久保田 進彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/11 09:38
 
アバター
研究者氏名
久保田 進彦
 
クボタ ユキヒコ
ハンドル
Kubota
URL
http://www.kubotalab.com
所属
青山学院大学
部署
経営学部 マーケティング学科
職名
教授
学位
博士(商学)(早稲田大学)

プロフィール

1988年 明治学院大学経済学部卒業. 株式会社サンリオ勤務を経て、1996年 早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、2001年 早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得. 博士(商学・早稲田大学).専門はマーケティング.
日本商業学会(理事)、日本広告学会(理事)、日本消費者行動研究学会(理事)、日本マーケティング学会(リサーチプロジェクト・リーダー)、American Marketing Association、Association for Consumer Research、The Academy of Marketing Scienceに所属.

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
青山学院大学 経営学部 教授
 
2013年4月
 - 
現在
青山学院大学 経営学部 教授
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東洋大学 経営学部 教授
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東洋大学 経営学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2007年3月
中京大学 総合政策学部 准教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
2001年3月
早稲田大学大学院 商学研究科 商学専攻
 
1984年4月
 - 
1988年4月
明治学院大学 経済学部 経済学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本マーケティング学会  リサーチプロジェクト ブランド&コミュニケーション研究会 企画運営リーダー
 
2018年4月
 - 
現在
日経広告研究所  客員研究員
 
2017年4月
 - 
現在
日本商業学会  学会賞審査委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本商業学会  理事
 
2017年4月
 - 
現在
日本消費者行動研究学会  学会賞審査委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本商業学会  JSMDレビュー編集委員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
日本商業学会  学会賞審査委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本消費者行動研究学会  理事
 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本消費者行動研究学会  幹事
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本消費者行動研究学会  事務局担当理事
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本消費者行動研究学会  理事
 
