。ENDCOREsにおける対人スキルの3因子は[関係調整]が2年生...
池田 かよ子, 李 在檍, 田 惠媛, 李 素泳
新潟青陵学会誌   7(1) 63-69   Sep 2014
韓国における2012年の「合計特殊出生率」「低出生体重児の割合」を日本と比較すると、合計特殊出生率は韓国1.30、日本1.41で大差はないが、低出生体重児の割合は韓国4.3%、日本9.6%と韓国のほうが明らかに低い。そこで今回、韓国の都市と地方の出産施設を訪問し、妊婦管理や産後ケアの実際について調査した。結果、妊娠管理については、日本と同様に妊婦健診が実施されているほか、妊娠の診断を受け保健所に登録された妊婦に対して葉酸と鉄のサプリメントが公費で支給されていた。また、胎児が発育するためには...
看護学生のSence of Coherenceとコミュニケーション能力の関連
河内 浩美, 池田 かよ子
日本看護研究学会雑誌   37(3) 237-237   Jul 2014
Ikeda K, Nakamura K
Environmental health and preventive medicine   19(3) 187-193   May 2014   [Refereed]
臨床助産師のストレス対処能力と健康保持能力
河内 浩美, 池田 かよ子
日本助産学会誌   27(3) 118-118   Feb 2014
看護学生におけるSOC(Sense of Coherence)とコミュニケーション・スキルとの関連 実習の経験別による比較
河内 浩美, 池田 かよ子
日本助産学会誌   26(3) 119-119   May 2013
池田 かよ子, 河内 浩美
新潟青陵学会誌   5(1) 1-9   Sep 2012
本調査は、看護学生の座学・演習・実習の学習形態における疲労について生理学な視点で明らかにするため、2010年から2011年に本学看護学科2年生および3年生59人を対象に生活実態、疲労の自覚症状に関するアンケート調査、生理学的検査としてバイタルサイン、握力、フリッカー値を測定した。その結果、生活実態では、座学と実習との間に趣味、睡眠、学習、パソコンの各時間に差があった。筋機能を測定する握力は月曜から金曜にかけていずれの学習形態において徐々に低下し、特に実習中は低値であった。精神・神経機能を測...
桑原 有衣子, 半藤 保, 池田 かよ子
新潟青陵学会誌   4(3) 65-69   Mar 2012
A questionnaire was used to obtain data from 851 university and high-school students(241 males and 610 females) in May and June, 2009,with respect to physical symptoms reflecting poor blood circulation( PBC ). In general, such symptoms were more f...
Ikeda Kayoko, Hando Tamotsu, Nishiwaki Tomoko
Maternal health   52(1) 91-100   Apr 2011
We have never come across this kind of study such as the relationship between fatigue levels with use of electronic media. Therefore, we chose this subject. In order to evaluate the relationship between health condition and usage of electronic med...
Kobayashi Miyoko, Motai Junko, Watanabe Noriko, Ikeda Kayoko, Kobayashi Masako, Kawauchi Hiromi, Kubota Miyuki, Hando Tamotsu
Journal of Niigata Seiryo Academic Society   3(1) 99-107   Sep 2010
産科医不足下において助産師が自立したケアを行うための産科医および助産師の役割と連携についての検討に資することを目的に、新潟県内で分娩を取り扱っている病院および診療所の産科病棟の代表者(看護職者)29名、助産師292名、および産婦人科医48名へアンケート調査を行った。その結果、妊婦・褥婦・新生児の管理において、助産師が計測や保健指導、日常生活ケアを、医師は診察を担っており、分娩時の入院や経過の判断には医師と助産師の両方が関わり、分娩介助の約6割は医師の立ち会いのもと助産師が行っていることが分...
Ikeda Kayoko, Kawauchi Hiromi, Watanabe Noriko, Kobayashi Miyoko, Kobayashi Masako, Motai Junko, Kubota Miyuki, Hando Tamotsu
Journal of Niigata Seiryo Academic Society   3(1) 91-98   Sep 2010
産科医不足下において助産師が自立したケアを行うための産科医および助産師の役割と連携についての検討に資することを目的に、新潟県内で分娩を取り扱っている病院および診療所における産婦人科医師の代表者23名、および産婦人科勤務医25名へ、勤務状況、助産師との役割分担などについてアンケート調査を行った。その結果、産科医は長い拘束勤務を余儀なくされており、とくに診療所に勤務する医師の勤務状況が厳しいことが分かった。また、周産期各期における役割分担は、妊婦の診察は主に医師が、褥婦の診察の約半分は助産師が...
Watanabe Noriko, Kubota Miyuki, Kobayashi Masako, Kobayashi Miyoko, Ikeda Kayoko, Kawauchi Hiromi, Motai Junko, Hando Tamotsu
Journal of Niigata Seiryo Academic Society   3(1) 81-90   Sep 2010
産科医不足下において助産師が自立したケアを行うための産科医および助産師の役割と連携についての検討に資することを目的に、新潟県内の病院20ヶ所および診療所14ヶ所において2007年12月〜2008年1月に出産した褥婦を対象に出産場所の選択理由などについてアンケート調査を行い、290名(初産婦143名、経産婦147名)より有効回答を得た。その結果、出産場所を決定する際に重要度の高い項目は「安全性」「医療者の評判や態度」「交通のアクセス」で、重要度の低い項目は「出産方法」「エクストラサービス」「...
Ikeda Kayoko, Nishiwaki Tomoko