2005年4月
 - 
2011年3月
日本消費者行動研究学会  幹事
 
2007年10月
 - 
現在
日本広告学会  理事
 
2007年10月
 - 
現在
日本広告学会  研究プロジェクト委員
 
2007年10月
 - 
現在
日本広告学会  論集編集委員
 
2011年4月
 - 
2018年3月
日本マーケティング学会  リサーチプロジェクト ブランド&コミュニケーション研究会 企画運営メンバー
 
2004年1月
 - 
2008年1月
愛知県  大規模小売店舗立地審議会委員
 

受賞

 
2017年11月
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 助成研究吉田秀雄賞
 
2013年5月
日本商業学会 学会賞 奨励賞
 
2011年11月
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 助成研究吉田秀雄賞
 
2007年5月
日本商業学会 学会賞 優秀論文賞
 

論文

 
自己とブランドの結びつきの諸側面
久保田 進彦
青山経営論集   53(4) 1-52   2019年3月
オケージョン認知の概念と広告効果測定への有用性(下):製品カテゴリー別分析による外部妥当性の確認
畠山 仁友・武谷 慧悟・緒方 敦・久保田 進彦
日経広告研究所報   52(5) 14-18   2018年10月
オケージョン認知の概念と広告効果測定への有用性(上):新しい効果指標の交通広告への適用
畠山 仁友・武谷 慧悟・緒方 敦・久保田 進彦
日経広告研究所報   52(4) 20-25   2018年8月
自己とブランドの結びつき
久保田 進彦
青山経営論集   52(4) 1-46   2018年3月
ブランド・リレーションシップのプロパティー・パートナー・モデル
久保田 進彦
流通研究   20(2) 17-35   2017年8月   [査読有り]
大﨑 孝徳・久保田 進彦
Journal of Air Transport Management   57 196-201   2016年10月   [査読有り]
Are Premium Services Attractive in an Empty Room?: Customers Who Desire Quality vs. Customers Who Desire Superiority
久保田 進彦・大崎 孝徳
2016 Summer AMA Conference (Proceedings)   G-4-G-5   2016年8月   [査読有り]
リコーイメージング:高級コンパクトカメラ「GR」のブランドコミュニケーション
久保田 進彦・大竹 光寿
一橋ビジネスレビュー   63(4) 152-165   2016年3月
Relationship Marketing Theory Revisited: One Decade Later
久保田 進彦・金井 優枝・竹村 正明
2014 Annual IMP Conference      2014年9月   [査読有り]
関係のマーケティングを解きほぐす
久保田 進彦
AD STUDIES   48 24-29   2014年6月   [招待有り]
ブランド・リレーションシップの段階的形成と特徴的効果
久保田 進彦
消費者行動研究   19(2) 109-138   2013年3月   [査読有り]
ブランド・リレーションシップ:消費者とブランドの絆
久保田 進彦
繊維製品消費科学   54(2) 13-19   2013年2月
ブランド・リレーションシップ・マネジメントの戦略的課題
久保田進彦
消費者行動研究(日本消費者行動研究学会)   18(1・2) 31-56   2012年3月   [査読有り]
ブランド・リレーションシップの形成と持続
久保田進彦
消費者行動研究(日本消費者行動研究学会)   18(1・2) 1-30   2012年3月   [査読有り]
リレーションシップ・マーケティングの諸相
久保田進彦
青山経営論集(青山学院大学経営学会)   46(3) 75-92   2011年12月
ソーシャル・アソートメント
久保田進彦
産業広告(日本産業広告協会)   42(12) 9-15   2010年12月
ブランド・リレーションシップ尺度の確立
久保田進彦
消費者行動研究(日本消費者行動研究学会)   17(1) 31-56   2010年10月   [査読有り]
同一化アプローチによるブランド・リレーションシップの測定
久保田進彦
消費者行動研究(日本消費者行動研究学会)   16(2) 1-26   2010年3月   [査読有り]
ブランド・リレーションシップ研究における同一化アプローチの可能性
久保田進彦・松本大吾
広告科学(日本広告学会)   (52) 1-14   2010年6月   [査読有り]
同一化アプローチによるブランド・リレーションシップの把握
久保田進彦
広告科学(日本広告学会)   (52) 31-46   2010年6月   [査読有り]
埋め込まれた交換関係の分析フレームワーク
久保田進彦
経営論集(東洋大学経営学部)   (74) 1-21   2009年11月
派生的エンゲージメントと現代ブランド・コミュニケーション
久保田進彦
日経広告研究所報(日経広告研究所)   43(3) 20-27   2009年6月
アイデンティフィケーションとしてのエンゲージメント
久保田進彦
広告科学(日本広告学会)   50 50-64   2009年6月   [査読有り]
コミットメントの戦略
久保田進彦
流通情報(流通経済研究所)   470 33-48   2008年8月
マーケティング研究におけるネットワーク・パースペクティブ
久保田進彦・芳賀康浩
季刊マーケティングジャーナル(日本マーケティング協会)   108 4-20   2008年3月
マーケティング研究におけるネットワーク・パースペクティブの現状と展望
久保田進彦
中京商学論叢(中京大学商学会)   54 49-75   2008年3月
リレーションシップ/コミュニティ研究の発展:広告コミュニケーション戦略への示唆
久保田進彦
日経広告研究所報(日経広告研究所)   41(5) 9-16   2007年10月
顧客リレーションシップにおける相互作用パターンの概念的分析
久保田進彦
広告科学(日本広告学会)   48 80-94   2007年8月   [査読有り]
BtoBリレーションシップ・マーケティングの概念と実践
久保田進彦
産業広告(日本産業広告協会)   39(7) 2-8   2007年7月
リレーションシップ・マーケティングのための多次元的コミットメントモデル
久保田進彦
流通情報(日本商業学会)   9(1) 59-85   2006年6月   [査読有り]
リレーションシップ・コミットメント
久保田進彦
中京商学論叢(中京大学商学会)   52 47-180   2006年3月
消費者リレーションシップにおけるコミットメントの多次元性とその影響
久保田進彦・井上淳子
中京企業研究(中京大学企業研究所)   26(26) 11-27   2004年12月
P&G『ジョイ』の攻勢と花王・ライオンの対応
和田 充夫・芳賀 康浩・久保田 進彦
慶應義塾大学ビジネススクールケース   90-04-15284    2004年11月
地域ブランドのマネジメント
久保田進彦
流通情報(流通経済研究所)   (418) 4-18   2004年4月
リレーションシップ・マーケティング研究の再検討
久保田進彦
流通研究(日本商業学会)   6(2) 15-33   2003年9月   [査読有り]
リレーションシップ・マーケティングとブランド・コミュニティ
久保田進彦
中京商学論叢(中京大学商学会)   49(2) 197-257   2003年3月
ブランド・コミュニティの概念とマネジメント
久保田進彦
流通情報(流通経済研究所)   (403) 16-34   2003年1月
ブランド構築の論理
久保田進彦
中京商学論叢(中京大学商学会)   49(1) 129-171   2002年10月
リレーションシップ・コンセプトとリレーションシップ・タイプ
久保田進彦
21世紀におけるマーケティング革新:産研シリーズ34(早稲田大学産業経営研究所)   (34) 39-63   2002年3月
リレーションシップ・マーケティング研究の理論的課題
久保田進彦
中京商学論叢(中京大学商学会)   48(1) 121-177   2001年10月
リレーションシップ概念の再検討
久保田進彦
中京商学論叢(中京大学商学会)   48(1) 121-177   2001年10月
顧客リテンション
久保田進彦
季刊マーケティングジャーナル(日本マーケティング協会)   19(4) 105-115   2000年3月
顧客リテンションに関する基礎的考察
久保田進彦
商学研究科紀要(早稲田大学大学院)   50 119-144   2000年3月   [査読有り]
消費財における顧客ロイヤルティ,顧客満足,信頼,コミットメントの関係
久保田進彦
商学研究科紀要(早稲田大学大学院)   49 89-120   1999年11月   [査読有り]
顧客満足戦略研究の概観
久保田進彦
商学研究科紀要(早稲田大学大学院)   48 63-98   1999年3月   [査読有り]
反復購買による顧客満足変化
久保田進彦
商学研究科紀要(早稲田大学大学院)   47 175-196   1998年11月   [査読有り]
プロフェッショナル・サービスの本質と特性
久保田 進彦
商経論集(早稲田大学大学院商学研究科商学会)   73 1-12   1997年12月