Maternal health   49(1) 48-56   Apr 2008
As family environment factors, the relationship with parents, personal history, society's influence, and child-rearing experience have been recognized as important in maternal role development. Therefore, it is considered that a relationship exist...
Miyoko Kobayashi, Kayoko Ikeda, Hiromi Kawauchi, Masako Kobayashi
Bulletin of Niigata Seiryo University   8(8) 99-106   Mar 2008
【目的】日本では従来,出産直後から温湯浴での沐浴を行う習慣があった.しかし,1974年にアメリカ小児科学会の勧告により沐浴が見直され,沐浴を行わない施設や従来通り沐浴を行う施設とが混在している.そこで,今回早期新生児期の保清方法とその根拠および沐浴指導について調査を行った.【方法】2007年5月に分娩を取り扱っている新潟県内の59施設を対象に郵送による質問紙調査を実施した.【結果】回答の得られた施設の中で,出生時および入院中の保清方法をAからEのパタ-ンに分類した.その中で最も多かったのは...
Kayoko Ikeda
Bulletin of Niigata Seiryo University   7(7) 63-71   Mar 2007
In recent years, the research that people who have desire for getting slimmer is increasingamong younger generation and not only girls but boys are beginning to have the desire for gettingslimmer researched for getting slimmer, is being reported. ...
思春期男子のやせ志向と自尊感情との関連
池田 かよ子
思春期学   25(1) 65-65   Mar 2007
IKEDA Kayoko
思春期学 = ADOLESCENTOLOGY   24(3) 473-482   Sep 2006
思春期女子のやせ志向の構造を明らかにし、やせ志向尺度を作成した。また、そのやせ志向と自尊感情との関連について検討した。1)やせ志向は因子分析の結果、4因子を抽出し、やせの「メリット感」、自己の体型への「否定感」、性的成熟への「抵抗感」、「異性意識」の4領域19項目からなるやせ志向尺度を作成した。2)各因子の発達過程は、やせの「メリット感」は年齢とともに高くなり、体型への「否定感」は年齢とともに強くなっていくことが明らかになった。3)やせ志向と自尊感情との関連は、やせ志向の「メリット感」「否...
Kayoko Ikeda
Bulletin of Niigata Seiryo University   6(6) 55-67   Mar 2006
This research was created for the adolescence females. " It becomes thin and is an intentionmeasure. I considered about emotion-support, a form, and the first period with slimness orientationscale. Subjects were 615 girls ranging from the fifth ye...
思春期女子のやせ志向と自尊感情との関連
池田 かよ子
思春期学   24(1) 100-100   Mar 2006
WATANABE Noriko, ISHIZAKI Tomoi, IKEDA Kayoko
思春期学 = ADOLESCENTOLOGY   22(4) 547-554   Dec 2004
Ikeda Kayoko, Kubota Miyuki, Watanabe Noriko
Bulletin of Niigata Seiryo University   4(4) 187-194   Mar 2004
The purpose of this survey for 304 high school students(116 boys and 188 girls)is to make sure how high school students who possess cellular phones use their phones, what they use their phones for, to what extent they get information about sex, ho...
思春期における健康教育について 大学生の性の対処行動と意識・危機感の調査から
渡邊 典子, 石崎 トモイ, 池田 かよ子
思春期学   22(1) 86-87   Mar 2004
IKEDA Kayoko, KUBOTA Miyuki, KOBAYASHI Masako, WATANABE Noriko
Bulletin of Niigata Seiryo University   3(3) 141-159   Mar 2003
A survey was made to high school student in Niigata prefecture about their daily life, how much information they have got about sex ,and to what degree they have been conscious of sex and then we compared the result in 2001 with that in 1984 on th...

Conference Activities & Talks

 
Breastfeeding Support After the Qualification of Baby Friendly Hospital:Association Between the Situation of A Hospital Stay and Newborn`s Nutrition Way of Puerperant
Ikeda Kayoko
Jul 2015   

Works

 
Research about the self-care of an adolescent sex
2002

Research Grants & Projects

 
Study on Sexual Education of High School Student