Misc

 
消費者視点の小売イノベーション(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所   53(1) 36-36   2019年2月   [依頼有り]
ブランド戦略の変遷と課題
久保田 進彦
宣伝会議   (929) 14-17   2019年2月   [依頼有り]
メディア社会論(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   52(6) 66-66   2018年12月   [依頼有り]
ブランディングの科学(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   52(5) 50-50   2018年10月   [依頼有り]
プラットフォーム企業のグローバル戦略:オープン標準の戦略的活用とビジネス・エコシステム(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   52(4) 46-46   2018年8月   [依頼有り]
世界最先端のマーケティング:顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   52(3) 40-40   2018年6月   [依頼有り]
ブランド戦略論(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   52(2) 76-76   2018年4月   [依頼有り]
大人のための社会科:未来を語るために(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   52(1) 44-44   2018年2月   [依頼有り]
ブランドコミュニケーションと企業経営
久保田 進彦
日経広告研究所報   52(1) 10-15   2018年   [依頼有り]
気まぐれ消費者:最高の体験と利便性を探索するデジタル時代の成長戦略(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   51(6) 60-60   2017年12月   [依頼有り]
ブランディング世界の拡張
久保田 進彦
日経広告研究所報   51(5) 90-91   2017年10月   [依頼有り]
不道徳な見えざる手(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   51(5) 80-80   2017年10月   [依頼有り]
モラルの起源:実験社会科学からの問い(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   51(4) 62-62   2017年8月   [依頼有り]
顧客視点の企業戦略:アンバサダープログラム的思考(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   51(3) 93-93   2017年6月   [依頼有り]
現代マーケティング研究の潮流(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   51(2) 70-70   2017年4月   [依頼有り]
MUJI式:世界で愛されるマーケティグ(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   51(1) 62-62   2017年2月   [依頼有り]
ブランドと脳のパズル:脳科学をマーケティングにどう活かすか(書評’)
久保田 進彦
日経広告研究所報   50(6) 65-65   2016年12月   [依頼有り]
BtoB事業のための成分ブランディング:製品開発と組織購買への応用(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   50(5) 76-76   2016年10月   [依頼有り]
CMを科学する(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   50(4) 66-66   2016年8月   [依頼有り]
ショッピングモールから考える(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   50(3) 52-52   2016年6月   [依頼有り]
外部マーケティング資源としての消費者行動(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   50(2) 55-55   2016年4月   [依頼有り]
変化するコミュニケーションとブランド論の新しい視座
久保田 進彦
アド・スタディーズ   55 2-7   2016年3月   [依頼有り]
広告コミュニケーション研究ハンドブック(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   50(1) 63-63   2016年2月   [依頼有り]
昭和を動かした広告人(書評)
久保田 進彦
49(5) 57-57   2015年10月   [依頼有り]
エッセンシャル 戦略的ブランドマネジメント(書評)
久保田 進彦
マーケティングホライズン   (685) 31-31   2015年9月   [依頼有り]
いいデザイナーは、見ためのよさから考えない(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   49(4) 63-63   2015年8月   [依頼有り]
超高関与消費者へのマーケティング(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   49(3) 67-67   2015年6月   [依頼有り]
消費の美学(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   49(2) 41-41   2015年4月   [依頼有り]
ブランド論(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   49(1) 35-35   2015年2月   [依頼有り]
4A・オブ・マーケティング(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   48(6) 41-41   2014年12月   [依頼有り]
超・重要語だけピックアップ! 実務家に必要なマーケティング用語9
久保田 進彦
100万社のマーケティング   1(1) 52-55   2014年11月   [依頼有り]
マーケティングは進化する(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   48(5) 39-39   2014年10月   [依頼有り]
デザインがイノベーションを伝える(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   48(4) 47-47   2014年8月   [依頼有り]
本質的直観のすすめ(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   48(3) 43-43   2014年6月   [依頼有り]
アンバサダー・マーケティング(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   48(2) 51-51   2014年4月   [依頼有り]
類似性の構造と判断(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   48(1) 35-35   2014年2月   [依頼有り]
未来は言葉でつくられる(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   47(6) 41-41   2013年12月   [依頼有り]
Consumer-Brand Relationships: Theory and Practice(書評)
久保田 進彦
消費者行動研究   20(1) 45-52   2013年10月   [依頼有り]
マーケティングと広告の心理学(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   47(5) 49-49   2013年10月   [依頼有り]
本当のブランド理念について語ろう(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   47(4) 41-41   2013年8月   [依頼有り]
ブランド・リレーションシップ:経営を読み解くキーワード
久保田 進彦
一橋ビジネスレビュー      2013年6月   [依頼有り]
脳科学がビジネスを変える(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   47(3) 33-33   2013年6月   [依頼有り]
ブランド・リレーションシップ
久保田 進彦
第19回 日経BP広告賞作品集      2013年4月   [依頼有り]
幸福な広告(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   47(2) 65-65   2013年4月   [依頼有り]
世界を変えた伝説の広告マンが語る大胆不敵なクリエイティブ・アドバイス(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   47(1) 55-55   2013年2月   [依頼有り]
なぜビジョナリーには未来が見えるのか?(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   46(6) 59-59   2012年12月   [依頼有り]
3万人調査で読み解く日本の生活者市場(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   46(5) 60-60   2012年10月   [依頼有り]
リレーションシップ・マーケティング(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   46(4) 55-55   2012年8月   [依頼有り]
次世代コミュニケーションプランニング(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   46(3) 45-45   2012年6月   [依頼有り]
キュレーション(書評)
久保田 進彦
日経広告研究所報   46(2) 57-57   2012年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
そのクチコミは効くのか
久保田進彦・澁谷覚 (担当:共著)
有斐閣   2018年12月   
フェイス・トゥ・フェイス・ブック:クチコミ・マーケティングの効果を最大限に高める秘訣
澁谷覚・久保田進彦・須永努 (担当:共訳)
2016年12月   
デジタルで変わる 宣伝広告の基礎
久保田 進彦 (担当:監修)
2016年9月   
ブランド戦略全書
田中洋 編 (担当:共著, 範囲:ブランド・リレーションシップの戦略)
有斐閣   2014年11月   ISBN:978-4641164505
はじめてのマーケティング
久保田進彦・ 澁谷覚・須永努 著 (担当:共著)
有斐閣   2013年12月   ISBN:978-4641150034
リレーションシップ・マーケティング:コミットメント・アプローチによる把握
久保田進彦 著
2012年10月   ISBN:978-4-641-16400-0
1からのマーケティング分析
恩藏直人・冨田健司 編著 (担当:共著, 範囲:共分散構造分析)
碩学舎   2011年3月   ISBN:978-4502683602
わかりやすい広告論
石崎徹 編著 (担当:共著, 範囲:広告マネジメント, インターネット広告)
八千代出版   2008年4月   ISBN:978-4842914503
現代社会の消費とマーケティング
リレーションシップ・マーケティングと現代社会 (担当:共著)
税務経理協会   2008年3月   ISBN:978-4419050900
新広告論
亀井昭宏・疋田聰 編著 (担当:共著)
日経広告研究所   2005年3月   ISBN:978-4532640606
現代の小売流通
小宮路雅博 編著 (担当:共著, 範囲:店頭計画と店頭プロモーション)
同文舘   2005年3月   ISBN:978-4495640415
製品・ブランド戦略:現代のマーケティング戦略(1)
青木幸弘・恩蔵直人 編 (担当:共著)
有斐閣   2004年   ISBN:978-4641122314
ブランド要素の戦略論理
恩蔵直人・亀井昭宏 編 (担当:共著, 範囲:ブランド・エクイティにおけるブランド要素, ブランド・ネーム)
早稲田大学出版部   2002年11月   ISBN:978-4657029249
現代の流通と取引
小宮路雅博 編著 (担当:共著, 範囲:小売業の店頭活動:インストア・マーチャンダイジング)
同文舘出版   2000年4月   ISBN:978-4495636913
バリュー・クリエイション・マーケティング
有馬賢治・岩本俊彦・小宮路雅博 編著 (担当:共著)
税務経理協会   1998年4月   ISBN:978-4419029272

講演・口頭発表等

 
オケージョン認知によるメディア別の広告効果測定:新しい広告効果指標の応用可能性
畠山 仁友・武谷 慧悟・緒方 敦・久保田 進彦
日本広告学会第49回全国大会   2018年10月14日   
複数のオンライン・クチコミにおける疑念効果
澁谷 覚・久保田 進彦
第1回計算社会科学ワークショップ   2017年2月26日   
Are Premium Services Attractive in an Empty Room?: Customers Who Desire Quality vs. Customers Who Desire Superiority
Yukihiko KUBOTA and Takanori OSAKI
2016 Summer AMA Conference   2016年8月6日   
ブランド・リレーションシップの形成要素の把握
久保田 進彦
日本商業学会(第66回全国研究大会)   2016年6月5日   
ブランド・デジタルコミュニケーションの戦略課題 [招待有り]
久保田 進彦
日本マーケティング学会 マーケティングカンファレンス2015   2015年11月29日   
ブランド・リレーションシップ概念の活用に向けて [招待有り]
久保田 進彦
日本マーケティング学会ブランド&コミュニケーション 研究報告会   2015年2月17日   
マーケティング活動がブランド・リレーションシップ形成に及ぼす影響の考察
竹谷 明泰・久保田 進彦
日本消費者行動研究学会(第49回コンファレンス)   2014年11月9日   
Relationship Marketing Theory Revisited: One Decade Late
Yukihiko KUBOTA, Masae KANAI, and Masaaki TAKEMURA
IMP Conference 2014   2014年9月5日   
ブランド研究で今、何がホットなのか? [招待有り]
久保田 進彦
日本マーケティング学会 マーケティングカンファレンス2013   2013年11月10日   
ブランドの新しい研究アジェンダ:何について考えるべきか [招待有り]
久保田 進彦
日本マーケティング学会 ブランド&コミュニケーション 研究報告会   2013年2月2日   
ブランド・リレーションシップの構築力
久保田 進彦
日本商業学会(第62回全国研究大会)   2012年5月   
ブランド・リレーションシップ研究の現在 [招待有り]
久保田 進彦
第2回 日本消費者行動研究学会 公開セミナー   2012年3月   
ブランド・リレーションシップの効果
久保田 進彦
日本消費者行動研究学会 (第42回コンファレンス)   2011年6月   
ブランド・コミュニケーションの新視角: 同一化アプローチの可能性
久保田 進彦
日本広告学会 (第40回全国大会)   2009年11月   
リレーションシップ・マーケティングにおけるネットワーク・パースペクティブの可能性
久保田 進彦
日本商業学会 (第59回全国大会)   2009年5月   
アイデンティフィケーションとしてのエンゲージメント
久保田 進彦
日本広告学会 (第39回全国大会)   2008年11月   
リレーションシップ・コミュニティ研究の発展
久保田 進彦
日本消費者行動研究学会 (第34回コンファレンス)   2007年6月   
顧客リレーションシップの概念的分析: 新しい広告コミュニケーション目標設定に向けて
久保田 進彦
日本広告学会 (第37回全国大会)   2006年11月   
消費者リレーションシップと多次元的コミットメントモデル
久保田 進彦
日本消費者行動研究学会 (第31回コンファレンス)   2005年11月   
市場ベース型リレーションシップ・マーケティングの全体的把握
久保田 進彦
日本商業学会 (第55回全国大会)   2005年5月   
リレーションシップ・マーケティングにおける顧客適応戦略
久保田 進彦
日本商業学会 (第53回全国大会)   2003年5月   
リレーションシップ・マーケティング戦略の再検討
久保田 進彦
日本商業学会 (第52回全国大会)   2002年5月   
情報過多時代のコミュニケーション戦略: 顧客リレーションシップの構築に向けて
久保田 進彦
日本広告学会 (第32回全国大会)   2001年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
消費様式の変化がブランド・ロイヤルティにおよぼす影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月    代表者: 久保田 進彦
ブランド・リレーションシップ戦略と消費者の反応の関係の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 久保田 進彦
自社Webサイトにおけるレコメンデーション効果の研究
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 久保田 進彦
リレーションシップ・マーケティング:コミットメント・アプローチによる把握
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(研究成果公開促進費)
研究期間: 2012年4月 - 2013年2月    代表者: 久保田 進彦
ブランド・リレーションシップの形成プロセスの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 久保田 進彦
同一化アプローチによるブランド・リレーションシップの解明
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団: 研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 久保田 進彦
リレーションシップ・マーケティングのための多次元的コミットメントモデルの発展
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 久保田 進彦

全国大会等運営

 
2017年10月   日本広告学会 第48回全国大会(2017年秋・立正大学)
2017年5月   日本広告学会 2016年クリエーティブフォーラム(2017年5月13日・青山学院大学)
2016年11月   日本消費者行動研究学会 第31回コンファレンス(2016年11月12日~13日・専修大学)
2014年12月   日本広告学会 第45回全国大会(2014年12月5日~7日・立教大学)
2010年10月   日本広告学会 第41回全国大会(2010年10月8日~10日・東洋大学)
2010年5月   日本商業学会 第60回全国大会(2010年5月28日~30日・東洋大学)
2005年11月   日本消費者行動研究学会 第31回コンファレンス(2005年11月26日~27日・中京大学)
2003年5月   日本商業学会 第53回全国大会(2003年5月23日〜25日・中京大学)